2014年11月30日

邂逅の森

今週、大倉さんが選んだのはこちらの長編小説!

大倉眞一郎セレクト

邂逅の森.jpg

著:熊谷達也 文藝春秋

『BOOKBARでは、必ず年に1度は熊が登場する本を取り上げます!』

「熊」…確かにBOOKBARでは、多く取り上げて参りましたが、
こちらは、2004年に直木賞、山本周五郎賞を史上初めて
ダブル受賞した感動巨編、「邂逅の森(かいこうのもり)」。
山の狩人「マタギ」を主人公にしたお話です。
物語は大正3年の冬、山形県のある山中で狩りをしている
シーンから始まります。そんな山での暮らしやマタギとしての人生。
そこには様々な喜びや葛藤、そして、恋もありました。
大倉さんいわく「ラストは圧巻!」…どんな最後が待っているのでしょうか。

BOOK BAR staff| 00:43 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー