2014年10月19日

跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちらの1冊!

杏セレクト
跳びはねる思考.jpg

著:東田直樹 イースト・プレス

『こんなにも飛び跳ねる思考を持っていたんですね!』

13歳の時に執筆した『自閉症の僕が跳びはねる理由』が、
英米でもベストセラーとなり話題となった東田直樹さんの
最新著「跳びはねる思考」。
著者の東田さんは、会話のできない重度の自閉症でパソコンや
文字盤を駆使し言葉を紡いでいく。
そんなかれの日々の生活で生まれた思いを綴ったエッセイ。
人とのコミュニケーションで感じる事、思う事から
人生や運命とはどんな事なのか、そして、幸せとは…何なのか?

BOOK BAR staff| 00:15 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー