2016年08月28日

十五少年漂流記

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20160827_okura.jpg
著者:ジュール・ヴェルヌ、訳:椎名誠・渡辺葉 新潮社

『誰もが知っているけれども、誰も体験したことのないお話』

少年時代の大倉さんも夢中になって読んだ本作が新訳で蘇りました。
今回これを訳したのは椎名誠さんとその娘の渡辺葉さん。
しかも書かれた1800年代のフランス語から直接訳した、完訳版。
嵐の夜、ニュージーランドに留めていた船が流されてしまいます。
その船に乗っていた8歳から14歳までの少年たち。
流れ着いた無人島で過ごした2年間の物語です。
ずいぶん昔に読んだ大人も、初めて読む子供も今、ハマりたい冒険譚。

BOOK BAR staff| 00:37 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー