2016年10月23日

海峡3部作

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20161022_okura.jpg
著:伊集院静 新潮社

『ああ、ここから大きな物語がはじまるんだ…!』

男ならだれもが嫉妬したという伊集院静さんの自伝的小説で、
伊集院さんが社会に出るまでを描いた3部作。

「海流はそびえる大きな樹に似ている。」

大河小説の始まりを予感させる1行に大倉さんは引き込まれたそう。
物語は昭和30年頃の瀬戸内海の港町から始まります。
その街を牛耳っている高木の家に生まれた英雄が、
多国籍な従業員や父との交流、生と死、在日として受けた仕打ち…
全てが新しくて眩しくて悔しくて喜びに満ち溢れている英雄の目に写る日々、
大作ですが手が止まらなくなる1冊です!

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー