2013年02月23日

2.23 OA 斉藤和義 尾崎豊 坂本龍一 and more

1  君に会うまでは  / 斉藤和義  

寒い夜にこの曲を聞くとグッと刺さりますね。
オリジナル曲の作者、浜田省吾は自身の結婚式でこの曲を歌ったそうです。
想像しただけで涙がこぼれそう。


2  群衆の中の猫/ 尾崎豊 

1985年にリリースされたセカンドアルバム『回帰線』から。
当時はB面の3曲目に収録されていました。
この頃はまだアナログ・レコードだったんですね。


3  Merry Christmas Mr. Lawrence / 坂本龍一 

41MADCKD3PL._SL500_AA300_.jpg
大島渚監督からの強いラヴコールで俳優デビューを決心した教授。
出演と引き換えに、自ら音楽を担当することを志願したそうです。
ライヴでのピアノのソロなど、いろいろなバージョンが存在しますが、
オリジナル盤はやはり何度聞いてもいいですね。


4  未来地図 / ザ・コレクターズ 

19枚目となる最新アルバム『99匹目のサル』より。
作詞作曲はBOOK STANDに登場した加藤ひさしさん。
この曲の歌詞にもあるように、いま描く夢がやがて未来への地図となる。
だからこそ、ぼくらは未来の子供たちのために夢を諦めてはいけない。


5 家族の風景 / 手嶌葵  

有名なアイルランド民謡「Down by the Salley Gardens 」に
谷山浩子が日本語詞を付けました。


6  家族の風景 /ハナレグミ 

前に流れたものとは同名異曲。
SUPER BUTTER DOGで活動していた永積タカシが
初めてハナレグミ名義でリリースしたオリジナル曲です。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年02月23日

はなちゃんのみそ汁

大倉眞一郎セレクト

はなちゃんの味噌汁.jpg

著者:安武信吾、千恵、はな 文藝春秋

『人目もはばからず、このおっさんが…!!』

今週は「泣ける本」をテーマに持ち寄りました。
大倉さんが選んだのは1ページめくった瞬間に涙が溢れた1冊。

著者の1人、安武千恵さんは25歳の時に乳がんが発覚し手術するが
2008年、33歳の若さで他界。彼女が亡くなる前に立ちあげたブログ
「早寝早起き玄米生活 〜がんとムスメと、時々、旦那〜」
そこには自身の闘病生活や子育ての話が満載。
このブログを元にご主人の安武信吾さん1冊にまとめました。
幼い娘を残して逝く、母として多くのことを残したい。
そこにはそんな大きな愛と、健やかに育っていく娘はなちゃんの姿が
描かれています。そして、毎朝はなちゃんが作る「みそ汁」には
母から受け継いだ思いがたくさん入っています。


BOOK BAR staff| 23:38 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年02月23日

BOOK STAND ザ・コレクターズ 加藤ひさしさん登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

先週に引き続きザ・コレクターズの加藤ひさしさんが登場。
加藤ひさし2.JPG

1987年にメジャーデビュー。
ボーカルを務める加藤さんはバンドの楽曲のソングライティングを担当するほか、
矢沢永吉の楽曲の作詞を手がけるなど他のアーティストにも作品を提供しています。
また昨年は、ギターの古市コーターローさんとの掛け合いで人気を呼んだポッドキャストを
もとにした本も出版されました。そんなザ・コレクターズの最新作は先月リリースされた
19枚目のアルバム「99匹目のサル」。ロックンロールの初期衝動にあふれたナンバーや、
ウィットに富んだ反原発ソングがコレクターズならではのサウンドで表現されています。

今夜は加藤さんに今のロックキッズにオススメという本を伺いました。

仲が悪くて当たり前!?

1980年か1981年に購入したThe Whoの伝記。
彼らのヒストリーを綴った1冊。
今ほど赤裸々にバンドのメンバーがこうだったみたいな事を
書き記した本が今ほど1980年代はなかった。
高校生ぐらいから僕はバンドを組んでいるんだけれど
バンドって表向きは、わいわい楽しく仲よさそうに見えると
思うけど、ところがThe Whoの伝記には、メンバーの仲の悪さが書かれていた。
ロジャーにピート・タウンゼントが殴りかかったらロジャーが
用心棒を2人連れて仕返しをしにきたとか…
その時、20歳ぐらいで自分もバンドを組んでいた。
どうしたってバンドのメンバーと仲良くなんかできない。
できるわけないじゃん、曲も作って歌っている自分が偉いと思っているんだから!
なんでここでギターミスするんだよ!ってなっちゃう。
なのに、Beatlesの伝記を読んでもジョンとポールがケンカしてました
なんて、どこにも書いてなかったのよ。だから僕は学級委員長のような
気持ちでバンドを続けていた。だからこの本が救ってくれた。
「バンドって、仲悪くて当たり前なんだ」と。それでもThe Whoはちゃんと
ヒットもしたしやってこれた。なるほどね〜と。もう「スゥー」とした。
その後すぐドラムをチェンジしましたよ(笑)
で、今のザ・コレクターズある。だから何が自分の為になる本だかわからない。
たかだかバンドの伝記なのにどんな哲学書よりも自分の人生を変えた。
もし今、音楽をやっている人がこのThe Whoの伝記をおすすめします。
是非、読んで下さい。

BOOK BAR staff| 23:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年02月23日

1ポンドの悲しみ

杏セレクト

1ポンドの悲しみ.jpg

著者:石田衣良 集英社

『読み終わった後、涙がポロッポロリ…
         そして、膝をポンっとたたく!そんな本です!』

今週は「泣ける本」をテーマに持ち寄りました。
杏ちゃんが選んだのは、石田衣良の短編集。

著者石田衣良がいろんな人に恋愛の話を聞きそこからヒントを得て書いた。
年齢や環境、様々なシチュエーションの恋に悩み傷付きもがきながらも生きる
女性たちを描いた10篇の恋愛小説。
杏ちゃんが涙したのは、同棲をしているカップルが主人公。
共に生活をする中で、多くのものがお互いの所有物化していき、
2人は自身のものにイニシャルを付けていくのだが…。
そんなある日、2人の元に猫がやってきました。
杏ちゃんいわく、膝をうつほど素敵な締めくくり。
とてもいい涙があふれる1冊です。

BOOK BAR staff| 23:12 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年02月16日

2.16 OA CHVRCHES ザ・コレクターズ HANS ZIMMER and more

1  The Mother We Share  /CHVRCHES  

スコットランドのグラスゴー出身の女性1男性2人のエレクトロニック・バンド。
いったいなんて読むのか一瞬とまどうユニット名は「チャーチス」と
発音するそうです。
ボーカルのローレン嬢はおでこ美人でなかなかキュートです。


2  FLY ME TO THE MOON/ FRANK SINATRA 

アダ名は「THE VOICE」。
絶対的存在である彼にぴったりです。
ほかに「チェアマン・オブ・ザ・ボード」と呼ばれることもあります。
CEO、つまり芸能界のドンということですね。


3  SUMMER DAYS / THE REFLECTIONS 

LA出身のバンドによるデビュー曲。
最近流行のチルウェイブに分類されるのでしょうか、
ノスタルジックなアプローチが新鮮です。


4  99匹目のサル / ザ・コレクターズ 

51P5HKyk6LL._SL500_AA300_.jpg
19枚目のアルバムのタイトルチューン。
ポジティヴなオーラに覆われた素晴らしいアルバムです。
26年目のバンドがいまなおR&Rの初期衝動に突き動かされているのには
感動すら覚えます。
加藤さんがインスパイアされたという「100匹目の猿現象」についてはこちらを参照


5 Discombobulate / HANS ZIMMER  

ガイ・リッチーが監督した2009年の映画、
『シャーロック・ホームズ』のテーマ曲です。


6  THE BOXER / JERRY DOUGLAS feat. Mumford & Sons & PAUL SIMON  

オハイオ州出身のスチールギター奏者ジェリー・ダグラスが、
オリジナル作者のポール・サイモンといまもっとものっているバンドを
バックにサイモン&ガーファンクルの名曲をカバー。
今年のグラミーで最優秀アルバム賞を受賞したマムフォード・アンド・サンズの
アルバム『バベル』にもボーナストラックとしてこの曲が収録されています。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年02月16日

クロックスリーの王者

大倉眞一郎セレクト

クロックスリーの王者.jpg

著者:コナン・ドイル 柏艪舎


『ボクシングは、粗野で野蛮な紳士のスポーツ!!』

あの「名探偵シャーロック・ホームズ」の著者コナン・ドイルが
ボクシングを題材にした5編、そしてキツネ狩りを題材にした1編を
収録した6編からなる短編集。
19世紀のイギリスを舞台にボクシングで闘う紳士たちが
いきいきと描かれています。謎解きでもミステリーでもない
コナン・ドイルの世界!そこには、彼が愛したスポーツ
「ボクシング」の原点があります。


BOOK BAR staff| 23:37 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年02月16日

BOOK STAND ザ・コレクターズの加藤ひさしさん登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週はザ・コレクターズの加藤ひさしさんが登場。
加藤ひさし1.JPG

1987年にメジャーデビュー。
ボーカルを務める加藤さんはバンドの楽曲のソングライティングを担当するほか、
矢沢永吉の楽曲の作詞を手がけるなど他のアーティストにも作品を提供しています。
また昨年はギターの古市コーターローさんとの掛け合いで人気を呼んだポッドキャストを
もとにした本も出版されました。そんなザ・コレクターズの最新作は先月リリースされた
19枚目のアルバム「99匹目のサル」。ロックンロールの初期衝動にあふれたナンバーや、
ウィットに富んだ反原発ソングがコレクターズならではのサウンドで表現されています。
今夜は加藤さんに最近読んだ中から印象的な一冊について伺いました。

2度ある事は、3度ある?

今回「99匹目のサル」というアルバムをリリースしたんですけど
これは「百匹目の猿現象」からアイデアをもらった。
そんな同じような現象を説いた本で読んでいたのが
「なぜそれは起こるのか―過去に共鳴する現在 シェルドレイクの仮説をめぐって」
という本。これは、例えばインターネットのない時代にイギリスとアメリカで
同じクイズ番組を放送する、ただほんの少しだけ時間をずらして放送する。
例えばイギリスの方が先に放送するとして、回答率がすごく悪い問題があった
その後すぐに正解を伝える。視聴率もいいのでイギリスの人たちの大半は
この問題の答えを知っている。その少し後に今度はアメリカで同じ問題を
出題すると正解率があがる。逆も同じでアメリカで正解率が低かったものが
今度はイギリスで上がる。これは、ある程度の人数が知識を得たら
それは電波のように繋がっていって、人間はそれを吸収して知らない間に
それを知ってしまうのではないか?第六感みたいなものがあるんじゃないか
という、シェルドレイクの仮説。これは一つの例でその他、遺伝子の分野を
語っていたり…ものすごく面白かった!
本の帯に「2度ある事は3度ある」と書いてあり、どんな話なんだろうと
読んだ。興味のある方は是非読んで下さい。

BOOK BAR staff| 23:28 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年02月16日

ダニーと紺碧の海

杏セレクト

ダニーと紺碧の海.jpg

著者:ジョン・パトリック シャンリィ 白水社

『厳しさ転じて、笑いとなる?』

アメリカの劇作家、ジョン・パトリック シャンリィによる戯曲

物語の舞台は、ブロンクスのさびれた酒場。
そこには、孤独で身も心も傷ついた男。
そして、同じく自身の過去に傷ついた女。
2人は、飲んだくれながらお互いをののしり合う。
感情のやり取りをするうちにだんだんと心を開いていく。
そんな激しい台詞のやり取りや感情をぶつけ合う芝居は
役者さんとって何キロも体重を落とすほど精神的に参ってしまうそうです。
しかし、痛々しい中にも人間の本心を描く様は温かみを感じ
思わず笑ってしまう場面もあるそうです。
演じてみても読んでみてもヒリヒリする戯曲です。

BOOK BAR staff| 23:12 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年02月09日

2.9 OA Rodrigo Y Gabriela Enya 美空ひばり and more

1  A HAZY SHADE OF WINTER / SIMON & GARFUNKEL 

冬の定番ソング。
冬の朝特有の張り詰めた空気が再現されている。
邦題は「冬の散歩道」でした。


2  11:11 / Rodrigo Y Gabriela 

超絶テクニックを誇る男女ギターデュオ。
2009年のアルバム『11:11』(邦題「格闘弦」)では、
彼らが敬愛してやまない11組のアーティストに捧げた11曲を収録。
アルバム・タイトルにもなっているこの曲はピンク・フロイドに捧げられている。


3 LANDSLIDE / Fleetwood Mac 

今年は全世界で4000万枚のセールスを記録した彼らの代表作、
『噂』が35周年を迎えたということで、CD4枚+DVD1枚の豪華BOXセットが
今週リリースされました。
こちらは、その前作にあたるセルフタイトルド・アルバム『Fleetwood Mac』からの曲。
彼らをメインストリームに押し上げた作品といってよいでしょう。


4  BOOK OF DAYS / ENYA 

知性輝く女性、エンヤさんもきっと読書家なんだろうな〜と妄想。
この曲は当時おしどり夫婦だったトム・クルーズとニコール・キッドマンの共演作、
1992年の映画『遥かなる大地へ』のサントラに収録されていました。


5 港町十三番地 / 美空ひばり  

img57784259.jpg
1957年にリリースされたお嬢の代表曲のひとつ。
まだ海外へ行く手段が限られていたこの頃は、
この曲のようなマドロス歌謡というジャンルが流行していたようです。


6  Meaning of Life / MONTY PYTHON 

モンティ・パイソンはイギリスを代表するコメディ集団。
昨年のロンドン五輪でも開会式のMr.ビーンと対になるかのように、
閉会式ではパイソンズの生き残りメンバーであるエリック・アイドルが歌っていました。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年02月09日

立川談志 最後の大独演会

大倉眞一郎セレクト

立川談志 最後の大独演会.jpg

著者:立川談志、ビートたけし、太田光 新潮社

『立川談志は、放送禁止用語「OK」という事になっていたらしい…?!』

病気療養中の立川談志が亡くなる1年5ヶ月前に行った大独演会。
それは、30年来の付き合いがあるビートたけし、そしてたけしに
連れられてきた爆笑問題の太田光との鼎談だった。
きっかけは、談志がたけしに

「今日はくだらない話だけをしようぜ」

と、誘った事から実現した鼎談。
まさに「くだらない話」のオンパレード。
下ネタ、ゴシップにアブナイ話。
談志節炸裂のおよそ3時間。たけしがつっこみ!太田が聞く。
今では実現しない話芸の達人たちの言葉。抱腹絶倒まちがいナシ。

BOOK BAR staff| 23:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年02月09日

BOOK STAND 中江有里さん 登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週は先週に引き続き、女優、作家として活躍する中江有里さんが登場。
中江1.jpg

中江さんは16才のときに雑誌の美少女コンテストで優勝したことがキッカケで
芸能界入り。出身地の大阪から上京し女優業をスタートします。
2002年にはNHK大阪が主催するラジオドラマの脚本懸賞に入選し、
脚本家としても活動を始めます。
さらに、その4年後には初めての小説「結婚写真」を発表。
最新刊は「ティンホイッスル」、情熱を失ったマネジャー、復活に賭ける女優、
舞台に招かれる元女優。三人の女性の「運と運命」を描いた長編小説です。
tin whistle cov.jpg

今月23日には丸善&ジュンク堂渋谷店でトークショー&サイン会が開かれます。
今夜は本の魅力について中江さんに伺いました。

この感情知っている!読書力!

それは、自分だけが分かること。
例えば恋愛感情、AがBを好き。
だけどCがBを好きかというと、その感情は全く違うと思う。
同じような言葉で綴られているけど、湧き上がってくるものは
違うと思う。だけど、それは目には見えないから言葉として
「好き」という表現しかできないけど、でも自分の中には確かに
「この人の事、ものすごく好きだ」っていう気持ちがつかまえられる!
本は、そういう体験をさせてくれるものなのではないかと思う。
つまり、自分にだけは分かる情熱であるとか、自分だけがとっておきたい
思いみたいなものが、本を読む中でいつかこの先に感じる事かもしれないし
「私、この感情知っている!」と、思い起こすこともある。
そういう意味では、本というのは非常に個人的な体験のつまったもの。
それこそが「本」の魅力なのではないでしょうか。
だけど、本って本当に持久力や集中力のような「力」が必要。
それを私は「読書力」と呼んでいます。筋トレだって毎日やらないと
筋肉が落ちてしまう、それと同じで、読書も続けることで読書力がつく。
そうすると多少難解な本でも乗り切る事ができる。
これこそが読書力のひとつのちから。
だから、読めないことを恐れないでほしい。いずれその力がつけば軽々と
読める日がくるかもしれない。ですから、自分で難しいなぁ、
この本乗り切れないなぁと思っても投げ出さないでちょっと置いておいて
もらいたい。そして、半年後、1年後、もっと先で5年後、10年経った後に
「こんなにいい本だったんだ!」と、分かる日が来るかもしれない。
その可能性は、生きている限り続くので、そういうのを信じて
本を扱って頂ければいいなぁと、考えています。

BOOK BAR staff| 23:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年02月09日

命もいらず名もいらず

杏セレクト

命もいらず名もいらず.jpg

命もいらず2.jpg


著者:山本兼一 日本放送出版協会

『こんなに強くなれるんでしょうか??』

華やかな士志が活躍する幕末の中、隠れた存在でありながら
多くの人に多大な影響を与えた幕末の侍 山岡鉄舟を描く。
そんな山岡鉄舟のことを西郷隆盛が語った言葉が本のタイトルになってます。

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末の困るのもなり。」

頑なな生き方を貫いた鉄舟の魅力は、今の時代だからこそ
私たちのむねを打ちます。

BOOK BAR staff| 23:14 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年02月02日

2.2 OA ウルフルズ DREAMS COME TRUE Sabah Habas and more

1  Walk with Dreams / Dragon Ash 

昨年4月に急性心不全で逝去したメンバー、IKUZONEこと馬場育三が
生前携わった最後の曲。
追悼の意を込め、「Run to the Sun」との両A面シングルとして、
昨年9月にリリースされている。


2  ええねん / ウルフルズ 

一時期、バンドを離れていたジョンBチョッパーの復帰を祝して
リリースされたシングル曲。
早いものでもう10年前のことになります。


3  Laughter in the Rain / NEIL SEDAKA 

1950年代後半から活躍する超ベテラン・シンガー。
「恋の片道切符」や「すてきな16才」など、
60年代には彼のヒット曲を和訳して、多くの日本人歌手が
和製ポップスとしてカバーしていました。
こちらは1974年の全米No.1ソング。
邦題は「雨に微笑みを」でした。


4  よろこびのうた / DREAMS COME TRUE 

1997年のアルバム『SING OR DIE』収録。
間奏の男性ヴォイスはアフリカのスーパースター、ユッスー・ンドゥール。
生まれてきた赤ちゃんを祝福する内容が子育て世代のファンの共感を呼び、
シングル発売はなかったものの、今もとても人気の高い曲です。


5 EL CARRETERO/MARIACHI AZTECA  

61f-+4Jrr7L._SL500_AA300_.jpg
メキシコといえばタコス、サボテン、ソンブレロ、そしてマリアッチ。
陽気な歌と演奏のなかにも哀愁が漂うメロディーが人間臭くて癖になります。


6  Denpasar Moon / Sabah Habas 

デンパサールはインドネシアのバリ島最大の街の名。
バリ島にはバケーションを過ごす海外渡航者との擬似恋愛(リゾラバは死語?)を
生業とする男女がいますが(レギアン・カウボーイも死語?)、
この曲を聞くと、デンパサール空港で名残惜しそうに抱擁する姿が浮かんできます。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2013年02月02日

世界の市場めぐり

大倉眞一郎セレクト

世界の市場めぐり.jpg

著者:ジョン・ブラント 日経ナショナルジオグラフィック社

『行きたい!見たい!暮らしたい!』

世界48カ国、240ヶ所以上の市場情報が写真と共に紹介されています。
モロッコ、アルジェリア、ニジェール、エジプトの「アフリカの市場」
イタリア、フランス、ドイツ、ポーランド、チェコの「ヨーロッパの市場」
トルコ、カンボジア、ベトナム、インドネシア、中国の「アジアの市場」
ボリビア、ペルー、ブラジル、グアテマラ、カリブ海諸島の「アメリカの市場」
カラフルで鮮やかな市場の写真に旅心がくすぐられます。
その土地の文化や人々の暮らしを「生」で体感したければ市場へ行け!

BOOK BAR staff| 23:39 | カテゴリー:BOOK INFO

2013年02月02日

BOOK STAND 中江有里さん 登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週は女優、作家として活躍する中江有里さんが登場。
中江2.jpg

中江さんは16才のときに雑誌の美少女コンテストで優勝したことがキッカケで
芸能界入り。出身地の大阪から上京し女優業をスタートします。
2002年にはNHK大阪が主催するラジオドラマの脚本懸賞に入選し、
脚本家としても活動を始めます。
さらに、その4年後には初めての小説「結婚写真」を発表。
最新刊は「ティンホイッスル」、情熱を失ったマネジャー、復活に賭ける女優、
舞台に招かれる元女優。三人の女性の「運と運命」を描いた長編小説。

tin whistle cov.jpg

2月23日(土)14:00〜16:00、丸善&ジュンク堂渋谷店で
トークショー&サイン会が行われます。


今夜は最近印象に残った本ついて中江さんに伺いました。


小説にしか表現できない小説!

いしいしんじ「ある一日」。
著者、いしいしんじさんと思われる夫妻が初めての子供を
授かった、出産の一日を描いている。
人に熱烈に勧められて読んで感動したので、私もまた
人に熱烈に紹介している1冊です
著者のいしいさんは男性なので出産には立ち会うけれども
自身が出産する立場ではないのだけれど、この方の筆にかかれば
妊婦の痛みが伝わってくる。奥さんの出産のときの辛さや苦しさ
そして、そういうものを全部受け止めて新しい生命を生み出そうと
するその覚悟なども感じます。面白いのは生まれてくる
赤ん坊の視線も書かれている。赤ん坊に何か思いがあるのか?と
思うのですが…これを読むと不思議とあるように感じる。
そして、生命とは一体どこから流れてくるのだろう?とか、
出産からその生命の不思議みたいなものにどんどん広がっていく。
本当、水みたいに広がっていく不思議な小説でした。
最後は、わけのわからないような涙があふれてくる。
これは、小説にしか表現できない小説だなぁ〜、これは映像とか
音楽とはまた違う。これは、本ならではの表現なんだと
この本に教えてもらいました。

BOOK BAR staff| 23:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2013年02月02日

関西人のルール

杏セレクト

関西人のルール.jpg

著者:千秋育子 中経出版

『「ほんまでっか?」「そうやでぇ〜」で、お墨付きをもらいました!』

今年の秋から放送がスタートする朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」の
撮影の為、5月頃から大阪と東京を行き来する杏ちゃん!
そこで今回手に取ったのが…その名も「関西人のルール」なる、
関西人の流儀を記した1冊。
大阪府出身の著者を含めた関西人ならではの特徴や生活の紹介から
「本当に?」と思うような関西の当たり前などなど、ユニークに書かれています。
そして、関西と言えば「笑い」&「つっこみ」!
「なんでやねん!」、万能つっこみ!
「そんなことないやろぉ!」、否定系つっこみ!
「○○かと思ったわ!」、見た目つっこみ!などなど・・・。
悲しい出来事も「笑い」に変えて力にする!笑いこそが全てを動かす。
そんな関西人のあれやこれやが満載です!


BOOK BAR staff| 23:16 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー