2016年08月28日

8.27 OA The Knack ORESKABAND Sarah Mclachlan and more

1  My Sharona / The Knack 


2  太陽に笑え / Anly 


3  Carry On! / ORESKABAND 


4  I WLL REMEMBER YOU / Sarah Mclachlan 


5  HERO / Family of the Year 


6  Drift Away / Uncle Kracker 


BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2016年08月28日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。

笈入建志さんの入魂の一冊はこちら!

20160827_1.jpg
ちっちゃいさん』作:イソール 訳:宇野和美  講談社

ちっちゃいさんは「あかちゃん」のこと。
あかちゃんがくると大人の世界ががらりと変わります。
未知の生き物ちっちゃいさんのことをかわいいイラストで描いた1冊。
読みながら誰もが昔はちっちゃいさんだったことを思い出すと、
優しい気持ちになれる、そんなことを改めて感じる絵本。
プレゼントにもおすすめです。
気になった方は是非、手に取って見てください!

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2016年08月28日

十五少年漂流記

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20160827_okura.jpg
著者:ジュール・ヴェルヌ、訳:椎名誠・渡辺葉 新潮社

『誰もが知っているけれども、誰も体験したことのないお話』

少年時代の大倉さんも夢中になって読んだ本作が新訳で蘇りました。
今回これを訳したのは椎名誠さんとその娘の渡辺葉さん。
しかも書かれた1800年代のフランス語から直接訳した、完訳版。
嵐の夜、ニュージーランドに留めていた船が流されてしまいます。
その船に乗っていた8歳から14歳までの少年たち。
流れ着いた無人島で過ごした2年間の物語です。
ずいぶん昔に読んだ大人も、初めて読む子供も今、ハマりたい冒険譚。

BOOK BAR staff| 00:37 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月28日

BOOK STAND ラブリさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は、モデル・タレントとして活躍するラブリさんの登場です。
20160827_BS.JPG
ラブリさんは今年6月から配信スタートしたWEBマガジン「KILIG(キリグ)」の編集長に就任。
タイトルの「KILIG」は、彼女の母親のルーツであるフィリピンの言葉、タガログ語で「めまいを感じて身震いすること、ドキドキすること」という意味だそうです。内容はファッション写真、動画のほか、ラブリ編集長自らが書いたエッセイや詩などが掲載されるほか、仕事の舞台裏を届ける「Behind the scene」や音楽、映画、レストランなどのリコメンド情報も満載です。
20160820_loveli.jpg
今回はラブリさんが「愛を感じる本」を3冊選んでくれました。

今週はその2冊目です!
詠んだ後、思い浮かぶのは誰ですか
今夜ご紹介するのは「大きな木」です。これはですね、作家さんがシェル・シルヴァスタインなんですけども、村上春樹さんが日本語の翻訳をされていて、すごくかわいい本です。ジャンルでいうとですね、大人の人が読んでも身近に感じられる、恋愛だったりとか、そういう愛の気持ちを思い出させてくれるようになっていて、子供も大人も読める本ですね。
1本の木と1人の少年のお話なんですけど、少年がどんどん年齢を重ねていって1本の木との関係が、成長を重ねるごとに代わっていって、でも変わらないのは木の方で、変わっていくのは少年の方で、でも、戻ったらいつでも木はそこにいて、でも木はそのままの少年がすきで、いつでも受け入れているわけですよ。そういう話なんですけど、最後はおじいちゃんになるんですけど、感動するし、恋愛に至っても、無償の愛じゃないけれど、そういうものを木と少年で表現していて…誰かにあげたくなるような本で、中のページをめくると、「僕とあの子」「僕と木」って書いてあるんですけど、少年の心がだんだん木から離れて行っちゃうんですよ。でもそれは仕方のないことで、成長の過程で離れて行って、でもそれを木はさみしいけど、独りぼっちになっちゃうけど、「いつでも待ってるよ」みたいな感じで、すごく…無償の愛なんですよ。じゃあ、例えば少年がりんごを集めたいって言ったら僕の中のりんご全部持って行っていいよって。いつでも受け止めてくれるっていう話なんですけど、いいんです。

BOOK BAR staff| 00:31 | カテゴリー:BOOK STAND

2016年08月28日

ひゃくはち

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20160827_ann.jpg
著者:早見 和真 集英社

『青い空!白い球!光る汗…!』

ひゃくはちとは煩悩…だけなく野球のボールの縫い目の数。
主人公は野球の名門高校の補欠部員たち。
今回のテーマ「去りゆく夏と青春小説」にもふさわしく、
16人と限られたベンチの数に入ることが出来なかった彼らの、
友情、汗、部活、悩み、女の子…青春がぎゅっと詰まった1冊。
風潮とは違い、ちゃんと格差があるスポーツの世界。
感情移入して応援してしまいたくなる、と杏ちゃん。
映画版と小説では違う部分があるので是非どちらも楽しんでみてください!

BOOK BAR staff| 00:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月21日

8.20 OA CAROL KING Erykah Badu THE BEATLES and more 

1  TOKYO NORTH SIDE / 吉井和哉 


2  SO FAR AWAY / CAROL KING 


3  WOO / Erykah Badu 


4  The Ballad of John and Yoko / THE BEATLES 


5  Marifnaash  / Halim 


6  Balkan Fest / Boban Marković Orkestar 

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2016年08月21日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは三省堂書店・神保町本店の
アルパカ書店員こと内田剛さん。
神保町本店は、本の街・神保町のランドマークとなっている
売場面積約1,000坪の大型書店です。

内田剛さんの入魂の一冊はこちら!
20160820_1.jpg
『能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれミルクセ〜キ 』
著:能町みね子 オレンジページ

ナポリタンやコーヒー、いろんな楽しみのある純喫茶ですが、
コーヒーが苦手な能町みね子さんが楽しみにしているのは
ミルクと卵、氷をシェイクした"ミルクセーキ"!
お店にたどり着けなかったり、ミルクセーキを求めて長崎に行ったり…
ガイドというよりは能町さんの徒然なる純喫茶日記。
気になった方は是非手に取って見てください!

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2016年08月21日

オリエント世界はなぜ崩壊したか

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!
大倉眞一郎セレクト
20160820_okura.jpg
著:宮田律  新潮社

『IS、ISという得体のしれない集団を知るために紀元前3000年まで遡ろう』

副題は"異形化する「イスラム」と忘れられた「共存」の叡智"
今はインド手前までから北アフリカの一部をさすオリエント。
なんとなく説明し難いもやもやのあるその知識を掃除してくれる1冊!
今イスラムで起きていることは過去の連鎖、遡ると起源は5000年前!
宗教の誕生、十字軍、産業革命、植民地支配…
それまできわめて寛容に他文化他民族を受け入れていた豊かな地が
なぜこうなってしまったのか、オリエントにとどまらず、
世界各国に波及した、知識ゼロからでも飛び込めるオリエントを知る物語。

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月21日

BOOK STAND ラブリさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は、モデル・タレントとして活躍するラブリさんの登場です。
0820_BS.JPG
ラブリさんは今年6月から配信スタートしたWEBマガジン「KILIG(キリグ)」の編集長に就任。
タイトルの「KILIG」は、彼女の母親のルーツであるフィリピンの言葉、タガログ語で「めまいを感じて身震いすること、ドキドキすること」という意味だそうです。内容はファッション写真、動画のほか、ラブリ編集長自らが書いたエッセイや詩などが掲載されるほか、仕事の舞台裏を届ける「Behind the scene」や音楽、映画、レストランなどのリコメンド情報も満載です。
20160820_loveli.jpg
今回はラブリさんが「愛を感じる本」を3冊選んでくれました。
今夜はその1冊目です!

わたしを通して見るわたし
今夜ご紹介させていただく本はグレープフルーツジュース。オノ・ヨーコさんが書かれているんですけれど、すごく印象的なのは最初のページで「僕が今まで燃やした本の中でこれが1番偉大な本だ―ジョン・レノン」ここから始まるんです。
これは…なんだろうな、本を読んでいるんですけど、読んでる時間すらもなんだか現実じゃないような気のする、時空を超えているような本で…詩集なんですよ。
結構命令形の詩集で、「呼吸しなさい」とか「世界中の時計を2秒ずつはやめなさい、誰にも気づかれないように。」とか、こう…いつでも想像できるような言葉が並んでいるんですね。でもそれを読んでいると、自然と時間があるようでないような空間にいる自分がいて、これはすごく読み返します。特に私が印象に残っている言葉があります。

あなた自身から抜け出しなさい。
街を歩くあなたを見なさい。
あなたを石に躓かせ、転ばせなさい。
それを見守りなさい。
自分が見ている他人たちを見守りなさい。
あなたがどんなふうに転ぶのか注意深く観察しなさい。
どれくらい時間がかかるのか、どんなリズムで転ぶのかを
スローモーション、フィルムを見るように観察しなさい。

これはジョンレノンさんが亡くなる前にここに書かれているっていうか、グレープフルーツジュースっていう、この本を読んで、インスピレーションを受けてイマジンを作ったそうです。是非読んでいただきたいですね。

BOOK BAR staff| 00:31 | カテゴリー:BOOK STAND

2016年08月21日

死ぬ気まんまん

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト
20160820_ann.jpg
著者:佐野洋子 光文社

『キレッキレばあちゃん!』

「100万回生きたねこ」の作者で知られる絵本作家・佐野洋子さん。
2010年にがんのためこの世を去ります。
2年の余命宣告を受けながら「痛いのはいや」「タバコも我慢しない」
ジャガーを乗り回し、2年後には医者に「…まだ死なないんですか?」

「最近、おふくろ死ぬ気満々なんだよな…」

タイトルは佐野さんの息子さんの一言から決まったんだとか。
いつかは誰もが迎える死だからこそ、隠さずに身近に感じる、
佐野さんならではの目線で綴ったありのままのエッセイ。

BOOK BAR staff| 00:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月18日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 21:20 | カテゴリー:おしらせ

2016年08月14日

8.13 OA Ellie Goulding PINK Janis Joplin and more

1  SHAKE IT OFF / Taylor Swift 


2  MOON RIVER / Audrey Hepburn 


3  The Greatest / Ellie Goulding 


4  反骨の人 / 寺尾紗穂 


5  SO WHAT / PINK 


6  Little Girl Blue / Janis Joplin 

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2016年08月14日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、下北沢にある本のセレクトショップ

B&B
の、店長・寺島さやかさんです。
お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんとクリエイティブディレクターの
嶋浩一郎さんが 「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。

寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!
20160813_1.JPG
災害支援手帳』著:荻上チキ 木楽舎

義援金と支援金の違いってわかりますか?
お金や物などで出来る支援を項目別にわかりやすく解説。
更に、それ以外の支援の仕方の工夫などなど…
この本を待ち望んでいた!糸井重里さんも帯に寄せていますが、
”支援したいという気持ち”をどこへ持っていきたいかわからない人に
落ち着いて読んでもらいたい1冊がこちら!

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2016年08月14日

村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!
大倉眞一郎セレクト
20160813_okura.gif
著:栗原康 岩波書店
『殺されたアナーキストの評伝がこんなに面白くていいんだろうか!』

アナーキストとは、つまり無政府主義者。
1923年の甘粕事件で殺害された伊藤野枝の生まれてから死ぬまでを描いた1冊。
当時アナキズム運動の中心人物であった大杉栄の愛人として知られる彼女は、
父親から「好きなことをして生きろ」と教えられて育ちます。
口惜しさ、怒りなどを包み隠さない、まるで彼女にとり憑かれような文体、
中には不快に思う人もいるそうですが、大倉さんは太鼓判。

こんな評伝が世の中に存在できるんだ…

客観的ではいられない、新しい女性の生き様、感じてみてください。

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月14日

BOOK STAND 浜崎容子さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は、自らの音楽性を「トラウマテクノポップ」と称するバンド、
アーバンギャルドのボーカル、浜崎容子さんの登場です。
20160813BS.jpg
独学で宅録を学び、シャンソン歌手を経てバンドに加入、
サブカル女子のポップ・アイコンとして注目を集める浜崎さんは、
ソロとしても活動中で、先月、6年ぶりのソロアルバム「Blue Forest」を
リリースしました。
ニューアルバムは浜崎さんのセルフプロデュースで、プログラミングの打ち込みもすべてご自身でやっているそうです。
20160730_hamasaki.jpg
そんな浜崎容子さんがオススメする本、今夜はその3冊目です!

ここでは誰もわかってくれない
今夜ご紹介させていただく本は山内マリコさんの「ここは退屈迎えに来て」という本を紹介させてもらいたいと思います。
この本は地方出身の女の子が東京に憧れてできたけれど、夢破れて田舎に戻っっちゃったりとかそういう地方の女の子のお話が短編としていくつかあるんですけど、この本を通して共通で出てくる椎名という男の子がいるんですけど、多分私が思うにこの椎名は、みなさんも小学校とか中学校とか高校とか通われているときにクラスとか学年とかで1番目だつ男の子とか、1番人気のグループにいてリーダー格みたいな男の子とかいるじゃないですか。そういうみんなのちょっとした憧れの象徴として椎名君が描かれていて、みんなが羨むような、当時スター扱いだったのに、別にトップスターになっているわけではなく、本当に普通の男として人生を歩んでいるところも、すごいリアリティがあるなあと思っていて。
私も兵庫県出身で、地方のなんていうのかな…わびしさじゃないけど、寂しいとも何とも言い難い、空気が停まっているような感じというか、そういうものを帰省するたびに感じていて、東京に出る前にもなんとなく田舎独特の息苦しさみたいなものってあるじゃないですか。それを感じていたので、この本を読んだときにやっぱりばあーっと自分の地元と重ねて読んじゃうというか、「あ、この空気わかるわかる」みたいな。

多分、東京都内、23区内に生まれ育った人にはわからないかもしれないこの感覚

みたいなものを感じましたね。
この本の中に「君がどこにも行けないのは車持って ないから」というタイトルのお話があるんですけど、やっぱり車がないと不便なんですよ(笑)私の地元もそうだったんですけど、車を持っていない子はちょっと先のコンビニに行くのにも結構苦労するというか。歩きだと10分、15分…もっと、それ以上かかってしまうというか。 
駅に行くにもしてもやっぱ電車に乗るまでが大変というか、バスもなかなか来ないし、なんか説明しがたい寂しさをすごく秘めた本だと思っていて、これは私のように地方から東京に出た女の子に読んでもらえたら面白いなと思います。

BOOK BAR staff| 00:31 | カテゴリー:BOOK STAND

2016年08月14日

ティファニーのテーブルマナー

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト
20160813_ann.png
著者:W.ホービング 鹿島出版会

『実際みんな…どこで学んでます?』

今やジュエリーでも有名なティファニーと言えば、テーブルウェア。
映画「ティファニーで朝食を」でも有名ですよね。
イラストの線、装丁がやさしいテーブルマナーの入門書。
元々はカトラリーを購入したお客さん向けにお店で配っていた小冊子。
それ以外の人も参考にしたいから、と書店で販売されたのが1969年。
ずらりと並んだカトラリーを使いこなすのは緊張しますよね。
実は手を使ってもいいシーンがあるの、知ってました?
いざという時のために読んでおくのもいいかもしれませんね。

BOOK BAR staff| 00:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月07日

8.6 OA Ibrahim Ferrer ROXY MUSIC Grimes and more

1   Final Song / MØ 


2  ボキニェニェ / Ibrahim Ferrer 


3  Jump Into the Fire (Single Version) / Nilsson 


4  BEAUTY QUEEN / ROXY MUSIC 


5  DOUGLAS TRAHERNE HARDING / The Incredible String Band 


6   Crystal Ball / Grimes 

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2016年08月07日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、
日本を代表する大型書店、八重洲ブックセンター上大岡店の平井真実さんです。
上大岡店は京急百貨店の6階ワンフロアを占め、330坪もあるそうです。

平井さんの入魂の一冊はこちら!

20160806_1.jpg
大沼ワルツ
著:谷村志穂 小学館

明治時代、舞台はまだ手つかずの自然が美しい北海道。
移り住んだ開拓民たちの三世代に渡る実話をもとにした物語。
平井さんも何度も目頭が熱くなった感動的な作品。
きっとあなたも読んだ後に誰かに勧めたくなるはず!
気になった方は是非手に取ってみてください。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2016年08月07日

ヘンゼルとグレーテル

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!
大倉眞一郎セレクト
20160806_okura.jpg
著:大友克洋 ソニー・マガジンズ

『私が持っている本で1番高く売れるマンガ』

あまり漫画を読まない大倉さんの中で2人いる神様の一人、
大友克洋さんによる短編マンガ集、大倉さんの愛蔵書です。
表題作をはじめ、誰もが知っている名作童話たちを
もちろん原作通りではなくて、完全に大友さんのものにした
まさにグリム童話ならぬ大友童話!
絶版なので中古でしか手に入らないそうですが、
よく描き込まれた絵の魅力、大友さんの世界観、
この本のサイズで味わえる機会がみなさまにも訪れますように…!

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月07日

BOOK STAND 浜崎容子さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は、自らの音楽性を「トラウマテクノポップ」と称するバンド、
アーバンギャルドのボーカル、浜崎容子さんの登場です。
20160806BS.jpg
独学で宅録を学び、シャンソン歌手を経てバンドに加入、
サブカル女子のポップ・アイコンとして注目を集める浜崎さんは、
ソロとしても活動中で、先月、6年ぶりのソロアルバム「Blue Forest」を
リリースしました。
ニューアルバムは浜崎さんのセルフプロデュースで、プログラミングの打ち込みもすべてご自身でやっているそうです。
20160730_hamasaki.jpg
そんな浜崎容子さんがオススメする本、今夜はその2冊目です!

言葉が育てた美と憎しみ
今週ご紹介させていただく本は三島由紀夫さんの「女神」というご本がありまして、タイトルで最初に「え、なんの女神だろう…」っていうところから入りまして、それでこれを読み進めていくうちに三島由紀夫さんの言葉の言い回しの美しさだとか、美に対する変質的な、執拗なまでのこだわりとかが書かれていて、すごく世界に酔っていけるとうか、これを読んでいるだけで美とは何か教えてもらえているような気がして好きな本ですね。
あるご夫婦がいらっしゃるんですけど、そちらの妻の方が絶世の美女だったんですよ、いわゆる。美を形成する、というか「あなたは美しいんだ」と育てた、というか…それが、絶世の美女を伴侶にする夫。美に対してすごく執着のある夫なんですけど、戦争で家が焼けてしまったときに、奥様の顔がやけどを負ってしまうんですね。それで美が失われてしまったんですよね。それですごく暗い家庭になってしまうんですけど、ある日、ご主人の方がまだ中学生にあがったくらいの自分の娘の姿に自分の奥さんの昔の美しさの片りんを見て、この娘を自分の理想に生涯かけて育てるぞ、と新たに夢を見出したという。
お父さんの手ほどきを受けてどんなどん美しく育った娘が主人公なんですけど、朝子のお父さんが美に対して「女は美しくあるべき」という確固たる執着を持っていて、印象的だったのが美しい顔を持っていた奥様が顔にやけどを負って美を失ったときに、「あなたは美しい、美しい」ってずっと言い続けていた
夫に対しての復讐のために生きる女みたいになってしまったんですよ。

女は美しくないと価値がない

ということが前提に物語が進んでいるところが完全に歪んでて、こういう人が将来の伴侶だったら疲れるし、でもあなたは美しいと言われたらうれしいし、なんか複雑な気持ちになりますよね。

BOOK BAR staff| 00:31 | カテゴリー:BOOK STAND

2016年08月07日

わたしの日々

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20160806_ann.gif
著者:水木しげる 小学館


『小さい頃からずぅーーーーーーっと絵を描いていらっしゃる方です』

言わずと知れた水木しげるさんの過去の体験や日常を綴ったコミックエッセイ。
ビッグコミックの巻末に連載されたこの本作は、
92歳を前にして静かな余生を過ごしたかった水木さんの元に
まさにその連載の依頼が来るところから始まります。
水木さんの最後の連載であり、亡くなる4か月前に単行本化。、
18歳当時に描いた周囲の人を面白おかしく描いた絵や、
それ以前に描いた絵本などもオールカラーで掲載されています。
晩年の自分は果たして、働き続けているのか…ちょっと考えちゃいますね。

BOOK BAR staff| 00:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2016年08月05日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 16:39 | カテゴリー:おしらせ


バックナンバー

カテゴリー