2015年05月31日

5.30 OA 椎名林檎 ピチカート・ファイヴ 西野カナ and more

1 40 / U2 

51wYPPzUJmL.jpg
今月14日よりワールド・ツアーをスタートさせたU2。前回の360°ツアーはスタジアム・サイズでのセンターステージという型破りでお金のかかるセットだったこともあり、日本はパスされてしまいましが、今回はアリーナ・サイズということで久々の来日公演が期待されています。この曲は1983年のアルバム『WAR(闘)』のラストを飾っていたナンバー。ライブでは演奏後に会場で流されることが多く、別名「HOW LONG」として知られています。


2  にちよう待ち / kotringo 

2013年よりキリンジのメンバーとなった女性シンガーソングライター。ソロでの活動も続けており、GWは大宮エリーさんとユニットを組んだりもしていました。この曲は2007年のデビュー作『songs in the birdcage』より。


3   Dreadlock Holiday / 10cc 

1978年のアルバム『Bloody Tourists』の冒頭を飾っていたレゲエ・ナンバー。カリブ海の休日を題材として内容のせいか、邦題は「トロピカル・ラブ」と付けられました。発想が安直でダサ過ぎて、思わず笑ってしまうネーミングですね。


4 闇に降る雨 / 椎名林檎 

自身最大のセールスを記録した2000年発表のセカンド・アルバム『勝訴ストリップ』より。発売当時は自分の中の演歌的要素を集めた曲と説明していましたが、まさかその後に演歌の女王・石川さゆりに曲を提供したり、競演したりするとは想像つかなかったでしょうね。


5   Magic Carpet Ride / ピチカートファイブ

小西康陽✕野宮真貴という稀有な才能と美意識がぶつかりあった90年代の幸せなポップス。彼らの遺伝子を受け継ぐフォロワーが世界中にいるのが嬉しく頼もしい。


6 LUCKY / 西野カナ 

61jEc2jLLiL.jpg
最新ジングル「もしも運命の人がいるのなら」のカップリング・ナンバー。結婚生活を夢見る女子のファンシーで甘い歌詞の内容と、大人っぽいR&Bテイストのサウンドのミスマッチが最高に面白い。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST


バックナンバー

カテゴリー