2014年09月27日

9.27 OA THE BEATLES Biz Markie Christopher Owens

1   THE WORD / THE BEATLES  

ご存知のように名盤揃いのビートルズですが、アルバム毎の評価は時代とともに微妙に変化しています。そのなかで『ラバー・ソウル』の評価は右肩上がりという印象。シングル曲と比較すると知名度の低いこの曲ですが、いま聞くと充分すぎるほどキャッチーなメロディーとコーラスワークの完成度に驚いてしまいます。邦題は「愛の言葉」でした。

2 Just a Friend / Biz Markie 

ビズ・マーキーは80年代後期から90年代にかけて活躍したNY出身のラッパー。愛称は"the Clown Prince of Hip Hop."。 ルックスもフロウもどこかコミカルで憎めないキャラで、ウィル・スミス主演の人気シリーズ『Men In Black』の2作目では異星人役で出演していました。こちらは1989年に全米9位を記録した彼の代表作のひとつ。


3 Never Wanna See That Look Again / Christopher Owens 

51Uf-6A0VCL.jpg
インディーズシーンで一世風靡したバンド“Girls”のフロントマン。2年前にバンドを脱退してからはソロ活動に力を入れ、これまた早耳の音楽ファンの間で話題になっていました。こちらは今週、日本盤がリリースされた最新アルバム『A New Testament』からの曲。いきなりカントリー調になって驚きましたが、隠し切れないオシャレ感にちょっと安心。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2014年09月27日

BOOK STAND プチ鹿島さん登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人がお気に入り一冊から印象的な一行を紹介してくれます。

今週は、先週に引き続きお笑いタレントのプチ鹿島さんが登場。
プチ鹿島2.jpg

鹿島さんは1997年に大川興業でデビュー。退団後はピンとして活動。
時事ネタを得意とする時事芸人、文系芸人として活躍中です。
今年の夏に出した最新著書「教養としてのプロレス」は、
世の中のすべてはプロレス的思考法で読み解ける!・・・という発想のもと、
自己啓発本やビジネス書をマットに沈める超実践的思想書として注目されています。

教養としてのプロレス.png

今週は、プチ鹿島さんが尊敬する先輩の本を紹介してくれました。


10年見守る、焦らせてはいけない。

松本ハウスのハウス加賀谷と松本キック著書の「統合失調症がやってきた」
実は僕、お笑い会に入った時、当時事務所が同じだった。
一番年齢も近く、一番かわいがってくれた先輩。
当時は、ボキャ天ブームがありそこで松本ハウスは大ブレイクするんです。
お笑い界で一発当てるとこんなにも生活が激変するんだと…、
付き人のような形で仕事の手伝いもしていたので間近で感じました。
ところがハウス加賀谷さんが統合失調症を発病されて休養、
事実上の引退となった。つっこみを担当していた松本キックさんは1人になり、
若手の指導を始めた。だから僕は、いかにこの2人が天才なのかと
つねに間近で感じていたからこそ、発病から10年松本ハウスの復活は
本当に自分の事のように嬉しい。世間的には闘病記として売れましたが
こんなに凄いコンビがいて、こんなに凄いコンビが10年も世間から
離れていて、だけどこんなにも凄い愛の物語があることを
お笑いの力を知ってほしい本なんです。

最後に2人の10年間を松本キックさんがこう書いています

「コンビ復活について」の章から

加賀谷が入院している間、俺お見舞いに行かなかった。
退院しても必要以上に連絡をしなかった。季節が変わるごとにどうしてるんだ?と
加賀谷の様子を伺うだけ焦らせてはいけないという思いだった。

という一説なんですが、今読むとさらっとした文章に見えますが
だけどこれを10年ですよ。普通10年待てるかな?
こういう病気は、あまりプレッシャーを与えてはいけないという事を
松本キックさんが一番学んでいて、専門家の先生が言うには
加賀谷さんもよく頑張ったけど松本キックさんが一番の理解者として
近くにいたのが復帰できた一つの大きな理由になったのではないかと。
こんな懐の深い、男っぷりのいい人は他にはいない。
っていうぐらいの人がやっとこの本で気付き始めたのが嬉しくて
紹介させて頂きました。

BOOK BAR staff| 23:39 | カテゴリー:BOOK STAND

2014年09月27日

「CALICO JOE」

ついに大倉さんもデビュー!?

大倉眞一郎セレクト

CALICO JOE.png

著:John Grisham

『英語で小説を読む面白さを味わう為の…電子BOOK!』

ついに大倉さんが「電子BOOK」デビューしました!
長い旅のお供にということで身軽な「電子BOOK」をチョイス。
そこで読んだのが、『評決のとき』『ペリカン文書』『依頼人』など
映画化もされたベストセラー作家、John Grishamの最新作。
まだ日本語翻訳は出版されていませんが、電子書籍だからこそ
楽しめたというラインナップ。大倉さんいわくJohn Grishamの
英語は複雑ではないので読みやすい。
電子BOOKなので、文字の大きさの変換をはじめ、
辞書機能など、英語で小説を読むのが楽しくなります。
John Grishamの新作を何冊か取り上げましたが中でも
お勧めなのがメジャーリーグベースボールを舞台とした「CALICO JOE」。
まだ映画化の予定はないとの事ですが、最新著書の中では抜群に面白いとの事。
翻訳版が出版される前に、秋の夜長、英語版に挑戦してみてはいかがでしょうか?

BOOK BAR staff| 23:29 | カテゴリー:BOOK INFO

2014年09月20日

9.20 OA T-Rex LED ZEPPELIN  山口百恵

1   The Slider / T-Rex  

41JH0J11B2L.jpg
70年代のグラムロック・ブームを牽引したバンド。こちらは7枚目のアルバムのタイトル・トラックです。生前から「ぼくは30才まで生きられないだろう」と語っていたバンドの中心人物であるボーカリストのマーク・ボランは、30才の誕生日の2週間前に自動車事故でこの世を去っている。

2 OVER THE HILL AND FAR AWAY / LED ZEPPELIN

ツエッペリン5枚目のアルバム『聖なる館』より。来月末にはレア音源を収録した最新マスタリング盤がリリースされます。ジミー・ペイジが時間をかけて準備してきただけあって、すでに発売済みの1枚目〜3枚目では、驚くべき音質にファンが狂喜乱舞していました。

3 さよならの向う側 / 山口百恵 

31枚目のシングルであり、事実上のラストソング、そして百恵からファンへのメッセージとなった曲。1980年10月5日のファイナル・コンサートでは最後に歌われ、マイクをステージに遺したまま舞台裏へと去っていった。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2014年09月20日

BOOK STAND プチ鹿島さん登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人がお気に入り一冊から印象的な一行を紹介してくれます。

今週から3週にわたってお笑いタレントのプチ鹿島さんが登場。
プチ鹿島1.jpg

鹿島さんは1997年に大川興業でデビュー。退団後はピンとして活動。
時事ネタを得意とする時事芸人、文系芸人として活躍中です。
今年の夏に出した最新著書「教養としてのプロレス」は、
世の中のすべてはプロレス的思考法で読み解ける!・・・という発想のもと、
自己啓発本やビジネス書をマットに沈める超実践的思想書として注目されて
教養としてのプロレス.png

今週は、プチ鹿島さんが話題のノンフィクションを紹介してくれます。


冷静かつロマンが溢れている

角幡唯介さんが書かれた「雪男は向こうからやって来た」
小説ではなくノンフィクション!
作者は、もともと大学時代に探検をしていた。
結構な秘境なども経験したのち、朝日新聞社に入社。
なので「雪男」や「ネッシー」などを探す感じえはなく
公式な方の探検家なんです。
そしてこの方ジャーナリストでもあるので出発前に
かなり慎重に取材を行った。しかし調べていくと
名声があり世界的な探検家でも公にしていないだけで
「実は…見たんですよ。」みたいな話を聞き、著者は
ちょっとづつ心をひらいていく。
雪男に興味を持ち始める。すると今度は自身が世間の
冷笑的反応に出会うようになる。
かつてこんなに疑心暗鬼にまみれて雪男を探しに行った人は
いないと思う。だからこの本は文章がはしゃいでなくていい。
ちょっとでも気になる事は現地でも徹底して調べていた。
冷静でかつロマンに溢れた本なんです。
出版された後は話題になり様々な賞を受賞。
解説の三浦しおんさんはこう綴っています。

本書のテーマは実は雪男ではないと私は思っている。
著者が雪男を目撃した経験のある人々と行動を共にし、
彼らと接することによって人間の深遠に迫っていくことになる。
本書は雪男ではなくその深遠を描いているのではないかと
思えてならない。

と、まさしく!
世間からすれば価値のないものと思われている
だけど大いなるロマンがある。大いなる無駄がある。
でもそこに費やす価値があるのかい?と、この
タイトルずばり。

BOOK BAR staff| 23:36 | カテゴリー:BOOK STAND

2014年09月20日

花闇

今週、杏ちゃんが持ってきたのはこちらの1冊!

杏セレクト

花闇.jpg

著:皆川博子 集英社

『血ヘドを吐いて、のたうち回って、それでも続けたいものってありますか?』

こんなキャッチフレーズと共に紹介したのは、
幕末から明治の時代に一世を風靡した歌舞伎役者
三代目・沢村田之助の壮絶な人生を描いた1冊「花闇」。
名門に生まれ、才能と美貌にも恵まれた三代目・沢村田之助は
天才女形として時代をも賑わせていた。そんなある日、
不治の病に侵され手足を失ってしまう。
舞台にあがる歌舞伎役者として最も悲劇的な病魔に侵されながらも
あがいてあがいてあがき続けた短くも儚い、三十四年の人生が
綴られています。

BOOK BAR staff| 23:28 | カテゴリー:BOOK INFO

2014年09月13日

9.13 OA 手嶌葵 NEIL YONG Norman Greenbaum

1   THE ROSE / 手嶌葵

ベッド・ミドラーの名演・名唱で知られている同名映画の主題歌。手嶌葵にとってもアマチュア時代から歌っていたデビューのきっかけとなった大切な曲である。

2 OLD MAN / NEIL YONG

1972年の名盤『ハーヴェスト』に収録されている曲。シングル・カットもされましたが、残念ながらヒットには至りませんでした。

3 Spirit In The Sky / Norman Greenbaum 

81vELosL5fL._SL1500_.jpg
エルトン・ジョンもカバーしたことのある70年代の隠れヒット・ソング(オリジナル盤のリリースは1969年)。本日、日本公開されたマーベル✕ディズニーによるエンターテイメント大作映画『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』のサントラにも収録されています。

BOOK BAR staff| 23:45 | カテゴリー:SONG LIST

2014年09月13日

BOOK STAND 大野更紗さん登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
毎回、著名人がお気に入り一冊から印象的な一行を紹介してくれます。

今週は、作家の大野更紗さんの最終回です。
oono3.jpg

大野さんは大学院生のときに民主化運動や人権問題に関心をもち、
勉強していたところ、2008年から自己免疫疾患系の難病にかかり闘病生活がスタート。
ノンフィクション作家の高野秀行さんにメールで相談したことがきっかけで、
闘病日記「困ってるひと」のWEB連載が始まります。
その連載が好評を博し書籍化も実現。20万部を売り上げるヒットを記録しています。
「困ってるひと」は中国や台湾でも翻訳されて話題になっているそうです。
そして、この夏、待望の新刊「シャバはつらいよ」が出ました。
シャバはつらいよ.png

最終回となる今週は、またまた興味深い本を紹介してくれました。

「老人の歴史」

パット セイン、イギリス人の歴史学の女性研究者が著者で、
木下康仁さんが訳している「老人の歴史」という本です。
見た目は、分厚いですが「絵・図版」が230以上入っていて目にもとても
楽しい素晴らしい一冊。
「老人」という人たちが歴史上どのように捉えられ描かれてきたのか?ということを
非常に豊かに描き出している。帯にはスウィフトの「誰もが長生きしたいと切に願う。
しかし、誰 一人として年寄りにはなりたくなかった。」という、
含蓄のある言葉がのってるこれは、たまたま大学の図書館で見つけて、
すごい本だな〜と思って手に取った。

実は「◯◯の歴史」というのは、フォーマットになってる。
歴史学の本のタイトルとして鉄板のフォーマット。
老人というもの、お年寄りというもの、がこんなに多様なことに
感動しながら読んだ。

例えば、いまだったら退職するのって現代の人間には当たり前の事で
誰も疑いもしない。ただこの「退職する」って概念がどこから誕生したのか?
そもそも貧しい労働者はいつ引退したか、それは貧しくて引退なんか
できなかった。徐々に社会保険とか社会制度が登場してきて
引退の概念が世の中に誕生する。
「高齢問題」は、毎日ニュースで見るけど
たまに視点を変えてこのような本を読むのもいいのではないのかな。

私の好きな一行は、

はるか以前、はっきりとしない遠い「過去の時代」には
老年期まで生きた人々は少なかったので、今日とは異なり高齢者は家族から
大事にされ、尊敬され、やさしく支えてもらっていたと話は続く。
本書は老年期の真の歴史を伝えることで、この社会通念に挑戦する。

高齢者の人々がどのように生きてきたかを知る事は、
とってもいい読書体験だと思います。

BOOK BAR staff| 23:38 | カテゴリー:BOOK STAND

2014年09月13日

透明な迷宮

今週大倉さんが選んだのは、解釈より余韻に浸ってほしい1冊!

大倉眞一郎セレクト

透明な迷宮.jpg

著:平野啓一郎 新潮社

『この10年で読んだ短編集で最も大事にしたい本です。』

と、大倉さん大絶賛の平野啓一郎の初の短編集。
短いものは20ページから綴られた6編の短編が集録。
帯には平野さんご自身が書かれた言葉、
「ページをどんどんめくりたくなる小説ではなく、
ページをむくらずにいつまでも留まっておきたくなる小説。」
とありますが、相反するように非常にページをめくりたくなる
そして一気読みしてしまう面白さとの事。
だからこそ大倉さんは今回、解釈より余韻に浸ってほしい1冊!と
ご紹介させて頂きました。あえて物語の内容はいいません。
解釈ではなく、物語の深い余韻に酔いしれて下さい。

BOOK BAR staff| 23:29 | カテゴリー:BOOK INFO

2014年09月06日

9.6 OA UA Mr. President Fleet Foxes

1  グリーングリーン / UA

51O6IXl2sYL.jpg
原曲はアメリカのフォークグループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズが1963年に歌った曲。日本では小学校の唱歌として知られています。

2 I Can't Go for That (No Can Do) / Mr President

この夏にリリースされた新作。ホール&オーツの代表曲をフランス人アーティストによるジャズ・ファンク・プロジェクトがカバーしました。キーボードがいい味だしています。

3 Lorelai / Fleet Foxes

シアトル出身の5人組バンド。こちらは2008年のデビュー作より。これまでに2枚のアルバムを発表、そろそろ新作が聞きたいですね。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2014年09月06日

BOOK STAND 大野更紗さん登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

毎回、著名人がお気に入り一冊から印象的な一行を紹介してくれます。

先週に引き続き今夜も作家の大野更紗さんが登場。

大野さんは大学院生のときに民主化運動や人権問題に関心をもち、
勉強していたところ、2008年から自己免疫疾患系の難病にかかり闘病生活がスタート。
ノンフィクション作家の高野秀行さんにメールで相談したことがきっかけで、
闘病日記「困ってるひと」のWEB連載が始まります。
困ってる人.jpg

その連載が好評を博し書籍化も実現。20万部を売り上げるヒットを記録しています。
そして、この夏、待望の新刊「シャバはつらいよ」が出ました。
シャバはつらいよ.png

今週も、かなりの読書家である大野更紗さんが興味深い1冊を紹介してくれました。

迷ったら読み返す好きな一行

土本 典昭さんと鈴木 一誌さんとの編著。
「全貌フレデリック・ワイズマン――アメリカ合衆国を記録する」
土本 典昭さんは、日本のドキュメンタリー映画の草分け的存在の方、
鈴木 一誌さんは、グラフィックデザイナー。
この本は、アメリカのフレデリック・ワイズマンという映像作家に関する
いろいろんな人が寄稿したり、本人にインタビューをとってたりする
壮大なカタログみたいな1冊。
私は、フレデリック・ワイズマンという監督が異常に好きで
ものを作る人間として1つの理想というか目標であり、アイドルみたいな存在。

例えば日本の監督だと想田 和弘さんとかはフレデリック・ワイズマンの
大きな影響を受けている方のお1人だと思います。
ともあれ、世界中の監督が影響を受けている監督なんです。
みんなその秘密を知りたいんです。どうやったらワイズマンみたいに撮れるのか。
少し話す時もあるが彼はなかなか明かさない。
そのかけひきみたいなものがこの本の中のロングインタビューに載っている。
やっぱり映画製作の現場は、まず資金獲得、配給、どのように被写体から
許可をとっているのかなど、どきどきしながら読むのがこの本の醍醐味だと思います。

私が好きな一行は、

わたしは映画を通して、コン パッションを表現しようとしている 。
しかしそれと、誰かの側に立つことは違う。

すごい哲学的というか難解なセリフですが
自分が中立的であること、自分の被写体から距離をとろうとする
私が本を書くにしてもこのページをいつも開き、
「コン パッションを表現する」ってなにかなって、考えたりする時があります。

BOOK BAR staff| 23:36 | カテゴリー:BOOK STAND

2014年09月06日

日本野 必要だけど足りない、これからの日本の緑

今週、杏ちゃんが持ってきたのは…、「緑の本」です!

杏セレクト

日本野.jpg

著者:「日本野」制作委員会 日経BP社

『日本の○○ではなくて、日本野です!』

「日本野(にっぽんの)」と名付けられたこちらは、
日本のこれからの「緑」について考えた1冊です。
茶人、歌人、民俗学者、造園家、建築家などなど、様々な分野から
日本の昔の緑、そしてこれからの日本の緑について語っています。
太古の昔から共に暮らしてきた「緑」。
これからはどのようにして共に生きていくのか?
伝統と文化、都市と自然、日本野に必要なものとは何なのでしょうか。

BOOK BAR staff| 23:25 | カテゴリー:


バックナンバー

カテゴリー