2011年02月26日

2.26 OA  いきものがかり 織田哲郎 安藤裕子 and more

1  FIREWORK /KATY PERRY

昨年秋にインドで英国人コメディアンのラッセル・ブランドと挙式を
行ったポップ・クイーン。
大ヒットアルバム『ティーンエイジ・ドリーム』からの3枚目のシングルです。
全米1位を記録したのも納得のキャッチーな仕上がり。


2  ありがとう / いきものがかり

詞良し、曲良し、歌良し!
ゲゲゲ&紅白のNHKパワーで年末年始もっとも聞かれた曲でしょ。
小学生からお年寄りまでに愛されている3人組、
おそらく今一番幅広い層から支持されているアーティストなのでは?


3   I SHOT THE SHERIFF / ERIC CLAPTON

EC.jpg

あまりにも有名なボブ・マーリーのカバー。
クラプトンが取り上げたことでボブとレゲエ・ミュージックの
知名度はグーンとあがりました。さすが神様!
レイドバックした演奏もイカしてます。
1974年の全米No.1ソング。


4  いつまでも変わらぬ愛を / 織田哲郎

一色紗英が出演したポカリスウェットのテレビCMが懐かしい!
ラヴソングとしても成立していますが、実はこの曲の歌詞は
亡くなったお兄さんに向けて書かれたそうです。


5  OVER THE RAINBOW / WILLIE NELSON

邦題は「虹の彼方に」、すでにスタンダードと化している
不朽の名作『オズの魔法使い』の主題歌ですね。
アメリカの良心ともいうべきベテラン・カントリー・シンガーの
バージョンでどうぞ。


6   林檎殺人事件 feat. 池田貴史/ 安藤裕子

昭和の歌謡ポップスからオザケン、くるりまでを取り上げた最新作
『大人のまじめなカバーシリーズ』より。
この曲のPVにはオリジナルの樹木希林さんも友情出演。
フィーチャリングされている池田貴史はレキシの別名でも活動中。
まもなくリリースとなる待望の2作目「レキツ」は日本史を舞台にした
スウィートなラヴソングが並ぶキッチュな傑作です。

BOOK BAR staff| 14:43 | カテゴリー:SONG LIST

2011年02月26日

マボロシの鳥

大倉眞一郎

    maboroshinotori.jpg

著者:太田光    新潮社

お笑い、対談、討論、真正面からぶつかる
爆笑問題の太田さん。
どうしてここまで真面目な小説を書けるのか…
「太田さんは本気で、私たちの世界はもっと美しくて、
まっとうなはずだと信じている」ということを
帯で書かれている角田光代さん。
私も同じことを感じました。(by大倉)

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年02月26日

BOOK STAND 織田哲郎さん・後編

BOOK STAND 織田哲郎さん・後編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは音楽プロデューサーの織田哲郎さん

110226odatetsuro.jpg

今週は先週に引き続き、作曲家、音楽プロデューサーの織田哲郎さんです。
TUBE『シーズン・イン・ザ・サン』、B.B.クイーンズ『おどるポンポコリン』、ZARD『負けないで』、
中山美穂『世界中の誰よりきっと』など・・・数々のミリオンセラーの作曲を手掛け、
自らもシンガーとしてCDをリリース。ポカリスエットのCMソング『いつまでもかわらぬ愛を』
はミリオンセールスを記録しました。
そんな織田さんが夢中になった名作漫画とは??

夢中になって読んだ名作の漫画

『火の鳥』(手塚治虫作)

今でも大好き!
小学校5、6年の頃に買ったもの・・・
物凄くインパクトがありました。
2巻の未来編は特に、自分のベーシックの物の考え方に影響を与えたと思います。
大人の今の自分が読んでも、感動します。
その時のものはボロボロになってしまったので、その後2回ほど買い直しています。
織田さんの世代にとっては、もう別格!
エンタテインメントを超えた作品だと思います。
宇宙がどういうものであるのか、ということに関して、
腑に落ちるひとつの回答があります。
何かを与えてくれる、哲学です。
未だに自分の考え方の基本です!

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年02月26日

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

杏セレクト

    moshidora.jpg

著者:岩崎夏海    ダイヤモンド社

昨年最も売れた本。早くも200万部を突破しています。
ドラッカーの『マネジメント』も70万部を売り上げているそうです。
高校野球のマネージャーが『マネジメント』と出会い、
“部員を世話する”というだけではなく、
プロデュースする、経営することにつながるんじゃないのか?
というところに気づくことから始まる。
みなさんはどんな感想をお持ちになりましたか?

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年02月19日

2.19 OA ザ・クロマニヨンズ 織田哲郎 テレサ・テン and more

1  BE-BOP-A-LULA /JOHN LENNON

%A5%B8%A5%E7%A5%F3.jpg

ジョンが自らのルーツである50年代〜60年代初期の楽曲をカバーした
1975年発表のアルバム『ROCK’N ROLL』より。
まだリヴァプールの不良だった頃のようなジャケ写が心憎い。


2  くま / ザ・クロマニヨンズ

2006年にリリースされた彼らのファーストアルバムより。
すごいインパクトの曲。


3   HUMAN BEHAVIOUR / Björk

クマの好きなアーティストといえば……
宇多田ヒカルとビョークが双璧か!?
ミッシェル・ゴンドリーの出世作となったこの曲のPVでは、
クマが自然の象徴として大フィーチャーされています。
ビョーク自身とシロクマが一体化していく「HUNTER」のPVも必見!


4  愛をさがして / 織田哲郎

90年代には小室哲哉に次いでミリオンセラーを量産した名プロデューサー。
シンガーソングライターとしても何枚かのアルバムを発表しており、
この曲は1987年作『SHIPS』に収録されています。


5  星(昴-すばる-) / テレサ・テン

スケールの大きな歌詞とドラマティックな旋律が、
大陸好みなのでしょうか?
「昴」は中国では誰もが知るスタンダードソングとなりました。
昨年の上海万博の開幕式では、オリジナル作者である谷村新司さんが
歌っていたほどです。


6   恋よ、さよなら〜対愛説再見 / Weiwei Woo

上海出身の二胡奏者による飲茶音楽。
耳馴染みのあるバカラック・クラシックも、中国語に変換されると、
まったく違う景色が見えてくるから音楽は不思議なもんです。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:SONG LIST

2011年02月19日

BOOK STAND 織田哲郎さん・前編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、文化人などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは音楽プロデューサーの織田哲郎さん

今週は作曲家、音楽プロデューサーの織田哲郎さんです。
TUBE『シーズン・イン・ザ・サン』、B.B.クイーンズ『おどるポンポコリン』、ZARD『負けないで』、
中山美穂『世界中の誰よりきっと』など・・・数々のミリオンセラーの作曲を手掛け、
プロデューサーとして相川七瀬をデビューさせた織田さん。
中学生の頃、ご両親の仕事の都合でイギリスに渡ることになったそうですが…

渡英した時に夢中になった本は?

中学2年生の時からイギリスへ行きます。
中学1年生で太宰治の作品にハマりました。
太宰作品は出版されているものはすべて購入。
何度も読みました。
イギリスにいる間は英語の勉強もしなければならないので、
英語の本(ヘミングウェイなど)も読んでいたのですが、
やはり日本の本を読むのが楽しみになりました。

太宰作品を繰り返し読んでた気がするなぁ〜
英語もよくわからない時に太宰ばっかり読んでいました。
一番最初に『斜陽』を読んで、その後『人間失格』を買って…
精神衛生上よくないですよね(笑)

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年02月19日

兄弟

大倉眞一郎

    kyodai.jpg kyodai-2.jpg    

著者:余華    文藝春秋

中国での大人気作家。
チャン・イーモウ監督映画『活きる』の原作を書いた著者。
文化大革命から、昨今の経済発展まで、その間40年とちょっと…
悲劇と喜劇をごちゃ混ぜにして、ぽいと吐き出したような内容!?
下巻が急に喜劇になっているので、中国では批判を浴びたようです。
数百万部の売り上げを誇る作品です。

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年02月19日

熊 人類との「共存」の歴史

杏セレクト

    kuma.jpg

著者:ベルント・ブルンナー/訳:伊達淳    白水社

人間に一番近い動物というと??チンパンジー??
北半球の人々がそう考えた動物は、熊、なのだそうです。
物語の登場回数も膨大。人と熊の関係とは?
熊に対するあらゆるアプローチをまとめた一冊。
紀元前から現代まで、神話や宗教、テディベアまで!?
熊にまつわるお話をギュギュっと凝縮。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年02月12日

2.12 OA うめ吉 手嶌葵 RCサクセション and more

1  THIS TIME I KNOW IT’S FOR REAL /DONNA SUMMER

ディスコブームの終焉とともにそのオーラに陰りが生じた女王が
停滞していた80年代の終わりになって組んだ相手は、
当時のヒットチャートを席巻していたプロデューサーチーム、
PWLのストック・エイトキン&ウォーターマンでした。
発注された側のSAWにしてみれば、憧れていた伝説のディスコクイーンとの
仕事になるわけで、おそらく相当舞い上がっていたことでしょう。
その証拠に彼らが提供したのはヒット生産工場の商品のなかでも最上級品。
導入部からフェイドアウトする部分まで澱みなく流れるポップスの見本のような曲です。


2  LOOKING FORWARD / CSN&Y

ウッドストックにも参加していた伝説の4人組。
90年代終わりに再集結して2枚のアルバムを作りましたが、
この曲はそのうちの1枚のタイトルチューン。
全盛期と変わらぬハーモニーを聞かせてくれます。


3   SUTETEKO (クラブバージョン)/ うめ吉

UME.jpg

現代の日本でジャポニズムを体現している唄い手といえば
昨年めでたくキャリア10周年を迎えた俗曲師のうめ吉さん。
レパートリーは江戸時代から昭和初期までと幅広い。
海外でも人気が高いこともあり欧州の名曲カバーにも挑戦しています。


4  JUST LIKE PARADISE / DAVID LEE ROTH

重爆撃機ヴァンヘイレン号の初代ボーカリストとして不動の人気を誇っていた
ダイアモンド・デイブが一番輝いていた時代の代表曲。
純粋なロックミュージックの枠を超え、エンターテイナーとしても
そこそこの才能を持ち合わせてしまったことが、いま思えば残念な結果に……。
筋肉ムキムキの体で回し蹴りジャンプや前方宙返りする姿は
それまでのロッカーのイメージを大きく変えましたね。


5  BEAUTY AND BEAST / 手嶌葵

デビュー作はジブリ映画の挿入歌でしたが、実際に映画が大好きなようで、
その後も映画関連の曲のカバー集を2枚出しています。
この曲は90年代ディズニーアニメの傑作の主題歌ですが、
その他の曲は彼女が生まれる以前に作られた名作映画からというのも好印象です。


6   いい事ばかりはありゃしない /RCサクセション

キヨシローさんは自虐ネタをユーモアに包ませ社会批評にすり変える天才。
仕事ない、金ない、売れないの3ナイ地獄がこんなイカしたナンバーに!
暗黒時代を乗り越え大ブレイクを果たした直後のアルバム『PLEASE』より。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:SONG LIST

2011年02月12日

BOOK STAND 生島淳さん・後編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストはスポーツジャーナリストの生島淳さん

ikushima.jpg

大学卒業後、広告代理店勤務を経てスポーツライターとして独立。
これまでに水泳の千葉すず選手、卓球の福原愛選手を題材にした
ノンフィクションなど多数の著書を出されています。
そんな生島さんの本にまつわるエピソードの後編をお届けしました。

いまお薦めする2冊

スポーツ本のイチオシは…
マネー・ボール(マイケル・ルイス著)
野球と数学・経済がマッチングします。
新しい視点と、キャラクターの描き方が素晴らしい!
映画化します。主人公はブラッド・ピット。

昨年読んで一番面白かったのは…
大統領オバマは、こうしてつくられた(ジョン・ハイルマン/マーク・ハルペリン著)
僕と同世代のジャーナリストが書いた本。
2008年の大統領選でオバマ氏がどう鍛えられたかを描かれた本。
ヒラリー陣営の話、一番のがんはビル!浮気が治っていなかった…
夫のビルをどう御していくか?などが面白かった。

事細かに書きこまれている所から読み取れるのは、
取材されている側もそれを認めている風土があるということ。
アメリカはジャーナリズムの国だと思います。
(日本は小説の国だと思います!)

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年02月12日

苦役列車

大倉眞一郎セレクト

    kuekiressya.jpg

著者:西村賢太    新潮社

芥川賞受賞作です。
面白い。これは、面白い。(by 大倉)
貧しく、不幸な家庭に育ち、
その日暮らしの労働で生計をたてる19歳・・・。
ある日訪れる生活の変化とは・・・。
主人公にリアリティがあるのは、軽さ?妙な内気さ?
“つらい生活”なのにどこかホッとするのは、
西村さんだからこそなせる技なのでしょうか。

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年02月12日

一〇〇年前の世界一周 ある青年が撮った日本と世界

杏セレクト

    100nenmaenosekaiissyu.jpg

著者:ワルデマール・アベグ/ボリス・マルタン
日経ナショナル ジオグラフィック社

1905年が舞台。
ひとりのドイツ人青年が世界を知る旅に出る・・・
1年半かけて世界を周遊し、100点以上の写真もたっぷりと。
旅をしてから半世紀経って書かれたものだそうです。
それでも鮮明に残っていた記憶。
日露戦争直後に立ち寄った日本で彼が感じたこととは?
大戦前の世界が蘇る一冊です。

BOOK BAR staff| 14:13 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年02月05日

2.5 OA KOTRINGO 風味堂 KHALED and more

1  LET DOWN /コトリンゴ

J-WAVEの教授の番組で見出された才能。
ボストンのバークリー音楽大学で学んだ国際派の才女が
最新作でRadioheadをカバー。
杏と大倉が話題にしていた映画『ソーシャル・ネットワーク』の
TVスポットではレディオヘッドの秀逸なカバーソングが使われていましたが、
こちらのカバーの出来もワールドクラスです。


2  WE MUST GET BACK AGAIN /風味堂

九州出身の3人組。
ボーカル&ピアノ担当のワタリくんは、
18才のときJAZZのオスカー・ピーターソンに憧れ
ピアノを弾くようになったとか。激シブ!
もちろんこの曲でも弾きまくっています。


3   HAPPY TOGETHER / THE LENINGRAD COWBOYS

LGCOWBOYS.jpg

フィンランドのヘルシンキで結成された大所帯バンド。
もともとは違うバンド名で活動をしいていましたが、
アキ・カウリスマキ監督の映画に出演したことをきっかけにこの名前に。
マンガのような極端なリーゼントヘアにサングラス、
旧ソ連の軍服を模した衣装がトレードマークです。
きっと氣志團もなんらかの影響を受けているはず。


4  WALK OF LIFE / DIRE STRAITS

BIA.jpg

全世界で3000万枚のセールスを記録した彼ら最大のヒット作
『BROTHERS IN ARMS』より。
この曲は本国イギリス向けとアメリカ&その他向けに2つのPVが作られ、
アメリカ向けの方ではメジャーリーグ、アメフト、NBAなどの
プロスポーツの珍プレー、名場面集がインサートされていました。


5  金の孔雀

細野晴臣が世界の民族音楽を集め選曲・監修した8枚組コンピ
『La Voix De Globe 地球の声 Ethnic Sound Selection』より。


6   RAGDA / KHALED

ジャマイカ発→中東経由→パリ行き。
ルーツが異なるリズム、楽器、言語が絶妙に混ざり合った
真のグローバル・ミュージック。
シャンゼリゼ大通りの裏で見つけたモロッコ料理屋のクスクスが恋しい。

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2011年02月05日

文字の母たち

大倉眞一郎

    mojinohahatachi.jpg

著者:港千尋    インスクリプト

わたしは文字フェチ!(by大倉)
世界で最も古い印刷所のひとつ、フランス国立印刷所にて、
閉鎖直前の活版印刷部門を撮影。
ハンコのような文字を組み合わせて印刷する活版印刷は、
あの文字のかすれ具合が何とも言えず趣あります。
そんな活版印刷の文字が並んだ写真集のような一冊。
ぎゅっと押されたようなデコボコが、ココロくすぐります。

BOOK BAR staff| 14:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年02月05日

BOOK STAND 生島淳さん・前編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストはスポーツジャーナリストの生島淳さん

大学卒業後、広告代理店勤務を経てスポーツライターとして独立。
これまでに水泳の千葉すず選手、卓球の福原愛選手を題材にした
ノンフィクションなど多数の著書を出されています。
そんな生島さんの本にまつわるエピソードの前編をお届けしました。

幼少時の読書傾向、本であふれる自宅

小学生の時は、本屋さんが配達をしてくれていたんです。
配達日に届かないと催促の電話を入れていたり。
昭和49年(小学校1年生!)の『ラグビーマガジン』はまだ家にあります。
当時からスポーツの専門誌は読んでいました。
観て、本を読んで、復習する。

甲子園の予選展望号と、
『アサヒグラフ』と『週刊ベースボール』の決算号。
これは必ず買っていました。
いまだにありまして、それがいま私の“ごはん”になっています。

我が家にはニックネームがついています。その名も「生島文庫」。
1&2階のある部分は全部本棚!壁がありません。
捨てない本ばっかり!
サークルの先輩、坪内祐三さんは、
「人生で一回本は使えればいいんだ」…と。

本を出そうとする時に、その本を使う仕事が来るんです。
一年に一回は、小林信彦さんの本は再読するようにしています。
原稿を書くので、資料としてとっておくスポーツの本は多いです。

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年02月05日

HAPPY NEWS

杏セレクト

    happynews.jpg

社団法人日本新聞協会/HAPPY NEWS実行委員会 編
マガジンハウス

新聞の一面を飾る記事は、
なかなかハッピーとはいえませんが・・・
新聞の中ではあまり大きな比重での扱いではありませんが、
ちょっと心がほっこりするようなニュース記事を切り抜いて掲載。
こんな時だからこそ微笑ましい“一報”が
とっても温かい気持ちになります。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー