2009年02月28日

たくさんのご応募ありがとうございました!!

先週お知らせしましたAmazon ギフト券プレゼントの当選発表です。

たくさんのご応募をいただきまして、どうもありがとうございました。
↓↓↓当選の方はこちら↓↓↓

++++ CONGRATULATIONS!! ++++

豊島区 ささか さん

豊島区 モザイクデザイナー さん

葛飾区 トイグン さん

目黒区 ちょこす さん

荒川区 ナイントゥエイト さん


               以上5名様、ご当選おめでとうございます♪

是非、本のご感想をおきかせください!

BOOK BAR staff| 14:54 | カテゴリー:おしらせ

2009年02月28日

2.28 OA R.E.M. 阿部芙蓉美 ROY ORBISON with K.D.LANG and more

1 #9 DREAM / R.E.M. 

アフリカ大陸スーダンのダルフールの惨状に抗議するため、
2007年に人権保護団体アムネスティによって制作された
ジョン・レノンのカバーアルバムより。
28組のアーティストが参加、力作が並ぶアルバムとなりましたが、
なかでもこのREMのバージョンは秀逸でした。
さらにこの曲は10年の休眠から目覚め、
バンドの再始動を告げる狼煙としてファンを喜ばせていましたね。


2 GREEN GREEN / TRINI LOPEZ 

小学校の唱歌としてお馴染みのナンバー。
日本語詞では父と子の対話と別れの歌となっているが、
原曲では父ではなく母となっている。
TRINIはテキサス出身のメキシコ系シンガー。


3 青春と路地 / 阿部芙蓉美

なぜでしょう?
21世紀に入ってから昭和の匂いのする新人が
続出している気がする。
阿部芙蓉美もそんなひとり。
この曲のタイトルなんてフォーク全盛時代のようだ。
番組で大倉さんが指摘していたように、
人は自分の生まれる前の時代を美化して
羨むものなのかもしれませんね。


4 TELEPHONE LINE / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA

こちらは実際に昭和の時代にヒットした曲。
まあ、演っているメンバーはイギリス人なので、
日本の年号なんてまったく意識してないんでしょうけど……。
曲の出だしの電話声はとっても「昭和」テイストを
感じさせます。


5  CRYING / ROY ORBISON with K.D.LANG 

世代も異なれば、音楽性も微妙に違う2人ですが、
見事な化学反応を起こしたデュエットソング。
グラミー賞のカントリーボーカル・コラボレーション部門に
輝いています。


6 HOME / BLAKE SHELTON  

今週の本は【父と息子の物語】、【向田邦子の描く戦友】ということで、
選曲はどれも「郷愁」を感じさせるものになりました。
最後の曲を歌っているのはオクラホマ生まれ、
現在32歳と脂の乗っているカントリーシンガー。
スケールの大きな歌い方をしていますが体格も立派!
身長6フィート5インチというから、
2メートル近い大男です。
この曲はカナダBC州出身、洗練されたジャズポップを歌う
ボーカリスト=マイケル・ブーブレが
同郷の天才プロデューサー=デヴィッド・フォスターの
娘エイミーと共作したナンバーのカバーヒット。


BOOK BAR staff| 14:53 | カテゴリー:SONG LIST

2009年02月28日

あ・うん

大倉眞一郎セレクト

    aun.jpg

著者:向田邦子   文春文庫


神社の鳥居に並ぶ一対の狛犬のように、
切り離せない存在の友人同士の男2人と、
その周囲の家族や人間模様を描いた傑作。
1989年の映画版では主人公2人を高倉健と
板東英二が演じて話題となった。

航空機墜落事故で急逝した人気脚本家・向田の
最後の作品にして唯一の長編小説。

BOOK BAR staff| 14:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月28日

流星ワゴン

杏セレクト

    ryuseiwagon.jpg

著者:重松清  講談社文庫

38歳の主人公はある日、
5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに
導かれ、同い年の父親と出逢う。
時空を超えて向き合った2人は友人になれのだろうか?

直木賞受賞後初となる長編小説。
2002年「本の雑誌」年間ベスト1に輝いている。

BOOK BAR staff| 14:16 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月27日

うどんと口の中の粘膜

口の粘膜と言われても困るなあ、
と皆さんお思いになるであろうが、
私本人にとっては生きることの不器用さを告白することに等しい。
是非笑わずに読んでいただきたい。

最初に私の口の中の粘膜が弱いことに気が付いたのは、
大学生のときのことである。
友人のきったないアパートに招かれ、
夜中スルメをかじりながら酒を飲んでいたら、
これまでに感じたことのないかすかではあるが
のどの奥に悪意のある痛みを感じた。
しかし、酒を飲んでいることもあり、
特に気にすることもなくそのままにしておいたのだが、
そのうち痛みが広がってきて、
何かがのどに引っかかる感触に気付き、鏡を覗き込んだ。
暗いのでよくわからない。
友人に懐中電灯で照らしながら代わりにチェックしてもらった。
「...........」
友人の顔からは恐怖しかうかがえない。
もうその頃は上手く話すこともままならなくなっていた。
「ごうなっこる?」
「お前、どうしたらこんなことになるんか。
有り得んことが起きちょる」
そんなこと言われても何が何やら。

私はものをよく噛んで食べるという訓練を受けたことがなく、
硬いものでも適当に噛んだら飲み込んでしまうことが
習慣化していた。
そのせいで食べるのが驚異的に早い。
簡単に例えるなら人がラーメン一杯を食っている最中に
替え玉まで食べて、スープも飲み干している。
得意になっているわけでもないが、
そのほうが熱いままだし、スープものびないし、
並んでいる人のためでもある。
まるで何も考えていないわけでもない。

友人が発見したのは普通の人の3倍くらいまで
膨らんで伸びてしまった大きなナメクジのような
ノドチンコであった。
洗面所まで行って明かりを全部つけて
自分で確認すると異常な大きさのノドチンコは
だらりと喉の奥にぶら下がっているのではなく、
奥の舌の上に横たわっている。
しかも、下半分は血がたまっている。
上手く話せないわけである。
つばを飲んでも激痛が走る。
夜中なのでどうしようもなく翌朝まで仮眠をとって
病院に直行した。
「どうしました」
「ぐげげげげ」
と口を大きく開いて喉の奥をさしたら
「どうしてこんなことになったの」
話せないから口開けてんだろうが。

結局血がたまっているところを切開してもらい、
抗生剤をもらって帰った。
しばらくは痛くてまともに食事もできなかった。

原因は硬いもの、恐らくスルメでノドチンコを
突いてしまったと思われる。
もうこんなおかしなことは起こらないと高をくくっていたが、
数年に一度同じことが起こるようになった。
歯ブラシが滑ってノドチンコにあたったり、
やはり硬い食いものでやってしまうのである。
ノドチンコは本当に辛いので本気で注意しているのだが、
それ以来ノドチンコ以外、
口の中のほっぺた、上あごにも同様のものが出現するようになった。
すべて食い物のせいである。
一番駄目なのがフライ。
パン粉を揚げたのがもっとも危険な凶器である。
とんかつなんか食った日にゃ100%の確率でやられてしまう。
ただ、あまりに頻繁に起こるので処理するのに
病院に行くことはなくなった。
とにかく発生したらすぐに処理しないとその血豆は
あっという間に大きくなるので、
できたと思ったら爪楊枝で突くのである。
針では駄目。
穴が小さすぎてすぐにふさがってしまう。
そのため私の財布には常に爪楊枝が数本忍ばせている。
私と食事をしていて急に変な顔をして財布を持ち、
トイレに立ったら血豆を突いていると思っていただいて結構である。

あー、書いている本人もおぞましい。

勝谷氏の「イケ麺!」では讃岐うどんパートがカットされていたが、
賢明な判断であろう。
麺通団の本が出てすぐに讃岐に飛んだのは私である。
「いやー、やっぱり讃岐はうどん。食った食った」
と皆さん知ったようなことを書いているが、
私は一切の偏見なくうどん屋を見つければ食う、食う、食う、
で2泊3日といっても実質的には2泊2日であったが、
晩飯はちゃんと食べたのにうどんを22玉食った。
これだけ食っても奥が深い。深すぎる。
讃岐にはうまいうどんしかない、
と思い込んでいる人も多いが、実は
「どういうつもりで作っとんじゃ、こりゃー」
と怒鳴りあげたくなるような店もある。
人も入っているから不思議である。
本当に深い。

22玉食っている間にも、ついアジフライを食べて
ほっぺたを突いてしまい、しばらくトイレから出てこれなかった。
うどん食うときに普通血豆作るか。
もう私にはフライはタブーである。

つい先日自宅で釜揚げうどんをすごいスピードで
食っていたら、エビのから揚げがあった。
エビの頭も凶器であるが、
ああいうものは注意してバリバリに噛み砕いてやれば
どうといったものでもない。
うどんの上に乗っけてバリバリ噛みながら、
うどんは飲み込んだ。
と、あの恐怖の痛みが喉に走った。
「ま・た・か、無念!」
でもうどんはもう少し残っていたので
痛いとこの横を滑らせるように噛まずに胃に流したが、
時々、自分でも訳のわからない音が喉から漏れてくる。
「ウギェ、ウギェ」
これは普通ではない。
横になりどんなことになっているのか
「この馬鹿が」
という目で見ている家人に覗かせようとした瞬間、再び発作が、
「ウギェエゴウ」
身体まで痙攣した。
すると何やらとてつもなくでかいものが喉から飛び出してきた。
「遊星からの物体X」か?
違った。

okura0227.jpg

エビの尻尾。しかも身のしっかりついたやつ。
うどんを飲み込んでいるうちに
一緒に流れて行ったようであるが、
やはりあまりにでかくて、どこかでつっかえていたらしい。
恐ろしいこともあるもんだな。
やはりうどんを食うときは余計なものは乗せないほうがいい。
いちいち噛んでいては味がわからん。

今回は粘膜は平気であった、
が、翌日普通に飯を食っていたら
再び別のところに血豆が出現していた。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 02:18 | カテゴリー:from 大倉眞一郎

2009年02月24日

アカデミー賞

これだけ「おくりびと」効果で今回のアカデミー賞については
すべてのマスコミが大騒ぎしているのでやはり一言。


「おくりびと」が受賞したことについては素直に喜ばしいことだと
思っている。私も見た後はしばらく余韻に浸っていた。
ただ、面倒な人間なので仏教における葬儀というもののあり方、
葬儀の意味について考えてしまい、
ややこしいことを書きそうになったので
ブログには感想を載せないでいた。
それでも映画としては特筆すべき出来であったと思う。
おめでとうございます。
J−WAVEでも番組をお持ちの小山さん、
心からお祝い申し上げます。


さて、毎年アカデミー賞では日本映画がどうなるかが
最重要課題になっており、オリンピック並みの
「日本やりました」「感動をありがとう」
「無念、一歩及ばず」「受賞逃す」
みたいな感じに見えて、なんだかなあ、
という気分も否めない私である。
こういうことで日本映画の質も上がってきたようにも思うので
悪いことではないのだが、
どこの国の映画ということを競うものでもないような。
そんな印象を昨日から今朝にかけて持っている。


日本でアカデミー賞と言われても
何しろ候補になった作品の過半数は
まだ日本公開されていないので、
本格的に盛り上がれと言われても
困りませんか、皆さん。
あらすじを丹念に読めば読むほど、
実際に見たときにつまらなく感じてしまうので
私は極力映画評を読むのは避けております。


さて、8部門受賞の「スラムドッグ・ミリオネア」であるが、
もう何度も言及しているのでまたかと思われるかもしれないが、
原作はインドの外交官ヴィカス・スワラップの書いた小説
「ぼくと1ルピーの神様」(英題:Q&A)である。
ダニー・ボイル監督の見事な手腕で圧倒的支持を受けたことは
全く否定しないが、せっかくインド人の書いた素晴らしい小説が
ほとんど紹介されずに、ダニー・ボイルだけが脚光を浴びるというのは
どうも腑に落ちない。
もちろん、原作をそのまま映画にできるなどとは思っていないし、
あえて別物だと言ってもいいと思うのだが、
今回の映画はこの小説なしには存在しない。
是非、小説も手に取っていただきたい。
なお、2月20日に講談社ランダムハウス文庫から文庫も発売されている。
ヴィカス・スワラップの最新作は「Six Suspects」。
邦訳はまだ。


余計なことをひとつ書いておくと、
映画「スラムドッグ・ミリオネア」の主人公と
小説「ぼくと1ルピーの神様」の主人公は名前が異なる。
話が複雑になるので映画では替えたのだろが、
インドでは避けて通れない宗教の問題が絡んでいる。
インドでは依然、カースト、宗教の複雑な問題は
解決されたとはいえないが、
現在のインドの大映画スター、
シャー・ルク・カーンは名前からわかるようにイスラム教徒である。
イスラム教徒でありながらヒンズー教徒の役でスターの座に上り詰めた。
奥さんはヒンズー教徒で子供は両宗教で育てられているという。
ただ、頭を抱えていては光が見出せないが、
この事実に力強い希望を見る。
この映画、小説からもそんな構造を変えるような
変化が生まれて欲しいものである。


もうひとつ、主演女優賞をケイト・ウィンスレットが「愛を読む人」で
受賞したが、この作品にも原作がある。
きっと他の作品も原作があるものもあるはずだが、
私の読んだ範囲の中での話である。
日本では2000年に発売された
ベルンハルト・シュリンクの「朗読者」がそうである。
当時はずいぶん話題になって私もすぐに読んだ。
押えを効かせた文章で淡々と物語は進むのだが、
非常に読後感の重いものであった。
こちらも是非。

ヒース・レジャーに番組のスタッフの予想通りオスカーが贈られた。
当然のことのように思うが、祝福すると同時に改めて故人の冥福を祈りたい。


大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 05:54 | カテゴリー:from 大倉眞一郎

2009年02月23日

ラオスの「カオ・ピヤック・セン」

勝谷氏の「イケ麺!」では海外ものは韓国止まりである。
私はアジア関連の麺には顔が利くし、
ヨーロッパの知らない国でも中華料理屋は
ほぼ迷うことなしに到着できるという不思議な
技能を持っているので重宝しますよ。
もし海外編をお考えなら是非。

ラオスの麺はベトナムのフォーに極めて近い。
カンボジアの麺のように甘くしてない。
食い物に関しては僅差ではあるが、
私はラオスに一票である。
ただし、屋台か大衆食堂での話なので、
お金を持っている人は参考にしないように。

ラオスの北部へ行くと急にカオ・ソーイという肉味噌のかかった
特徴のある麺が増える。
どこでも食える。
ただし、ほとんどは米から作った平打ち麺。

そんなもんだと思っていたら、ウドゥムサイという町でながーい散歩の途中
小さな食堂を見つけて
「ちゅるちゅる食わせてくださーい」
とお願いしたら、どれにするという。
どれってどれよ。
若い学生がたまたまいて、
「これはお米から作ったやつ、これはもち米から作ったやつ」
と英語で教えてくれた。
もち米の麺は切ったという麺ではなく
押し出したという感じの丸い麺。
そりゃもち米の麺だろう。
食ったことないもん。
これが、予想をはるかに裏切るくらいうまい。
だし汁は普通のものよりやや煮出した感じのとろみがある。
麺も粘りがありながら、腰もしっかりしている。
もうこれしかないね。
という訳で、それ以来丸いもち米の麺があれば必ず頼んだ。

こんな風に食べる。

麺が出てくる。

0223okura-1.jpg

無料の野菜数種を恥ずかしくなるくらいちぎって麺の上に山を作る。

0223okura-2.jpg

ぐるぐるにかき回して、麺とスープと野菜を馴染ませる。

0223okura-3.jpg

野菜が残っていればどんどん追加で乗せても誰も文句は言わない。
肉もちゃんとついているので究極のバランス栄養食である。

タイトルには「カオ・ピヤック・セン」と書いたが、
実はこのもち米麺本当にそう呼んでいいのかどうかわからない。
そう頼んでも米の平打ち麺が出てくることもある。
食べたい時は指先確認が重要である。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 06:14 | カテゴリー:

2009年02月21日

2.21 OA  POLICE EGO-WRAPPIN' 鈴木慶一 and more

1 WHERE IS THE LOVE / BLACK EYED PEAS 

グループの中心人物Will I imにとって昨年は、
オバマ大統領実現に向けて奔走した1年間だった。
彼が作った選挙応援ソング「YES WE CAN」がなかったら
オバマさんももっと苦戦していたに違いない。
6月にはニューアルバムが出るようですが、
タイトルが『The E.N.D.』意味深です。解散?


2 MESSAGE IN A BOTTLE / POLICE 

2007年にデビュー30周年を記念して再結成、
ワールドツアーで日本にも訪れた。
この曲は1979年リリースの彼ら初となる世界的ヒット。
パンク/ニューウェーヴの流れで最も大きな成功を
収めたバンドですね。


3 DON’T SAY YOU LOVE ME /M2M

ノルウェー出身のキュートな少女2人組。
この曲は「ポケモン」アメリカ劇場版の主題歌でした。
美しく成長しソロになったメンバーのマリオン・レイヴンは
NYに生活の拠点を移し、現在は骨太なロックサウンドにも挑戦。
いや〜少女がオトナになるのはあっという間ですね。


4 色彩のブルース / EGO-WRAPPIN’

1996年に大阪で結成された男女2人組ユニット。
昨年秋、初となるベストアルバムをリリース。
昭和歌謡やJAZZの要素を消化した作風は
オリジナリティーに満ちている。


5  髭とルージュとバルコニー / 鈴木慶一

1975年リリース『火の玉ボーイ』から。
ムーンライダースの実質的なデビュー盤ですね。
2年ほど前に公開された三木聡監督・オダギリジョー主演の
映画「転々」のエンディングにこの曲が使われていました。


6 ANGEL / ROBBIE WILLIAMS  

最後は本の話題「イケ麺」に合わせてイケメン・ソングを。
とはいっても日本的な美意識からすると、
果たしてこの男は本当にイケメンなのだろうか?
という気もしないでもない。
ですが本国イギリスでの人気と騒がれっぷりは
凄いものがあります。
何年か前のグラストンベリー・フェスで、
数万人の観客がこの曲を大合唱していた映像を
見たのですが……
国民的ヒットとはこういうことか!
女性はもちろん全身タトゥーの強面野郎も
全力で歌っていた。
日本に例えるとSMAPとMr.Childrenの桜井さんを
合わせたかのような圧倒的な人気でした。

BOOK BAR staff| 14:46 | カテゴリー:SONG LIST

2009年02月21日

イケ麺!

大倉眞一郎セレクト

    ikemen.jpg

著者:勝谷誠彦  新潮社

テレビや雑誌などでコメンテイター/コラムニストとして
活躍している著者が日本各地の麺類を食べ歩き。
長崎ちゃんぽんや沖縄そばのようなメジャーなものから、
その土地の者しか知らないようなマイナーなものまで、
イケ麺約100種を紹介。
著者撮影のカラー写真も多数掲載。

BOOK BAR staff| 14:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月21日

明治時代の人生相談

杏セレクト

    meijijidai.jpg

著者:山田邦紀  幻冬舎文庫

さあ、100年前の日本人はいったい何に悩んでいたのでしょうか?
いまに通じる家庭問題から、身分の問題、徴兵に関する問題など。
そして押し寄せる西洋文明への戸惑い。
明治時代の新聞、雑誌などに掲載されていた人生相談から
見えてくる当時の世相や、現代とのギャップをお楽しみあれ。

BOOK BAR staff| 14:21 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月19日

番組からプレゼント!!!

番組リスナーの皆様へ

いつも番組をご愛聴いただきありがとうございます。

今回のプレゼントはAMAZONギフト券です。
5000円分を5名さまに差し上げます。
当選してお好きな本を購入してください!
(当選した暁にはぜひ読後の感想も!)

ご希望の方は2月21日放送の番組で発表するキーワードを
書き添えて番組サイトより応募してください。
来週月曜到着分までを有効とさせていただきます。


たくさんのご応募、
そして番組へのご意見をお待ちしております。


(番組スタッフ)

BOOK BAR staff| 11:57 | カテゴリー:おしらせ

2009年02月19日

愛のむきだし

ん〜、まいった。
クドカンの映画を見た後はキャーキャー騒ぎながら、
あっという間にブログの原稿を書いたのに、
今日は唸るばかりである。

%BD%BD%BB%FA%B2%CD.jpg

渋谷のユーロスペースでかかっているのだが、
なんせいまどきインド映画でも作らない237分の映画である。
すっごく混むかと思い、9時過ぎに着いたのだが開いていない。
寒風吹きすさぶ中、ラブホテル街の入り口で
ウロウロしているオヤジになってしまった。
その上、日本映画では私は聞いたことのない休憩まであるので、
本日のユーロスペース滞在時間5時間半である。
と上映時間のことから入ってしまったが、
この上映時間でまいったのではない。
長さはまるで気にならない。
あまりの衝撃に最初は解釈をしようとしながら見ていた私が
ぶち壊れてしまったのである。

この映画は監督の友人の実話を基にしたものらしいが
それもどうでもいい。
闇鍋のようにとにかく面白くなりそうなものをぶち込んで煮込んである。
評論家のコラムを見ると
「何とかの何とかは何かを問いかけている」
とか偉そうなことを書いているが、そんなこと誰に聞いたんだよ。
そんな簡単にまとめないよ、俺は。
もし監督がまとめても、俺はまとめない。
チラシに書いてあるコピーすら映画を見た後では陳腐に見えてしまう。
シュールレアリズムでもないのに
この混乱と胸に迫る感動は何なんだ。

金がふんだんに使えるハリウッド映画であるはずもないし、
大手広告会社、民放がついているわけでもない。
早い話そんなにお金がかけられなかったはずである。
恐らくお金がふんだんに集まって、
いろんなことを言う連中がいたら、
この映画は成立していなかったであろう。
細部に荒さが見えることもあるが、気にするな。

西島隆弘、AAAというグループでメインヴォーカルをやっているらしい。
安藤サクラ、奥田瑛二の娘らしい。
満島ひかり、「プライド」でダブル主演していた。
Folder5にいたというから「プライド」で歌が上手かったはずである。
どうも何度も映画で見ているようだが、他の役は思い出せない。
こいつがわからない。演技の上手い下手を超えた存在感がある。
それこそ「むきだしの演技」である。

%A5%E8%A1%BC%A5%B3.jpg

3人の主役は演技にまだ安定感は欠くが、
それがまた刺激的だったりするから始末が悪い。

これ見ないと絶対損するぞ。
期待しないで突撃せよ。
「愛のむきだし」はユーロスペースでは3月6日まで。全国順次公開。
なお、4時間にも及ぶ長尺物なので料金一般¥2,500。
高くない。

オフィシャルHP


                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 08:21 | カテゴリー:映画部

2009年02月18日

少年メリケンサック

「キャー!!! クドカン、サイコー」
って、遅い?
ずいぶん脚本書いてるなあ、面白いかも、
とは思っていたのだが、
テレビドラマを見るのはどうもかったるかったもんで
そのうちこれは見なきゃと思うものが出るまで放っておいた。

「少年メリケンサック」の予告編は、
予告編マニアの私にはたまらないオーラを放っていた。
パンク!篤姫じゃなくて宮崎!佐藤浩市!田口!木村!三宅!
おまけみたいにピエール滝!変な間!
クドカンのフニャフニャした体つき!(予告編には出て来ないけど)

日曜に見た。
俺だって忙しいのに無理して公開2日目、豊洲ユナイテッド・シネマの
割引券を握り締めて初回に突っ込んだぜ。
意外にすいてたぜ。
次の回でクドカンが舞台挨拶するんで
みんなそっちへ流れたな。
クドカン見てどうすんだよ。
映画見んだろうが。
もう何に興奮してんだか、全開バリバリでセックス・ピストルズの
「ゴッド・セイブ・ザ・クィーン」を口ずさみながら
前の座席ガンガン蹴って待ってたぜ。嘘。

そもそもパンク好きじゃないもん。
ロンドン時代からの親友がカラオケに行くと
セックス・ピストルズばっかり大声張り上げて歌うのだが、
ありゃカラオケで歌うもんじゃねーんじゃないの?
私は基本的には何でも聞くんだけど、
パンクはねぇ。
そんなに叫びたきゃ、海に向かって走るか、
「おかあさーん」と大声で呼んでみりゃいいじゃない。
なのに感動しちゃったじゃないか。嘘。
2時間ゲラゲラ笑いっぱなしじゃねえか。

佐藤浩市、俺と同じ歳だぜ。
完全にパンクしてないとこがダサくていいぜ。
ミヤザキー!お前、篤姫やりながらこんなもんも撮ってたのかよ。
「のう、滝山」とか言ってる間にできんのかよ。
頭ん中どうなってんだ?

クー、もう最高。
おかげでパンク大好きになっちゃったじゃねえか。嘘。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 10:07 | カテゴリー:映画部

2009年02月17日

鳥を放つ

某カード会社のCMでこの行為が取り上げられていたので
「あのことね」と理解される方もいらっしゃると思うが、
仏教圏、特に上座部仏教の国々では
良い行いを重ねることで、生まれ変わる時にはよりよい生活が得られる、
ということから、生き物を買って、
そのまま鳥は空に返し、亀は河に戻すことが行われている。
因果応報の応用ですな。
最初はペットでも売っているのかと思った。

私もどこでだったか思い出せないが、
一度だけ無理やり押し付けられて、
小さな鳥を放してやったことがある。

okura0217.jpg

鳥や亀を売るというか、善行を行わせることで
生活している人々がいるということは、
鳥、亀をガンガン取ってきて、
籠に押し込める連中もいるということである。
そのことについては皆さん誠におおらかに受け止めているようで、
そんな商売やめろ、と詰め寄る人は見たことがない。
取ってくる人間がいなきゃ、良いこともできないのだから
ごく自然にその状況を受け止めているようである。
善行のリサイクルである。

しかし、そりゃあまりにも露骨でやりすぎじゃないか、
と偽善的であることはわかりつつも思ってしまったことがあった。

プノンペンのトンレサップ河沿いにシソワット・キーという
観光客も集まるが、朝、夕、地元の方も勢ぞろいする楽しい場所がある。

okura0217-2.jpg

どう見ても仏様には見えない不思議な顔をした神様が
祀られた極小の寺院があるのだが、それがどういうわけか
夕方には大人気で、花売り、屋台も、男も、女も、
半ケツでしゃがみこんでいる若い娘も
(とにかくウルトラローライズのジーパンの娘が多い。
神様もすぐそばにいらっしゃるのだから
ローライズでもかまわないからしゃがむな、
ケツを見せるなと私は鋭い非難の視線を浴びせるのだが
周りの方々は気にしていない)
カップルも、親子もどっさり集まってくる。
お祈りに来ている人が三分の一といったところか。

そこに多数「善行を積みなよ」の鳥屋が並んでいる。
大繁盛という様子ではないが、客がいるから店を出しているわけで
ちゃんと「それー」と大空に鳥を放つ善男善女もいる。
とりあえず「えーことしてはる」と眺めていたのだが、
鳥を放すたびに大騒ぎする連中がいることに気が付いた。
放された鳥は弱っていて、その上暗くなってきているので
実は大空には舞い上がれず、すぐそばの木にもぐりこんでしまうのである。
それをめがけて竹竿を思った若い男たちが殺到する。
竹竿の先には強力な鳥もちがべったりと塗られており、
それをコソーっと伸ばして逃げたばかりの鳥をゲットしていく。
「ウヒョー、ウヒョー」と奇声を上げ真っ暗になるまで
走り回っている。
あの鳥は...食ったって肉なんかほとんどついていないので
きっと鳥屋が回収するのであろう。
あれだけ鳥もち塗られりゃ弱るし、うまく飛べんわな。

こうして善行のリサイクルも劣化していくのであった。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 11:31 | カテゴリー:

2009年02月16日

神様は火と水が好き

仏教の場合は仏様だが、今回使用する写真がヒンズー教のものなので
タイトルは便宜的に神様でご勘弁ください。

okura0216.jpg

イスラム教、その他私が未踏の地で栄える宗教については
知識が足らないので、絶対にそうだと言い切れないのだが、
長年の経験と勘からすると
「神様は火と水が好き」いうのは
そう間違ってもいないのではなかろうか。

火は大きいものでは「阿含の火祭」みたいなのもあるし、
バラーナスのダシャーシュワメード・ガートで
毎夕行われるヒンズー教のプージャ(礼拝)では10個くらいの灯明が
付けられた金属の大きな燭台をブンブン振り回す。
神道でも火の粉が飛び散るような祭りは各地で見られる。

水は灯籠流しのようになじみの深いもの、
キリスト教の洗礼に使用される聖水、
日本の神社、寺院の清めの水、
修行で滝に打たれたりもしますね。
極めつけはやはりガンジス河での沐浴か。
私がいる間に年に一度の大きな祭りがあり、
そこに押し寄せた巡礼がガンジス河に押し寄せる様は圧巻であった。

前回紹介した「仮想儀礼」の中でも見様見真似で始めた
マンション宗教も灯明を灯し、
聖水ということにした水を使用している。

別に宗教とは何も関係ない日常生活でも必要不可欠な火と水であるが、
こうもどの宗教行事でも大切にされるのは何故か。
「大事なものだからに決まっているじゃないか」
正解。
大事なものは大事にされるのである。
ひとつひとつ吟味していけばさまざまな理由が付けられているが、
ぐっと引いて見れば大差ないように思われる。

人間は「生きる目的」なく置いておかれている。
宗教的に目覚められた方々は「目的」が明確になっているであろうが、
もともと何故宗教が必要であったかということを考えると、
やはり存在への不安があったと私は考える。
20万年前に出現したとされるネアンデルタール人も
葬儀の儀式を行っていた。
人間が出現したと同時に宗教は発生しているのである。
それは恐れからである。
何故生きているのかもわからないまま死に至る存在。
動物も同様であるが、
人間がややこしかったのはそれを恐ろしいと思ってしまうくらい
生物として「優れていたか」あるいは「劣っていた」からである。
これについて書き始めるときりがないのでこれで打ち切るが、
恐れから人間の宗教意識は発生したというのは間違いない。

火と水は人間にとって生きていくための絶対必要条件であったため、
それがなくなってしまったときの恐れ、また、
それがコントロールが効かなくなったときの恐れ、
そこから火と水は特別扱いされていったと私は考えている。

ガンジス河の水をインド人は飲んでいるが、
あれは真似をしないほうがいい。
インド人にはがっちり耐性ができているが
清潔に生きすぎてしまったひ弱な日本人には
とても耐えられるものではない。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 05:48 | カテゴリー:from 大倉眞一郎

2009年02月14日

2.14 OA Stock,Hausen & Walkman BOW WOW WOW Francesco Tristano and more

1 YOU SEXY THING / HOT CHOCOLATE 

バレンタインデーにちなんでスイートな名前のバンドを。
同名のオハイオ出身のファンクバンドもいましたが、
こちらはイギリスで活動していたバンド。
デビュー曲はアップル・レーベルから出ており、
ジョン・レノンのカバーだったそう。
この曲はよくイギリスの恋愛映画やコメディで使われてますね。


2 HONEY / Stock,Hausen & Walkman 


音楽好きならニヤリとしてしまうセンス抜群の
ネーミングのユニット。
名前の元ネタとなっているのは、
現代音楽の大家”シュトックハウゼン”と、
80年代ユーロビートのヒットメイカーであった
プロデューサーチーム”Stock Aitken & Waterman”、
そしてSONYが発明し世界で大ヒットした
ポータブルカセットプレーヤー”WALKMAN"の3つ。
サンプリング音をコーラジュしていく
実験的なサウンドの方もGOODです。


3 FOOLS RUSH IN /BOW WOW WOW

スイートな話題の後は、お菓子好きで知られる王妃、
「マリー・アントワネット」のサウンドトラックから。
BOW WOW WOWはセックス・ピストルズを有名にした
マルコム・マクラレンがピストルズ解散後の1980年に
プロデュースしたバンド。
18世紀の宮廷を舞台にした映画にこの曲を使うあたり、
監督ソフィア・コッポラのセンスが光ってます。


4 STRINGS OF LIFE / FRANCESCO TRISTANO

世界中のダンスフロアでクラウドを熱狂させ、陶酔させた
デトロイトテクノの名曲をピアノでカバー。
トリスターノは1981年にルクセンブルグで生まれ、
NYの名門音楽学校ジュリアードを卒業後、
オルレアン国際20世紀ピアノコンクールで1位に輝いた
クラシックピアノの貴公子。


5  LOEY LOEY / NUSRAT FATEH ALI KHAN 

ヌスラットはパキスタンの伝統音楽カッワーリの歌い手。
その超人的な発声は唯一無二。
まあ人間国宝みたいな存在ですね。
ピーター・ガブリエルらの尽力によって、
世界的な存在となりましが、1997年に48歳という若さで
この世を去ってしまいました。


6 HEAVEN / CHAKA  

NYのインテリ集団トーキング・ヘッズの曲を
元PSY・SのCHAKAがカバー。
スピリチュアルな編曲を担当しているのは、
藤原ヒロシとダブマスターXこと宮崎泉の2人。
いつまでも好きな曲が流れ続けるHEAVENという
名前のBAR.
死後はこんなBARで飲みたいものです。
永遠に……。


BOOK BAR staff| 14:50 | カテゴリー:SONG LIST

2009年02月14日

仮想儀礼

大倉眞一郎セレクト

kasougirei-1.jpg kasougirei-2.jpg

著者:篠田節子


ネット宗教を題材に描く21世紀の黙示録。
著者の新たな代表作の呼び声も高い最新作。

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月14日

お菓子の由来物語

杏セレクト

    okashinoyurai.jpg

著者:猫井登  幻冬舎ルネッサンス

「ショートケーキ」、「エクレア」など140種のお菓子の
名前や形の歴史や由来について書かれたトリビア本。
ケーキの断面写真なども掲載されていて、
お菓子の構造にまで詳しくなる一冊です。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月13日

「たった一人の反乱」の間違った読み方考察

最近はどんなことになっているのか全然わからないが、
この危機に突入する前は六本木、銀座のクラブ、キャバクラは
妄想で脳みそが赤味噌状態になったオヤジたちで
すごい熱気であった、と聞いている。

よくテレビでは大学病院の教授が「有望な」若いのを連れて
「ママ、ママ、今日子ちゃん呼んで!」
「先生ったら、もうご執心ね」
「いいから、婆さんは引っ込んでろよ」
「はい、はい、じゃ、ごゆっくり」
てな会話が交わされていると思い込んでいるのだが、
違いました?
やはり、お医者様でも若い娘がお好きなようで、
妻がいるのに婦長とできていたりして、
離婚するまで利用するだけしておいて、
離婚が成立すると自分より、
20も30も若い看護婦と結婚したりする。
そんなドラマ多いじゃないですか。
これって私の妄想?

世の中、そんなことで一杯なんじゃないかと心配していたら
私の友人のおじさん方に聞いてみると、
それどころじゃなくて、あっちが痛かったり、
こっちが不具合だったりして、
私の妄想はまぎれもない妄想であることが判明して
一安心した次第である。

しかし、めったにないことであるということは
たまにはそんなこともあるということである。
一体どこの輩がそんな不届きなことを。
そんなニュース見たりするから、
おじさんたちは唯一若い女性とお話ができる場所へと
足しげく通うのである。

私はもうそんな幻想は持っていないので落ち着いたものだが、
妄想こそ力の源という人もいるので
一概には否定もできない。

okura0213.jpg

東京でそんな若い女性のいる場所に
出入りすることはなくなったのだが、
海外や地方に出かけると、
いわゆるスナックみたいな場所に出没する。
そこにはカメラを持って行き、ちゃんと了解をいただいた上で
何枚か撮影させていただく。

もちろん、
「私の写真はご遠慮いただいているんですよ」
とか
「撮るなー」
とカメラをさえぎる方もいらっしゃる。
そういう時は撮りませんからご安心を。

そういう場の空気が漂う写真が結構面白い。
「いいよ、撮って」と言っておきながら
顔を隠したり、はしゃぎ過ぎてぶれてしまったりもする。
そんなところから恋が生まれたりすることもあるかも
と勘違いしていたのだが、
その幻想の呪縛から解き放たれた私は今とてつもなく自由である。
ただ、見ず知らずのリスナーの方にお願いするのも何なんで、
スタッフは若い娘さんたちと飲むときは、
「大倉さんもどうですか」
と誘ってみてください。
幻想はいつまでも幻想であることを常に確認しておきたいもんで。

丸谷才一の「たった一人の反乱」は上記のような
妄想オヤジの小説では決してありませんから
是非、ご一読ください。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 07:54 | カテゴリー:from 大倉眞一郎

2009年02月10日

たった一人の反乱?みたいな?

今でも
「私、ああいうオヤジ?みたいな人が大好きなの」
と、これはという単語の語尾を上げて話をする人がいる。
あれが流行り始めたのはいつ頃だったか、
かけらも思い出せないのだが、
普段そういう流行に乗れなかった私は、
ここはひとつのチャンス?かもと思い、
果敢にチャレンジしたのだが、
いざとなると、使い方がわからなくなり、
へんなところの語尾が上がってしまって、
大変恥ずかしい思いをした後、簡単に断念してしまった。
慣れないことはやめたほうがいいということである。

さて、我が国の政治の場では現在「たった一人の反乱?」
みたいなのが大流行である。
なんといっても首相自ら身を挺して、
誰に反乱を起こしているのか知らないが、
与党の議員から「えーーーーーーー」と、
驚きの声が上がるくらい
国会答弁でご自身の信念に基づいてお話されている。
その勇気には心から敬意を表するところであるが、
そのたった一人の反乱に
「頼むから黙っていてくれ」
「書かれたものだけを漢字を間違えずに読んでいてほしい」
とか与党幹部といわれる
ラジオでもないのに匿名希望の無責任極まりない輩から
キャンキャン言われて、翌日にはあるいはその日のうちに
「ありゃりゃりゃ、また違うこと言うとんなはる」
と地元福岡の方でも驚かれるような身のこなしに
凡人の私はただただ、目をみはるばかりである。
「ぶれていない」もお好きなようで、
私なんか相田みつをさんが言ったかどうか本当は知らないが、
「ぶれてもいいじゃないか、人間なんだから」
と声をお掛けしたくなるほどである。

首相が反乱を起こしてご苦労をされているからであろうが、
皆さんもそれぞれの反乱を起こしていらっしゃる。
杉村太蔵先生なんて、ずーっと前から反乱を起こしていらっしゃるから
ブヒブヒ鼻息荒くして、さらに火の手を揚げようとされている。

中川先生も蛮勇を振り絞りテレビで
「その瞬間に判断します」
とかまた反乱?みたいな事をおっしゃっていらしたが、
また、どっしりと椅子の上から動かず姿勢で
「動かざること山の如し」である。
さすがですね。

塩崎先生や山本先生たちは「たった一人の反乱」じゃなくて
「ちょっと集まってみましたの反乱?みたいなー」だから
同類じゃないな。

渡辺善美先生は「たった一人の反乱」だったけど、
今は一人じゃなくなりましたね。
70年安保の時の
「連帯を求めて孤立を恐れず」
にはしびれたが、政治の世界ってどうなんでしょうねえ。

しっかし、首相が一言話す度にあっちからもこっちからも
「たった一人の匿名の独り言」が聞こえてくるってのもすごいな。
しかも、与党の中から。
みんな、「たった一人の反乱ごっこ」である。
あんまり怒られないみたいだから、
もしかしたら、自民党ってすごい組織なのかも。
いやまさに70年安保でヘルメットをかぶった若者たちの魂が
自民党の議員の皆さんに憑依しているのかもしれない。

スッゴイぜ。
ニュース番組も取り上げるけど、
ワイドショウからも目が離せないもん。
民主党は反乱ごっこは禁止されているようで
見ている分には自民党の方が圧倒的に面白いね。
ってそんな状況だったっけか。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 14:29 | カテゴリー:from 大倉眞一郎

2009年02月07日

2.07 OA 比屋定篤子 LEON WARE ELVIS PRESLEY and more

1 THINKING OF YOU / PAUL WELLER 

オアシスのギャラガー兄弟も慕うUKロックシーンの大兄貴。
ビートルズとともに音楽的原点となっているモッズ・カルチャーを
もじってモッドファーザーなんて異名も。
今年デビュー30周年だそうで、4月には来日公演もあります。
この曲はシスター・スレッジの70年代ヒットのカバー。
モッズやパンクから入ったウェラー・ファンには意外かもしれませんが、
実は大の黒人音楽好きなんですよね。

2 HOW LONG / ACE 

ポール・キャラックが在籍したバンドのデビューヒット。
ロックバンドとしてはソフトでちょっと軟派な、
後のAORブームの先駆けのようなサウンドが新鮮。
ただしちょっと早すぎたのかチャートでは20位止まりでした。


3 りこうな櫻んぼ /比屋定篤子 

沖縄出身のシンガーソングライター。
得意としているのはボサノヴァなどブラジリアン・ミュージック。
ここでは金子みすゞの詩にメロディーを付け、
童謡のように歌っている。


4 PUFF, THE MAGIC DRAGON /PETER PAUL & MARY

邦題は「パフ」。
日本では童謡として扱われることが多いが、アメリカでは
ベトナム戦争の反戦歌だったり、ヒッピー文化のドラッグに
ついての歌と曲解されたりもしていた。

5 LEARNING HOW TO LOVE YOU /LEON WARE

レオン・ウェアはマーヴィン・ゲイ不朽の名曲「I WAN YOU」の作者。
ソロで発表したこの曲はそのベースとなっていることが、
複雑のコーラス・アレンジなどからわかる。
名匠クインシーに見出された才能。


6  LET’S FALL IN LOVE / DIANA KRALL 

カナダ出身のジャズシンガー。
なんと15歳の時から地元のレストランで歌っていたという
早熟ぶりで、その後は音楽エリート校であるボストンの
バークリー音楽院に進学し、順調のキャリアを積み上げてきた。
5年ほど前、エルヴィス・コステロと結婚したという
ニュースが飛び込んできたときは驚きました。


7 FOOLS FALL IN LOVE / ELVIS PRESLEY  

音の三ツ星シェフ小西康陽氏曰く、
オリジナルのドリフターズを凌ぐ魅力をもつという
エルヴィスが1960年代半ばにカバーしたオールディーズ。
ちょと力を抜いた感じの軽快なエルヴィスの歌が
オトナの余裕を感じさせます。


BOOK BAR staff| 14:53 | カテゴリー:SONG LIST

2009年02月07日

たった一人の反乱

大倉眞一郎セレクト

    tattahitorinohanran.jpg   

著者:丸谷才一  講談社文芸文庫

出向を拒否した官僚が民間会社に就職し、
若いモデルと再婚する。
そこで殺人の刑期を終えた妻の祖母が同居したことから、
主人公の生活は奇妙なことになっていく。
1972年の谷崎潤一郎賞受賞作品。

丸谷才一はそのほかにも多数の文学賞に輝く文豪。
芥川龍之介賞(1968年)
読売文学賞(1974年)
大佛次郎賞(1983年)
野間文芸賞(1985年)
川端康成文学賞(1988年)
大佛次郎賞(2000年)
泉鏡花文学賞(2003年)

BOOK BAR staff| 14:34 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月07日

みすゞさんぽ

杏セレクト

    misuzusanpo.jpg

著者:金子みすゞ

大正末期から昭和初期にかけて執筆活動をしていた詩人。
この本では厳選された35作の作品に、
かわいい人形をつけたコンパクト詩集。

BOOK BAR staff| 14:15 | カテゴリー:BOOK INFO

2009年02月04日

007

先日、大昔の007をテレビでやっていたので
途中まで見ていたのだが、
あんまりにもアンポンタンな内容にびっくりして途中でやめてしまった。
やっぱりそのくらい最新の「慰めの報酬」は良くできているのである。
面白いですよ。

面白いのはアクションもなのだが、
とうとう誰と喧嘩していいのかわからなくなって、
代理の悪人を立ててはいるものの、
CIAもMI6もどうなのよ、と軽い突込みを入れ始めたところが
一番面白い。
敵は内に在りである。
まあ、見て損はさせません。
つまらなかったという男性はオルガ・キュリレンコという
ウクライナ人の超美人女優が、何故かボリビア人の役で出ているので
そちらを拝めただけでもいいじゃないですか。

MI6とは泣く子も黙るイギリスの対外情報機関である。
どこか、誰も知らない地中深い所にあって、
人通りの少ない路地の公衆電話ボックスから出入りするんだろう
と思っている人がいるに違いないが、
実は本部は私が勤めていた会社から歩いて2分の場所、
バークリー・スクウェアの端に構えられており、
教えられなきゃ誰もわからなかった。
今は移動したと聞いているので、ご覧になれません。
普通のビルと違うのは窓ガラスがすべてコンクリートで
固められていて中が全く覗けなかったのと、
隠しカメラが歩道に向けられており、
ビルの横を通る人間が監視されていたことくらいか。

我々が通った日本食屋がそこから30秒のところにあったので
きっと殺しのライセンスを持った諜報部員と
何度も鉢合わせしていたことであろう。

さて、そのイギリスが危機である。
「俺、もう不動産4つも持っちゃてて、OKって感じ」
と胸を張っていたイギリス人の親友にはもう5年も前から
絶対にこのバブルははじけるからすぐに売れと忠告していた。
5年間嘘つき扱いされて、そのままになっていたのだが、
先日メールで
「お前の言っていた通りになったな、かなりヤバイ」
と反省の弁が綴られていた。

今、ポンドは120円台で取引されているが、
一時的には120円を切っている。
これは円に対しては史上最安値である。
私がいたとき一瞬129円までつけたことがあり、
我々は給料上げろと大騒ぎしたのであるが、
再度ポンド高になり、一昨年は250円まで上昇している。

どの国も銀行を事実上国有化した形になっており、
似たような状況に見えるが、イギリスは金融ビッグバン以来
シティ(金融街のことをさして呼ぶ)はすさまじい活況を呈し、
イケイケムード全開であったのが、
もうドボン寸前かドボンしたかの状態である。
バブルが激しかった国が大きな打撃を受けるのは必然である。
金融破綻を避けるため銀行に
無制限の保障をすることを宣言しているが、
冷静に銀行が持っている不良化しそうな債権の額を見れば
異常を通り越して、財政破綻は確定したと言ってもおかしくない。
際限なく国債は発行できないし、ポンドを増刷させれば通貨崩壊へつながる。

アメリカのドルによる覇権は終わり、
基軸通貨としての役割は終了しつつあるが、
「借金はしたほうが勝ち」というアホなフレーズは
このケース、正しかったようで、
ドルが暴落してしまうと大変なことになってしまう国、
(つまりアメリカ国債を大量に保有している国
あるいは、経済をアメリカへの輸出に頼っている国)
中国、日本は何としてもそれをさせないようにせざるを得ない。
やはり、腐っても基軸通貨なのである。
ポンドの不幸はイギリスがアメリカとお祭り騒ぎをしたのは仕方がないが、
基軸通貨ではなかったということである。
ポンド暴落でものすごく困る国はそんなに多くないのである。

では、どうすればよいか、ということになるのだが、
困るのは、どんな手も残されていないことだ。
IMFに頼るくらいしかなくなるのではないか。
しかし、かつてIMFに頼って復活した国はない。
復活した国々はIMFのおかげでなく、
自助努力とグローバリズムに乗っかることで経済復興を遂げた。
もっと過激なことを述べているマスコミ
(いい加減なものではなく世界的権威のある経済新聞等)はたくさんあるが、
私は、これくらいにしておこう。

第二の故国のつもりでいるイギリスの現状には激しく心痛む。
困っている友人も多いはずである。
私が中途半端に書いたことが全部出鱈目であることを願うばかりである。
MI6がかつて世界中を騙しまくったように、
人知れず大活躍して凌ぎきることができるかなあ。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 11:30 | カテゴリー:映画部

2009年02月02日

極彩色の寺院

0202okura.jpg

日本の寺にはなかなか長居できない。
というよりも、建物の中に勝手に入っていいものかどうかさえわからない。
「喝!」
って怒られるのは絶対に嫌だ。

ネパール、タイ、ラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナムの
仏教寺院には数え切れないくらい訪れたが、
お金払うところ、ここはさすがに遠慮したほうがいいだろうと
感じられるところ等あるが、
基本的にはカメラぶら下げてフラーっと入り込んで、
「出て行け」
と追い出されたところはない。
逆にミャンマーでは坊さんの暮らしている大広間に上がれ上がれと
歓迎されたこともある。

ガンボジアのコンポンチャムで見つけた小さなお寺では
近所の人かしら、と思われる方々が、暇そうにダラーンとしていた。
極彩色の寺の中で。
飽きないですな。
少なくとも通りすがりの旅行者には。

黄金に輝くパコダ、仏像は数知れない。
日本では日光東照宮が例外的に色彩鮮やかであるが、
全部がああいうのだと、日本人にはやはり抵抗があるかもしれない。
妙にストイックに鄙びた感じが好きですね。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 04:24 | カテゴリー:

2009年02月01日

プライド

「おーほっほっほっほ、下品に育つとやっぱり馬鹿になるわね」
「あーら、馬鹿って言う人が、一番馬鹿なのよ、
ご存じなかったかしら?」
「やる気だけあって、才能がない人が一番扱いに困るわね」
「才能があるって思い込んでいる人って、お気の毒だわ」

って感じの映画だろうと思って、見に行くつもりはなかったのだが、
ある映画評で意外に点数が高かったので、
評論家に言うことは聞くなと申し上げている私だが、
つい足を運んでしまった。
なんせ一条ゆかり先生の漫画だし、
50を超えたオヤジには辛い時間になるかもしれなかったが、
こういうのは勢いである。

気持ちを真っ白にして、どんなものでもどんと受け止めるつもりで
席に着いたのだが、どうも様子が違う。

前述の会話はもちろん私が作ったもので、
そんなセリフはどこにも出て来ないのだが、
微妙なニュアンスの点では当たっていないこともない。
ただ、それがねじれて、ひねられて、上下逆さまになって、
すさまじいウネウネの中に放り出される。

主人公のお父さんが映画の早い段階で登場する。
若い父親だなあ、年齢的におかしくないか、
と思って良く見たら何とジョンじゃないの。
ジョン・カビラさん。
俺よりひとつ年下なのにどうしてこんなに若いの?
酔っ払うと結構オヤジになるんだけど、
この年齢不詳の若さは何なんだ。
私も暗いとこでは40代前半になることもあるのに
ジョンは明るくても40代かよ、
人生、不公平だぜ全く。
まるで映画全般を通しての不条理そのままである。

さらに物語の大波に翻弄されながら
息を詰めて見入っていたらもう一人見たことのある顔が。
大くんかないか。
まるで知っているかのような書き方だが、
本当は一度ぺこりとご挨拶したことがあるだけ。
杏ちゃん、相変わらず兄貴もかっこいいぜ。

一体このお話はどんなことになるのかしら、
とオヤジ少女になって、すっかりはまってしまった。

オペラ歌手を目指す二人の美女が戦い、競い合い、
技を掛け合うすさまじい情念の映画でもあるかな、ちょっと。
大くん、結婚してもこんなにモテモテの役でいいんだろうか。

さすがにオペラを歌うシーンは吹き替えのようだが、
その他の歌は実際に二人とも歌っている。
うまいじゃないか、歌詞はすごいことになっているけど。
サントラがないか映画の後、探しに行っちゃたぜ。

この映画は良し悪しを云々する類の映画ではない。
純粋に楽しみに行く映画である。
この面白さがわからない人はかわいそうだなあ。
つまらなくても、文句は言わないこと。
自己責任でお願いしたい。

私の素直な感想は
「面白かった」
である。

                              大倉眞一郎

BOOK BAR staff| 05:18 | カテゴリー:映画部


バックナンバー

カテゴリー