2015年05月24日

ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい

今週、大倉さんが持ってきたのはこちらの一冊!

大倉眞一郎セレクト
ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい.jpg

著:クリスティン・バーネット 訳:永峯涼 角川書店

『私も宇宙の仕組みを数式で解き明かしたかった!』

英語のオリジナルタイトルは「THE SPARK」=「ひらめき」
著者の息子ジェイコブは、2歳の時に極度の自閉症と診断されるが
当初は大きなショックを受けた著者である母親は、絶望と同時に
息子を観察していると「息子は何かを欲しがっている」と、
それは「数字」、あと本を読むことというより覚える事。
そこから様々な困難を乗り越えながらも好きなことをどんどんやらせてみたら、
8歳の時には大学で天文学の授業を受講し、9歳ではあらゆる名門大学からの
オファーを受けた末、大学に入学。
12歳の現在は、宇宙物理学者として活躍しています。
いずれノーベル賞候補にもなり得るだろうと言われている。
そんな彼と過ごした様々な日々を綴った一冊。

BOOK BAR staff| 00:45 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー