2017年03月23日

【3/23オンエア曲リスト】 DARKEST BEFORE DAWN - 三浦大知、ほか

今日は、芸歴20年目に突入! そして、ビープラファミリー! 三浦大知さんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●ニューアルバム「HIT」

アルバム名は、「THE ENTERTAINER」の時と同じで、自分で言っちゃう面白さみたいなもありつつ、自分が普通に普段聴いている音楽の傾向があるなと思って、そんな意味もあってつけました。今自分が好きなものをナチュラルに入れたところがあるので前作とかよりトレンド感があるのかなと。曲順は、今回は僕の案が採用された形です。今までの曲順より、よりライブっぽいかなと。ライブでこのままの曲順でやっても気持ちいいものになっている感じはしますね。

(曲順やアルバムの流れにストーリーをこめてたりする?)
うーん、今の時代ではどっちでもいいのかなとは思います。もちろん繋がりで聴いてもらえたら、曲間の秒数とかも細かく決めているので一番いいかなと思うんですけど、でも今は自分でプレイリストも作れるし、一番自分の気持ちのいいスタイルで聴いてもらえたらとは思いますけどね。

今回のアルバムではSOIL&"PIMP"SESSIONSさんと一緒にやれたのが楽しかったです。生音で踊りたいと思っていて、それができるのは SOILさんしかないと思って。依頼した時がちょうどリオオリンピックの開幕前で、サンバになっていったという。こういう手法の曲は初めてだったので、とても楽しかった。お互いに、お互いでしかできないことを出来たらいいなと思っていたのでそれができて嬉しかったです。

【三浦大知】

20170323_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/23>

素晴らしきかな、この世界〜WHAT A WONDERFUL WORLD(DAY2 MIX) - MIYAVI
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
拝啓グッバイさようなら - DAOKO
ONE TWO - !!!
SPRING - BEN WATT
SUNRISE - NORAH JONES
CLOUD 9(FRED FALKE REMIX) - JAMIROQUAI
GET IT TOGETHER - DRAKE FEAT.BLACK COFFEE AND JORJA SMITH
美しい棘 - GLIM SPANKY
りんごの木 - 大橋トリオ
ROCKABYE - CLEAN BANDIT FEAT.SEAN PAUL/ANNE MARIE
SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
CRY AND FIGHT - 三浦大知
DARKEST BEFORE DAWN - 三浦大知
SPRING OF LIFE - PERFUME
ADVENTURE OF A LIFETIME - COLDPLAY
前前前世(ORIGINAL VER.) - RADWIMPS
WAITING ON A FEELING - SHAKES
COME TOGETHER - DYGL
人間交差点 - RHYMESTER
BEACH - LOWTIDE
大人の言うことを聞け - NAKAMURAEMI
WHAT YOU WAITING FOR? - GWEN STEFANI
じぶんROCK - ONE OK ROCK
※「THE」は省略。

STAFF| 14:03 | カテゴリー:Records

2017年03月22日

【3/22オンエア曲リスト】 A.G.I.T. - SUCHMOS、ほか

今日は、4月にオープンする銀座エリア最大の商業施設、「GINZA SIX」から出張生放送!
「GINZA SIX」開業に携わったインテリア・デザイナーのグエナエル・ニコラさんにお話を伺いました♪
------------------------------------------------

●GINZA SIXのインテリアデザインを手がけて

3年携わったんですけれどそれがまもなく完成ということでとても楽しみです。私はパブリックスペースを担当しました。いわゆるGINZA SIXの「顔」となる部分です。どんな色を使うのか、どんな要素を取り入れるのか、いかにサプライズを提供するのかというところを元に色々なデザインが決まっていくのです。

始める時には、プロジェクトの大きさを考えるのではなく、一人を考えるのです。ファッションショーで服を作る時に一人の着る人を考えるのと同じです。アイコンになる場所がメディア映えする、写真や映像で見た時に世界中からすぐそこだと分かるような場所になるようになっていると思います。

すごく面白いのは、今回のデザインを日本人に見せると、「日本ぽいですね!」と言うんですけど、外国人に見せると「未来的ですね」と返ってくる。それは日本的なデザインの優れているところで非常にタイムレスであるということです。過去とか未来とかいうものを取っ払って考えられるだけのものを日本の伝統は持っているわけですから、そういうものを取りいれました。

暖簾をモチーフにした外観はおもてなしの心を現していて、中のシャンパンカラーも色ではなく光で歓迎の気持ちを表現しています。実際に中を歩くときを想像し、どのように歩くのか、ステージの振付師のような気分になりデザインをしました。お客さんにどんな驚きを与えることができるのか、そのゲームを楽しむのがデザインだと思います。

【GINZA SIX】

20170322_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/22>

ANOTHER DAY OF SUN - LA LA LAND CAST
ALWAYS BELONG TO YOU - MICHELLE SHAPROW
I DON'T CARE - EVANTURETIME AND YLLIS
BATTLE SYMPHONY - LINKIN PARK
BECAUSE OF YOU - JUJU
LYING TO YOU(SATIN JACKETS REMIX) - GOLDROOM
I WANT YOU - CEE LO GREEN
TOKYO - 井上陽水
GOT YOUR BACK - CRADLE ORCHESTRA/GIOVANCA
春咲小紅 - 矢野顕子
CASTLE ON THE HILL - ED SHEERAN
COSMIC NIGHT RUN - M FLO LOVES 野宮真貴/CRAZY KEN BAND
SINCE YESTERDAY - STRAWBERRY SWITCHBLADE
キラーチューン - 東京事変
TROPICAL LOVE - 電気グルーヴ
LUCKY - JASON MRAZ FEAT.COLBIE CAILLAT
YOUR KISS IS SWEET - SYREETA
サクラ〜卒業できなかった君へ - 半崎美子
TOKYO GIRL - PERFUME
A.G.I.T. - SUCHMOS
SUIT AND TIE - JUSTIN TIMBERLAKE FEAT.JAY Z
CITY LIGHTS - FANTASTIC PLASTIC MACHINE
※「THE」は省略。

STAFF| 16:11 | カテゴリー:Records

2017年03月21日

【3/21オンエア曲リスト】 樹海の糸 - COCCO、ほか

今日、デビュー20周年を迎えた、COCCOさんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●デビュー20周年!

デビューした日のこと、何も覚えてない!あ、でもタワレコに、自分のCDが本当に置かれているかどうかマネージャーと一緒に見に行ったと思う。懐かしいね。20年やると思わなかった。みんな驚いた、ビクターも(笑)。結構な中堅にきたんだなと思ったけど、20周年のインタビューとか受けると、インタビューした人が35周年なんだとか言うわけよ(笑)。やってきたぜって気持ちはあるけど、上には上がいるからまだまだなんだろうなと思って。粛々とやっていこうと思ってる。

●記念ベストアルバム 「20周年リクエストベスト+レアトラックス」リリース

ファンのリクエストなんだけどビックリした。ライブの時もファンになにがいいですかとは聞かないし、初めてだったわけ。誰がリクエストしてくれるの?って思ってたけどいっぱいきて、しかも自分たちが忘れてた曲なんかも入ってるのよ。カップリングの曲とか。今は音楽をCDであんまり買わないけど、コウたちがデビューした時って、まだ最後のミリオンセラーとかがあった時代で、CDを聴いてた世代の最後みたいなやつだから3曲入りのCDとかを何度も聴いて頭に戻って、みたいなことをしてくれてる人たち。シングルCDに思い入れがあるっていうのが伝わってくる結果だった。ありがたいねぇって。トリビュートもね、あんまり誘われないわけ。あんまりCOCCOやらないだろうと思われてるみたいで。ガードかたそうなのかな(笑)。バンドやりたいって言っても誰も組んでくれないし。前にビクターのエレベーターに、バンド募集っていうビリって破るスタジオにあるようなヤツ貼ったことがあるんだけど誰も持って行かないわけよ!だからSINGER SONGERっていうのをやった時はとっても嬉しかったの。くるりの岸田が相手にしてくれたから(笑)。
(じゃあ本当はもっと誘って欲しい?)
そう、でも誘われて断るのが女でしょ!(笑)いや〜もう誘われちゃって〜って言って断ってみたいけど、その余裕は今ない(笑)。

【COCCO】
★20周年記念ベストアルバム「20周年リクエストベスト+レアトラックス」リリース!

20170321_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/21>

SAKURA - レミオロメン
TOUCH - LITTLE MIX FEAT.KID INK
MAGICAL FICTION - チャットモンチー
GLOW - DRAKE FEAT.KANYE WEST
恋をしたのは - AIKO
HUMAN - RAG 'N' BONE MAN
GREEN LIGHT - LORDE
さよならバイスタンダー - YUKI
ACROSS THE UNIVERSE - BEATLES
RAININ'THROUGH MY SUNSHINE - REAL THING
CLOUD 9 - JAMIROQUAI
樹海の糸 - COCCO
初花凛々 - SINGER SONGER
HOW FAR I'LL GO - ALESSIA CARA
GOOD RIDDANCE(TIME OF YOU LIFE) - GREEN DAY
OH! RADIO - 忌野清志郎
ユー メイ ドリーム - SHEENA AND THE ROKKETS
雨は毛布のように - キリンジ
GUN - CHVRCHES
RAINY WALK - 山下達郎
PURPLE RAIN - PRINCE AND THE REVOLUTION
※「THE」は省略。

STAFF| 16:29 | カテゴリー:Records

2017年03月16日

【3/16オンエア曲リスト】 TREAT YOU BETTER - SHAWN MENDES、ほか

今日は注目のシンガー、ショーン・メンデスへのインタビューをお届けしました♪
------------------------------------------------

●初めての日本は?

みんなとても楽しんでいます。とても優しいんですよね。カナダ人も優しいんだけど、日本人はもっと優しいかも!
(なぜカナダは音楽的な才能にあふれている方が多いんでしょうか)
なぜなのかは分からないですが、学校はとても応援してくれます。歌を歌うということに対しても。どこで歌っても恥ずかしい思いをすることなく、歌うことができます。
(そもそものきっかけは?)
13歳の時にギターを弾いて歌っていたのを、友達が「載せたほうがいいよ!」とyoutubeに載せたのがきっかけなんです。載せて良かったです。その頃はまだVINEが登場していなかったのですが、VINEが登場し火が付いたという感じです。夏で、何もやることがなかったのでVINEに載せてみたんです(笑)。最初はプロになりたいとは思っていなかったけど、段々楽しくなってきてこの仕事をやってみようと思いました。
(ご家族も音楽を?)
両親は音楽が好きで、色々な音楽を聴いていました。ジャズやサルサをかけて踊るなんてこともありましたね。僕も色んな音楽を聴いてきました。

●アルバム「イルミネイト」

ついに、という感じです。自分の身体の一部になる作品ができたと思いましたし、音楽をやっている人にとっては夢がかなったということです。どういう曲を作るかというのは考えて作るわけじゃないんですけど、ちょうど「イルミネイト」の時はゆっくりした曲が多かったですね。ここ最近は速めの曲を多く作っていて、そういう流れみたいなものがあるんですよね。ギターは自分にとってとても大事な楽器です。ジョン・メイヤーのように上手く弾きたいけど、なかなか大変です。何年も何年も練習が必要だなと思います。ジョン・メイヤーは、僕の一つの目標ですね!

【Shawn Mendes】
★デビューアルバム「Illuminate」リリース!
★3/25(土)開催の「POPSPRING」にも出演決定!

20170316_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/16>

SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
RUNNING OFF - MAGNUS BECHMANN
良すた - きゃりーぱみゅぱみゅ
MARY JANE(ALL NIGHT LONG) - MARY J.BLIGE
THAT'S WHAT I LIKE - BRUNO MARS
LADY - ちゃんみな
赤裸ライアー - GACHARIC SPIN
YOU KNOW I'M NO GOOD - AMY WINEHOUSE
HEAVY - POWERS
DIVIDUAL HEART - SATELLITE YOUNG
I DON'T WANNA LIVE FOREVER(FIFTY SHADES DARKER) - ZAYN/TAYLOR SWIFT
TREAT YOU BETTER - SHAWN MENDES
CLOCKS - COLDPLAY
僕の心をつくってよ - 平井堅
CHANEL - FRANK OCEAN
BABYGIRL - CHARLI XCX FEAT.UFFIE
COLD - MAROON 5 FEAT.FUTURE
#HASHDARK - CHARISMA.COM
染まるよ - チャットモンチー
LIVE WHILE WE'RE YOUNG - ONE DIRECTION
MUSIC - 三浦大知
虹色バス - 宇多田ヒカル
FLOWERS IN THE WINDOW - TRAVIS
春の歌 - SPITZ
※「THE」は省略。

STAFF| 13:51 | カテゴリー:Records

2017年03月15日

【3/15オンエア曲リスト】 アストライド - スガシカオ、ほか

今日は、5月6日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催される「スガフェス」のチケット特別予約の受け付けを実施。
さらに、主催者であるスガシカオさんご本人もスタジオに登場してくれました♪
------------------------------------------------

●20周年記念のミラクルフェス「スガフェス!」

今回のフェスに関しては、出演者みんなガチの友達で。いつも仲良くしているメンツを集めたという感じなんです。
(すごいメンバーですよね)
無駄に歴が長いので(笑)20周年ですか。この20年をもう一回やれって言われたら無理です(笑)。この綱渡りをもう一度やり直せって言われたら、もう渡れないかなっていうのが2、3回あったんで。多分強運なんでしょうね。ここはもうダメかなと思うところで、なんとか乗り越えられるんです。
(稲川淳二さんもご出演されると)
稲川さんもガチ友なんで。飲みに行っても、4時間くらいずっと怖い話ですよ。もう、日常会話が怖い(笑)ちょっとどっかに行った話すると、「ああ、あの辺はね…」って怖い話が始まるんですよ。

フェスは、2部に分かれていて、前半はバンドスタイルのアーティスト。で、1回休憩で転換をしてハウスバンドスタイルでボーカルだけがどんどん変わっていくスタイルに変わります。やっぱり色んな人が出ていて面白いんで、その日しか見られないようなコラボレーションをやろうかと思ってます。山村 隆太(flumpool)君と高橋優君と、僕と3人でやる、この日限りのアコースティックユニットがあるんですけど、これはかなりすごいと思う。みんな、この日のMVPを誰が取るかでピリピリしていますから(笑)。僕の所に色んなアーティストから探りが入るので(笑)。

20年に一度のミラクルフェス、ってことなので、次に見られるのは20年後です!ぜひ遊びに来てほしいと思います。

【スガフェス】

20170315_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/15>

PARIS - CHAINSMOKERS
WHERE U IZ - FATBOY SLIM
愛について - スガシカオ
BECAUSE OF YOU(LIVE VER.) - JUJU
GREEN LIGHT - LORDE
GALWAY GIRL - ED SHEERAN
アストライド - スガシカオ
ザ・ギョウザ - くもゆき
RANDY - JUSTICE
最&高 - きゃりーぱみゅぱみゅ
真夜中の虹 - スガシカオ
CLOUD 9 - JAMIROQUAI
DRIVING(ACOUSTIC MIX) - EVERYTHING BUT THE GIRL
陽 - クリープハイプ×谷口鮪
SWEET THING - RUFUS AND CHAKA KHAN
愛はおしゃれじゃない - 岡村靖幸/小出祐介
WANT TO WANT ME - JASON DERULO
FUX WITH THE TUX - TUXEDO
カジャラのテーマ - 徳澤青弦
GO - CHEMICAL BROTHERS FEAT.Q TIP
ダイヤモンド - BUMP OF CHICKEN
OVERNIGHT SUCCESS - TERI DESARIO
IN MY LIFE - BEATLES
※「THE」は省略。

STAFF| 15:42 | カテゴリー:Records

2017年03月14日

【3/14オンエア曲リスト】 BLACK MAGIC WOMAN - SANTANA、ほか

今日は、来月の4月27日に日本武道館公演を行う伝説のギタリスト、カルロス・サンタナへの電話インタビューをお届けしました♪
------------------------------------------------

【SANTANA】
カルロス・サンタナが率いるラテンロックバンド。1969年にデビューし、 あの伝説のフェス「ウッドストック」へ出演。一躍その名を全国区へ押し上げました。70年代に入り、「ジャズ」「前衛音楽」、そして再び「ラテンロック」へとスタイルを変え、メンバーチェンジを幾度となく繰り返しながら、バンドは存続してゆきます。(バンドを脱退したニールとグレッグ・ローリーは後にジャーニーを結成したことでも有名です。)カルロスサンタナはジョン・マクラフリンやハービー・ハンコック、エアロスミスのスティーヴン・タイラーやメタリカのカーク・ハメットなど、数多くのミュージシャンと共演し、過去、グラミー賞10冠に輝いた、のまさにレジェンドギタリスト。

--------------------

何度も来日しているサンタナ、
過去の来日公演の時の思い出話をきいてみました。
一番、最初に日本に来たことは
覚えているのでしょうか??

--------------------
サッシャ:日本に始めてきた日のこと覚えていますか?

カルロスサンタナ:1973年が一回目で…もう数えてないけど。

サッシャ:初めてのこと覚えていますか?

サンタナ:覚えてますよ、暑くて…当時アメリカとは全く違ったんです。マクドナルドも無かったし、日本は日本だったんです。着物を着ている女性も居ましたし、西洋の影響もそれほど無かったんです。それは今も恋しいですね。庭園に行って…今ももちろん美しいですが、当時も美しくて…「日本に居る」という感じで、LAやNYとは全く違う、日本だったんです。

サッシャ:生まれてきた場所と似ているところがあったんですか?

サンタナ:いや、他のところとは全く違う場所でした。人々が庭園を大事にすること、子どもを大事にすること…「尊敬」が日本では大事なんですよね。それをすごく学んでいますよ。日本人が持っているモノを、アメリカにも欲しいと思います。アメリカは『United States』と云いますが、あまり一つになっていない。ただ、日本ではまとまりを感じるんです。その上、美しいんですよね。
--------------------

サンタナが初来日ライブを行った1973年の
日本ってそんな感じだったんですね!
サンタナよく覚えてる!

子供を大事にする点では、
サンタナは1999年に教育支援組織、
Milagro Foundationを設立し、
教育拡充のための草の根活動を行なっているんですね。
(ライブの売り上げの一部を寄付したり…)

何度も来日をしている、サンタナはやはり、
日本の文化にも精通しているのでしょうか?
どんな言葉が好きかきいてみました。

--------------------
サッシャ:日本の好きな言葉ってありますか??

サンタナ:「もしもし」!「しゃぶしゃぶ」!!しゃぶしゃぶは大好きなスープだし、ハローキティとかにも美しさがありますよね。マスコットも日本では有名ですよね?日本人は「可愛い」で居ることを恐れないですよね。

サッシャ:日本で行かないといけない場所、しないといけない事って何でしょう?

サンタナ:寺院に、静かな所に行きたいんですよね。それを観て…聖なるところを感じたいな。それぞれのお寺に灯(あか)りを感じるんです。内なる光、聖なる光を感じます。コンピューターや衛星、携帯電話よりも大事ですね。
--------------------

お寺!!過去に東洋思想へ影響を受けて、
1979年には「Oneness」という
アルバムも作っていますからね。

実は今回の日本ツアーにあわせ、
1973年サンタナの初来日公演を収めた
3枚組ライヴ・アルバム『ロータスの伝説』の
「完全版」が4月19日に
世界初リリースされることが決定しています。

このライヴ盤は1973年7月3日と4日の
大阪公演を収録してあり、
若きサンタナ・バンドが日本のオーディエンスを前に
凄まじい演奏を繰り広げた、
ライヴ・イン・ジャパンの金字塔的作品。
ぜひ、こちらもチェックしてください!

後半は今の音楽シーンについての質問からスタートします。
「ダンスミュージックがアメリカに来て、
ヒップホップもダンスミュージックの影響も大きいです。
今はジャズの影響を感じたり、
70年台〜90年台の影響を受けている曲も聞こえますが、
今の音楽界について、サンタナは満足しているのでしょうか?

--------------------
サンタナ:
ダンスから戻ってきているのは嬉しいですね。そういう音楽も好きですよ?リップ・シンキングで繋がっているのも、それはそれで良いと思うんです。ただ、本物の声をシェア出来ると良いと思うんです。リアルなミュージシャンがジャズに戻っているのは嬉しいです。日本は常に「本物」を大事にしてくれました。本物を観る…歌舞伎を観たり、シアターロックですよね、演劇。ウェイン・ショーターとかハービー・ハンコックとか、日野皓正とか…日本では素晴らしいものがいっぱいあります。

--------------------

50年近く、活動を続けている
カルロス・サンタナ。
音楽へ向かうモチベーションは
どんなところから生まれるのでしょうか?

--------------------
サッシャ:長く活動を続けれていますが、そのモチベーションはどこから来るものですか?

サンタナ:シンディ(・ブラックマン・サンタナ:Dram)と私は人々の心に届くことを楽しんでいるんです。多くの人々は、色んな所で"被害者"になっていることが多いんです。でも音楽を聞いて、気持ちを奮い立たせて、「自分は素晴らしいんだ、戦士である」ことを目覚めさせる、というか。怪我をした人には色んな理由がありますが、そうじゃなくて、「戦えるんだ!」というポジティブな気持ちを起こさせるってことなんだ。

サッシャ:生きる、ということは「ポジティブだ」ということを伝えたいってことですね?

サンタナ:その通りなんです。神からのギフトなんです。

サッシャ:日本の神道では『全ての物が神』だったりしますが、あなたの音楽や考え方に近いものがありますね?

サンタナ:我々は繋がっているんです。内側で繋がっています。それは必然だったりします。そういったスピリットに手が届く、それに触れることが出来ることをわかっているんです。

サッシャ:今度お会い出来るのを楽しみにしています。

サンタナ:エネルギーたくさんだと思います。シンディがドラムを叩く、最高のバンドだと思います。それを皆さんにシェアできるのを楽しみにしています!
--------------------

では、最後に楽しみにしているファンへ
カルロス・サンタナからメッセージです!

--------------------
サンタナ:
STAY HAPPY & MUSHI MUSHI!!

--------------------

「サンタナ」、4月27日に日本武道館で来日ライブです!
ぜひ、レジェンドが紡ぎ出すステージ、目撃してください。

20170314_bp.jpg
番組でプレゼントした「サンタナのバンダナ」♪

<OA曲目リスト: 2017/3/14>

ERASER - ED SHEERAN
COME TOGETHER - DYGL
SHOW YOU LOVE - KATO AND SIGALA FEAT.HAILEE STEINFELD
3AM(PULL UP) - CHARLI XCX FEAT.MO
HYPNOTISED - COLDPLAY
BLOOD ON ME - SAMPHA
ME AND MY GIRLS - FIFTH HARMONY
人魚 - 宇多田ヒカル
ENGLISHMAN IN NEW YORK - STING
HEAVY - LINKIN PARK FEAT.KIIARA
ハートに火をつけて - 9MM PARABELLUM BULLET
BLACK MAGIC WOMAN - SANTANA
GYPSY QUEEN - SANTANA
STILL FEEL LIKE YOUR MAN - JOHN MAYER
JUST GIVE ME A REASON - PINK FEAT.NATE RUESS
WHEN I WAS A BOY - A GREAT BIG WORLD
アストライド - スガシカオ
LADY MADONNA - BEATLES
LOVE NEVER FELT SO GOOD - MICHAEL JACKSON
ずっと好きだった - 斉藤和義
ONE CALL AWAY - CHARLIE PUTH
SHE - ELVIS COSTELLO
※「THE」は省略。

STAFF| 15:58 | カテゴリー:Records

2017年03月13日

【3/13オンエア曲リスト】 SHELTER - PORTER ROBINSON/MADEON、ほか

先日来日していた夢のコラボ・プロジェクト「ポーターロビンソン&マデオン」へのインタビューをお届けしました♪

【ポーター・ロビンソン&マデオン】
★夢のコラボアルバム「Shelter」リリース!

20170313_bp2.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/13>

SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
LONELY BOY - BLACK KEYS
トーキョー - カノエラナ
WATERFALL - STARGATE FEAT. P!NK AND SIA
MUSIC - CORNELIUS
TEARS DRY - AMY WINEHOUSE
STILL FEEL LIKE YOUR MAN - JOHN MAYER
BANG! - DAOKO
OXYGEN - COLBIE CAILLAT
HYPNOTIZED - COLDPLAY
サムデイ スマイル - 尾崎裕哉
YES MASTER - STONEFIELD
CHANGE YOUR MIND - 雨のパレード
SHELTER - PORTER ROBINSON/MADEON
THAT'S WHAT I LIKE - BRUNO MARS
CITY OF STARS - RYAN GOSLING/EMMA STONE
TOKYO - OWL CITY FEAT.SEKAI NO OWARI
東京 - MR.CHILDREN
RATHER BE - CLEAN BANDIT FEAT.JESS GLYNNE
SAKURA - いきものがかり
※「THE」は省略。

STAFF| 15:57 | カテゴリー:Records

2017年03月13日

4月に「Chris Peppler Show」開催のクリス・ペプラーさん登場!

今日は、J-WAVEナビゲーターであり、音楽マスター! クリス・ペプラーさんがビープラに降臨♪
------------------------------------------------

●クリス・ペプラー、長年の野望?「J-WAVE the Chris Peppler Show"JAM-O-RAMA"」

やっぱりこの仕事していたら、コンサートのオーガナイザーは長年の夢じゃないですか。昔からずっとやりたいなやりたいなと思っていたら、ちょうどそんなオファーを頂いて、もうぜひ、という感じで。「the Chris Peppler Show」っていうのは仮タイトルで、いくらなんでもこれは無いでしょう、直球すぎてやだな!と言ってたんですよ(笑)。で、突発的にJAM-O-RAMAって思いついて、タイトルコールを録りなおさせて、と。もう色んな所に「the Chris Peppler Show」で出ちゃってたんですけど、でも言って良かった(笑)やっぱり迷惑をかけても、言うべきことは言うべきだなと(笑)。

アーティストに関しては色んな意見もアイデアもあったんですけど、クリス・ペプラーらしいラインナップにしようと。で、「蟹三昧」みたいな感じにしようと思ったの(笑)。色んな料理は出てくるんだけど、全部蟹ではあるという。柱として、全部蟹なんだけど、色んな蟹が出てくる。で、今回は3つの蟹を持ってきたんですよね。「LOVE PSYCHEDELICO」「GLIM SPANKY」。この2つは言わずもがな70'sテイストの女子ボーカルですよ。これをテーマにしようと。で、そしたらダークホースを入れたほうがいいなということで、日本では誰も知らない子たちをいれたくて。「LOVE PSYCHEDELICO」と「GLIM SPANKY」を好きな子たちなら大好きだろうという「STONEFIELD」姉妹バンドをオーストラリアから呼んだんです。「STONEFIELD」は私のカケです。まだ日本でCDも出ていないけど、やっているサウンドが70'sで、オーストラリアのフェスではオオトリ級。絶対間違いないと思います。

●日本の音楽はどうなっていく?

僕は好きなアーティストはたくさんいますよ。個人的にニュージャズ系が好きなので、音楽に命かけている人のライブは素直にズキュンときますし。日本でも良いバンドがたくさん出てきているし、演奏も上手い。日本は音楽がガラパゴス化されてきて他の国の音楽を全く聴かないと言われているけれど、その反面若いアーティストたちはみんな世界を狙っている。
それはとても健全なのかなと思います。僕は開局から28年やっているけど、音楽というのは振り子。揺り戻しがある。何かが流行るとすぐお腹いっぱいになって、グッと逆側に行く。だからこれからは、アイコン的な音楽よりも技術的にも音楽愛みたいな方が時代の主流に戻ってくるんじゃないかな、と思いますけどね。

【SAISON CARD presents J-WAVE the Chris Peppler Show "JAM-O-RAMA"】
★4/22(土)Zepp Tokyoで開催!

20170313_bp1.jpg

STAFF| 15:56 | カテゴリー:Records

2017年03月09日

【3/9オンエア曲リスト】 ラブマゲドン - シナリオアート、ほか

今日は、「シナリオアート」からハヤシコウスケさん、ハットリクミコさんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●上京の思い出

ちょうど3年前に上京をしてきたんですけど、ちょうど大雪だったんです。滋賀はたくさん降るんですけど、東京は雪が降らないと聞いていたのに、めちゃめちゃ積もってて話が違うと思いました(笑)。膝まで積もって、アパートのドアが開かないくらいに。すごい日に来ちゃったなと思いました!

●2ndフルアルバム『Faction World』

Factionは、「fact」と「fiction」の合成語で、聞く人によってどちらにもとれるような、不思議なアルバムにしたいなと思って。最初からこのコンセプトはあって、このアルバムに入っている曲は一曲一曲を国と見立てて入れているんです。Faction Worldという架空の世界の12カ国という感じです。まずは「エポックパレード」という曲を最後に持ってこようというところから始まって。そこからどうやってたどり着くかというのを描いていったという感じ。

一番苦労したのは……「コールドプラネット」かな。この曲は冷たい国をイメージして作ったんですけど洞窟で録ろうっていうことに最終的になって栃木県の採掘場の地下空間で、氷点下の中にマイクを持って行ってボーカルだけを録りました。ボーカルに関しては音声的な加工は無しで、洞窟のリバーブそのまま。リバーブも冷たい感じになりました。あと変わったレコーディングとしては子供たちにコーラスをしてもらったチャイルドコーラス。「サンライトハーモニー」という曲を30名くらいの子供たちに歌ってもらったんですけど、人前で歌うのって恥ずかしいじゃないですか。だからまず仲良くすることからはじめて、練習してもらって。汗だくになりながら……わりと大変だったかな(笑)。でもすごく浄化されるような、良いものが録れました。子供たちも楽しそうでした!「ラブマゲドン」は元々インディーズ時代からあった曲ですが、それをパワーアップさせてオーケストラの皆さんと作りました。

【シナリオアート】

20170309_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/9>

CLOUD 9(FRED FALKE REMIX) - JAMIROQUAI
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
BLACK BEATLES(MADSONIK REMIX) - RAE SREMMURD
LOVE YOURSELF - JUSTIN BIEBER
トモダチ - ケツメイシ
GREEN LIGHT - LORDE
STARBOY(KYGO REMIX) - WEEKND FEAT.DAFT PUNK
HYPNOTISED - COLDPLAY
OPEN BOOK - JOSE GONZALEZ
神の領域 - KREVA
SELFISH - FUTURE FEAT.RIHANNA
BY YOUR SIDE - 1975
ラブマゲドン - シナリオアート
3月9日 - 藤巻亮太
SHINING - DJ KHALED FEAT.BEYONCE/JAY Z
STAY TUNE - SUCHMOS
A FRIEND - FORMATION
REVOLUTION - R3HAB/NERVO/UMMET OZCAN
LAY YOUR HANDS ON ME - BOOM BOOM SATELLITES
EVERYBODY NEEDS A BEST FRIEND - NORAH JONES
YOU'VE GOT A FRIEND IN ME - MICHAEL BUBLE
MAKING LOVE - 宇多田ヒカル
SEE YOU AGAIN - WIZ KHALIFA FEAT.CHARLIE PUTH
※「THE」は省略。

STAFF| 16:10 | カテゴリー:Records

2017年 3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー

カテゴリー