2015年11月22日

村田エフェンディ滞土録

今週、大倉さんが持ってきたのはこちら。

大倉眞一郎セレクト
村田エフェンディ.jpg

著:梨木香歩 角川書店

『約120年前のイスタンブールは、スーパーメトロポリス!』

以前「一冊入魂」で、往来堂書店の笈入さんも紹介してくれた1冊!
1899年、村田青年はトルコ皇帝からの招きで歴史文化研究の為
トルコの首都、イスタンブールへと向かう。
生まれた国も文化も宗教も違う様々な人々出会い暮らし学んだ
村田青年のかけがえのない時間が刻まれています。
そこには、爽やかな青春の風と自身が生まれた国を始め「国」とは、
一体何なんだろうとはてない思いが駆け巡ります。
ちなみにタイトルにある「エフェンディ」とは、トルコで
学問を修めた人物に対する敬称のこと。

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー