2014年05月31日

ナニカアル

今週、杏ちゃんが持ってきたのは、こちらの1冊。

杏セレクト

ナニカアル.jpg

著:桐野夏生 新潮社

『女流作家が女流作家を渾身の怨念を込めて描いた、1冊!』

「ナニカアル」と、カタカナで書かれたタイトルからも
すでに不思議な魅力が放たれていますが、こちらは女流作家の桐野夏生さんが『放浪記』などの代表作を持つ昭和の女流作家「林芙美子」を
描いた1冊。不自由な時代に翻弄されながらもたくさんの愛に生きた
波乱万丈な彼女の半生を彼女の目線から綴っています。
実在した人物だけに実話なのか?フィクションなのか?
読者をも翻弄する桐野ワールド。
そこには、激しい男女の性愛、そして、狂おしいまでの「生」が
詰まっています。

BOOK BAR staff| 23:28 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー