2014年05月24日

いつまでも美しく インド・ムンバイのスラムに生きる人びと

今週は、大倉さんが選んだ久し振りのこんな作品!

大倉眞一郎セレクト

いつまでも美しく.jpg

著:キャサリン・ブー 早川書房

『やはりムンバイのスラムからミリオネアは…、
         生まれないのではないかと、思われます。』

インドのスラム・ムンバイに生きる人々を
アメリカ人ジャーナリストが3年にも及ぶ取材のもとに描いた
ノンフィクション作品。
まるで小説のように綴られた真実の物語は、過酷な貧困と宗教問題、
スラムで必至に生きる人々の臨場感が漂ってくる。
ムンバイの「今」から世界の「未来」が見える1冊です。

BOOK BAR staff| 23:30 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー