2014年10月19日

四人組がいた。

今週大倉さんが選んだのは、こんな1冊!

大倉眞一郎セレクト
四人組がいた.jpg

著:高村薫 文藝春秋

『えぇ!!高村薫がユーモア小説を書いてるの??』

初のユーモア小説に挑んだという、高村薫の最新著書。
集会所に集う四人の老人たちを中心に、熊や鹿、狸にタニシまで、
様々な生き物達を巻き込んだユーモアありシュールあり、
そして、ファンタジーありな十二編の短編小説。
ここにきて初めて挑んだという高村薫の新天地!
どんな物語が綴られているのでしょうか?

BOOK BAR staff| 00:40 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー