2015年07月19日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
0711_往来堂_太宰治の辞書.jpg
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。
芳林堂_photo3改定.jpg

笈入さんの入魂の一冊はこちら!

太宰治の辞書』著:北村薫 新潮社

出版社で働く主人公の女性が、太宰治の「女生徒」の中で
使われているある言葉を元に、当時太宰が使っていた
辞書を探す物語。本が本を呼ぶような、豊かな世界観。
こちら、16年振りのまさかの最新刊でもあります。

BOOK BAR staff| 00:54 | カテゴリー:一冊入魂


バックナンバー

カテゴリー