2015年11月29日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。
芳林堂_photo3改定.jpg

今週、笈入建志さんがセレクトした入魂の一冊はこちら!
1128_往来堂_めでる国芳ブック ねこ.jpg

めでる国芳ブック ねこ』著:金子信久  大福書林

江戸時代に浮世絵作家であった歌川国芳が描いた
「ねこ」の作品ばかりを集めた猫好きにはたまらない1冊。
本の作りも浮世絵作品がカラー1枚1枚取り外しができるように
なっています。そして海外でも人気の高い「浮世絵」だけに
日本語と英語の解説付。先週に引き続き贈りものにも最適な作品。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年11月29日

骨風

今週、大倉さんが持ってきたのはこちら。

大倉眞一郎セレクト
骨風.jpg

著:篠原勝之 文藝春秋

『崖っぷちで死を想い、口笛を吹く!』

通称、くまさん。
芸術家、篠原勝之さんの泉鏡花文学賞を受賞した最新著書。
80年代には「笑っていいとも!」を始め様々なTV番組でも
活躍されていましたが、現在は、ご自身で「ゲージツ家」と名乗り
様々な創作活動をされています。
そんな篠原さんが書いた「骨風」は、自伝書に近い連作短編集。
幼年期の辛い時代ことから、友人との交流、母親や弟との関係など、
まさに崖っぷちの人生が描かれています。
帯には「死んだらみんなおんなじだもの。」とも書かれ、
そこはかとなく「死」の影が漂う。だからこそ強く感じる「生」の感触。
大倉さん大絶賛の1冊です!

BOOK BAR staff| 00:41 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月29日

BOOK STAND 吉澤嘉代子さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は、シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんが登場。
1128_YOSHIZAWA.jpg

吉澤さんは1990年生まれ。
16才のときから作詞作曲をはじめ、
2013年にファースト・ミニ・アルバム「魔女図鑑」でデビュー。
最新作は先月リリースされた3枚目のミニ・アルバム「秘密公園」です。
秘密公園.jpg

吉澤さんは子どもの頃から本が大好きで、小学生の時の愛読雑誌は
「ダ・ヴィンチ」だったそうです。

今回は、吉澤嘉代子さん「欲望」をテーマに3冊の本を選んでもらいました。
今週は、その3冊目です!

欲望という感情を知っていた…

姫野カオルコの「ツ、イ、ラ、ク」です。
この小説は、14歳の女の子と若い先生との禁断の恋を描いたお話。
私も丁度14歳の時にこの小説と出会いました。
14歳の私は、大恋愛の経験もなかったのですが
物凄くしっくりきたというかリアリティーがあった。
内容的には過激な表現もありその内容も良く分からないところも
たくさんあったのに、主人公の少女が出会うべくして出会った人が
この先生だったんだなぁっていうのが凄く伝わってきたので
たぶん、しっくりきたんだと思います。
中でも好きなところは、先生の名前が河村先生というんですが、

十四歳をいたわる余裕は河村にはなかった。
認めた快感でめいいっぱいだった。
隠し、誤魔化し、否定し、否定したからにはさらに否定し、
否定し続けていた感情を容赦なく破壊して認める快感で

という箇所が、凄く好きで…
これは、女の子と先生が関係を結んだ後の所。
私が凄く思ったのは、この2人だったからきっと、
どんな年齢でも結ばれてしまったんだろうなぁと、
14歳だったら「欲望」という言葉もきっとずっと前から
知っていたしその感情も湧いていたんじゃないかと思います。
私は、花開いてたと思います…。

BOOK BAR staff| 00:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年11月29日

幻の声―髪結い伊三次捕物余話

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちら。

杏セレクト
幻の声.jpg

著:宇江佐真理 文藝春秋

『大好きな作家さんです!ありがとうございます!』

先日、66歳の若さでお亡くなりになった宇江佐真理さんの
衝撃のデビュー作「幻の声―髪結い伊三次捕物余話」。
宇江佐真理さんと言えば「BOOK BAR」放送スタート当初から
杏ちゃんが好きな作家さんとして名前を上げていた作家さんでもあります。
今週は、追悼の意も込めてデビュー作品を紹介しました。
デビューが遅かった宇江佐さんが主婦業をしながらキッチンで
書かれたというこの小説は、髪結い伊三次シリーズにもなった一作目。
今で言う、床屋さん。江戸で床を構えずに出張髪結い業を営んでいる
伊三次を主人公に江戸の町で出会う人々の話や生活。
そして、そんな伊三次だからこその副業、町方同心のお手先。
事件あり人情ありの時代小説。デビュー作品にして完成度の高い
こちらの1冊は、選考委員満場一致でオール読物新人賞も受賞しています。

BOOK BAR staff| 00:12 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月22日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 00:59 | カテゴリー:おしらせ

2015年11月22日

11.21 OA The Good the Bad and the Queen フェイ・ウォン ハルカトミユキ and more

1  80s Life / The Good the Bad and the Queen

ザ・グッド,ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンは、ブラー/ゴリラズのデーモン・アルバーン、アフロビートの創始者フェラ・クティと共に活動をしていたドラマーのトニー・アレン、元ザ・クラッシュのベーシストのポール・シムノン、元ザ・ヴァーヴのギタリストのサイモン・トングからなるバンド。いま最も注目されているプロデューサー、デンジャー・マウスが良い仕事しています。


2 EYES ON ME / フェイ・ウォン 

1999年に発表され、日本国内だけで370万本を売り上げた超ヒットゲーム『ファイナルファンタジー次戮亮臑蟆痢ゲームの進行途中でこの曲がフルで流れる場面には感激したものです。FFシリーズでは初の主題歌となります。


3  何日君再来 / Weiwei Wuu 

ウェイウェイ・ウーは上海出身の二胡奏者。漢字だと「巫 謝慧」と書くようです。上海戯曲学校で二胡とヴァイオリンを専攻し、双方を首席で卒業した才媛。1991年に来日してからは、日本をベースにして活動を続けています。


4   DESIRE / U2 

J-WAVEが開局した1988年のTOKIO HOT 100 年間チャートNo.1ソング。ちなみに2位はビーチボーイズの「ココモ」、3位はボン・ジョヴィの「バッド・メディシン」でした。

5  Shimarik / tarkan

大倉さんが旅先で購入したトルコ人アーティストの曲。


6  宇宙を泳ぐ舟 / ハルカトミユキ
今年秋にリリースされたミニ・アルバム『LIFE』からの曲。タイトルの「宇宙」は「そら」と読みます。ハルカトミユキは立教大学の音楽サークルで知り合い結成された女性2人組デュオです。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2015年11月22日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは三省堂書店・神保町本店の
アルパカ書店員こと内田剛さん。
神保町本店は、本の街・神保町のランドマークとなっている
売場面積約1,000坪の大型書店です。

内田剛さん、入魂の一冊はこちら!
1121_三省堂_あたしとあなた.jpg

あたしとあなた』著:谷川俊太郎 ブックデザイン:名久井直子 ナナロク社

この詩集の為だけの特別な紙を作ることから始めた…
そんな思いからブックデザインされた美しい1冊。
そして、谷川俊太郎さんの綴る「あたしとあなた」。
内田さんいわく、宇宙の彼方までも感じられる深い思いを味わえる
そして、誰かに贈りたい、誰かから贈られたい特別な本。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年11月22日

村田エフェンディ滞土録

今週、大倉さんが持ってきたのはこちら。

大倉眞一郎セレクト
村田エフェンディ.jpg

著:梨木香歩 角川書店

『約120年前のイスタンブールは、スーパーメトロポリス!』

以前「一冊入魂」で、往来堂書店の笈入さんも紹介してくれた1冊!
1899年、村田青年はトルコ皇帝からの招きで歴史文化研究の為
トルコの首都、イスタンブールへと向かう。
生まれた国も文化も宗教も違う様々な人々出会い暮らし学んだ
村田青年のかけがえのない時間が刻まれています。
そこには、爽やかな青春の風と自身が生まれた国を始め「国」とは、
一体何なんだろうとはてない思いが駆け巡ります。
ちなみにタイトルにある「エフェンディ」とは、トルコで
学問を修めた人物に対する敬称のこと。

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月22日

BOOK STAND 吉澤嘉代子さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は、シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんが登場。
1121_YOSHIZAWA.jpg

吉澤さんは1990年生まれ。
16才のときから作詞作曲をはじめ、
2013年にファースト・ミニ・アルバム「魔女図鑑」でデビュー。
最新作は先月リリースされた3枚目のミニ・アルバム「秘密公園」です。
秘密公園.jpg

吉澤さんは子どもの頃から本が大好きで、小学生の時の愛読雑誌は
「ダ・ヴィンチ」だったそうです。

今回は、吉澤嘉代子さん「欲望」をテーマに3冊の本を選んでもらいました。
今週は、その2冊目です!

欲望は、様々な感情と連なっている。

志賀直哉さんの小説「剃刀」です。
六本木麻布にある床屋さんを営む主人のお話。
1本1本を抜くように剃っていく髭剃りの名人でもある。
ある繁盛期でも忙しい日、主人は体調を崩して
寝込んでしまうが、店にはたくさんのお客さん。
ふらつきながらも起きあがって仕事を始める。
奥さんも心配して主人に「大丈夫?」と声を掛けている。
そんな場面、この「剃刀」が一体何を表しているのかと
考えた時に、私は「男性器」だと思った。この疲労している中、
仕事を全うしなければならないという責任感とのはざまで、
主人公は、疲れ切ってボロボロになっている。
その中で、奥さんの様子が何故だか妙になまめかしく映っていたり、
あと恋愛模様も少し出てきたり、ずっと「性」の匂いが漂っている。
それが最終的に「剃刀」に表れているんじゃないかと思っていて、
というのも、欲望は様々な感情と連なっているから。
食欲があると性欲もあるとか、この主人公は物凄く疲れていた。
ギリギリの状態、自身の命を守りたい状況下。
そんな欲望が連なりになっているので、ひとつを引っ張ると同時に
ひとつが下がる…みたいに、欲望を感じる。

BOOK BAR staff| 00:32 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年11月22日

長安異神伝

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちら。

杏セレクト
長安異神伝.jpg

著:井上祐美子 中央公論社

『バトル!アクション!魔法!ロマンス!チャイナァ〜!』

花の都・長安に妖怪や魔物達が跋扈し始める。
そこに現れたのが1人の青年、二郎。
彼は、人間世界と天界と両方の血を受け継いでいた。
そんな半分であることのジレンマもありながらも、
その大いなる力で怪しき者達と対峙していく。
バトルアクション、ファンタジー、そしてロマンス。
歴史上の人物も登場する、中華ファンタジー小説

BOOK BAR staff| 00:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月15日

リポビタンフィール50本入りケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 00:59 | カテゴリー:おしらせ

2015年11月15日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは下北沢にある本のセレクトショップ、
B&Bの店長・寺島さやかさんです。

お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんと
クリエイティブディレクター嶋浩一郎さんが
「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。
B&B_photo(店内).jpg

寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!
1114_B&B_アメリカは食べる.jpg

アメリカは食べる。―アメリカ食文化の謎をめぐる旅
著:東理夫 作品社

アメリカのミステリー小説についてミステリーマガジンなどで
多く文章を書いている著者、東理夫さんがアメリカのミステリー小説に
ふれる中で、アメリカの食文化に興味を持ち、車で旅をしながら
アメリカの食文化について考察を深め、その成果が700ページを超える
分厚い1冊となって刊行されています。
「アメリカの代表料理は?」「映画やTVにもよく登場するあの料理とは?」
そして、多種多様の缶詰についてなど、その食文化の背景にある歴史も合わせて
様々な切り口からアメリカの食文化について学べる。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年11月15日

11.14 OA 吉澤嘉代子 安藤裕子 坂本慎太郎 and more

1  4 Walls / f(x) 

韓国人、韓国系アメリカ人、台湾系アメリカ人、中国人という多国籍・マルチカルチャーを背景に育った4人のメンバーにより構成される韓流女性グループ。グループ名のf(x)は、数学の関数に由来し、x の値により結果が変わる関数 f(x) のように、メンバーの多様な才能と魅力により多彩な活動を広げるという意味だそうです。

2 幻想交響曲:第5楽章「ワルプルギスの夜の夢」 / パリ管弦楽団 

ドヴォルザークの交響曲より。ヨーロッパでも評価の高い日本人コンダクター、佐渡裕が指揮をとっています。


3  BABY I feat.葉加瀬太郎 / Ariana Grande 

葉加瀬さんのお嬢さんがアリアナの大ファンだったことが縁で実現した競演。アリアナは今年のサマソニ出演に続き、来月8日&9日には、さいたまスーパーアリーナでの「ハネムーン・ツアー2015」単独公演が決定しています。


4  奇麗 / 吉澤嘉代子 

1990年埼玉県川口市生まれ。先月リリースされた3枚目のミニ・アルバム『秘密公園』より。


5  鐘が鳴って 門を抜けたなら / 安藤裕子

2008年にリリースされた6枚目のアルバム『chronicle.』より。

6  幽霊の気分で (Cornelius Mix) / 坂本慎太郎 feat. Fuko Nakamura

音を操るクセモノ同士によるコレボレーション。リミックス、プロデュース、共演、共作をまとめたコーネリアス・セレクトによる近年のワーク集『Constellations Of Music』に収録されています。もともとは坂本慎太郎のアナログ・レコードとしてリリースされていた曲です。

BOOK BAR staff| 00:53 | カテゴリー:SONG LIST

2015年11月15日

岸辺の旅

今週、大倉さんが持ってきたのはこちら。

大倉眞一郎セレクト
岸辺.jpg

著:湯本香樹実 文藝春秋

『児童文学者が書いた大人の寓話』

こちらは、深津理恵さん浅野忠信さん主演で映画公開された話題作。
カンヌ国際映画祭では、黒沢清監督が「ある視点」部門で監督賞を受賞。
物語は、三年間失踪していた夫がある晩突然帰ってくる所から始まる。
しかし、その身はもう既に遠い水底で蟹に食べられてないということ。
そこから、死んだ夫との不思議で温かな旅が始まる…。
児童文学を多く手掛ける著者、湯本香樹実の大人のファンタジー。
大倉さんも映画も小説も大絶賛!
小説から読んでも、映画から観ても、素晴らしい出会いは間違いなし!

映画『岸辺の旅』公式サイト

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月15日

BOOK STAND 吉澤嘉代子さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は、シンガーソングライターの吉澤嘉代子さんが登場。
1114_YOSHIZAWA.jpg

吉澤さんは1990年生まれ。
16才のときから作詞作曲をはじめ、
2013年にファースト・ミニ・アルバム「魔女図鑑」でデビュー。
最新作は先月リリースされた3枚目のミニ・アルバム「秘密公園」です。
秘密公園.jpg

そんな吉澤さんは子どもの頃から本が大好きで、
小学生の時の愛読雑誌はなんと「ダ・ヴィンチ」だったそうです。

今回は、吉澤嘉代子さん「欲望」をテーマに3冊の本を選んでもらいました。
今週は、その1冊目です!

欲望を感じた衝撃的なセリフ!

三島由紀夫の「女神」。
物凄く女性の「美」に対して厳しい主人公の男性、
木宮周伍がとても魅力的で完璧な女性と結婚するんですが、
ある時、彼女は顔に醜い火傷を負ってしまう。
絶望する周伍でしたが、1人娘の朝子が美しく成長していくに従い
今度は、娘を手塩に掛けて育てていく。
周伍もまた面白い人で娘に素敵な恋人や結婚相手をあてがうのだけれど
最終的には仲を引き裂いてしまう。つまり周伍が娘を一人占めしたいという
欲が抑えられなくなっていく。
そして引き裂いた後のセリフがこの「女神」の中で一番欲望を感じたシーン。
最後の最後に周伍と娘のやりとり…

「やっと二人きりになれたね」周伍はそう呟いた。
しかしそれを繰り返した朝子の言葉は、同じ言葉でも、もっと深い余韻をもち、
周伍の心を神秘な幸福感で充たしたのである。
「ええ、やっと二人きりになれたんだわ」

と終わる。娘はそれを受け止めるというか、
私は考えたくもないけど、父に「やっと二人きりになれたね」って
言われたら、本当に嫌な気持ちになりますよね。

BOOK BAR staff| 00:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年11月15日

オケ老人!

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちら。

杏セレクト
オケ老人.jpg

著:荒木源 小学館

『年齢を重ねても始められることがあるんですよ!』

こんなキャッチフレーズと共に紹介してくれたのは、
来年の秋に公開予定、杏ちゃん主演映画「オケ老人!」の原作小説。
原作の主人公は、男性の高校教師。学生時代に音楽を嗜んでいた彼が
間違って世界最高齢の…老人だらけのアマチュアオーケストラに
間違って入ってしまう。そこからまさかの国家機密の情報漏洩にまで
話は広がっていく…コメディーです。
杏ちゃんいわく、音楽天才の物語ではなくアマチュアだからこそ
一生懸命にメロディーを奏でる姿は、心に響く!
チャレンジに年齢制限はないんですね…。

BOOK BAR staff| 00:11 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月12日

リポビタンフィール50本入り1ケースをプレゼント!

いつもBOOK BARをご愛聴いただきありがとうございます。
リスナーの皆さまへの素敵なプレゼントのお知らせです。

今日の疲れは今日のうちに。いい明日になりますように。
リポビタンフィール50本入り1ケースを毎月10名の方にプレゼントいたします。
ゆったり飲んでお休みチャージしてください。

プレゼントご希望の方は、番組への感想・意見などを書き添えて
このサイト左上のMESSAGEからご応募お願いします。
なお当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

BOOK BAR staff| 14:06 | カテゴリー:おしらせ

2015年11月08日

11.7 OA Danger Mouse Prince Funky Galaxy and more

1  Black (feat. Norah Jones) / Danger Mouse & Daniele Luppi 

オルタナからメインストリームまで、ダウなー系ロックからアッパーなR&Bまで、ジャンルを越えて活躍する今もっとも注目すべきプロデューサー、デンジャー・マウスがイタリア音楽の巨匠と組んで制作した架空のサウンドトラック・アルバム『Rome』より。この曲のゲストボーカル、ノラ・ジョーンズとは翌年に彼女の5枚目のソロ・アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』で再び競演することになります。


2 Boom!  / Maia Hirasawa 

2011年3月に九州新幹線鹿児島ルート全線開通の際にCMソングとして起用された曲。沿線の人々が開通を思い思いの方法で祝う様子が印象的でした。


3  FREE URSELF / Prince 

プリンスの最新曲。おそらく秋に突然リリースされたニューアルバム『HITnRUN phase one』のアウトテイクなんでしょうか? こちらはどうやら配信限定のようです。


4  Hello,You Beautiful Thing / Jason Mraz 

ジェイソン・ムラーズのポジティブ・オーラが炸裂している2014年にリリースしたアルバム『Yes!』より。


5  とうりゃんせ / ワビー&サビアン

エキセントリック・オペラの書上奈朋子と内田マヤによる童謡ポップをテーマにしたユニット。

6  ジーザス (feat. アヴちゃんfrom女王蜂) / Funky Galaxy from 超新星

人気韓流グループ「超新星」のラップチーム3人による新ユニット。ゲストボーカルにアヴちゃんをフィーチャーするセンスに脱帽です。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2015年11月08日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。

笈入建志さんの入魂の一冊はこちら!
1107_往来堂_本屋になりたい.jpg

本屋になりたい』著:宇田智子 ちくまプリマー新書

東京の大型書店から沖縄で一人で日本一狭い古本屋の
店主へと…生き方も働き方も選び、変えた著者宇田智子さんの
本と人と本屋について考えた飾らない素直な言葉、
そして、本屋への愛情が綴られた1冊。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年11月08日

かえりみち

今週、大倉さんが持ってきたのはこちら。

大倉眞一郎セレクト
かえりみち.jpg

著:森洋子 トランスビュー

『50年前の自分に出会える本!』

50年前というよりも8歳のあの頃に戻れる不思議な絵本。
時代が違えどもそれぞれが体験してきた学校からの「かえりみち」。
ランドセルを背負った女の子の後ろ姿を通して片面には、
現実世界の「かえりみち」、そしてもう片方にはその少女に
見えているのかもしれない不思議な世界の風景が対となっている。
それはまるで、冒険の始まり?!ジャングルへの入口?!
子供心に感じた懐かしいあの「かえりみち」が描かれています。

BOOK BAR staff| 00:41 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月08日

BOOK STAND 中村のんさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週はスタイリストの中村のんさんが登場。
1107_nakamura.jpg

中村のんさんは、1970年代に日本初のスタイリスト高橋靖子さんの
アシスタントとして、ファッションの世界に入り活躍されてきた方。
最近は、70年代の原宿をテーマとした写真集「 70'HARAJUKU 」という
自ら企画した写真展をまとめた写真集を出されています。
原風景 原宿.jpg

今回は、中村のんさんにオススメの本を3冊選んでもらいました。
今週は、その3冊目です!

「YES」を言い続けることで肯定したいことが広がる

写真、高砂淳二さん、詩、覚和歌子さんの「YES」。
写真と言葉のコラボレーションの写真集。
今の世の中「NO」と言いたいことが多い。
でも同時に「NO」と言うこともとても大事だと思います。
この1冊は、あえて「YES」。覚和歌子さんの言葉をお借りすれば、
「NO」ということよりも「YES」といえるということに目を向け
「YES」を言い続けることによって、世界に肯定したい事が
広がっていくんじゃないかと…その気持ちがこの本の写真の
1枚1枚から伝わってくる。誰が見ても美しいと思える写真に「YES」を
込めた覚和歌子さんの言葉がもの凄く響いてくる。
中でも印象的なのは、丘の上に群がる羊達の上に大きな虹がかかった1枚。
一見、合成写真かな?と思うほどなんですが、ご本人から合成ではないと
伺いました。草原と羊と、虹の写真。
そこに、覚和歌子さんの言葉が…、

あなたのなかにひろばをつくりなさい
とおいだれかをおもってたたずむための
ひもとけないきせきがおとずれるための
ただならぬしずけさがたちよるための
それらみんながつどうための

と、書かれています。
ついつい人って、あれやっておかなくちゃなとか、
あれやらなかったなぁ、とか。
心の中はいつも言葉で埋まっていると思うんです、
「あなたのなかにひろばをつくりなさい」ということで、
空間を作る、カラッポにする、ひろばをつくる。
この写真を見ると虹がかかってのどかな羊たちが集まってきて。
予期せぬ奇跡のようなものが訪れるんじゃないかなっていうことを
この「YES」では、言っているんじゃないかなって思います。

BOOK BAR staff| 00:31 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年11月08日

新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちら。

杏セレクト
新幹線を走らせた男.jpg

著:盒驚諜函DECO

『これだけの厚さ重さ長さは…、
      その分、彼らの熱量と苦労と愛情です!』

2段組なのに、なんと730ページ!
かなりのボリューム、厚みあるノンフィクションノベル!
「新幹線の父」と呼ばれた、国鉄総裁十河信二の物語。
そこには、100戦100敗。多難の日々が綴られています。
しかしその苦難の裏にある「世界一」への思い。
戦後の日本を支えた新幹線事業の誕生秘話。
これを読めば新幹線の概念も変わる?!

BOOK BAR staff| 00:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月01日

10.31 OA Fiona Apple 伊集院幸希 WHITE ASH and more

1  Everyday / Fiona Apple & Jon Brion 

2 パッヘルベルのカノン 

3  カントリー・ロード(耳をすませば)/ 本名陽子 

4   Hurt Me / 伊集院幸希 

5  Jigsaw Puzzle Blues / Fleetwood Mac

6   MAZE / WHITE ASH

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2015年11月01日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは三省堂書店・神保町本店の
アルパカ書店員こと内田剛さん。
神保町本店は、本の街・神保町のランドマークとなっている売場面積
約1,000坪の大型書店です。

内田剛さんの入魂の一冊はこちら!
1031_三省堂_顔ハメ.jpg

顔ハメ看板ハマリ道』著:塩谷朋之 自由国民社

顔ハメ看板ニストでもある著者、塩谷朋之氏が
仕事の傍ら全国津々浦々にある「顔ハメ」を巡り
顔ハメ写真を撮った1冊。顔ハメと一口に言っても
様々なタイプがあり、多くのコミュニケーションを生む。
そして、顔ハメの裏側にも迫った「顔ハメ」完全ガイド!

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年11月01日

鳩の撃退法

今週、大倉さんが持ってきたのはこちら。

大倉眞一郎セレクト
鳩の撃退法上.jpg
鳩の撃退法下.jpg

著:佐藤正午 小学館

『一体何が起こっているのか、著者が小説の中で解説します!』

佐藤正午の上・下巻からなる長編小説!
物語は、かつて直木賞作家だった津田伸一が辿った奇怪な
出来事を、自身が綴る…と、いう不思議な形で始まる。
津田は、小説を書くのをやめ現在は、地方都市で風俗店で働く
女の子達を送迎するドライバーとして働いていた。
ある日行きつけのドーナツショップで言葉を交わした男が、
その日の夜以来、妻と娘と共に姿を消す。
そこから次々と不可思議な出来事が起こるのだが…。
小説の中で描かれる小説の中の物語。
読者は、迷子にならずに付いていけるのか?!

BOOK BAR staff| 00:37 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年11月01日

BOOK STAND 中村のんさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週はスタイリストの中村のんさんが登場。
1031_nakamura.jpg

中村のんさんは、1970年代に日本初のスタイリスト高橋靖子さんの
アシスタントとして、ファッションの世界に入り活躍されてきた方。
最近は、70年代の原宿をテーマとした写真集「 70'HARAJUKU 」という
自ら企画した写真展をまとめた写真集を出されています。
原風景 原宿.jpg

今回は、中村のんさんにオススメの本を3冊選んでもらいました。
今週は、その2冊目です!

きっと、一生忘れられない言葉

高野悦子さんの「二十歳の原点」です。
これは、あまりにも有名な本なのでご存知の方も多いと思います。
1970年に出版されて若者達の間でベストセラーになった1冊。
著者である「高野悦子」という人は、二十歳と六ヶ月の時に
残念ながら鉄道自殺という形で、この世を去ってしまった人なんです。
これは、本にする為に書かれたものではなく、亡くなった後に、
彼女が綴っていた日記が発見されて、その日記が本という形で出版されたと
同時に当時の若者達の間で、話題になりベストセラーになった本です。
私が読んだのは17歳の時なんです。その時に受けた衝撃を分かりやすく言えば、
彼女は当時、京都にある立命館大学の女子大生だったんですが、
日記の中に、時々「シアンクレール」というジャズ喫茶が登場する。
そこで考えた事や聞いた曲が日記にも綴られていて、17歳の私は、
その次の春休みに東京から各駅停車の電車に乗って京都の「シアンクレール」や
立命館大学にも訪れた。どうしても彼女がいた場所に行きたくなって、
友達と2人で行っちゃいました。そのぐらい私にとっては衝撃だったなぁと。
その中に、今でも忘れられない言葉があって、それは冒頭。
この本は、1970年1月2日の日記から始まっているんですが、

私は慣らされる人間ではなく、
創造する人間になりたい「高野悦子」自身になりたい
テレビ、新聞、週刊誌、雑誌、あらゆるものが慣らされる人間にしようとする
私は、自分の意志で決定したことをやり、あらゆるものにぶつかって
必死にもがき、歌をうたい、下手でも絵をかき、
泣いたり笑ったり、悲しんだりすることの出来る人間になりたい

この「高野悦子」自身になりたい、というフレーズは
当時17歳の私にもの凄く刺さって、この言葉はきっと一生忘れない言葉。

BOOK BAR staff| 00:32 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年11月01日

拍手のルール 秘伝クラシック鑑賞術

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちら。

杏セレクト
1031_an.jpg

著:茂木大輔 中央公論新社

『ブラボ〜‼…じゃ、なかたった、みたいな時ありますよね!』

音楽家であり「のだめカンタービレ」などの
クラシック音楽監修を手掛けた茂木大輔さんこと
“もぎぎ先生”が教える
「クラシックコンサート」のイロハ。
敷居が高く、堅苦しそうなイメージの強い「古典音楽」の
楽しみ方、聞き方、そして、タイトルにもあるような
「拍手のルール」まで、クラッシックコンサートが
楽しくなるための鑑賞の手引き。

BOOK BAR staff| 00:13 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー