2015年08月30日

8.29 OA 矢野顕子 Small Pools 憂歌団 and more

1 そりゃむりだ / 矢野顕子 

来月16日にリリースされる「オトナテクノ」第二弾アルバム『Welcome to Jupiter 』より。アルバムには冨田恵一、tofubeats、Seiho、AZUMA HITOMI、Ovallなど、現在の音楽シーンで活躍する気鋭のアーティストが招集されています。

2  Ageing Super Hero  / Newton Faulkner 

抜群のギターテクニックの持ち主であるイギリス出身のシンガーソングライター。お届けした曲は2007年にリリースされ全英1位を記録したデビューのアルバム『ハンド・ビルト・バイ・ロボッツ』からのナンバー。

3   ゴロワーズを吸ったことがあるかい / LIFE IS GROOVE 

ムッシュかまやつ75歳、山岸竜之介15歳、KenKen28歳という世代の異なる3人によって結成されたスピード・ファンク・バンドによる初音源。先週、配信限定でリリースされました。山岸竜之介は天才子どもギタリストとして「さんまのスーパーからくりテレビ」などで注目され続けてきましたが、いよいよ本格的なプロとして活動をスタート。サマソニのステージではKenKenの母親でもある伝説のシンガー、金子マリがバックコーラスとして出演していました。

4   Dreaming   /  Small Pools   

今年大ブレイクを果たしたLA出身の4人組エレポップ・バンド。1stシングルとしてリリースされたこの曲はとにかくキャッチーでラジオ向き。サマソニ初参戦の勢いもあり、日本での人気もさらに上昇することが期待されています。

5  嫌んなった    / 憂歌団  

1975年にデビューした関西出身のブルースバンド。しばらく活動を休止した後、2年前に活動を再開。40年ものキャリアを誇りつつも、登場当初からのスタイルを崩さずに演奏しているのはお見事。こちらは長年ファンから愛されている彼らの代表曲のひとつ。


6   Habits (Stay High) / Tove Lo

スウェーデン出身の歌姫。この曲は欧州各国およびオセアニアでトップ10入りを果たした彼女の代表曲。アメリカでの活動も各日にステップアップしており、今後はさらなる飛躍が期待されています。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2015年08月30日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは下北沢にある本のセレクトショップ、
B&Bの店長・寺島さやかさんです。
お店の名前のB&Bはビールの「B」とBOOKの「B」。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんと
クリエイティブディレクター嶋浩一郎さんが
「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。
B&B_photo(店内).jpg

寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!
小さな風景からの学び.jpg

小さな風景からの学び さまざまなサービスの表情

編著者=乾久美子+東京藝術大学 乾久美子研究室 TOTO出版

日常的な風景写真がたくさん収録されています。
普段、生活の中で見かけるものばかり。
この膨大な写真を「150」の項目に分けてそこから気付く事を
文章で紹介されています。
例えば、「親子」という項目では赤い消火栓の収納箱の隣に
小さなポストのような赤い箱、それぞれなんてことのない物ですが
こうして並んでいると、まるで親子のようでかわいらしい。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年08月30日

火花

今週は、杏ちゃんの復帰スペシャル。
第153回芥川賞受賞作品を紹介します!

大倉眞一郎セレクト
火花.jpg

著:又吉直樹 文藝春秋

『お笑いは言葉を操る芸術である!』

200万部を超える大ヒット記録更新中!
物語は、お笑い芸人の徳永と徳永が師と慕う
破天荒だが天才的な先輩芸人、神谷。
彼ら2人の人生を描いた一冊。
「笑い」で繋がった「笑い」の歩み。
現役芸人が描く「笑い」の世界。
そこには、どんなオチがつけられているのでしょうか?

BOOK BAR staff| 00:42 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月30日

BOOK STAND のぶみさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は絵本作家ののぶみさんが登場。
0829_nobumi.jpg
のぶみさんはこれまでに『ぼく仮面ライダーになる!』シリーズや、
『しんかんくん』シリーズなど160冊以上の絵本を書かれた方です。
最新作は、「ママがおばけになっちゃった!」です。
ママがおばけになっちゃった!.jpg

今回はのぶみさんの人生、キャリアに大きな影響を与えた本を
3冊選んでもらいました。
今週はその2冊目です!

元チーマーだった僕が絵本を褒められた。

160冊出した中で一番最初の絵本、「ぼくとなべお」。
実は僕、高校生の頃はチーマーだったんです。
チーマー160人をまとめる総長だったんです。
物凄く悪かったんです(笑)その僕が、保育士になる専門学校に
通うんですよ、保育士になろうとしたわけではなく、
その学校に通えば優しい女の子にいっぱい出会えそうだったから。
そんな不純な動機で通い始めたが、そこで出会った女の子が
「絵本が好き」って言ったんですね、そこから大嘘なんですが
「俺、絵本描いてるぜ!」って言っちゃったもんだから、
その日の帰りに画材を買って絵本を描き始めた。
絵本を読んだ彼女が「すごい面白い」って言ってくれたんです。
へたくそな絵本だったんだけど、悪い事ばっかりしていたらから
いい事をして褒められた事がなかったので嬉しくて、彼女と話したくて
それから毎日絵本を描き続けた。そして、その女の子が奥さんになった。
奥さんと僕の間に生まれた子供、勘太郎とアンちゃんが
僕の絵本の主人公の名前となった。
この一番最初に描いた「ぼくとなべお」は、奥さんが「これ、本になるよ!」って
言った作品でもあるんです。そしたら本当に出版された。
その後、「おかあさんといっしょ」というTV番組でもアニメ化された。
なべおは、なべみたいな人間の男の子。普通の小学校に「なべお」という
衝撃の友達があらわれる…何のメッセージ性もない一冊。
これで何を伝えたいの?と聞かれたら、何もないですけど(笑)
なぜかこれが、ヒットひましたね。

BOOK BAR staff| 00:31 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年08月30日

スクラップ・アンド・ビルド

今週は、杏ちゃんの復帰スペシャル。
第153回芥川賞受賞作品を紹介します!

杏セレクト
スクラップ.jpg

著:羽田圭介 文藝春秋

『その後に何が残るのか…?』

主人公は、転職活動中の二十代後半の青年。
日々体を鍛え肉体も精神も健康な彼には、一緒に住む
介護が必要な祖父がいた。
祖父の口癖は「もう死んだほうがよか」。
過去には服毒自殺までも試みた祖父に、青年も青年の母親も
きつい言葉を投げつけていたりもしたが、
青年はある計画を思いつく。その企みとは…?

BOOK BAR staff| 00:14 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月23日

■今週の1枚■

今週も、杏ちゃんが体調不良のため、
フォトジャーナリストの安田菜津紀さんと番組を進めてまいりました!
いかがでしたか?

紹介した一冊を手に記念に一枚。
0822_book2人.jpg

それぞれ数年前に発売された本ですが、
読むタイミングで心への響き方も様々。
新たな本との出会いになっていれば嬉しいです。

安田さんのお話は、毎週水曜日 20:00-22:00
J-WAVE JAM The World」でもお楽しみ頂けます。

そして、安田菜津紀さんの作品や活動状況も
コチラのオフィシャルサイトで確認できます。

BOOK BAR staff| 00:57 | カテゴリー:from スタッフ

2015年08月23日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、
日本を代表する大型書店、八重洲ブックセンター本店の販売課リーダー、平井真実さんです。
八重洲_店舗写真.jpg

平井真実さんの入魂の一冊はこちら!
0822_八重洲_勁草.jpg

勁草

著:黒川博行 徳間書店

昨年「破門」で、直木賞を受賞した黒川博行さんの最新作。
今回は「振り込め詐欺」がテーマになっており、物凄い細かい
詐欺の手口が描かれています。物語は詐欺グループの視点で
どんどん進んでいきます。思わぬ事で殺人事件を犯してしまう
詐欺グループの一員。そこから地獄の始まり。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年08月23日

旅のラゴス

今週、大倉さんがセレクトしたのは、こちら。

大倉眞一郎セレクト
旅のラゴス.jpg

著:筒井康隆 新潮社

『人生が旅である!!』

1986年に発行された本なのに、ここ最近文庫本が
書店で平積みされるほど人気となっている1冊。
タイトルにもある「ラゴス」とは、主人公の名前。
彼の旅物語。しかし時代も場所も不明。
そこは高度な文明の代わりに人々は超能力を身に着けた
不思議な世界が広がります。生涯を旅に捧げたラゴス。
北から南へと、ラゴスの目的とは何なのか…。

BOOK BAR staff| 00:42 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月23日

BOOK STAND のぶみさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は絵本作家ののぶみさんが登場。0822_nobumi.jpg

のぶみさんはこれまでに『ぼく仮面ライダーになる!』シリーズや、
『しんかんくん』シリーズなど160冊以上の絵本を書かれた方です。
最新作は、「ママがおばけになっちゃった!」です。
ママがおばけになっちゃった!.jpg

今回はのぶみさんの人生、キャリアに大きな影響を与えた本を
3冊選んでもらいました。今週はその1冊目です!

普通の事が面白い。全ては見せ方!

さくらももこ さんの「ちびまる子ちゃん」14巻です。
16年前のデビュー当時、さくらももこさんに大変お世話になった。
そして、この14巻を描いているさくらさんを見たことがある。
当時お願いをして「ちびまる子ちゃん」を描いているところを見せてもらった。
見てみたら、一コマ目から全く考えて描いるようには見えなかった。
でも最後まで読んでみたらとっても面白かったんです。
ももこさんって、そのままでいるだけで面白い人なんだと…。
普通にお話している時でも、「のぶみ君、ちょっと待って!」って、
空を3秒見るんですよ、「1、2、3」ぐらいの感じで「よしっ!」って言って
エッセイを書き始めるんです、そんなことって出来るのかなぁって。
自分も何冊か描いた後々になって思ったのは、やはり描こうとすると
「売れたいなぁ〜」とか、あざとさが出てしまう。
だから、自然に直観で閃いたものを描いた方が上手くいくような気がする。
それからアトリエには「しようとしないこと」って貼っています。
ももこさんのエッセイ集を読んでいると彼女の周りってなんて面白い事ばかり
起こるんだろうと思っていたけど、一緒に旅行に行った時にすごく普通だった。
その旅を書いたエッセイを読んだら物凄く面白かった…。
そこから、「あぁ、この人は普通の事を面白く見せようとしているんだな」と。
ももこさんに一度だけ教えてもらったことがあって、「のぶみ君、見せ方なんだよ」と。
私が描く「ちびまる子ちゃん」は、全部普通の話なんだよ。見せ方をどうするかで、
みんなが面白かったり「私もこういうことあった!」って思うんだよって。
だから全部普通の方がいいんだよって。自然がすごく光るんだなと思いました。

BOOK BAR staff| 00:30 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月23日

悼む人

今週、安田菜津紀さんがセレクトしてくれたのは、こちら。

安田セレクト
悼む人.jpg

著:天童荒太 文藝春秋

『立ち止まって、思いを馳せていく本。』

『家族狩り』『永遠の仔』などで知られる
天童荒太の2008年に直木賞を受賞した話題作。
今年の2月に映画化もされ、再び注目を集めた1冊。
主人公の青年は、全く面識のない人々の亡くなった場所を訪れ
静かに悼む不思議な旅を続けている。
彼を巡り様々な人々の人生が繰り広げられていく。
彼は何故、死者を悼み巡り続けるのか?
そして解きほぐされてゆく生と死…。

BOOK BAR staff| 00:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月16日

■今週の1枚■

今週は、杏ちゃんが体調不良のため、
フォトジャーナリストの安田菜津紀さんと番組を進めてまいりました!
いかがでしたか?

それぞれ紹介した一冊を手に記念に一枚。
okura_yasuda.jpg

来週、8月22日も引き続き大倉さん&安田さんコンビの
本にまつわる四方山話をお楽しみください。

安田菜津紀さんは、毎週水曜日 20:00-22:00 OA
J-WAVE JAM The World」で、
ナビゲーターをされています。

そして、安田菜津紀さんの作品や活動状況も
コチラのオフィシャルサイトで確認できます。
                 

BOOK BAR staff| 00:57 | カテゴリー:from スタッフ

2015年08月16日

8.15 OA RCサクセション ネーネーズ Bruce Springsteen and more

1 風に吹かれて / RCサクセション 

1988年リリースの問題作『COVERS』より。洋楽ヒット曲に忌野清志郎が日本語詞を書き下ろしたカバー集で、反戦や原発・核問題などメッセージ性の高い楽曲を含んでいたことから発売中止騒動が起こった。この曲のオリジナルはボブ・ディランの「Blowin' In The Wind」。

2  平和の琉歌 / ネーネーズ  

1990年に沖縄音楽シーンの大御所・知名定男によって結成された女性グループ。現在もメンバー変更を繰り返してグループは存続している。この曲はサザンオールスターズの曲として桑田佳祐が作詞作曲したものを2000年にアルバム『オキナワ』にてカバーしたもの。

3   Helpless / Patti Smith 

2007年リリースのカバー集『トゥウェルブ』より。オリジナルは1970年に発表されたクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングのアルバム『Déjà Vu』に収録。ニール・ヤングの代表曲のひとつとなっている名曲です。


4  消えぞこない / フラワーカンパニーズ 

9月16日にリリースされる最新ミニアルバム『夢のおかわり』収録曲。この日には新刊書籍『消えぞこない 〜メンバーチェンジなし!活動休止なし!ヒット曲なし!のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンライブにたどりつく話〜』も同時発売となります。

5   Born in the USA / Bruce Springsteen

全米チャートで1位を記録し、アメリカだけで1,200万枚、全世界では2,000万枚の売上を記録したスプリングスティーン最大のヒットアルバムのタイトル・トラック。

6  All Along The Watchtower / Eddie Vedder & The Million Dollar Bashers

邦題は「見張塔からずっと」。ボブ・ディランのオリジナルは1967年にリリースされています。ボブ・ディランの半生を6人の俳優達(クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショー)が演じるユニークな伝記映画『アイム・ノット・ゼア』のサントラに収録されているエディ・ヴェダーのバージョンはディランのバージョンより、ジミ・ヘンドリックスのバージョンに近いアレンジが施されている。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2015年08月16日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある往来堂書店の店長、
笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。
芳林堂_photo3改定.jpg

笈入建志さんの入魂の一冊はこちら!
0815_往来堂_紋切型.jpg

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

著:武田砂鉄 朝日出版社

我々が知らず知らずのうちに当たり前のようにつかっている
便利な言葉、「全米が泣いた」「会うといい人だよ」
「国益を損なうことになる」など、それらを一度立ち止まって
考えなおしてみようという一冊。
当たり前につかっている背景には何があるのか?

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年08月16日

帰還兵はなぜ自殺するのか

日付が変わって昨日となりましたが、8月15日は
70回目の終戦記念日を迎えました。
今週は、戦争と平和、生と死について改めて考えてみる
キッカケとなるような本を紹介していきます。

大倉さんがセレクトしたのは、こちら。

大倉眞一郎セレクト
帰還兵はなぜ自殺するのか.jpg

著:デイヴィッド・フィンケル 亜紀書房

『この数年で一番気が滅入る本』

こんなフレーズと共に紹介してくれたのは、
イラク戦争から帰還した5人の兵士とその家族を追ったノンフィクション。
5人のうち1人は戦死し、あとの4人は非常に重いPTSD
(心的外傷後ストレス障害)を患っている。彼らの苦しみは外からはでは
分かりにくい、DVを繰り返し酒や麻薬に溺れ、自殺未遂…。
事実を綿密に取材しているが、彼らに寄り添うように書かれているので
時折、これは小説なのか?と思う流れの場面もあるが決して作られた話ではなく
真実の物語である。戦争が終わってもなお傷付き苦悩する。
彼らは何故、死を選ばなければならなかったのか?

BOOK BAR staff| 00:42 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月16日

BOOK STAND 今柊二さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は定食評論家の今柊二さんが登場。
0815_kon.jpg

今さんは1967年愛媛県生まれ。
これまでに「定食と古本」「ニッポン定食紀行」「定食学入門」など
数々の定食に関する本を執筆。
さらに「WEB本の雑誌」では「餃子バンザイ」と題して。
老舗から知られざる名店、チェーン店まで、美味いギョウザを食べ歩く
ひとりメシの旅を連載中です。

そして今回BOOKSTANDでは、最近手にとった本の中から、
特に面白かった本を3週にわたって紹介してくれます。

今週はその3冊目です!

自動販売機への愛が感じる一冊!

魚谷祐介 著書『日本懐かし自販機大全 (タツミムック)
全国にある食べ物が出てくる自動販売機を集めた一冊。
昔はよくあった、お金を入れると普通におうどんが出てくるものだったり
ハンバーガーで出てくるようなもの。
今は絶滅危惧種となりつつあるが、著者の魚谷さんが全国各地を歩いて
写真集にしちゃいました。去年の11月に出版されたばかり。
さらに素敵なのは、最後に店舗紹介ガイド付いているところ!
自動販売機マニアの方は、これを持って出かけるんだなぁ〜と。
これがまた全部へんぴな所にあるんですよ。
基本は、昔のドライブインですから今でこそサービスエリアが発達してますが
そういうのがなかった時代、夜中にちょこっと食べるといった時に
機能していた所なんで、あまり便利なところにはないんですよね。
だからこれをよく取材したなって思うのが、結局この場所に行かなければ
いけないのに便利なところにはないので…おそらくこの本を作った上での
取材経費や費用は相当これ大変だったのではないでしょうか(笑)
著者の魚谷さんが本当に自動販売機を好きじゃないと作れない!
「愛」を非常に感じられる一冊だった。
個人的には、お弁当の自動販売機。レトルトパックとかではなく
普通のお弁当が出てくるものがあって、これが今の所千葉県と
茨城県でしか稼働していないそうで、実は過去に一度だけ
この自動販売機を見たことがあるんですよ。
お金を入れるとお弁当ががちゃっと出てくるんですが、どういう仕組みに
なっているのか気になったのでしばらくその自動販売機の前にいたんですが、
しばらくするとおじさんがやってきて自動販売機の扉を開けてただお弁当を
詰めていただけでした。中で作っているのではなくお弁当が落ちてくるだけだった。
だから中は保温の機能しかなかった。その時見たのは、唐揚げ弁当。
唐揚げとご飯がはいっているだけのシンプルなもの。
でも、ホカホカのお弁当が食べられるのでみんな重宝していた。

BOOK BAR staff| 00:32 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年08月16日

太陽の子

日付が変わって昨日となりましたが、8月15日は
70回目の終戦記念日を迎えました。
今週は、戦争と平和、生と死について改めて考えてみる
キッカケとなるような本を紹介していきます。

フォトジャーナリストの安田菜津紀さんがセレクトしてくれたのは、こちら。

安田セレクト
灰谷健次郎.jpg


著:灰谷健次郎 角川書店

『過去もこれからも照らし出してくれる1冊です。』

戦争が終わって30年たった神戸にある
「てだのふあ・おきなわ亭」という沖縄料理のお店が
舞台となった一冊。
この「てだのふあ」とは、沖縄の言葉で「太陽の子」という意味。
このお店の11歳の娘、ふうちゃんが主人公。
彼女を中心に家族の物語や常連客の物語が紡がれています。
お店の方は、ふうちゃんの母親が切り盛りしていて、お父さんは
心に病を抱えているがふうちゃんはお父さんの病の原因を知らない。
徐々にお父さんの心の闇が「戦争」に繋がっているのが分かってくる。
「沖縄と戦争」、終戦から30年もたった日本で人々は何を想い
暮らしているのか?

BOOK BAR staff| 00:14 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月14日

ナビゲーター休演のお知らせ

レギュラー・ナビゲーターの杏が腸炎により大事をとっての入院のため、

先週の放送からお休みさせて頂いております。

今週、来週の放送回では、J-WAVE「JAM The World」水曜日のナビゲーター

フォトジャーナリストの安田菜津紀さんと番組を進めてまいります。

今週も土曜夜12時からは「BOOK BAR」に是非お立ち寄りください。


BOOK BAR 番組スタッフ一同


BOOK BAR staff| 18:01 | カテゴリー:from スタッフ

2015年08月09日

■今週の1枚■

今週は、杏ちゃんが体調不良のため、
急遽、代役として板井麻衣子さんと番組を進めてまいりました!
いかがでしたか?

それぞれ紹介した一冊を手に記念に一枚。
okura_itai.jpg

板井麻衣子さんナビゲータを担当する
J-WAVE「PARADISO」は、毎週 金曜日 11:30〜16:00
「CINEMA CIRCLE」では、大倉部長も登場していますよ。
そちらも是非、お聴きください。

BOOK BAR staff| 00:57 | カテゴリー:from スタッフ

2015年08月09日

8.8 OA Of Monsters and Men 椎名林檎 東京スカパラダイスオーケストラ and more

1 New Slang / The Shins 

ニューメキシコ州アルバカーキ出身のアメリカの5人組インディー・ロック・バンド。この曲は2004年の映画『ガーデン・ステート』でも使用された彼らの代表曲です。


2 読み合うふたり /  Kotoringo 

昨年リリースされた10枚目のソロ・アルバム『1 birdcore! 』に収録されているナンバー。2013年からはソロワークの他にKirinjiのメンバーとして活動。キーボディストを担当している。

3   Crystals / Of Monsters and Men 

今年のフジロックではベスト・アクトの呼び声も高かったアイスランドのバンド。フォークを基調とした新しいバンド・サウンドを追求しています。


4 青春の瞬き / 椎名林檎 

もともとは女優の栗山千明に書き下ろしたナンバー。昨年、デビュー15周年企画の締めくくりとしてリリースされた自身初のセルフカバー・アルバム『逆輸入 〜港湾局〜』より。流麗なる見事なアレンジは冨田恵一によるものです。


5   VOICES / Vangelis

アカデミー賞を受賞した1981年の映画『炎のランナー』の音楽を担当したことで一躍、世界にその名を知られることになったギリシャ出身のアーティスト。そのドラマティックな構成がスポーツと相性が良いようで、2002年のFIFAワールドカップでは公式アンセムを担当。こちら曲はゴルフの全英オープン中継で使用されています。

6 ホール イン ワン / 東京スカパラダイスオーケストラ

1991年にリリースされたセカンド・アルバム『ワールド フェイマス』からのナンバー。作曲はGAMOUとスカパラ初期のキャリアを支えた名ドラマーである故・青木達之が担当している。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2015年08月09日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは三省堂書店・神保町本店の
アルパカ書店員こと内田剛さん。
神保町本店は、本の街・神保町のランドマークとなっている売場面積約
1,000坪の大型書店です。
三省堂書2.jpg

内田剛さんの入魂の一冊はこちら!
0808_三省堂_デザインマンホール.jpg

デザインマンホール100選 阿寒から波照間島へ旅歩き

著:池上修、池上和子  アットワークス

北は阿寒から、南は波照間島まで…
全国各地にあるカラフルで個性豊かな「マンホール」を3000枚の中からの
選び抜かれた100選がオールカラーで紹介されています。
日本列島を歩く事、8万キロ!地球2週分にも及ぶ取材距離。
花、鳥、城、果物、童謡にスポーツ、等々その種類も様々。
このマンホールを見るだけで各地の名所・旧跡が分かる!
雑学の教養を深めるにもぴったりな1冊です。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年08月09日

救済のゲーム

今週、大倉さんが持ってきてくれたのはこちら!

大倉眞一郎セレクト
救済のゲーム.jpg

著:河合莞爾  新潮社

『こんな帯、めったにないっ!!!』

と、こんなキャッチを付けて紹介してくれたのは、
校閲担当者や装丁担当者、そして、挿画者などが帯に
賞賛の言葉を記した「救済のゲーム」。
仲間うちからの大絶賛!このセンスには大倉さんも脱帽(笑)
中身の方も「素直に面白い!」っと、太鼓判!
全米プロゴルフ選手権の舞台で起こった殺人事件から
天才プロゴルファーが辿りつく真実。
そして「神の木の祟り」と恐れられた伝承の裏にあるものとは?

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月09日

BOOK STAND 今柊二さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は定食評論家の今柊二さんが登場。
0808_kon2.jpg

今さんは1967年愛媛県生まれ。
これまでに「定食と古本」「ニッポン定食紀行」「定食学入門」など
数々の定食に関する本を執筆。
さらに「WEB本の雑誌」では「餃子バンザイ」と題して。
老舗から知られざる名店、チェーン店まで、美味いギョウザを食べ歩く
ひとりメシの旅を連載中です。
そして今回BOOKSTANDでは、最近手にとった本の中から、
特に面白かった本を3週にわたって紹介してくれます。

今週はその2冊目です!

細井和喜蔵との3年間をいつも宝物のように持っていた

高井としを 著書『わたしの「女工哀史」』
高井としをさんという名前だけ聞いたら分からないんですが、
実は『女工哀史』の著者、細井和喜蔵さんの妻。
「女工哀史」とは、日本史の教科書には必ず出てくるような
有名な労働運動の本。『わたしの「女工哀史」』は、妻である
高井としをさんが綴った1冊。
古い本なのかと思ったが今年の5月に出版されたばかり。
出版された後は、本好きの間でも話題になった本でもあります。
高井としをさんは、1902年生まれで亡くなったのが1983年。
今から30年ほど前、そして「女工哀史」の出版が1925年なので、
それから60年近くも生きてられたんですね。
この本の中身も彼女生まれてから「女工哀史」という本が出て
そしてなおかつその後、どのような人生を過ごして行ったか…。
非常に苦難の人生が続くんですが、彼女はタフに生きるんです。
戦争の後もずっと労働運動に関わり続けて、今は「ブラック企業」が
今は問題になっていますが、常に戦い続けるって事が人間にとって
いつの時代も大切だということが分かる、温かい本です。
一番印象的だったのが、細井和喜蔵さんは28歳の若さで亡くなってるので
結婚してすぐ亡くなった事になりますが、当時の結婚生活が凄く温かいんです。
まず彼女は結婚自体の事を「友情結婚」と言っています。
まだまだ男女の差別がある時代であるにも関わらず、男女は世界中で
半分半分生まれている、男女は同権であると言ってそれを貫いた。
3年間と短い時間しか一緒にはいられなかったが、その間に一度も喧嘩を
したことがなく、としをさんが女工として働いている間に洗濯も済ませ
夕食の支度もしてくれていたりとか、それもまたとても上手だったりとか、
冬に疲れて帰って来たら布団を温めてくれていたり、夏は窓を開けて
うちわであおいでくれたりとか、非常に温かいんですよね。
彼女は生涯の中で細井和喜蔵との3年間をいつも宝物のように持っていたんだと。
あと苦難の時代が続いたがいつもこの時間が走馬灯のように蘇り自身を助けたと
後に綴っていて、これもまた温かい気持ちになりましたね。

BOOK BAR staff| 00:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年08月09日

イソポ イソップの生涯の物語

板井麻衣子さんが持ってきてくれたのはこちら!

板井セレクト
イソポ.jpg

発行:中川哲子 造形:gaju 熊日出版

『歴史が今に繋がった本!』

こんなキャッチフレーズと共に紹介してくれたのは、
熊本県天草出身のクリエーターたちが制作したアート本。
その名も『イソポ イソップの生涯の物語』。
今から四百年以上も昔に天草で出版された「伊曽保物語」
(「イソップ物語」の翻訳本)の前半に収録された
イソップの生涯を綴った物語に光をあて、造形作家によるユニークな
イソップの人形や写真、そしてローマ字表記で訳された当時の
雰囲気も味わえるアートな1冊。
何百年も前に誕生した物語から学ぶ人生訓。
そこには、たくさんのロマンがあふれている。

BOOK BAR staff| 00:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月07日

ナビゲーター休演のお知らせ

レギュラー・ナビゲーターの杏が腸炎により大事をとっての入院のため、

しばらくお休みさせていただきます。

今週放送回では、J-WAVE金曜日のワイド番組「PARADISO」ナビゲーター

板井麻衣子が代役を務めることになりました。

放送前日の報告となったことをお詫び申し上げます。


BOOK BAR 番組スタッフ一同

BOOK BAR staff| 06:00 | カテゴリー:おしらせ

2015年08月02日

8.1 OA 寺尾紗穂 サザンオールスターズ 浦朋恵 and more

1 リアルラブにはまだ / 寺尾紗穂 

2007年にデビューしたシンガーソングライター。父親は元シュガー・ベイブのベーシストで、現在はフランス映画の字幕翻訳家の寺尾次郎氏。オリジナル作のほか、細野晴臣、大貫妙子、阿久悠などのトリビュート作品にも参加している。

2 女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) / サザンオールスターズ 

1989年にリリースされたサザン25枚目のシングル。翌年90年にアルバム『Southern All Stars』に収録されました。当時ブームとなっていたアダルトビデオをモチーフとしており、MVにはAV女優が出演していました。


3   You Know You Like It / AlunaGeorge 

アルーナとジョージによるロンドン出身の2人組エレクトロニック・ミュージックデュオ。ボーカルとソングライティングをアルーナ・フランシス が担当、ジョージ・レイドが音作りを担当している。


4 橋からこっちの話 / 浦朋恵 

タレント、レポーター、肉コラムニストとしても活動する岐阜県高山市出身のミュージシャン。バリトンサックスやクラリネットを演奏するほかボーカリストとして歌うことも。公式プロフィールによると身長167僂蚤僚鼎80圈100圓鮃圓辰燭蠅たりしているそうです(笑)


5  THE PITCH(SPECTACULAR SPECTACULA)/ from OST “MOULIN ROUGE”

パリに実在する老舗キャバレー「ムーラン・ルージュ」を題材にした鬼才バズ・ラーマン監督の同名映画のサウンドトラックより。


6 Once Upon a Dream / Lana Del Rey

アンジェリーナ・ジョリーが魔女を演じたディズニー映画『マレフィセント』のサウンドトラックより。「眠れる森の美女」を魔女の視点から描いたこの作品は興行的にも成功をおさめ、続編の制作が決定している。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST

2015年08月02日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは下北沢にある本のセレクトショップ、
B&Bの店長・寺島さやかさんです。

お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんと
クリエイティブディレクター嶋浩一郎さんが
「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。

B&B_photo(店内).jpg

寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!
今日まで そして 明日から.jpg

『今日まで そして 明日から』

詩:谷川俊太郎 写真:田淵章三  佼成出版社

ページを開くと右側に50歳の女性の写真。
左ページには、草花、そして、谷川俊太郎さんの詩。
言葉と写真が組み合わさると、彼女たちのそれまでと
これから、いろんな物語が想像されます。
この本を読むと年齢を重ねる事が前向きに感じられる。
その女性の好きな物、これからやりたいことなど、
想像することで元気になれる。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂

2015年08月02日

謎解き ヒエロニムス・ボス

今週、大倉さんが持ってきてくれたのはこちら!

大倉眞一郎セレクト
謎解き ヒエロニムス・ボス.jpg

著:小池寿子 新潮社

『敬虔なキリスト教徒が描いた奇怪な倒錯世界!』

タイトルにある、ヒエロニムス・ボスとは中世末期に
オランダで生まれた画家。
不思議で奇怪なその世界観は今だ謎。
そして、生涯で描いた作品数も少くなく置いてある場所も
ベルリン、フランクフルト、ウィーン、ベニス、ブリュッセル、
ロッテルダム、ロンドン、パリ、マドリッド、アメリカ…と、
世界各国に散らばる。そんなボスの世界を一堂に会した1冊。
ボスという画家は、何を想い、何を描いたのか?
最新研究にもとづいた全20作品を徹底解剖。

BOOK BAR staff| 00:43 | カテゴリー:BOOK INFO

2015年08月02日

BOOK STAND 今柊二さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は定食評論家の今柊二さんが登場。
0801_kon1.jpg

今さんは1967年愛媛県生まれ。
これまでに「定食と古本」「ニッポン定食紀行」「定食学入門」など
数々の定食に関する本を執筆。
さらに「WEB本の雑誌」では「餃子バンザイ」と題して。
老舗から知られざる名店、チェーン店まで、美味いギョウザを食べ歩く
ひとりメシの旅を連載中です。

そして今回BOOKSTANDでは、最近手にとった本の中から、
特に面白かった本を3週にわたって紹介してくれます。

今週はその1冊目です!

読書って勇気をもらうもの

任 文桓(イム ムナン) 著 の「日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想
戦前から激動の時代を生き抜いた著者、任文桓さんのライフストーリー。
これが非常に活き活きと描かれたノンフィクション。
朝鮮半島で生まれた著者が、思いを新たに日本にやってくる。
最初は、同志社大学に入学する。そこで彼をいろんな場面で助けてくれる
人々と出会う。また、その助けてくれる人の登場の仕方が物語よりも面白くて
なおかつ「学ぼう」と思っている人を助けてくれりような人達が日本には、
ずっと昔からいたんだなぁということを力強く感動するような登場の仕方が
この本の1番面白いところ。
結局、著者の任さんは同志社大学の後には、岡山にある旧制高等学校を経て
東京帝国大学(現、東京大学)に行き、最後は朝鮮総督府の官僚になるんです。
そして、戦争が終わった後には、大韓民国で骨を折って働くことになる。
この流れの中でも常にユーモアがある。ユーモアもありながら時代背景も分かる。
人に助けてもらった過去があるから自身も人の事を考えて人に良くしてあげたい、
という思いが非常にある温かい本です。
この本には有名人もたくさん登場します。東京帝国大学(現、東京大学)に入った時
アルバイトを紹介してくれる場所があるんですが、そこで連れて行かれた先が
岩波書店の創設者、岩波茂雄氏の所。そこで少し質問をしただけですぐに働く事に
そして学費が免除されることになった。このようなエピソードの積み重ねなんです。
当時は、いろんな形で学ぼうと思っている人達を助けてくれる人やルールが色々
あったんだなと思いました。だからこの本を読んで古い友達に会うような感じが
すごいする1冊だと思います。読書ってやっぱり勇気をもらうものだと思うので
この本を読んで生きていくことの勇気をもらいました。

BOOK BAR staff| 00:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2015年08月02日

女神

今週、杏ちゃんが持ってきてくれたのはこちら!

杏セレクト

女神.jpg

著:三島由紀夫 新潮社

『美とは何か…?
 そして、こういうものの流れの結末はこうなるのか?』

理想の女性美を妻に求める夫。
夫によって美しい女性へと仕立てられた妻。
しかし、戦争によって顔に大きな火傷をおってしまい
「美」への欲求は妻から娘へと変わっていく。
そして、自身の娘に究極の「美」を教育していく父親
次第に娘も「究極の女性美」=「女神」へと化身していく。
果たして、この物語が向かう結末とは?

BOOK BAR staff| 00:12 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー