2011年04月30日

4.30 OA 長渕剛 Gorillaz 坂本龍一 and more

1  WONDER WHAT IT DO / SNOOP DOG

本当にウィリアム王子の結婚パーティーに呼ばれたのかしら?
ウェッサイの巨頭スヌープの最新作『DOGGUMENTARY』より。
銃弾飛び交うストリートの危険な匂いをキープしたまま、
英王室からも寵愛を受けるなんて随分と出来過ぎたサクセスストーリーだが、
93年のデビューから20年近い月日が過ぎて、
なおこれだけの革新性を保っているのはガチ凄いわ!リスペクト!


2  乾杯 / 長渕剛

君に幸せあれ!
もともとは結婚する友人のために30年ほど前に書かれた曲でしたが、
日本全国の披露宴会場でいったい何度この曲が流れたり、歌われたことでしょう?
最近またテレビCMに使われているので、その数はまだまだ増えるんでしょうね。


3  TO BINGE /Gorillaz 

gorillaz.jpg

杏ちゃんが紹介した長嶋有さんは現在、代表作のマンガ化が進行中ですが、
このバンドは10年前にアニメ化された異色の形態でデビュー。
色モノ扱いされても決しておかしくないのに、
10年以上もロックシーンの中心で活躍しているのはお見事!


4  STUCK INSIDE OF MOBILE WITH THE MEMPHIS BLUES AGAIN / CAT POWER

やたらと長くて覚え辛いタイトルの曲ですが、
ディランのファンなら知らない人はいない名曲です。
なんてったってグレイトフル・デッドも好んで歌っていたほど。
こちらはディランの生き様を映像化した『I’M NOT THERE』のサントラからで、
歌っているキャットパワーはアトランタ育ちのシンガーソングライターです。


5  SPAGHETTI BALKAN / FIGLI di MADRE IGNOTA

イタリアのミラノで生まれ育ったにもかかわらず、
バルカン半島のジプシー音楽に魅入られたバンドです。
こちらは2007年発表のサードアルバム『FEZ CLUB』の冒頭を飾っていた
彼らの音楽スタイルの代名詞のようなナンバー。


6   Ballet Mécanique / 坂本龍一

1986年の『未来派野郎』に収録された曲。
作詞は矢野顕子(+ピーター・バラカン)、タイトルの意は「機械が踊る」です。
今宵は肉感的な演奏が熱いライブ・バージョンでどうぞ。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:SONG LIST

2011年04月30日

古代ローマ人の24時間 よみがえる帝都ローマの民衆生活

大倉眞一郎

    kodairomano24jikan.jpg

著者:アルベルト・アンジェラ /関口英子訳
河出書房新書

古代ローマ人の生活からを、朝から夜まで
見てきたように(!)描いた本です。
生活感溢れる描写で、厚いのですが飽きることありません。
文書やらくがき、絵で残されたものから解析されています。
紀元115年、最も支配地区を広げていた時期です。
ちょっと覗きこみたくなる一冊。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月30日

BOOK STAND 高城剛さん・前編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは、ハイパーメディアクリエイター高城剛さん

高城さんはこの春、これまでのユニークな生き方をQ&A形式で振り返った著書
『私の名前は 高城 剛。住所不定、職業不明』を出版。
インターネットメディアの黎明期の活動から、
農業に目覚め海外を中心に活動する現在までの道のり書き下ろしています。
そんな高城さんの生き方を決めた原点となる出版物とは?


高城さんの生き方を決めた原点となる出版物とは??

感銘を受けた雑誌があります。
それは、『Whole Earth Catalogue』。
(60年代〜70年代にかけて、ヒッピーカルチャーに
大きな影響を与えることになった、カタログです。)
今アップルのCEO、スティーブジョブズが
編集でアシスタントとして働いていたそうですが…
非常に示唆に富んでいて、地球で生き抜くためのツール、
生活に必要なあらゆるものが載っています。
iPhoneはまず立ち上げると地球の画像が出ます。
スティーブ・ジョブズは、その系譜を受けているのか??
iPhoneが、あらゆることに対応できるサバイバルツールだ!
ということを象徴しているのでしょうか。

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年04月30日

祝福

杏セレクト

    syukuhuku.jpg

著者:長嶋有     河出書房新社

長嶋有さんデビュー“10周年”の本。
10編の短編からなる本です。
男性5人・女性5人。年齢も性別もばらばらの10人の日常とは?
女ごころを書いたら、女子以上。ダメ男を書いたら、日本一!
と言われることにナットク。
女子のキモチをリアルにとらえています・・・

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月23日

東川篤哉さんをお迎えしました!

東川篤哉さんをお迎えしました。

3人でパチリ。

110423higashigawa.jpg

東川さんにとって一番のミステリーは?
「この本が大賞をとったことです」
なんて答えてしまう東川篤哉さん・・・。

ゲストにお迎えして楽しかったです!!

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:from スタッフ

2011年04月23日

4.23 OA VAMPIRE WEEKEND QUEEN PIZZICATO FIVE and more

1  JONATHON LOW / VAMPIRE WEEKEND

NYの名門校コロンビア大学在学中に結成された秀才バンド。
こちらは『エクリスプ/トワイライト・サーガ』のために書き下ろされた曲です。


2  KILLER QUEEN / QUEEN

クイーンの人気を不動のものにしたバンド初の全世界的ヒット。
空耳アワーでもお馴染みの名曲。


3  WHATEVER /オアシス

上記の「キラー・クイーン」から20年後の1994年、
オアシス初の全英トップ5を記録したのがこの曲。
ビートルズ・テイストのストリングスはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団によるもの。
VAIOのテレビCMに使用されるなど日本では特に人気の高いナンバーである。


4  DI-GEU-DING-DING / MICHEL LEGRAND

ding.jpg

ミッシェル・ルグランはアカデミー賞をはじめとする数々の賞に輝いた
映画音楽作家であり、フランスを代表するジャズ・ピアニスト。
「シェルブールの雨傘」のような哀愁を帯びた至高のメロディから、
この曲のようなユーモラスな曲調まで、その作品群は多様多彩だ。


5  万事快調 / PIZZICATO FIVE

3代目ボーカリストとして野宮真貴を新たに迎え、
小西康晴+高浪敬太郎の3人体制だった頃の曲。
このあとしばらくすると小西+野宮の2人体制になり質・量ともに
万事快調な黄金時代を築くことになる。


6   SARAVA! / 高橋ユキヒロ

いまも色褪せない1978年にリリースされた初のソロアルバムから
幸宏氏の美学が貫かれているそのタイトル曲を。
ヨーロピアンな香り漂うオーケストラ・アレンジは盟友・坂本龍一によるもの。

BOOK BAR staff| 14:44 | カテゴリー:SONG LIST

2011年04月23日

謎解きはディナーのあとで

2011年本屋大賞受賞!

    nazotokihadinnernoatode.jpg

著者:東川篤哉    小学館

新人の財閥令嬢の刑事、宝生麗子と、
上司の富豪警部(成金?)風祭警部、
そして見事な推理を見せる“毒舌執事”影山が登場するミステリー小説。

100万部を超えるベストセラー!!です。
書店員がいちばん売りたい本を選ぶ、2011年本屋大賞で、
見事大賞を獲得しました。
もともと探偵執事を描きたかった、とおっしゃっていた東川さんですが、
彼女が事件で悩んだりすると、毒舌でバッサリいくキャラクターはたまりません。

中村祐介さんの装丁が気になった方も多いのでは??
殺人事件は起こるけれども、どろどろとした人間模様ではなく、
ユーモアで包んでトリックをみせていく・・・
そんな魅力にハマる方が多いのではないでしょうか。

--------------------------
東川篤哉(ひがしがわ とくや)

higashigawatokuya.jpg

1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。
2002年、カッパノベルスの新人発掘プロジェクトで、長編デビュー。
著書に、『館島』『密室の鍵貸します』『密室に向かって撃て!』
『もう誘拐なんてしない』『完全犯罪に猫は何匹必要か?』
『交換殺人には向かない夜』『学ばない探偵たちの学園』など。
2009年刊の『ここに死体を捨てないでください!』が、
「2010本格ミステリ・ベスト10」の8位に入る。
最新刊は、『放課後はミステリーとともに』。

BOOK BAR staff| 14:05 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月16日

4.16 OA 4PM SEU JORGE DEODATO and more

1  SEE THE LIGHTS / SIMPLE MINDS

スコットランドで1977年に結成されたベテラン・バンド。
どうやら現在も活動を続けているようです。
商業的な成功のピークは80年代。
91年に制作されたこの曲には、同時代のライバル・バンドであるU2への
対抗心というか、影響が見え隠れしています。
もっと評価されても良い曲。


2  聖なる海とサンシャイン / THE YELLOW MONKEY

2000年にリリースされた20枚目のシングル。
イエモンとしては珍しいことに外部からダブ/レゲエ色の強い朝本浩文が
プロデューサー/アレンジャーとして参加している。


3  SUKIYAKI /4PM

ご存じ坂本九の「上を向いて歩こう」の英語カバー。
ア・カペラ・グループとして人気だった4PMのバージョンは、
1995年に全米チャート8位を記録。
オリジナルは1963年6月に全米1位を記録、
日本人アーティストが全米チャートで1位になったのは
いまのところ・・・・・・これが最初で最後となっています。
九ちゃん凄いね。


4  ROCK WITH YOU / SEU JORGE & ALMAZ

「ROCK WITH YOU」は数あるMJの名曲のなかでも、
もっとも完成度の高い曲のひとつである。(異論ある?)
MJのスタイルを確立させた曲といってもいい。
それだけに数多くのフォロワーがこの曲をカバーしてみたり、
ヒントにした曲を作り歌っている。
NE-YOあたりはかなり健闘しているが、原曲の高みには到達できていない。
そんな中、予想もしない方向からアプローチしてきたのがこの曲。
カバーしているのは俳優としても活躍するブラジル音楽界のスター。
MJが生きていたらどんな感想をもらすのだろうか?


5  BROWN SUGAR / THE ROLLING STONES

いまでもストーンズのライヴでは欠かせない人気ナンバー。
彼らの淫靡で猥雑な面を象徴する曲でもある。

51k91IHpbpL._SL500_AA300_.jpg


下関の高校生だった大倉少年は、この曲で歌われているいかがわしい世界を
どこまで理解していたのでしょうか(笑)
ギター少年を夢中にさせるリフのカッコよさは21世紀になっても色褪せていない。


6  ALSO SPRACH ZARATHUSTR / DEODATO

原曲は哲学者ニーチェの著書からヒントを得たリヒャルト・シュトラウスの交響曲。
シネフィルにとってはキューブリックの『2001年宇宙の旅』ですね。
デオダートはブラジル出身のプロデューサー/キーボード奏者。
ビョークが師事したほどアレンジャーとしての才能も高い。
この曲ではその後に登場するジャズフュージョン・ブームを予見したかのような
グル―ヴィーなアプローチが効果をあげています。

BOOK BAR staff| 14:44 | カテゴリー:SONG LIST

2011年04月16日

船に乗れ!機銑

大倉眞一郎

huneninore-1.jpg huneninore-2.jpg huneninore-3.jpg

著者:藤谷治    ジャイブ/ポプラ文庫ピュアフル

昨年の本屋大賞にノミネート、早く手にとればよかった〜
と後悔するほどの作品。(by 大倉)
芸大付属高校に落ちた音楽高校生が、
そこでチェロを弾きながら成長していく“純な”青春小説。
著者の藤谷さんがご本人の青春と重ねて書いている…
高校生の持つ躍動感、希望、絶望。リアルに伝わる作品です。
藤谷さんの書店『フィクショネス』へも、是非。

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月16日

BOOK STAND 高野秀行さん・後編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは先週に引き続き、早稲田大学探検部出身の辺境作家、高野秀行さん

「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、
誰も知らないものを探す。そして、それをおもしろおかしく書く」ことがモットーの高野さんです。

takanohideyuki.jpg

高野さんがタイで日本語を教えていた時代に読んでいたマンガとは?

タイにいた92〜3年頃の当時から、
物凄い勢いで日本のマンガが翻訳されていました。
タイ語の『ドラえもん』、『ブラックジャック』、浦沢直樹さんの『YAWARA!』、
そして高橋留美子さんの『めぞん一刻』…勉強で読みました。
タイ語で読むと日本のものだということを忘れます。
現地のものも絵があるので大体の設定はわかります。
頭に入りやすいです。
現地の漫画は文字が手書き!!
現地の若い女の子が翻訳しているので、
丸っこい字体を読み解くのは難しかった…
日本語学科の学生や卒業生が訳しているとか。
ジャンプやサンデーは2週間遅れくらいで市場に!
相当なスピードです。

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年04月16日

すし屋の常識・非常識

杏セレクト

    sushiyanojyoshiki.jpg

著者:重金敦之    朝日新聞出版

すし。
純粋に歴史をたどるだけには留まらず、
文学作品からのエピソードも詰まっていて、
すし好きにはたまらない一冊です。
“すし”は今後どのような歩みを見せていくか??
「SUSHI」として。そんなグローバルな視点からも、すしを分析。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月09日

4.9 OA JUDY BRIDGEWATER うめ吉 BALTIMORA and more

1  NEVER LET ME GO / JUDY BRIDGEWATER

ジュディ・ブリッジウォーターは小説「わたしを離さないで」の中で、
著者カズオ・イシグロが創作した架空のシンガー。
ジュディの架空のアルバム『Songs after Dark』に収録されている曲が
「わたしを離さないで:原題 NEVER LET ME GO」というわけだ。
この曲は映画版で流れていたもので、実際にはサントラを担当した
レイチェル・ポートマンがサウンド・プロデュースを行い、
NY出身のジャズシンガー、ジェーン・モンハイトが歌っている。
↓の画像は実際に映画で主人公のキャシーが聞いていたカセットテープ。

judybridgewater.jpg


2  東京音頭 / うめ吉

作詞・西条八十、作曲・中山晋平による盆踊りの定番ソング。
1932年に「丸の内音頭」という名で日比谷公園の盆踊りのため作られ、
翌年、すべての東京市民が歌えるよう改題、改詞され現在の形に。
いまではスワローズやFC東京の応援歌としてもお馴染みになりました。


3  ONE /U2

今年20周年を迎える名作『アクティング・ベイビー』より。
エイズ患者のためのチャリティー・シングルにもなっていましたね。
パーソナルな恋愛問題と人類全体の物語、その双方を読み取れることが
この曲に深みを与えている。
これから遠い未来へと歌い継がれていく曲です。


4  TARZAN BOY / BALTIMORA

1985年に全世界でヒットしたイタロ・ディスコ・ソング。
しかし・・・・・・その後が続かなかったという典型的な一発屋です。


5  TWILIGHT ZONE / MANHATTAN TRANSFER

この曲のモチーフとなっている60年代の人気テレビ番組「トワイライト・ゾーン」は、
怪奇ミステリー番組の先駆けでした。
日本の「ウルトラQ」や「世にも奇妙な物語」もこの番組が下敷きとなっているほど。
高野さんが愛読していた月刊オカルト・ミステリー雑誌『ムー』ともシンクロしています。


6   TAKE ME OUT TO THE BALL GAME / Dr. JOHN

1908年に作られたアメリカ野球界の愛唱歌。
いまもメジャーリーグのスタジアムでは7回表終了時に、
観客全員が立ちあがって大合唱しています。
なんでも長時間の観戦で縮こまった体を伸ばす意味もあるようです。


7  カミさん不細工な方がいい / 吾妻光良 & ザ・スウィンギン・バッパーズ

笑いに貪欲なベテラン・ジャンプブルース・バンド。
なんと結成は吾妻さんの大学在学時の1979年まで遡る。
10人を超える大所帯のメンバーほとんどがサラリーマンで、
吾妻氏は某テレビ局の執行役員を務めている。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:SONG LIST

2011年04月09日

ひつまぶし

大倉眞一郎

    hitsumabushi.jpg

著者:野田秀樹    朝日新聞出版

ちょっとうつむき気味だった時に、
この本を読むことでなんだかすっきり。
笑いやユーモアがいかに必要なことか…!
まず元気な人間が元気になること。
『AERA』に連載されていたものを再構成した一冊。
何かと話題になった本ですが、
“笑い”の力を信じてみては。

BOOK BAR staff| 14:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月09日

BOOK STAND 高野秀行さん・前編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは早稲田大学探検部出身の辺境作家、高野秀行さん

高野さんのモットーは、
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、
誰も知らないものを探す。そして、それをおもしろおかしく書く」こと。

高野さんが愛読していた“カルト雑誌”とは??

雑誌はあまり読んでなかったのですが、
高校時代に『月刊ムー』にはまりました。
全面的に謎だらけ!
バックナンバーを神保町に買いに行き、端から端まで…
読みました。
心霊は“答え”がないので好みではないのですが、
真実がある、もしくはありそうなものが好き。
古代文明、UFO、超能力など!!
『月刊ムー』の影響でインディ・ジョーンズ、川口浩探検シリーズにも夢中に。
さらに世界の秘境に行って、自分とは違う民族の事を
知りたいと思うようになりました。
当時ニューアカデミズムが流行っていた時代でしたが、
文化人類学に興味を持ちました。
栗本慎一郎、レヴィ・ストロース『野生の思考』など・・・
“ムー”の合間に読みました笑

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年04月09日

漂砂のうたう

杏セレクト

    hyosanoutau.jpg

著者:木内昇    集英社

直木賞受賞作品です。
明治10年、東京の根津にある遊郭が舞台です。
心に江戸が色濃く残り、変わりきれずに燻ぶる人々。
御家人の家から出自を隠し、遊郭で働く男性が多く登場する。
変わりゆく時代に翻弄される男女・・・

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月02日

4.2 OA いきものがかり NEWTON FAULKNER 佐野元春 and more

1  SAKURA /いきものがかり

昨年のゲゲゲ効果で高齢層にまでファンを拡大した国民的人気グループ。
彼らの記念すべき一歩はこの曲からでした。
伸びやかで瑞々しい歌声が桜の潔さと調和しています。


2  BADMAN / NEWTON FOULKNER

杏ちゃんお気に入りの英国人シンガーソングライター。
現在、公式サイト英国版では今夏のフェス参加スケジュールが
随時更新されています。
日本のフェスにもぜひ来て欲しい!


3   LI’L RED RIDING HOOD / SAM THE SHAM & THE PHARAOHS

ブルース調のサウンドもイカしているし、
英語のタイトルを読むとなんかカッチョイイですが、要は「赤ずきん」の歌。
そういえば『赤ずきん』が実写版ゴシックホラーとなり、全米公開されました。
主演は『マンマ・ミーア』で大ブレイクしたアマンダ・サイフリッド。
米映画サイトではかなり厳しい評価をくだされているんですが、
はたして日本公開はあるのでしょうか?
スチール写真を見る限りは、雰囲気良さそうなんですけどね。


4  BLACKOUT / ANNA CAVALI

ロンドン出身の注目の新人。
アークティック・モンキーズが前座に指名したり、
ブライアン・イーノ御大が絶賛してみたりと、
前評判がすこぶる良いのも納得のデビュー盤より。


5  THIS IS THE STORY / CLARE AND THE REASONS

%A5%AF%A5%EC%A5%A2.jpg

NYブルックリンをベースに活動している4人組。
これまでに2枚のアルバムを発表。
どちらも玄人筋から高い評価を得ている。
ちなみにボーカルのクレアさんはジェフ・マルダーの娘さんだそう。


6   約束の橋 / 佐野元春

警告どおり計画どおり・・・・・・。
まさか20年以上も前の警告が現実にものとなるとは!?
誰もが一刻も早い収束を願うが、
次から次へと新たな問題が発生していく。
原発事故の以前と以後では物の見方がまったく変わってしまった。
われわれは否応なしに新たな価値観と向き合うことになったのだ。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:SONG LIST

2011年04月02日

ポリティコン

大倉眞一郎

politicon-1.jpg politicon-2.jpg

著者:桐野夏生    文藝春秋

「今年絶対読むべき本のひとつです!」(by大倉)
現在の日本の状況をすべて凝縮したかのような一冊です。
“コミューン”がキーワード。
理想郷=ユートピアを夢見ていた人々…
やがて関心は薄れ、残された村民は高齢化してゆく…
ガツンとした読み応えを求める方は、是非!

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年04月02日

自分の中に毒を持て  あなたは“常識人間”を捨てられるか

杏セレクト

    jibunnonakanidokuwomote.jpg

著者:岡本太郎    青春出版社

数多く残した太郎さんの言葉は、
芸術作品のごとく“原色”で、グイっと迫ってきます。
今年生誕100年の岡本太郎さん。
迷いなく、枠組みにとらわれない。
自分の価値観を今一度見直すきっかけになる一冊です。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー