2015年09月27日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは下北沢にある本のセレクトショップ、
B&Bの店長・寺島さやかさんです。
0919_B&B_日本鉄道.jpg

お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんと
クリエイティブディレクター嶋浩一郎さんが
「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。

寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!

日本鉄道歌謡史1,日本鉄道歌謡史2

著:松村洋 みすず書房

音楽評論家の松村洋さんが書かれた、
日本に鉄道が入ってくる所から歌の中でどういう風に
鉄道が歌われてきたのか追いかけながら日本の近現代史を
紐解いていくような本。
そこには、耳馴染みあるあの名曲から古く昔から歌われている
あの曲まで。日本の鉄道の歴史と歌謡史。
そこには、密接な関係があった…。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂


バックナンバー

カテゴリー