2012年08月25日

8.25 OA 森高千里 くるり 椎名林檎 and more

1  ガンボ・チャンプルー・ヌードル /ORIGINAL LOVE 

ニューオリンズの葬儀パレードから生まれたリズム、
セカンドラインにのって、沖縄の三線が陽気にからんでくる。
バーボンにも、泡盛にも合いそう。


2   ロックン・オムレツ / 森高千里

もとはといえばポンキッキーズの挿入歌でしたね。
今月リリースされた全シングルを収録したベストアルバムにも入っています。
通して聞いてみると森高の作詞能力のオリジナリティに改めて驚かされます。


3  ベーコン&エッグ / くるり 

卵料理が続きます。
こちらは2007年のアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』の
iTMS限定予約特典として付いていた曲。
バンド初となるカップリング集『僕の住んでいた街』で初CD化されました。


4  りんごのうた / 椎名林檎 

416KRocZFlL._SL500_AA300_.jpg

こちらはNHK「みんなのうた」のために書かれた曲。
リリース日は林檎嬢25回目の誕生日でした。
翌年の2004年には、東京事変のデビュー作『教育』で
「林檎の唄」と改めてセルフ・カバーしています。


5  CHINESE SOUP / 手嶌葵 

オリジナルはユーミン。
荒井由実時代の名作『COBALT HOUR』に収録されていました。
手嶌葵とユーミン・メロディの相性が抜群。


6   夏のキムチ / イノトモ with Ban Ban Bazar 

夏の終わりは切ない。
そして夏のキムチは酸っぱい。
酸っぱくなったキムチは豚コマと一緒に素麺と炒めると旨い!
香り高い良質の胡麻油を使えばなお良し。
暑さにやられて食欲のないときにオススメです。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2012年08月25日

今日もごちそうさまでした

大倉眞一郎セレクト

今日もごちそうさまでした.jpg

著者:角田光代 アスペクト

『美味しいものを食べながら人は怒る事ができない!…と、
 聞いたことがあると書いてある本です!!』

今週は「聞いているだけで◯◯が食べたくなる本」というテーマで
それぞれ1冊選んでいます。

ベストセラー作家、角田光代の食べ物エッセイ。
30歳までは偏食だった著者が「食」に目覚め様々な食材と出会い
美味しいと感じた姿が素直に綴られた1冊です。
どんな辛いことがあっても人はごはんを食べる!
後書きには「おいしいものを食べながら、人は怒ることができない・・・」
そう締めくくられたおいしくてしあわせなレシピが満載です。

BOOK BAR staff| 23:38 | カテゴリー:BOOK INFO

2012年08月25日

BOOK STAND 光浦靖子さん登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週はオアシズの光浦靖子さん登場。
光浦2009大.JPG

東京外国語大学在学時に幼馴染の大久保佳代子とコンビを結成。
90年代半ばから「とぶくすり」「めちゃイケ」などの人気お笑い番組の
レギュラーとして活躍し、女芸人サークルの中心としての地位を築きます。
今年5月には特技である手芸を生かした本「男子がもらって困るブローチ集」を出版。
今夜は光浦さんが愛読する女性作家についてお話を伺いました。

物事は突き抜けると笑える!


桐野夏生「グロテスク」と角田光代「八日目の蝉」がダントツにいい!
「グロテスク」は意地が悪るすぎて爆笑しながら読みました。
こんなに意地が悪い本があるのかと思って。
とにかく「私は冷静だし、別にあの子を憎んでいるわけじゃないけど、
でもあの子ってこういう悪いところあるよね」的な書き方をする。
それが実際の生活と同じ悪口の言い方をもっとデフォルメして虚構にしているだけ。
例えば、本の中に出てくる私立の高校に通う女の子がラルフローレンの靴下が
高いから手縫いでそれらしきマークを縫う、それを更衣室で見つかるっていう
シーンが切ない、ヒリヒリしゃちゃって…素晴らしいと思った。
小さな事と大きな悪意と、ヒリヒリしちゃって面白い、笑っちゃった。
なんだろう、物事は突き抜けると笑える!
「八日目の蝉」は、もう泣けて泣けて。
自分が今、性欲より母性の方が強くなっちゃているので
女の人の本ばかりですね、女性作家の本が面白いですね。
小説って人の心理など細かい所を読み解くじゃないですかだから面白いんですが
それを「男の人がこんな細かいことを考えているんだ」って一回思っちゃったら
なかなか男性作家の作品を読まなくなった。

BOOK BAR staff| 23:28 | カテゴリー:BOOK STAND

2012年08月25日

台所のオーケストラ

杏セレクト

台所のオーケストラ.jpg

著者:高峰秀子 文藝春秋

『タラ、タラタラ、タラ〜、この違いですよ!』

今週は「聞いているだけで◯◯が食べたくなる本」というテーマで
それぞれ1冊選んでいます。

女優・高峰秀子さんが書いたレシピ集。
凝ったものではなく家庭でも簡単にチャレンジできそうな
和食48、中華23、洋風36、その他23……計130種類。
レシピ集にも関わらず中には調味料の細かい分量などは書かれておらず
加減しながら自身で適当に…!みたいなところもある。
台所でタクトを振るのはあなた!疲れている時も時間がない時もある
そんな時にそっと開きたい1冊。
肩の力を抜いて美味しい料理に挑めるレシピ集です。

BOOK BAR staff| 23:12 | カテゴリー:BOOK INFO

2012年08月18日

8.18 OA DJAVAN 松山千春 THE BEATLES and more

1  SAMURAI / DJAVAN 

サムライ・ジャパンならぬサムライ・ジャヴァン。
晩夏に流れるサウダーヂなメロディは切ない。
ジャヴァンはブラジル北東部出身の偉大なるシンガー。
意外ですが、ビートルズのポールに憧れてバンドを始めたそう。


2   JULIE / THE LEVELLERS

80年代末にイギリスのブライトンで結成されたバンド。
トラヴェラーズと称されるキャンプカーなどを住まいにして、
野外レイヴやロックフェスを求め移動するイギリス版ハードコアヒッピーから
多大な支持を得ている。


3  大空と大地の中で / 松山千春 

1977年のファーストアルバムに収録されていた曲。
いまでは「北の国から」と並ぶ北海道のテーマソングとなっている。


4  ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART / Saint Etienne 

61Hlp5QqraL._SL500_AA300_.jpg
ニール・ヤングの名作『AFTER THE GOLD RUSH』に収録されていた曲を
フランスかぶれの名を持つロンドン出身のバンドが1990年に、
まったく異なるアプローチでカバーしたのがこの曲です。
当時は無名の新人ながらチャートでも健闘していましたね。


5 WE CAN WORK IT OUT / THE BEATLES 

こちらは話題にのぼった『ラバーソウル』ではなく、
「デイトリッパー」との両A面シングル盤として発表された曲。
邦題は「恋を抱きしめよう」でした。


6   NORWEGIAN WOOD / PRISCILLA AHN 

なぜかロック好きな中年男性から熱い支持を得ているアーン嬢。
黒髪とハーフ・エイジアンな顔立ちがオヤジ心をくすぐるのでしょうか?
先月もビルボードライブ東京に出演していました。

BOOK BAR staff| 23:44 | カテゴリー:SONG LIST

2012年08月18日

ラバー・ソウル

大倉眞一郎セレクト

ラバー・ソウル.jpg

著者:井上夢人 講談社


『書評を読むな!帯も読むな!私を信じて読め!!!!』


親も見放すような酷い容姿と主人公自らが語る
顔や体に障害がある男性。
彼はそんな容姿からか外にはあまり出ず執事としか話さない日々を過ごす。
ただ、ひつつだけ得意な事は、洋楽専門誌にビートルズの評論を書くこと。
社会との繋がりは「ビートルズ」。
しかし、女性とも無縁だた彼がある事件をきっかけに「愛」を知る。

BOOK BAR staff| 23:43 | カテゴリー:BOOK INFO

2012年08月18日

BOOK STAND 光浦靖子さん登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週はオアシズの光浦靖子さん登場。

光浦2009大.JPG

東京外国語大学在学時に幼馴染の大久保佳代子とコンビを結成。
90年代半ばから「とぶくすり」「めちゃイケ」などの人気お笑い番組の
レギュラーとして活躍し、女芸人サークルの中心としての地位を築きます。
今年5月には特技である手芸を生かした本「男子がもらって困るブローチ集」を出版。
今夜は光浦さんが子どもの頃に読んだ印象深い一冊、本をよく読むようになった
キッカケについてお話を伺いました。

自分のセンスに合うタイトルに惹かれる!!

小学生の時は、図書館によく通っていた。
本を借りたらもらえるシールが欲しくて
結果的に本をたくさん読んでいる子でした。
なかでも覚えている1冊は「しあわせになったけちんぼばあさん」
パンの耳とかもらったり、大根の葉しか食べないような
すごくケチなおばぁさんが恋をして最後にお金を使うっていうお話。
ちょっと変わった本だったけど、感動した。よく覚えている1冊。
自分の人生を予言していたのか?あるいはその本に影響されたのか?
そのけちんぼばぁさんの「けちんぼ」っぷりも恋した姿も大好きでした。
それから芸人を始めてお金をある程度稼げるようになったら
「本」を買えるようになる。それまでは本を買う余裕もないから。
久々に本屋に行ってみたら、こんなに充実しているんだと!!と
びっくりしました。それから買い物かごにバンバン入れるようになった。
大人買い、ジャケ買いをするようになった。
売れている本は面白い。図書館の本と全然違う。
作者も本も知らない場合は、装丁とタイトルは大きなヒントになる。
自分のセンスにあうタイトルは惹かれる。
タイトルは難しい足し算しすぎず、引き算し過ぎない
どっちにも受け取れないタイトルがいいですね。

BOOK BAR staff| 23:33 | カテゴリー:BOOK STAND

2012年08月18日

婢伝五稜郭

杏セレクト

婢伝五稜郭.jpg

著者:佐々木譲 朝日新聞出版

『戦いが終わったかどうか、それは勝者が決めます!
 としたら敗者の戦いは、いつ終わるのか…。』


明治2年、箱館戦争の最終局面、
主人公の朝倉志乃は、看護婦として戦いに場にいた。
戦争は勝者によって終わらされたが、
主人公志乃は新たな戦いを決意する。
大事な者を奪われた「復讐」という名の哀しい戦いは
1人の女性を戦士にした。

彼女が生きた姿が

BOOK BAR staff| 23:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2012年08月11日

8.11 OA THE ARCTIC MONKEYS 高橋幸宏 荒木一郎 and more

1  COME TOGETHER / THE ARCTIC MONKEYS 

ロンドン五輪の開会式ではザー・ポールの露払いを務めていた若手代表バンド。
すごい時代だな〜と感じたのは、開会式が終了直後にこの曲を含む公式アルバムが
iTMSで販売スタートしたこと。

51rU+Qpaf7L._SL500_AA300_.jpg

開催国のイギリスはもちろんヨーロッパ各国のiTunesチャートでは
軒並み1位を記録しています。
この結果を見て、五輪で金儲けなんて…と商魂を糾弾するべきか?
それとも最もニーズが高まった瞬間に商品を差し出すビジネス・スキームを
褒め称えるべきなのか? きっと後者なのでしょうね。


2   Les Champs-Élysées /Danièle Vidal

フランス人形のような青い瞳と金髪でいながら、
日本人好みの小柄なスタイルによりアイドル的人気を得た70年代のシンガー。
なんと原曲はイギリスのサイケデリック・ロックバンドだそうで、
まったく異なるフランス語歌詞に変えられてヒットしたそう。


3  C’est Si Bon / 高橋幸宏  

今年、還暦を迎えた大ベテランのソロデビュー作より。
フランスの国民的スターであるイヴ・モンタンの代表曲を
後のYMOにつながるモダンなアレンジでカバー。
間奏の美しいキーボードは坂本龍一が弾いています。


4  メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス / はじめにきよし 

41HxGqnkuML._SL500_AA300_.jpg

真夏にクリスマス・ソング?
坂本龍一の代表曲をウクレレでカバー。
企画アルバム『ウクレレ・YMOとその周辺』より。


5 空に星があるように / 荒木一郎 

俳優としても活躍する荒木のデビューソングであり代表曲。
1966年に第8回日本レコード大賞新人賞を受賞しています。


6  150〜300 / 吾妻光良&The Swinging Boppers 

哀しいほどに可笑しい。
そんなおっさんの生態を歌わしたら右に出る者はいません。
150〜300とはもちろん血圧の数値のことです。

BOOK BAR staff| 23:45 | カテゴリー:SONG LIST

2012年08月11日

部長川柳〜おっさんの説明書〜

大倉眞一郎セレクト

部長川柳 おっさんの説明書.jpg

著者:アカツキ エンターブレイン

『爆笑しそうになりつつ…ふと寂しさがつのる本!』

人気ブログ「部長川柳」がついに書籍化!
書下ろし作品も追加され「おっさん」パワー全開の1冊!!
帯に書かれた川柳には「誰よりも 雨には早く 気付きます」
大倉さんも納得&共感の一節。
禿げ上がった頭にオヤジギャグ連発する「部長」をモデルに
「おっさん」の生態をおもしろおかしくかかれています。
時折、いとおしくも感じる「部長=おっさん」に大爆笑間違いなし!!

BOOK BAR staff| 23:38 | カテゴリー:BOOK INFO

2012年08月11日

BOOK STAND 吉田ユニさん登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週はアートディレクターの吉田ユニさん登場。
女子美卒業後、大貫卓也、野田凪に師事し、独立後は広告、エディトリアル、
グッズ・デザイン、本の装丁など多方面で活躍。
最近では安室奈美恵のミュージックビデオのクリエイティブ・ディレクションを
はじめ、AKB48,YUKI、HALCALIなど女性アーティストたちの衣装や
アートワークを手がけています。
今夜は吉田ユニさんのクリエイティブ・マインドを刺激する本について
お話を伺いました。

フィクションや図鑑、歴史が好き!


ずっと図鑑が好きで、ちょっと前に買った手に入れた菌類の図鑑が
面白くてずっと眺めている。菌なんだけど模様が美しかったり、
形が美しかったり、それらが自然にできているのが興味深い。
色とかも人工的に作れない発色というか、天然のものだからこその美しさ
私は、元々あるものやノンフィクション、歴史や図鑑など
実際にあるものの中でのストーリーがすごく好き。
普段ぱっと見ただけでは見えないものが拡がっているところが好き。
顕微鏡だと肉眼で見ているものとは違う世界が拡がっていて、
ここはこうなっていたんだ〜という発見が好き。

BOOK BAR staff| 23:28 | カテゴリー:BOOK STAND

2012年08月11日

巴里ひとりある記

杏セレクト

巴里ひとりある記.jpg

著者:高峰秀子 新潮社

『よーし私も!!私も!!行っちゃおうかなぁ…。』


女優・エッセイストの高峰秀子が初めて綴った旅行記。
27歳で人気絶頂期だった1951年、突然の渡仏。
仕事も休み、パリでの1人暮らしが始まった…。

7ヶ月間に渡ってパリで暮らした記録が詰まっています。
そこには、大女優「高峰秀子」の姿ではなく
27歳の等身大の女性の言葉がちりばめられています。
エッセイの他、当時の写真や彼女自身が描いた挿絵など
見どころ読みどころ満載の1冊です。

BOOK BAR staff| 23:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2012年08月04日

8.4 OA 吉田拓郎 PINK FLOYD DEEP FOREST and more

1  THERE SHE GOES  / THE LA’S 

リヴァプールで結成されたバンド。
1990年にリリースされた唯一のアルバムからの代表曲。


2  菩提樹  シューベルト「冬の旅」より

『冬の旅』は1827年にフランツ・シューベルトによって作曲された連作歌曲集。
なかでも人気のあるのがこの「菩提樹」です。


3  よろしく哀愁  / 吉田拓郎 

他アーティストへの提供曲と自分の愛唱歌を集めた1977年作のカバー・アルバム
『ぷらいべいと』より。
原曲は郷ひろみということもありアイドルのイメージが強い作品ですが、
拓郎バージョンではどこにでもいるような素朴な青年の恋愛模様が描かれている。
作詞:安井かずみ/作曲:筒美京平のコンビによる70年代歌謡の名曲です。


4  アンコンディショナル・ラブ /  椎名林檎 

オリジナルは80年代に活躍した西海岸のガールズバンド、
バングルスの中心人物、スザンナ・ホフスのソロ作品でした。
それにしても椎名林檎はカバーのセンスがイイ!


5 One of These Days / Pink Floyd

日本では邦題「吹けよ風、呼べよ嵐」で知られているナンバー。
格闘技ファンにとっては全日本プロレスで活躍した悪役レスラー、
アブドーラ・ザ・ブッチャーの入場曲として有名ですね。


6  SWEET LULUBY    / DEEP FOREST 

515XWM422RL._SL500_AA300_.jpg

こちらはアマゾンではなく、中央アフリカの熱帯雨林で生活する
ピグミー族の声を、ワールドミュージック・マニアのフランス人2人組が
サンプリングして加工した曲。
いまから20年前、J-WAVEでも人気の高い曲でした。

BOOK BAR staff| 23:45 | カテゴリー:SONG LIST

2012年08月04日

ピダハン

大倉眞一郎セレクト

ピダハン.jpg

著者:ダニエル・L・エヴェレット みすず書房

『改めて我々は、多様な世界の中で生きている事を実感する1冊です』


著者のダニエル・L・エヴェレットが「ピダハン」と呼ばれる
アマゾンの奥地に住む少数民族の研究をまとめた1冊。
400人を割るという「ピダハン」には左右の概念もない。
創世神話もない。数の概念もない。
そして、夢と現実の境界線もない。夢でみた事も経験ととる。
我々の文化の中では理解しがたい彼らの暮らしや思想。
30年がかりで著者は彼らと向き合い、奮闘し、文化を伝える。
そこには、不思議な哲学がある。

BOOK BAR staff| 23:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2012年08月04日

BOOK STAND 吉田ユニさん登場

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。

今週はアートディレクターの吉田ユニさん登場。
女子美卒業後、大貫卓也、野田凪に師事し、
独立後は広告、エディトリアル、グッズ・デザイン、本の装丁など多方面で活躍。
最近では安室奈美恵さんのミュージックビデオのクリエイティブ・ディレクションを
はじめ、AKB48,YUKI、HALCALIなど女性アーティストたちの衣装や
アートワークを手がけています。
今夜は吉田ユニさんに影響を与えたというマンガについてお話を伺いました。


私にとってヒーローでした


絵本みたいなかわいらしいおとぎ話みたいなものには
そんなに影響を受けていなくて、
どちらかというとホラーマンガが好きで小学生の時とか
つのだじろうとか楳図かずおとかをよく読んでいた。
つのだじろうの漫画は、私の世代の漫画ではなくもう少し上の世代の方が
読むマンガ家だったが、たまたま小学生のころにテレビのアニメで
「学園七不思議」やていてそれが好きだった。エンドロールで原作のつのださんの
名前を知り、ある日本屋に行ったら「うしろの百太郎」を見つける。
これをきっかけにつのださんの作品を買い始めるが、つのだじろうの作品は
普通の本屋に売っていないので古本屋さんにも行くようになる。
もともと怖いもの、未知の世界に興味がある。
「うしろの百太郎」って、守護霊の話なんですけど
未知の世界で、でも主人公の事を助けてくれる姿は
小学生の私にとってはヒーロー的な存在でした。

BOOK BAR staff| 23:26 | カテゴリー:BOOK STAND

2012年08月04日

冬の旅

杏セレクト

冬の旅.jpg

著者:立原正秋 新潮社

『ばかを見ても正直でいたいですか?』


1968年から翌年にかけて読売新聞で連載されていた
立原正秋の代表的作品。

義理の父とその息子、そして実の母と暮らす少年行助。
彼は、ある事件をきっかけに義兄を刺してしまい少年院へ入る。
そこで、罪とは何なのかと?もがきながらも彼の中にある
絶対的倫理を信じ続ける。それは苦悩なのか?喜びなのか?
1970年にはTVドラマ化もされた話題作。

BOOK BAR staff| 23:14 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー