2016年06月19日

火の鳥 黎明編

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20160618_okura.jpg
著者:手塚治虫

『手塚治虫の代表的な作品というより、象徴的な作品!』

リアルタイムで手塚作品を楽しんでいた大倉さんですが、
改めて読み返すと、意外と読んでいなかったり、案外忘れていたり…
古代日本を舞台にした「黎明編」から時代を振り子のように行き来して、
次は現代編…という時に亡くなってしまった手塚先生。
読み手に大きな宿題が残された作品ですが、今なお、あせない手塚ワールド!
全13巻、1冊完結なのでどこから読んでもOK!
一番近くにあった火の鳥を読んでください!

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー