2014年11月30日

11.29 OA 星野源 The Knack U.F.O. and more

1  It's Time / Imagine Dragons 

略してイマドラ。日本が大好きというラスベガス出身のバンドです。カジノの街ベガスはエンターテイメントの都でもあるわけですが、ハードロック・カフェ・ホテルがあるくらいで、あまりロックのイメージはないんですが、キラーズなどご機嫌なバンドがここで生れています。


2  くだらないの中に / 星野源 

51yzNqE3RaL.jpg
モラトリアム色強い学生時代の話題にぴったりの選曲。


3  My Sharona / The Knack 

1979年のスーパーヒット。35年前というとずいぶん昔の曲なわけだが、その後も映画やアメリカのドラマなどでは度々使用されていることもあり、そこまで古い曲には感じない。発売当時は全米チャートで5週連続1位を記録しています。


4 MOONDANCE moon chant FEATURING ABIGAIL GRIMSEL / UNITED FUTURE ORGANIZATION 

UFO初期の代表曲の別バージョン。ジャズをダンスミュージックとして捉えたグルーヴ優先の曲作りは彼らの真骨頂。海外、特にロンドンで評価が高いのも納得です。


5  パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第一番ニ長調作品6 第一楽章 / ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 

ニコロ・パガニーニは19世紀初頭に活躍した天才ヴァイオリニストであり作曲家。優れた演奏力は、当時の人たちから悪魔に魂を売り渡して手に入れたものと噂されていたどうです。


6   Song of the Lonely Mountain  / Neil Finn 

「指輪物語」の前日譚となるトールキン原作を映画化したピーター・ジャクソン監督の『ホビット 思いがけない冒険』の挿入歌。映画のなかでは主人公ビルボ・バギンズの家に押しかけたドワーフたちが歌っています。ピーター・ジャクソンと同郷であるニュージランド出身のアーティストによって作られたオリジナル曲なんですが、まるで何世紀も伝承されてきた旋律のように聞こえるのはさすがです。

BOOK BAR staff| 00:55 | カテゴリー:SONG LIST


バックナンバー

カテゴリー