2014年12月28日

■一冊入魂■

この秋からの新コーナー「一冊入魂」

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。

芳林堂_キネマの神様.jpg

往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。
芳林堂_photo3改定.jpg

今回セレクトして頂いたのは、本はもちろんの事映画好きにはたまらない1冊!

著:原田 マハ 文藝春秋 「キネマの神様

「キネマの神様」ということで、映画を愛する人々が登場する小説。
それぞれがそれぞれの立場で映画を大切にする思いが絡み合い
最後にはちょっとした奇跡が起きる…。

BOOK BAR staff| 00:52 | カテゴリー:一冊入魂


バックナンバー

カテゴリー