2016年12月11日

誰も知らない世界のことわざ

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!


大倉眞一郎セレクト

20161210_okura.png
著:エラ・フランシス・サンダース 創元社

『大倉の頭にかつらをかぶせる。』

諺を作ってみたという大倉さん、意味は「やっても意味がない」。
とういのも昔の写真を見せた人が「今の大倉さんの方がいいよ!」と
口々に言うそうで、「じゃあ、必要ないな」と思ったんだとか。
以前一冊入魂で紹介された「翻訳できないせかいの言葉」と同じ著者。
大倉さんは着眼点がすごいと感心しきりでした。
「ロバにスポンジケーキ」(ポルトガル)は「馬の耳に念仏」
「狼の口の中へ」(イタリア)は「Good Luck」…?
日本にも似たものもあるけれど、まったく似ていないものも多く。
文化の違いが生み出す諺たち…世界はダイバーシティにあふれている!

BOOK BAR staff| 00:45 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー