2011年01月29日

1.29 OA ADELE Newton Faulkner ASTOR PIAZZOLA and more

1  RUMOR HAS IT /ADEL

デビュー作『19』での成熟した歌声には驚きましたが、
21歳になった2作目『21』でもベテランのような貫録は相変わらず。
今回はアップテンポの曲にも挑戦!
アップの曲でも若々しさより、ドスを効かせた凄味が先に立つところが、
この人ならではですな〜。


2  PEOPLE SHOULD SMILE MORE / NEWTON FAULKNER

NF.jpg

この国籍不明で年齢不詳な風体からは想像できないんですが、
杏ちゃんとは1歳しか違わない英国人シンガーソングライター。
歌声も味がありますが、ギターのテクが半端ないんですよ。
まだまだ伸び盛りの若手です。


3  SILKY SOUL / MAZE feat. FRANKIE BEVERLY

迷い込むという話題に合わせ、まさに迷路(MAZE)な曲を!
1976年にカリフォルニア州SFで結成され、今も活動を続けるファンクバンド。
ライヴの腕前には定評があり、CD、DVDともに代表作はライヴ盤です。
リード・シンガーのフランキー・ビヴァリーは常日頃からマーヴィン・ゲイへの
リスペクトを露わにしてきましたが、この曲の間奏では名曲「What's Going On」が
引用されています。


4  ACTIONS SPEAK LOUDER THAN WORDS / JUNIOR REID

ニューオリンズ出身のファンクバンド“CHOCOLATE MILK”が
1975年に放った小ヒットのレゲエ・カバー。
タイトルの意味は「行動は言葉より雄弁である」。
時代に大きな変化を求める時、対話よりも行動に出ることが有効なことも……。
まさに革命ですね。


5  TANGO FEVER / ASTOR PIAZZOLA

アストル・ピアソラはバンドネオン奏者であり、
タンゴとクラシック、ジャズを融合させた
アルゼンチンを代表する偉大な作曲家。
アルゼンチン人の音楽家にとってピアソラの楽団に入ることは、
サッカーの代表選手になるくらいの名誉だったそうです。
マラドーナとメッシの国でその例えは最上級の称賛といえるのでは?


6   M’bala-Nordeste-Beradero (MNB3P EDITORS) / RAMIRO MUSOTTO

ピアソラがモダン・タンゴの創始者でありマエストロなら、
ハミロ・ムソットはアルゼンチン音楽を次のステージへと
押し上げた“中興の祖”的存在になるのでしょうか?
それとも革命児?
彼は2009年に45歳の若さで亡くなってしまいましたが、
その後もアルゼンチン音響派と呼ばれるニューウェーブの動きは、
世界の音グルメ達の注目の的となっています。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:SONG LIST

2011年01月29日

天啓を受けた者ども

大倉眞一郎

    tenkeiwouketakodomo.jpg

著者:マルコス・アギニス/八重樫克彦・八重樫由貴子訳
作品社

著者はアルゼンチンの作家、南米文学の巨匠です。
「グイグイと読み手を引き込む小説です。」(by大倉)
約10年を経て訳された名著。
カルト教団、キューバ侵攻、思想弾圧、麻薬ビジネス…
これらを題材に描いているものとは?

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月29日

BOOK STAND 松本仁一さん・後編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは元朝日新聞中東アフリカ局長をつとめられたジャーナリスト松本仁一さん
の本にまつわるエピソードの後編をお届けしました。

jinichimatsumoto.jpg

松本さんの“ものの考え方”に影響を与えた本とは?

ものの考え方に影響を与えた本です。
『知られざる革命 −クロンシュタット反乱とマフノ運動』
ロシアのヴォーリンという方が書いている一冊。

ロシア革命が起き、レーニンが権力を握りますが、
レーニンは社会主義革命を起こすためだったのではなく、
自分が権力を握るためだった・・・

クロンシュタットという港町の人々が、本当の社会主義革命を起こそうとします。
鍛冶屋さんのソヴィエト(組織)、兵隊のソヴィエト・・・
お互いの組織を創り街の運営をしていく、大衆革命。
レーニンはおもしろくないので、破壊していきます。

社会主義革命とは、必ずしもみんなが考えるものとは違うのではないか??
権力者が都合のいいように動かしていく。
ロシア革命の裏側で起きていたことは何だったのか?
イデオロギーに対して客観的に見れるようになった。

新聞記者として、ものの観方が変わりました。
奇麗事でイデオロギーを唱える人の裏には何かあるのではないか?
そう考えられるようになりました。

BOOK BAR staff| 14:34 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年01月29日

東京妙案開発研究所 -「人が賑わう空間」を創る発想力の秘密-

杏セレクト

    tokyomyoankaihatsu.jpg

著者:相羽高徳    日本経済新聞出版社

アイデアが生まれる瞬間がたっくさん詰まった一冊!
著者は、『新横浜ラーメン博物館』
『箱根☆サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム』などを
デザインした空間プロデューサーです。
アイデアはどこから生まれて、どのように伝えられるか。
ディズニーランドおたくでもある著者がそこから見出した術。
“夢”がうまれるストーリーとは?

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月29日

“怒れるオヤジ”の正体とは!?

杏が毎月第三金曜に更新している、
webちくま『杏のふむふむ』。

我らがBOOK BARを代表する“怒れるオヤジ”について、執筆!

ぜひぜひチェックを♪

BOOK BAR staff| 14:00 | カテゴリー:from スタッフ

2011年01月22日

1.22 OA QUEEN スピッツ HOLGER CZUKAY and more

1  IN A SENTIMENTAL MOOD /HALIE LOREN

ヘイリー・ロレンはアラスカ出身という異色のジャズ・シンガー。
見目麗しい立ち姿とスモーキーな歌声により幅広いファンを獲得しています。
スタンダードを歌うだけでなく、シンガーソングライターとしても
これからが期待されている若手です。


2  DELILAH / QUEEN

邦題は「愛しきデライラ」。
フレディが可愛がっていた猫の名前です。
ブライアン・メイがギターで猫の鳴き声を真似て、
フレディとユーモアたっぷりに掛け合いしています。
クイーンの実質的ラストアルバム『Innuendo』より。


3   猫になりたい / スピッツ

シングルのB面曲だったにもかかわらず、
ファンの間では根強い人気のナンバー。


4  PERSIAN LOVE / HOLGER CZUKAY

CZUKAY.jpg

ホルガー・シューカイはクラウト・ロックの伝説的バンド、
CANのベーシストとして世に出た人物。
この曲はCANを脱退してソロ活動を始めた頃の代表作です。
<BOOK STAND>ではジャーナリストの松本仁一さんが
フレデリック・フォーサイスを推薦していましたが、
見知らぬ異国の街で迷路に迷い込んでしまったかのような曲調が
どこかスパイ・ミステリー小説と合うのではと思いセレクトしました。
フォーサイスの「ジャッカルの日」は海外ミステリーの金字塔。
クライマックスに向けて一気に高まる緊迫感とその物語の構築力は、
当時の国内ミステリーでは味わうことが出来なかったレベルの高さでした。
未読のミステリーファン、そしてゴルゴ13マニアの方はぜひ!


5  シャンバラ通信 / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド

シャンバラはチベットに伝わる伝説上の理想郷の名。
ハリー細野のトロピカル三部作の最後を飾る名作『はらいそ』より。
このアルバム完成後、細野・教授・ユキヒロの3人は、
YMO結成へと大きく舵を切ることになります。


6   Le Jour d'Après - Siku Ya Baadaye / BALOJI

コンゴ民主共和国生まれ、ベルギー育ちのバロジは、
アフリカの血とヨーロッパ文化の2つのアイデンティティを持ち、
自らを“アフロピアン”を称する人気ラッパー。
昨年リリースされた最新アルバム『Kinshasha Succursale』は、
生楽器を多用し、ルーツであるアフリカのミュージシャンと交流を図った傑作です。

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2011年01月22日

BOOK STAND 松本仁一さん・前編

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは元朝日新聞中東アフリカ局長をつとめられたジャーナリスト
松本仁一さんの本にまつわるエピソードです。

以前大倉さんが紹介した『アフリカ・レポート』や、
“非合法銃”の開発者、シエラレオネの少女兵などへの取材からまとめられたルポ
『カラシニコフ』(朝日新聞にて連載され書籍化)を執筆された、松本仁一さん。
松本仁一さんの読書体験とは?

グローバルな視点からおすすめするミステリー作家とは。

ミステリーが好きで、特に外国モノをよく読みました。
家が狭いので読み終わると人に譲ってしまうことが多いのですが、
その中でも必ず自宅にとっておく作家がい3人ます。

まずはフレデリック・フォーサイス。
『ジャッカルの日』や『戦争の犬たち』などの著者です。
ジャーナリストだった彼が、ビアフラに残された時に必死に取材したことなどが、
作品に生きています。

次に、ローレンス・サンダース。
一番本格的な社会派ミステリーを生み出す方。
アフリカ勤務をしている時に、空港などでよく手に取りました。

そして、アーロン・エルキンズ。
骨を専門とする生体学者が書かれた、スケルトン探偵シリーズが有名です。

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年01月22日

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

大倉眞一郎

    kuhakuno5mile.jpg

著者:角幡唯介    集英社

「しびれるノンフィクション」(by大倉)
ヒマラヤからの雪解け水が流れ押し寄せる、
世界最大のツアンポー峡谷。
過去何人もの冒険家が踏破を試みつつも、
5マイルを残してすべて失敗していました。
前人未踏となっていた空白の5マイルを
2002年から2003年にかけて27歳の若さ&ほぼ単独で制覇します。
息を潜めて読み切ってみては…

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月22日

知りたがりやの猫

杏セレクト

    shiritagariyanoneko.jpg

著者:林真理子    新潮社

恋愛小説の短編集。
自分を投影して甘くとろけるというよりも、
ひとの恋愛を見ているような一冊!
恋愛のブラックな部分!?が垣間見れるのかも…
その時、猫が見たものは??

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月15日

1.15 OA THE KILLERS GLASSER MALCOM McLAREN and more

1  A DUSTLAND FAIRYTALE /THE KILLERS

ラスベガス出身の4人組。
アルバム毎に大きく変化を遂げ、未だその全貌は見えてこない。
ここで歌われているのは、幾重にも仕掛けられた暗喩が美しく響く
21世紀のお伽噺である。


2  A PARIS / Machon

すこし前にも紹介した無印良品の店内BGM集より。
パリのストリート・ミュージシャンによる歌と演奏です。


3  LA PLUS BELLE POUR ALLER DANSER / Sylvie Vartan

SV.jpg

邦題は「アイドルを探せ」。
1963年の同名タイトル映画の主題歌を、
主演女優であったシルヴィ本人がセルフリメイク!
声もルックスも、とても齢七十近いとは思えない若々しさ。
奇跡です。


4  MIRRORAGE / GLASSER

LA出身の才女による一人宅録オーケストラ。
幻想的で掴みどころのない美しさを放つデビュー作『RING』より。


5  MY MINNESOTA HOME / MERYL STREEP & LILY TOMLIN

故ロバート・アルトマン監督の遺作
『今宵、フィッツジェラルド劇場で』のサントラから。
メリル・ストリープとリリー・トムリンという芸達者な2人が、、
映画の中で公開ラジオ番組の出演者として歌っています。


6   DO YOU LIKE SCRATCHIN’ / MALCOM McLAREN

ピストルズを世に送り出し、海賊ファッションを流行らせ、
イギリスでは誰よりも早くヒップホップに食い付いた男。
ストリート・カルチャーのゴッドファザーHF氏もリスペクトする
稀代のメディア・レイピストである。
昨年4月没、R.I.P.

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2011年01月15日

BOOK STAND 最相葉月さん

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。
ノンフィクション作家、コラムニスト、などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっています。
今日のゲストは最相葉月さんの本にまつわるエピソードです。

以前、杏セレクトの『星新一 一〇〇一話をつくった人』(新潮社刊)
をご紹介しました。ベストセラー『絶対音感』を生んだノンフィクション作家です。
徹底的なリサーチから作品を生み出すことで知られる最相葉月さんの、
思春期ならではの読書体験です。

知らない大人の世界を垣間見る・・・そんな読書体験とは?

書棚に五木寛之さんの『青春の門』シリーズがありました。
そこに隠微なエッチなシーンが書かれていたので、
親がいない時にそーっと抜き出して読んで、そーっと戻す。
知らない大人の世界を垣間見る楽しみ・・・
あまり大きな声で読みましたとは言えませんね笑

吉行淳之介さんの作品もドキドキします。
女子高に通っていたので妄想は膨らみました。
自身の仕事にもつながってくるのは、
星新一さんの作品。
ショートショートは知らない間にハマってしまい熱中しました。
後に、評伝を書くことになるとは。
その記憶は自分にとって大きかったと思います。

友人の作家さんのお子さんが、星新一にのめりこんでいる、
という話を聞くと・・・理由を述べ立てるよりは、子どもたちを見よ!!

BOOK BAR staff| 14:40 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年01月15日

極私的メディア論

大倉眞一郎

    gokushiteki.jpg

著者:森達也    創出版

著者は、98年にオウム真理教で広報担当の男性を追った
ドキュメンタリー作品『A』が話題になりました。
メディアの「中立性」とは何なのでしょうか?
報道する側の判断に委ねられ発せられた情報と、
私たちの取捨選択。自分なりの判断、できていますか?

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月15日

パリ散歩画帖

杏セレクト

    parissampogacho.jpg

著者:山本容子    阪急コミュニケーションズ

銅版画家の著者がパリの“住人”となって旅して残したもの。
「画家がパリと遊ぶ」そんなコンセプトの画帖です。
感性だけで残す、自分がモノと対話をして残す―
“心象遠近法”で心で感じた大きさを思いのままにスケッチ。
真似て旅の思い出をコラージュしたくなる、キュートな一冊です。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月08日

1.8 OA 浜田真理子 KING SUNNY ADE U2 and more

1  Akujyo /CLEMENTINE

日本酒も好きであろうと想像する
日本通のクレモンティーヌが歌う仏語版「悪女」。
もちろん中島みゆきの代表曲。
フレンチボッサのアレンジで聞くと印象がガラッと変わりますね。


2  LOVE SONG / 浜田真理子

BOOK BARで度々オンエアしているシンガーソングライター。
2月には名演出家の故・久世光彦氏を偲んだライヴを
小泉今日子の朗読と共に行います。


3  純愛ラプソディ /竹内まりや

素敵な奥さんのイメージが浸透しているだけに、
こんな不倫を題材にした曲を聞くとドキドキしてしまいます。
妄想力も創造力の一部ということなんでしょうね。


4  LITTLE GREEN BAG / GEORGE BAKER

オランダ出身シンガーによる1969年のヒット。
タランティーノの出世作『レザボア・ドッグス』で使われて
再評価が高まり、その後は日本でもテレビCMなどで再利用されています。


5  MA JAIYE ONI / KING SUNNY ADE

ジュジュと呼ばれるナイジェリアのポピュラー音楽の代表的アーティスト。
ボブ・マーリー亡きあと、第3世界発のカリスマとして注目を浴び、
1980年代のワールドミュージック・シーンをリードしていた人物です。


6   SUNDAY BLOODY SUNDAY / U2

WAR.jpg

血塗られた歴史を忘れてはいけないことを訴える魂の叫び。
北アイルランド紛争のなかで起きた1972年の血の日曜日をテーマにした
プロテストソングであり、平和への祈りの歌。

BOOK BAR staff| 14:47 | カテゴリー:SONG LIST

2011年01月08日

半分のぼった黄色い太陽

大倉眞一郎セレクト

    hanbunnobotta.jpg

著者:チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ    河出書房新社

ビアフラ戦争とは、1967年から1970年にかけておこった
ナイジェリア内戦。犠牲者100万人以上といわれています。
この戦争について書かれた、“ルポ”ではなく、“小説”。
戦争の渦中にいたひとたちの気持ちがわかる本です。
なぜこの戦争が起こったのか、に一歩踏み込んだ、
理解をすることができる一冊。


BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月08日

BOOK STAND なぎら健壱さん・後編

2011年のからの新コーナー。
WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』です。

ノンフィクション作家、コラムニスト、などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっていきます。
第二回目は、先週に引き続き・・・なぎら健壱さんがご登場です。

本の読み方&選び方は?

小説だったら月二冊かな?

寝るとき、移動している時、トイレ、お風呂、(しわしわになるし笑)
本を持って移動するのがイヤなので、生活のシーンごとに、
読む本を分けています。
談志さんは主にお風呂だね!?笑
トイレは1年くらいかかっちゃうので、話が進むのが早いものを。

タイトルでぐっと来るもの
後ろの評を斜め読みで目を通してみて、
表紙がヘタなイラストだったら買いません。
それで80%は失敗ありません!
(帯はあまり信用していないかな〜笑)

経験値・感覚をいかにセンスに持っていけるか。
本選びのポイントです。

BOOK BAR staff| 14:40 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年01月08日

かたちだけの愛

杏セレクト

    katachidakenoai.jpg
    
著者:平野啓一郎    中央公論新社

美脚の女優が事故により脚を失ってしまう・・・
事故に居合わせたプロダクトデザイナーが、
彼女の義足を創っていく・・・
いわゆる“蜜月♪”ともちがうかたちの、
育まれていく愛。切なくもはかない?
ディテールまで描かれ、リアルな人間像が読み取れる、
『ぎゅ』と心つかまれるようなストーリー。

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月01日

1.1 OA BUMP OF CHICKEN RUMER CEE-LO GREEN and more

1  LET THE MUSIC PLAY /BARRY WHITE

新年の幕開け。
1曲目はどんな曲がふさわしいのか?
毎年悩むところですが、正月らしく華があって前向きな曲を。
歌っているバリー・ホワイトは七福神に混ざっていても
なんら違和感のないご立派な体型の持ち主です。
縁起が良さそうでしょ。


2  車輪の歌 / BUMP OF CHICKEN

杏セレクトによる「坂」の歌。
さくら坂、無縁坂、無言坂、硝子坂……
日本には坂を題材にした曲がありますね。
英語だと“SLOPE”とか“DOWNHILL”“UPHILL”となんか味気ない。
これじゃ歌にするのも難しいだろう。
やはり「坂」という日本語の響きがいいんでしょうね。
人生に重ね合わせてみたりして。


3  SLOW / RUMER

RUMER.jpg

2011年要注目の新人女性シンガー。
歌の発音からは想像つきませんがパキスタン系のイギリス人です。
往年のカレン・カーペンターを彷彿とさせる憂いのある歌声が素晴らしい。
あのバート・バカラック翁のお墨付というのも納得です。


4  LET’S GET LOST / CHET BAKER

1950年代に活躍したウエストコースト・シーンを代表する
ジャズ・トランペッターでありシンガー。
ジョアン・ジルベルトは彼の物憂げな歌声を聞いて、
ボサノヴァを閃いたとの説もあります。
また写真家ブルース・ウェーバーが同タイトルで
チェットの伝記映画を撮っていたように、
ファッション・アイコンとしても再評価された人物です。


5  交響曲第6番「田園」第3楽章 / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

帝王カラヤン指揮による演奏でどうぞ。
「田園」は各楽章に表題を付けられており、
今回オンエアした第3楽章は「農民たちの楽しい集い」となっています。


6   BRIGHT LIGHTS BIGGER CITY / CEE-LO GREEN

すごいぞシー・ロ!
ただのコスプレ好きのおデブちゃんじゃないことには
薄々気付いていましたが、ここまでの才能の持ち主だとは嬉しい誤算です。
最新作『ザ・レディ・キラー』は古き良きソウル・マナーを重んじながらも、
21世紀的なスパイスを利かせた絶妙のアレンジが光る傑作!
タイトル通り女殺しの名曲・佳曲が揃っています。
MJの「ビリー・ジーン」の影がちらりと見えるこの曲のタイトルは、
80年代のアメリカ文学界に衝撃を与えたジェイ・マキナニーの
BRIGHT LIGHTS BIG CITY」をもじってるんでしょうね。

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2011年01月01日

無所有

大倉眞一郎セレクト

    musyoyu.jpg

著者:法頂    東方出版

昨年、朝日新聞GLOBE『Bestsellers世界の書店から』
とのコラボ企画で、韓国ベストセラーの話を伺ったときに
ご紹介いただいた本。
禅僧である法頂和尚が書いた超ロングベストセラーです。
この和尚の書くエッセイは実に平易。
私たちと同じ価値観のもとにある説法なのが、
共感の秘訣なのかもしれませんね!

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月01日

BOOK STAND なぎら健壱さん・前編

2011年の幕開けから、新コーナー開始!!
WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』です。

ノンフィクション作家、コラムニスト、などなど・・・
著名人に“本にまつわるお話”をうかがっていきます。
第一回目はなぎら健壱さんの本にまつわるエピソードです。

本を読むようになったきっかけは?

小学校5年までは活字嫌いだったんです(!)
読書感想文の宿題のために、古本屋さんに行きました。
そこで出会った江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズ。
面白すぎて、2,3時間で読んじゃった!

その日のうちにもっと読みたくなってしまいました。
時代を感じられる挿絵が魅力的な光文社のものを集めたくなったんです。
おどろおどろしい絵もあったんですが、
少年探偵団シリーズを網羅するために、
葛飾区中の古本屋さんを探しまわったんではないでしょうか。
全部集められるのには7,8年かかりました。

本に囲まれる空間、古本屋さんが大好きです。
なぎらさんは図書館で借りるというよりも、
“自分のもの”にして読むのが好きなのだそうです。

こんな本が出てたんだ!という発見が楽しいのではないでしょうか。

BOOK BAR staff| 14:40 | カテゴリー:BOOK STAND

2011年01月01日

タモリのTOKYO坂道美学入門

杏セレクト

    sakamichi.jpg

著者:タモリ    講談社

「日本坂道学会」の副会長、タモリさんが著。
江戸時代にイモ問屋があったからついた名前!?
さぁどこの坂でしょう。
タモリさんが紹介する「よい坂」の条件とは?
タモリさんが撮りおろした東京の坂の写真と、
その坂にまつわるお話がいっぱい。
新春、街歩きが楽しくなる一冊です♪

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK INFO

2011年01月01日

あけましておめでとうございます!

2011年も、BOOK BARをどうぞよろしくお願いいたします!

スタジオが華やかな感じに・・・!

おめでたい!!ということで、服も紅白です。

大倉さんの2011年は???

BOOK BAR staff| 14:05 | カテゴリー:from スタッフ


バックナンバー

カテゴリー