2015年10月18日

おさん

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちら。

杏セレクト
おさん.jpg

著:山本周五郎 新潮社

『読んだ後、いいため息が付けます』

杏ちゃんが先日紹介した岸田今日子さんのエッセイの中にも
登場していた1冊。
山本周五郎が昭和17年から37年までに発表した10編の短編を
集めた短編集。
2008年に映像化された「その木戸を通って」も収録。
時代小説でありながらもどこか現代にも通ずるような
様々なラブストーリーが綴られている。
杏ちゃんいわく「寒くない雨が降った後の爽やかな感じ」
誰もが思うハッピーエンドが詰まっているのではないけれど、
読後感が、ものすごく爽やか…。
まさに「いいため息」が付ける、短編が詰まっている1冊。

BOOK BAR staff| 00:15 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー