2009年09月26日

9.26 OA DIANE BIRCH スピッツ KREVA and more

1 FOOLS / DIANE BIRCH 

キャロル・キングのイメージが重なるナンバー。
繰り返し聞きたくなってしまう。
名曲の予感。
歌っているのは今年デビューの新人です。


2 たまご  / スピッツ

もう大御所的存在といってよいでしょう。
マサムネ氏の声には科学の力では計測不可能な
癒し成分が含まれています。


3  BELL BOTTOM BLUES / MATTEW SWEET & SUZANNA HOFFS

80年代から活動していた2人のシンガーによる
カバー・プロジェクト『UNDER THE COVER VOL2』より。
今回は70年代ロックの隠れた名曲が中心となっています。
このカバーの原曲はクラプトンも在籍したデレク&ザ・ドミノスです。


4 瞬間SPEECHLESS / KREVA

最新アルバム『心臓』から。
また一回り大きなアーティストへと成長しました。


5 FOLLOW THE YELLOW BRICK ROAD / from OST “The Wizard of Oz”

ジュディ・ガーランドがドロシー役を演じた1939年制作の
永遠の名作「オズの魔法使い」のサントラから。
ドロシーが案山子と出合うシーンで歌われている。


6 OVER THE RAINBOW / JEWEL

アラスカ育ちの個性派シンガー。
ときおりステージで披露するヨーデルは祖父から学んだそう。
学校ではオペラを専攻し、ミュージカル出演の経験もあれば、
カントリーも歌える。
なんだか全容を掴みづらいアーティスト。
1994年のデビューアルバムは1200万枚を売り上げました。

BOOK BAR staff| 14:49 | カテゴリー:SONG LIST

2009年09月26日

カカシバイブル

■大倉眞一郎セレクト■

    kakashi.jpg

著者:ピート小林 東京書籍

正統派からマネキンをアレンジしたもの、アートの域に
入っていそうなものまで、日本全国の田圃を行脚して
探し当てた驚異のカカシ写真集。

BOOK BAR staff| 14:35 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年09月26日

たまごかけごはん300

杏セレクト

    tamagokakegohan.jpg

著者:ランニングエッグス  文化社文庫


ひたすら「たまごかけごはん」のレシピを写真付きで
300種も紹介していく本。
アイディアが苦しくなっていく終盤は笑えます。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年09月26日

アドレナリン:ハイ・ボルテージ

私はB級映画が大好きである。
アメリカに居る間、暇なときはソファにひっくり返って
英語の勉強という勝手な理屈でケーブルで流れてくる
B級アクション、コメディ、ドラマを見まくっていたからである。
ついでに言うならシットコム(シチュエイション・コメディ)も
見まくった。「フレンズ」とかはまだまだやってなくて、
「コスビー・ショウ」をはじめ当時は昔ながらのマジに
99%場面の変わらない、心温まるものであった。
あれもいわゆるB級であろう。
偉大なるB級。

で、これは超B級暴力映画である。
アクション映画というよりも暴力映画。
タランティーノの「キルビル」は好きな人も多かろうが、
あのキッチュさには閉口してしまい、あまり楽しめなかった。
妙な様式美に気を使いすぎて、暴力が中途半端なのである。
忘れていたが、私は暴力映画は好きではない。
ただ、このところちょっと鬱気味な私
(毎年夏バテすると、鬱だと思ってしまう)、
と思っていたので、血しぶきが飛び散るような映画を見ると、
少しはすっきりするかもとふらふら試写に出かけた。
あれだけアメリカを口撃しているのに、
そんな気分になるのはやはりどこかあの国に洗脳されているのも。

パンフレットもらってよく見たらなんと続編。
一本目があったことも知らないのに、楽しめるものかしら。
しかも、もろに一本目の続きから始まっている。
あまりにもいきなりすぎてよくわからない。
大丈夫なの?大丈夫でした。
ここまで出鱈目をやってくれるとなんでも来いになる。
人が殺されるたびにご冥福を祈る間もなく、
怒涛のように押し寄せてくるメチャクチャな展開に
「このシーンは問題だな」
とか考えている暇がない。

冷静に考えてみれば007だって、ブルース・ウィルスだって、
メチャクチャに人殺しまくっているんだから、
表現に多少の行きすぎがあろうが、
ええん違うの、とまたアメリカに毒された頭で納得していた。

超B級とは私が勝手につけたのであるが、
この「超」はB級の王道を守り通しているというのと、
普通のB級より金がかかっているというのと、
カメラワーク等で下手すると
A級(A級ってあんだっけ?)をはるかに凌いでいるというのを
総合的に解釈したものだと思っていただいて結構である。

出鱈目な映画ではあるが、よく出来ている。楽しめる。
なんて俺が言っていいんだろうか。

26日から公開。

アドレナリン:ハイ・ボルテージオフィシャルサイト

                         大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 01:41 | カテゴリー:映画部

2009年09月25日

大学で教える

前回の放送で自慢げに
「大学院で英語で講義をしたことがある」と話しをして、
「あの馬鹿が」と思われた方も多いのではないかと心を痛めている、
じゃなくて、心配している。
しかし、事実である。終わったことは仕方がない。

こんな私でも話をしてくれと頼まれることがあるので、
それまでも何度か出かけてはあちこちで私の思い込みを
「わかってくれよ〜」と懇願しているのだか
講義しているのだか、
本人でさえわからなくなるようなことを話していた。

大学院での講義は皆さん高い銭出して、
わざわざ仕事の合間を縫って勉強に来ているので、
聞く態度が違う。
2時間話しっぱなしだったのに
つまらなそうな顔をしている生徒はいても
寝ている人はいない。
いや、講義をしている側が感動してしまった。
特に留学生の皆さんは講義終了後、何人も質問にいらして、
逆に恐縮してしまった。

「でさあ、せっかくだから大倉、大学でも日本語でいいんで、やってくんない?」
と恐いくらい気軽に頼まれたので、気軽に講義に行った。
私学の超大講義室ではないが、やはり階段状のでかい教室じゃないの。
どういうわけか、結婚式の司会以外は
大勢の前でも緊張できなくなってしまったので、
人の多い少ないは関係ないのだが、
何かひとつお楽しみが欲しいと欲が出て、
妙な前ふりから始めてみた。
私は下関西校という進学校のスーパー落ちこぼれ生徒だったのだが、
ちゃんと勉強している人は国立大学に進学していた。
九州大学は近いこともあり進学する人間も多かったので、
この落ちこぼれに講義されるエリートがいるかどうか興味があって聞いてみた。
「下関西校出身の方、手を上げてみてください」
いた。
一人だけいた。
ケケケ、あとで当ててやろう。

と、講義を始めて30分くらいで、私のせいかどうか、
教室の雰囲気がズンズン重くなってきた。
大学の大きな教室ではマイクを使う。
そういう授業は眠くなるのである。
私が講師でなくても眠くなる。
その上、私の声は眠くなると早朝の番組をやっていたときから
大クレームの嵐だったのである。
あちらこちらで机に突っ伏している不届き者が出現している。
何とか頭は上げているもののグラングランになっている連中もいる。
高校、大学時代を通じて私は一貫して前者であったのだが、
自分が話している時にやられるとくじけるなあ。
仕方ない、西校出身の奴を当てて、
どうでもいいけど絶対に答えられないこと逆質問してやって、
教室全体に活を入れてやろうと思い
そいつを探すと、突っ伏して熟睡していた。
あー、もう俺の講師人生は終わったな、お前らのせいで。
いや、最近は学生さんが講師の逆評価もすると聞いたな、まずい。
盛り上げるために自分の会社で作ったCMを見せ始めたら全員顔を上げて
熱心にスクリーンに見入っている。
CM見せる講義ってインチキなんだよなあ。
ちゃんと話聞いてくんなきゃ意味ないんだけど。

講義が終わって教授と廊下を歩いていると講義を受けていた女子学生がいた。
教授が気を使って聞いてくれた。
「ねえ、おもしろかった?」
えっ、と微妙な顔をした後、自分の置かれている状況に気がついたようで
「はい!すっごく楽しかったです」
「いいよ、そんな俺の前で気を使ってくれなくて」
「いえ、本当に面白かったです」
「どうもそれはありがとうございました」
教授自慢のやたら量の多い学食のスパゲッティをご馳走になっても、
あまり励みにはならず、とぼとぼとホテルに戻った私であった。

大学でチョーク投げとかあるのかな。
テレビでしか見たことないけど、あれ練習しといたほうがいいだろうか。


                         大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 18:45 | カテゴリー:from 大倉眞一郎

2009年09月19日

9.19 OA ELIZABETH & THE CATAPULT CURLY GIRAFFE Dr. JOHN and more

1 TALLER CHILDREN / ELIZABETH & THE CATAPULT 

ボストンの名門校バークリー音楽院で出会った女1男2人の3人組。
ボーカルのエリザベスはNYのグリニッジヴィレッジ出身。
日本でこの秋にリリースされたアルバムにはカラフルでハートフルな
ポップスがぎっしり詰まっている。
驚くのはこれがデビュー盤ということ。
その完成度の高さには脱帽です。


2 かあさんの歌  / DEEN

90年代から活動する男性2人組ユニット。
この曲は2002年にリリースした、未来へ歌い継ぎたい歌を集め
カバーしたアルバム「和音〜songs for children〜」に収録。
二胡の音色が切なく響きます。


3  CHAOS feat. CHARA / CURLY GIRAFFE

ロッテンハッツやGREAT 3で活躍した長身のベーシスト高桑圭の
ソロプロジェクト。
最新作ではCHARAのほかにもcoccoやボニーピンク、安藤裕子など
人気女性シンガーがゲストボーカルで参加。
緻密で繊細なアレンジはワールドクラス!
世界のポップマニアに誇れるJ-POPです。
売れるといいなぁ。10月21日発売です。


4 ELEPHANT TALK / KING CRIMSON

ギターで象の鳴き声を再現!
そんな阿呆なことを思いついてしまった人物はエイドリアン・ブリュー。
フランク・ザッパやボウイなどの作品に参加した後、
クリムゾンに加入した超個性派のギタリストです。
ステージでこの曲をやると、ふだんは寡黙に表情一つ変えず
ギターを弾いている堅物リーダーのロバート・フリップが
ほんのかすかに表情を崩すのが印象的でした。


5 ACCENTUATE THE POSITIVE / Dr. JOHN

ミスター・ニューオリンズといえばこの髭オヤジ。
60年代から現在に至るまで一貫して粘っこいリズムにこだわる
職人肌のミュージシャンです。
89年のアルバム『IN A SENTIMENTAL MOOD』から。


6 LESSONS IN LOVE / LEVEL 42 

バンド名はイギリス人が大好きなおバカSF小説、
「銀河ヒッチハイク・ガイド」から付けられたらしい。
ちなみにある宇宙人が作ったスーパーコンピュータが
「生命と宇宙と万物に関する究極の答え」を
750万年かかって導き出したのが「42」とのこと。
彼らの代表曲であるこの曲はアメリカでもヒットしました。

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2009年09月19日

大人からの進化術 九州育ちが強い理由

大倉眞一郎セレクト

    otonakarano.jpg

監修:出頭則行  編集:後藤心平  QBS出版


九州大学ビジネス・スクールの修了生・在学生の生の声を
集め収録した一冊。
因みに、九州大学のビジネス・スクールは、
学生の90%以上が有職社会人とのこと。

働きながら学び、学んだことを仕事に活かしたいと願う
社会人には良いキッカケとなりそうな本です。

BOOK BAR staff| 14:32 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年09月19日

江戸のセンス ――職人の遊びと洒落心

杏セレクト

    edo.jpg

著者:荒井修 いとうせいこう  集英社新書

扇子職人の浅草文扇堂主人が語り尽くす、
江戸職人、庶民のセンス、発想、そして粋のスピリット。
江戸時代から綿々と続く庶民文化の生き証人とも言うべき
荒井修の膨大な知識を、浅草住人である案内人のいとうせいこうが
小気味よく引き出していく。


21世紀の住人である我々ですが、
まだまだ江戸のセンスから学ぶべきことは多い!

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年09月12日

9.12 OA  EGO WRAPPIN' DEBBIE BOON MADELEINE PEYROUX and more

1 A LOVE SONG / EGO WRAPPIN’ 

秋の夜長に聴きたくなるジャジーな歌声。
レイドバックしたスカのリズムが心地よいわ。


2 YOU LIGHT UP MY LIFE / DEBBIE BOON

1977年に10週連続で全米No.1を記録したナンバー。
たしか当時の記録でしたね。
邦題は「恋するデビー」。素直な歌い方は父ゆずりです。


3  あの素晴らしい愛をも一度 / ザ・フォーク・クルセダース

文学界には医学部出身の作家が少なくないようですが、
音楽界ではあまり耳にしませんね。
最近だとGReeeeNが歯学部出身なのが目立つくらいで……。
この曲の作詞を担当している北山修氏は京大医学部卒。
現在は九大で教鞭をとっていらっしゃるようで、
専門分野に関する本も数冊書いてらっしゃいます。
劇的な精神分析入門』(みすず書房)


4 ZOMBIE / THE CRANBERRIES

アイルランド出身のバンドとしてはU2に次いで全米チャートを制圧。
なんといってもボーカルのドロレスの歌が圧巻です。
長らく活動休止状態で、ファンは寂しい思いをしていましたが、
来年には7年ぶりの世界ツアーを行うことを先ごろ発表。
個人的にはフジロックのヘッドライナーとして来日して欲しいリストの
かなり上位にくるバンドです。
ぜひ日本にも!


5 RIVER OF TEARS / MADELEINE PEYROUX

パリの路上を出発点に、10代のころからヨーロッパを廻っていたという
早熟のシンガー。
この曲は今年春にリリースされた最新作『BARE BONES』から。


6 風に吹かれて / KOJI WAKUI 

和久井光司は自らバンドを率いているほか、評論執筆業も嗜む人物。
自身のことは総合音楽家と称しています。
この曲はボブ・ディランの作品を超訳したうえで本人の公認を得たという
アルバム『ディランを唄う』から。
ゲスト・シンガーとしてPANTAや、あがた森魚、中山ラビなどの
懐かしい顔が参加している。
ちなみにCDジャケットのイラスト画はディラン狂で有名な20世紀少年、
浦沢直樹氏によるもの。

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2009年09月12日

幻影の書

大倉眞一郎セレクト

    genei.jpg

著者:ポール・オースター 訳:柴田元幸  新潮社


間違いなく現在のアメリカ文学を代表する作家のひとり。
この作家の小説を読むと、なぜいつの世も人は物語を必要としているのか?
その理由を肌で感じることができる。
あれだけ読書家の大倉さんが、最近になってオースターの存在に
気付いたというのは実に不思議な話。
本作品は翻訳されたものでは最新作になります。
大倉さんにはNY3部作などオースターの物語を読む楽しみが
残っていると思うと、ちょっと羨ましい。
ちなみにローマでパスポートを盗まれた夜に読み明かした作品は
偶然の音楽」でした。


(番組スタッフ)


BOOK BAR staff| 14:33 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年09月12日

MOMENT

杏セレクト

    moment.jpg

著者:本多孝好   集英社

主人公は病院でバイトする大学生。
ある末期患者の願いを叶えたことで、
彼の元に最後の願いが寄せられるようになる……

杏ちゃん曰く「さわやかミステリー」とのこと。

BOOK BAR staff| 14:16 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年09月10日

色即ぜねれいしょん

映画部部長のディレクターが自分で感想を書かずに、
「大倉さん、見ましたか。絶対この映画好きですよ」
と振ってきた。
ずっと気になっていながら、あえて遠ざけていたのに。
この映画の原作者みうらじゅんは年を越えているが、
私と同じ学年である。
そういう人間の書いたセックスのことしか頭になかった
悶々とした高校時代の半自伝的小説である。
当時は高校生でヴァージンを失うなどということは、
よほどの不良でない限り、田舎の高校生では考えられなかった。
(処女も童貞も英語ではヴァージンである)
なんか見てみたいけど、俺のことを映画にされているようで
腰が引けていたのである。

主人公はやっぱり俺だった。
あーあ。
こうなるんじゃないか、
と思う方向に寸分たがわずストーリーは展開していく。
俺は生まれてこのかた、
女子大生に「ラブホテルに行こう」なんて誘われたことは一切ないが、
みうらじゅんは高校時代にそんなことがあったのか?
そんなストーリーと関係ないことにまで悶絶しながら見てしまった。
そんな昔の話を映画にして面白いのかと聞かれても、
面白いんだから仕方がない。

「フリーセックス」と当時は大騒ぎしていて、
スウェーデンに行けば本当に誰とでもそんなことができるのだと思いこんでいた。
申し訳ないことである。
今考えてみれば、当時の日本の文壇のほうがよほどフリーセックスである。
フリーセックスという言葉に振り回された高校生活であった。
俺は運動はさっぱりダメだったので、
発散するにはバンドを組んで騒音を撒き散らすのがせいぜいであった。
それでも、どこかでもてるんじゃないかと期待していたのであるから
大笑いである。
ところが同学年で女子高に通っていたミキちゃん(中川幹彦)の奥さんが、
みんなで酒を飲むたびに
「大倉君はもてちょったよ」といまさら言うもんだから
高校時代の悶々が再び蘇ってきて、
「何故その時教えてくれんなんだか!」
とこの35年近くを棒に振ったような憂鬱に落ちていくのである。

みうらじゅん、俺のことを書いて儲けやがった。
こういうのはモデル代請求できるのだろうか。


『色即ぜねれいしょん』オフィシャルサイト

                          大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 11:53 | カテゴリー:映画部

2009年09月09日

書け、と言われると書けないものよ

前回の放送で
「書くということは頭を整理することですから、
毎日数行でもいいから書きましょう」
と小学校の先生が日記や読書感想文を書くことを強要する
ような調子で偉そうに申し上げてしまいました。
ごめんなさい。

気が付けば、当の私がそもそも2週間もブログを更新してないじゃないのよ。
全くもう。
人様にこうするほうがよろしくてよ、
なんて言っている場合ではなかった。
杏ちゃんのように激忙しくもないのに、
ちょっと暇忙しくなると本来の私が
「明日できることは明日やるように」
と指示を出すんですよ。

あの時間の番組なので
小学生のリスナーがたくさん聞いてくださっているとは思えないが、
そうでなくても小さな頃に先生からヤンヤカ言われて
辛い思いをした記憶が頭に浮かんだ方もいたのではなかろうか。
杏ちゃんは真面目に書いていたことを公言しているが、
私は読書感想文が嫌いで嫌いで嫌いで、
読んだふり感想文なんてのもやったことがある。
先日テレビのある番組で「子供たちに夏休みの宿題で何が嫌い?」
と聞いていたが、ダントツで読書感想文が悪者であった。
けなせない、感動したふりをしなければいけない、
モラルにつながることを「発見」して、
主題はこうこうでした、とわかったようなことを書かなきゃいけない。
だいたい主題ってなんだよ。
「人生なんて生きる価値のないゴミみたいなものです」
「人間がこの世で一番邪魔な生物です」
なんて小説だってあるのに、
どうしてよりによって太宰の「走れメロス」ばかり読ませんだよ。
太宰も本屋で並んでる一冊となりの本を間違って買っちゃった日には
「この本を読んで死にたくなりました」
なんてことになっちゃう作家だろうが。
「友情を信じることの大切さを学びました」
なんて感想文ばかり読んでて、先生も面白いんだろうか。
「国語のテストでこの文章の主題を30字以内でまとめなさい」
なんて問があると「書いた奴に聞いてくれ」と解答用紙に書いていた、
というのは嘘だが、
問題を作るなら
「この文章を読んで何を感じたかまとめなさい、誉めてもけなしてもかまいません」
が正しい情操教育ではなかろうか。

私が現在読んでいる本は手強くて、
さすがの私もページをめくるスピードが激遅くなっている。
「いやそれで何なんですか?」
と著者と対話しながら読み進めている。
著者としては「そんなに苦しいならやめなさいよ」と言いたいところではないかと
想像するが、もう戦いに突入しているので読みきって
近いうちに番組で紹介しようと思っている。
「何故書くんだろう」
「何故読んでいるんだろう」
と悩むことが特に小説と相対する時の正しい姿ではなかろうか。

話がずれたが、書くことは確かに頭の中でもつれている回路を
解きほぐすのにはかなり有効な手段である。
もうひとつは吐き出すことである。
入れたら消化して出す。
人間の自然な行為である。
すっきりしますよ。

また調子こいて、ブログちゃんと書きますから、
読んでくれていた人は読んでくださいね。
読んだことがない人はどうせこの原稿も読んでないだろうから、
どうでもいい話ですね。

                         大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 11:50 | カテゴリー:from 大倉眞一郎

2009年09月05日

9.5 OA THE TEMPER TRAP PETER GABRIEL & Youssou N'Dour Earth, Wind & Fire and more

1 SCIENCE OF FEAR / THE TEMPER TRAP 

オーストラリア・メルボルン出身の若手バンド。
BBCが公式デビュー前から注目していただけあって、
大化けしそうな予感。
今年はサマソニに来ていましたね。


2 ラストチャンス / Something ELse

1994年に結成された3人組。
レコード会社の契約切れが迫っていた98年に、
人気テレビ番組『電波少年』でバンド解散を賭けて決死の覚悟で
リリースしたのがこのナンバー。
今夜はアコースティック・バージョンでお楽しみあれ。


3  月がきえていく / UA

今年の夏フェスではますます凄みのあるヴォーカリストに
なったと評判のUA。
今夏リリースの最新アルバム『ATTA』収録のこの曲は、
作詞がリトル・クリーチャーズの青柳拓次 、
作曲はデュエット相手の細野晴臣というUAならではの布陣です。


4 JET AIRLINER / STEVE MILLER BAND

1966年にアメリカ西海岸で結成。
当初はブルースロックを中心にプレイしていて、
ボズ・スキャッグスも一時期参加していましたが、
73年の「JOKER」が全米No.1ヒットになったのをきっかけに
次第にポップ色が強まり、ヒットを連発するようなる。
この曲は77年に全米8位を記録。


5 SHAKING THE TREE / PETER GABRIEL & Youssou N'Dour

第3世界の文化や音楽に造詣が深く、
自らリアルワールド・レーベルを主宰するピーガブが
セネガルのスーパースターであるユッスーと組んだ名作。


6 That's The Way Of The World / Earth, Wind & Fire 

EW&Fが世界的人気を得る夜明け前に放った1975年の秀作。
元々はハーヴェイ・カイテル主演の映画のために描かれた曲で、
邦題は「暗黒への挑戦」でした。

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2009年09月05日

果しなき流れの果に

大倉眞一郎セレクト

    hateshinaki.jpg
著者:小松左京  ハルキ文庫


日本のSF界を代表する作家である著者が
1966年に発表した最高傑作。
1997年の『SFマガジン』500号記念企画として行った
「日本SFオールタイムベスト」では見事、
長編部門の1位に輝いている。

komatsu.jpg

BOOK BAR staff| 14:38 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年09月05日

きものを纏う美

杏セレクト

    kimono.jpg

著者:節子・クロソフスカ・ド・ローラ  扶桑社


20才のときにフラン人画家バルテュスと運命的な出会いをし、
60年代からヨーロッパで暮らしながらも、
和の文化にこだわり続ける著者が、
春夏秋冬を通しての着物のたおやかな魅力を伝える

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー