2013年05月25日

5.25 OA ALAN O'DAY 奇妙礼太郎 CSN&Y and more

1  UNDERCOVER ANGEL  / ALAN O’DAY 

日本では「BIG WAVE」や「YOUR EYES」など、
山下達郎の曲の英語詞を書いていた音楽家アラン・オデイが、
今月17日、がんとの闘病の末お亡くなりになりました。享年72…。
この曲は、彼がソロとして放った1977年の全米No.1ヒットです。


2  僕はここにいる / 山崎まさよし 

ご本人主演のテレビドラマ「奇跡の人」の主題歌。
そういえばデビューのキッカケは勘違いして受けた俳優オーディションでしたね。


3 機嫌なおしてくおくれよ / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 

2008年より活動中の関西出身の大所帯バンド。
来週、奇妙礼太郎のソロ作品をスチャSHINCOややけのはら、曽我部恵一らが
リミックスしたアルバムがリリースされます。


4  東京 / AZUMA HITOMI 

小学生から作曲をはじめ、中学生のときにはLogicを使いこなしていたという
筋金入りの宅録女子。
ファーストアルバム『フォトン』より。

5 OUR HOUSE / CSN&Y

61ikiffA0UL.Image._.jpg
クロスビー・スティルス・ナッシュがデビュー盤のレコーディング後、
サウンド強化のためにニール・ヤングを招いた最初のアルバム『デジャヴ』より。
アルバムは1970年に全米1位を記録。
ウエスト・コースト・ロックの名盤として知られています。


6  NO FREEDOM  / DIDO  

4年ぶり、通算4作目の最新アルバム『Girl Who Got Away』より。
それにしてもデビューから17年目で4作とはマイペースですな。
ダイドという一風変わった響きの名前は、
古代ローマの詩人ウェルギリウスの叙事詩「アエネーイス」に出てくる
カタルゴ(現在のアフリカ)の女王の名前からとられたそうです。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年05月25日

上海、かたつむりの家

大倉眞一郎セレクト

上海、かたつむりの家.jpg

著者:六六 プレジデント社

『広い家に芝生の庭、理想の家庭を望みますか?』

「かたつむりの家」=蝸居、かたつむりの殻のような小さな家。
大都市・上海で生きる男女4人の群像劇。
家が欲しいが、家など買えない。高学歴なのに職がない。
家や職がないと結婚もできない。土地の高騰、貧富の拡大。
様々な問題を抱え、彼女らが辿った運命とは?
あまりにもリアルな姿な内容に、本国中国でも話題になった1冊。
現代の中国の姿が赤裸々に描かれています。

BOOK BAR staff| 23:39 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年05月25日

BOOK STAND AZUMA HITOMI 登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週は宅録シンガーソングライター、AZUMA HITOMIさんが登場。

azuma2.jpg

AZUMAさんは1988年 東京生まれ 
小学校高学年より楽曲作りを始め、中学生でシーケンス・ソフト「Logic」と出会い、
アレンジからミックスまでひとりで行うようになります。
大学進学後はライブを中心とした本格的な音楽活動をスタート。
現在、ステージではLED照明システムに加え、Mac、アナログシンセ、ペダル鍵盤、
自動キックマシーンなどの機材に囲まれた「要塞のよう」と評されるセッティングと共に、
アコースティック色の強いものから強烈なダンス・ビート・ナンバーまでを
披露。その振り幅の大きいステージングが好評を得ています。
今夜はAZUMA HITOMIさんが大好きな日本の古典文学についてお話を伺いました。

日記文学が好き!

日記文学というものがり、一番最初は
紀 貫之の「土佐日記」だと思う。
それから平安時代になり女流の作品「紫式部日記」「更級日記」など
その中で「蜻蛉日記」がとても好き。
これは、限りなくフィクションに近いノンフィクションというか
ただの事件がならんでいるわけではなく感情を伝えている。
記録だけではなく、著者の感想もある。
現在のブログや私小説の繋がっていくようなもの。
作者は、藤原道綱の母。夫は藤原兼家。
夫との21年間の結婚生活を綴っている。
当時は、妻問婚なので夫がなかなか帰ってこない。
他に4人ぐらい奥さんもいる。とにかく暗くてじめじめした
はかない身の上を毎日綴っている。彼女は何も知らないお嬢様育ち
ただ、夫・藤原兼家を待ち続けている。
いざ夫がやってきてくれてもすねてそっぽを向く。
全てを疑う、夫はモテル男なのでとてもタフでまめ。
他の奥さんの所に行った後によってくれたりする。
でも、そんなのは嫌だから愛の唄を贈られても信じない。
そこがかわいい。現代にも通じるかわいさ。

BOOK BAR staff| 23:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年05月25日

大大阪モダン建築

杏セレクト

大大阪モダン建築.jpg

著者:橋爪紳也 青幻舎

『おお、大阪やないで!だい、大阪やで!!』

大正時代から戦前までの一番華やかだった時代の大阪。
当時首都だった「東京」をも越えて世界第六位の大都市にも
発展していた。街も拡張され、アールデコ、モダンといった
近代建築も栄え文明開化に花を咲かせていた。
そんな当時を代表するモダン建築の特色や見所、現在の姿を
美しい写真とともに紹介している、大大阪=GREAT大阪のガイドブック。

BOOK BAR staff| 23:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年05月18日

5.18 OA  Still Corners 東京事変 くるり and more

1  BERLIN LOVERS  / STILL CORNERS 

61FakF982eL._SL500_AA300_.jpg
シアトルの老舗インディーレーベルからデビューしたロンドンの4人組。
なんとバンドの中心人物であるグレッグとヴォーカリストのテッサは、
間違えた列車に乗り合わせたことから知り合ったそう。
日本盤が先週リリースされました。


2  LOVE LETTERS / NAT KING COLE 

多くのシンガーに愛されたスタンダード。
プレスリーのバージョンも有名ですが、これが決定版かな?


3 手紙 / 東京事変 

2006年リリースのセカンドアルバム『大人(アダルト)』より。
いまこの瞬間も、生命は燃え、そして芽生えているのだ。


4  情けない顔で / AZUMA HITOMI 

小学生から作曲をはじめ、中学生のときにはLogicを使いこなしていたという
筋金入りの宅録女子。
ステージでは要塞のような機材に囲まれ、音だけでなく照明までオペレートするとか。


5   祭り / ケツメイシ

2010年リリースのシングル「お二人Summer」のカップリング曲。
夏ベストにも収録されています。


6  お祭りわっしょい  / くるり  

2005年リリースのアルバム『NIKKI』より。
思いっきり和風のタイトル&歌詞なんですが、
サウンドはストーンズ風というギャップが新鮮です。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年05月18日

山と森の精霊 高千穂・椎葉・米良の神楽

大倉眞一郎セレクト

山と森の精霊.jpg

著者:高見 乾司 中沢 新一 鈴木 正崇  リクシル・ブックレット

『神との宴を神が楽しむと書く!』

神楽の宝庫といわれる九州宮崎県「高千穂」「椎葉」「米良」に
伝わる伝統芸能を解説した1冊。
夜神楽に民俗仮面、受け継がれてきた神と人との交流。
この地方に300はあるといわれる神楽、受け継がれてきた
神と人との交流。そこには歓喜の舞に個性豊かな面の数々。
山深い森で伝承されてきた神々の儀式。
神聖で密接なかかわりが伝わる一冊です。


BOOK BAR staff| 23:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年05月18日

BOOK STAND AZUMA HITOMI 登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週は宅録シンガーソングライター、AZUMA HITOMIさんが登場。
azuma1.JPG

AZUMAさんは1988年 東京生まれ 
小学校高学年より楽曲作りを始め、中学生でシーケンス・ソフト「Logic」と出会い、
アレンジからミックスまでひとりで行うようになります。
大学進学後はライブを中心とした本格的な音楽活動をスタート。
現在、ステージではLED照明システムに加え、Mac、アナログシンセ、ペダル鍵盤、
自動キックマシーンなどの機材に囲まれた「要塞のよう」と評されるセッティングと共に、
アコースティック色の強いものから強烈なダンス・ビート・ナンバーまでを
披露。その振り幅の大きいステージングが好評を得ています。
今夜はAZUMA HITOMIさんが心惹かれた児童文学についてお話を伺いました。

本当に子供向けの文学?

児童文学が好き。新美南吉とか。
「手袋を買いに」と「ごん狐」は、教科書に載っていた。
子供の時に読んでいる印象は、なんとなく暗くて、寂しい。
でもその後に読んだ「久助君の話」とかは、児童文学の枠で
書いているにも関わらずとても大人向け。
ちびっこ達が遊んでいる中、取っ組み合いになりムキになって
わーわー言ってしまう。でもふいに久助君が静まってしまう。
その時に僕は、久助君の事を見て
「僕が知っている久助君は、本当に僕が知っている久助君なのだろうか?」
他者への疑問というか、他者だと認識すると同時に疑問を感じ
さらにそれを悲しみだと主人公は結論付ける。
これは子供向けの文学ではないだろう!と思って読む。
可愛らしいシチュエーションがある中で、そういう暗い所にいってしまう
結構ディスコミュニケーションに関するお話が多い。
「赤い蝋燭」も、ろうそくを花火と間違える所からお話が始まる
それもやはり物と接する際のディスコミュニケーションというか
そういう相いれなさを悲しみだという結論に衝撃を受けたし
子供の時より今の方が新美南吉さんは、好きで読みます。

BOOK BAR staff| 23:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年05月18日

母の恋文 谷川徹三・多喜子の手紙

杏セレクト

母の恋文.jpg

著者:谷川俊太郎 新潮社

『こっそり見ちゃってごめんなさい!っていう感じと、いいなぁ〜って感じです!』

詩人で息子の谷川俊太郎が恋人時代の両親の恋文を集めた往復書簡
遺品に残された537通もの恋文。若き日の二人は一体どんな言葉を
交わし愛を育んでいったのか。大正時代の恋人たちはどんな言葉を
使って愛を綴っていたのか?
哲学者として名を馳せた父、そして、そんな父を陰から支えた母。
恋人時代は熱烈にまで愛を綴り続けた二人。
長い時間を経て息子が世に放った両親の恋文。
そこには、様々な思いがある。

BOOK BAR staff| 23:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年05月11日

5.11 OA ROD STEWART 土岐麻子 やけのはら and more

1  MAYBE YOU  / SAY LOU LOU 

ミランダとエレクトラ。
オーストラリア/スウェーデン育ちという双子の美人姉妹によるユニット。
父親のスティーヴ・キルビーはオーストラリアでは伝説のバンド、
The Churchのリードシンガーでした。

2  Father & Son / ROD STEWART 

今月、久々にオリジナル・アルバムをリリースしたロッド。
自分で曲作りをしたのは15年ぶりだそうです。
たしかに最近は企画色の強いカバー集、スタンダード集が続いていました。
こちらは2006年リリースのロック名曲集からの曲で、
オリジナルはキャット・スティーヴンが1971年に歌っていました。

3 EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD / 土岐麻子 

音楽ファンの間では有名ですが、土岐麻子の父親はサックス奏者の土岐英史。
長らく山下達郎のツアーでも吹いていた一流のミュージシャンです。
Cymbalsを解散後、ソロになった彼女はオリジナル曲をリリースする前に、
父親のプロデュースでスタンダード集を3枚ほど出していました。
こちらはその中の1曲。
80‘sを代表するポップロック・ヒットにジャジーなアレンジが施され、
すっかり別曲のように仕上げられています。

4  CITY LIGHTS. / やけのはら 

41igesV3cAL._SL500_AA300_.jpg
最新アルバム『sunny new life』より。
横浜出身らしく、クールな都会描写がお洒落です。


5  SILLY PUTTY / STANLEY CLARKE

70年代から80年代にかけて活躍した、
ジャズ・フュージョン界を代表する凄テクのベーシスト。
こちらの曲も当時のFM局でよく流れていました。

6  YOU’VE REALLY GOT A HOLD ON ME / BERNARD EDWARDS  

ダフト・パンクの新曲に参加したことで、
ナイル・ロジャースの名前が久々にスポットを浴びていますが、
こちらはChic時代のナイルの相棒、バーナード唯一のソロ作からの曲。
このアルバム、2000年に日本で世界初CD化されるまでは長いこと廃盤で入手困難でした。
こちらはビートルズもカバーしたミラクルズの名曲ですが、参加メンバーが豪華!
デュエット相手はダンス・ディーバとして人気のジョセリン・ブラウン、
後半大活躍のサックスは元タワー・オブ・パワーの名手レニー・ピケットです。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年05月11日

模倣の殺意

大倉眞一郎セレクト

模倣の殺意.jpg

著者:中町信 東京創元社

『こんなに紹介するのが難しい本を持ってきてはいけない!』

大倉さんが「これはすごい」!と書かれた帯を見て購入したという1冊。
その凄さとは、1971年の初版から何度も何度も改題に加筆訂正され
めぐりめぐり現在に至る、43年前の小説。
ある文学賞を受賞した作家が、賞を受賞したにも関わらず
作品を出版できないことを嘆き服毒自殺をはかる。
ところが、密室での謎の死は「自殺」ではなく殺人なのでは?と、
作家の婚約者が疑問を抱き、その真相を探り始めた…。
そして、あるトリックを用いた初の国内ミステリーとは?

BOOK BAR staff| 23:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年05月11日

BOOK STAND やけのはら 登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週は、DJ,ラッパーとして活躍する「やけのはら」さんが登場。
yake.jpg

最新作はこの春、2年半ぶりにリリースしたアルバム「sunny new life」。
音楽活動のほかにも、雑誌「POPEYE」でのコラム連載など、精力的に活動中です。
今夜は、やけのはらさんが心酔する作家についてお話を伺いました。

日本一、明朝体がうまい男?

伊丹十三さんは、すごく好き。
映画監督、エッセイスト、その他いろいろイラストレーターなど
十の顔を持つと言われている、様々な事で才能を発揮されている。
コラムもほとんど読んでいるほど好き。
どれも面白い「問いつめられたパパとママの本」も面白いけど
最初の頃の「ヨーロッパ退屈日記」「女たちよ!」「再び女たちよ!」は
俳優としてのっていた頃のプレイボーイな都会人の伊丹さんの
シャープな感じが出ていてすごくいいですね。
何をどう言っているというより、伊丹さんのスノッブさというか
考え方、物事に対する距離感が分かる。
映画で好きなのは「お葬式」と「タンポポ」。
この「タンポポ」は、最初の頃のエッセイのニュアンスもある。
食事の話とか、物事のはしたなさや美意識の話。
なので、結構エッセイのトーンに近い。
だんだん大人になって伊丹十三さんがやってきた事の面白さが
分かってきた。当時、日本一「明朝体を書くのがうまい男」と
言われていたようで、すごく細かい所まで好き嫌いや美意識が
はっきりしていてそれが全編に渡って貫かれているのが気持ちいい。
その一つ一つの作法を自分で発明していく。
僕はあそこの靴はいいと思うけど、でもこれ見よがしにあそこの靴を
はくようなやつはダサイ・・・とか。そういうのいちいち自分で考えて
実践していくやらしいところが好きですね。
それに影響を受けてというよりは、自分も雑なんだけど細かい性格で
「嫌だな、こんなめんどくさい性格」ってずっと思っていたんですが
伊丹さんを知るようになって、良かったこういう人も
ちゃんといるんだ〜ってのが、励みになりました。

BOOK BAR staff| 23:27 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年05月11日

暖簾

杏セレクト

暖簾.jpg

著者:山崎豊子 新潮社

『守らねばならんもんがある!それは、これです。』

『華麗なる一族』『白い巨塔』などの著者、山崎豊子の処女作。
当時33歳だった巨匠・山崎豊子が描いたのは大阪商人が主人公。
明治時代後半、1人の男性が昆布問屋に奉公するところから物語は
始まります。やがて、昆布問屋を独立し「暖簾」を息子へと受け継ぐ。
親子二代に渡る商売へのこだわり、生き様。
そして、戦後の動乱期から高度成長期まで、どのように乗り越え
「暖簾」を守りぬいたのか?そこには親子二代に渡るドラマがある。

BOOK BAR staff| 23:14 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年05月04日

5.4 OA 栗コーダーカルテット やけのはら 井上陽水 and more

1  帝国のマーチ  / 栗コーダーカルテット 

映画『スターウォーズ』シリーズではダースベイダー登場時の曲として有名。
栗コーダ−のバージョンは「やる気が無いダースベイダーのテーマ」として
ネットで話題になりました。


2  UNCHAINED MELODY / The Righteous Brothers 

映画『ゴースト』でお馴染みの名曲。
ウィキペディアによると世界でもっとも録音された曲のひとつだとか。
様々な言語で500以上ものカバーがあるそうです。
原曲は1955年に書かれましたが、決定版ともいえるのが
その10年後にフィル・スペクターのプロデュースでレコーディングされた
このライチャス・ブラザーズのバージョンです。


3 HOME BY THE SEA / GENESIS 

ジェネシスがもっとも脂がのっていた時期のナンバー。
フィル・コリンズの叩くスネアの音を世界中で真似していました。

41G32ZGTGML._SL500_AA300_.jpg

歌詞は、海辺の家に忍び込んだ泥棒が幽霊に取り憑かれてしまうという
なんともダークファンタジーな内容。
アルバムでは「SECOND HOME BY THE SEA」というインスト曲と
組曲になっていました。


4  D.A.I.S.Y. / やけのはら 

最新アルバム『sunny new life』より。
タイトルは、DAYS AFTER INNOCENT SWEET YEARSの省略形。


5  少年時代 / 井上陽水

現在、絶賛ツアー中。
ファイナルは東京、7月26日&27日にNHKホールで開催されます。


6  愛と遠い日の未来へ  / 松任谷由実  

昨年公開されたアニメ映画『虹色ほたる~永遠の夏休み』の主題歌。
サントラ全体を正隆さんが手がけています。


BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年05月04日

しずかな日々

大倉眞一郎セレクト

しずかな日々2.jpg

著者:椰月美智子 講談社

『大きな出来事が生活の中に溶け込んでいく、しずかな日々』

母親と2人で暮らす小学校5年生の少年。
ある日、母と離れほとんど面識のない祖父と暮らすことになる。
それは、小5の夏休み。
初めての暮らしは、様々な初めてをくれた。
祖父とぼくのあの夏。それはかけがえのない日々。
野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞した感動作。

BOOK BAR staff| 23:38 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年05月04日

BOOK STAND やけのはら 登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週はDJ,ラッパーとして活躍する「やけのはら」さんが登場。
yake.jpg
自身の活動に併せて、younGSoundsのメンバーとしての楽曲参加や、
雑誌「POPEYE」でのコラム連載など、精力的に活動中です。
今夜はやけのはらさんとある作家との思いがけない出会いについてお話を伺いました。

タイトル買い!ならぬタイトル拾い?!

母親が本が好きだったので、本棚にたくさん本があった。
母親は団塊の世代なのでビート文学など。
でもそれを直接読んでみたいな感じではなかったけれど
読書に対する感覚は、他の人に比べれば近かった。
小さい頃はマンガでした。赤塚不二夫が好きだった。
オルタナティブな表現や左足で描くとか心に残っている。
その後は、椎名誠のエッセイ「昭和軽薄文体」とか
好きでしたね。中でも印象に残っているのは
「さらば国分寺書店のオババ」これは、道に落ちていた
当時は時間もあったので「なんか、文庫本落ちてんじゃん」って
ゴミ捨て場とかに捨てられた文庫本とか興味があるのは
拾って読んでいたので、これはタイトルが気になって読んだ。
それが、椎名誠との出会いでした。

BOOK BAR staff| 23:28 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年05月04日

心霊づきあい 11人の作法

杏セレクト

心霊づきあい.jpg

著者:加門七海 メディアファクトリー

『意外と身近に感じるのかもしれません…!』

「心霊づきあい」=「目に視えない世界との付き合い方」
心霊的なものが視える、感じる11人の著名人が体験した
スピリチュアルな日常をまとめたインタビュー集。
そこには、「怖い」というより「不思議」な日常が描かれています。
体験談を寄せている11人は、新倉イワオ、CLAMP、立原透耶、飯田譲治、
工藤美代子、平山あや、ザ・グレート・カブキ、竹内海南江、大森亮尚、
松谷みよ子、そして、稲川淳二。
作家、映画監督、俳優、プロレスラー、職業も年齢も生活環境も違う11人が
語る「心霊づきあい」。

BOOK BAR staff| 23:13 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー