2015年01月25日

BOOK STAND 関口靖彦さん登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人のお気に入りの一冊を伺っています。

今週は本やマンガの面白さを伝える雑誌ダ・ヴィンチの編集長
関口靖彦さんにお話しを伺います。

関口さん2.jpg

現在、ダ・ヴィンチではBOOK BARを紹介しているページもあるので、
ぜひ手にとってご覧ください。
今回、関口編集長は眠りにつく前におすすめの本を3冊選んでいただきました。

今週は、その1冊目です。

派手さはないが、昔のヨーロッパ映画のような美しさ!

穂村弘さんと酒井駒子さんによる絵本「まばたき」

まばたき.jpg

疲れて帰ってきてほっと一息ついて眠る前に読んだら
きっと穏やかな気持ちになってゆっくり休めるような1冊。
絵本の表紙には目を閉じた女の子が描かれています、
まばたきをする一瞬、その一瞬の間に世界ではこんなことが
起こっているんだという一瞬の美しさを切り取った絵本です。
具体的には、蝶々が花から飛び立つ一瞬、蝶が飛び立つ
ほんの一瞬だけを捉えています。まばたき一回の間に起きている
出来事。また別のページでは、時計の針が「かちっ」と動いて
鳩時計の鳩が出てくるその一瞬だけ、まさにまばたきして
目を閉じている間に通り過ぎてしまう出来事をゆっくりと
美しい絵で表現しています。
じーっと目を凝らして見ていると胸の中が鎮まってくるような
静かな空気が流れている美しい絵本です。
そしてこの本の最後には「みつあみちゃん」という文字と共に
三つ編みをした少女がティーカップを前に座っているところが
描かれています。そんな少女は一瞬を経てどうなるのか…、
それは実際に手にとって確かめて下さい。
時間の流れとは捉え方で凄く変わってくると思いますが、
そういう一瞬の違いというものも「まばたき」という一言で
美しく捉えています。絵本は子供のものと思われる方も多いと思いますが
絵を担当した酒井駒子さんは大人の女性に人気の高い絵本作家さんで
コミカルなクマのキャラクターも書かれる一方で、
今回のこの「まばたき」では、昔のヨーロッパ映画を思わせるような
派手さはないけれど凄く目に焼き付く胸に浸み込むような美しさがある。
だから本当に眠る前にこの本を静かに見つめて眠りにつくとより深く
ぐっすりと眠れるような1冊だと思います。

BOOK BAR staff| 00:30 | カテゴリー:BOOK STAND


バックナンバー

カテゴリー