番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第 19 回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【7月開催・第284回番組審議会報告】

第284回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年7月14日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:平野啓一郎 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『LAUGH SKETCH』(平成29年6月10日(土)21:00〜21:54 放送回)

5. 番組内容

ミラノ、パリ、ロンドン、上海など、世界の様々な場所でユニークなアイデアを出し続けるデザイナー、デザインオフィスnendo代表の佐藤オオキがナビゲート。毎回、生活の中の些細なキーワードを取り上げ展開するプログラムです。
コンセプトは「あなたの日常と世界をつなぐ、気まぐれなデザイントーク」。2017年4月から始まった番組です。
今まで取り上げたキーワードは「ドア」「公園」「階段」「プレゼント」など。ふわっとしたトークの中からデザインを通じて、日常をちょっとだけ明るくする「気づき」を見つけてもらうプログラムです。

<今回の内容>
今回のキーワードは「灯り」。
ゲストに「暗殺教室」などで知られる漫画家、松井優征(まつい ゆうせい)さんを招き、様々な「灯り」についてお互いにトークしていきます。
机のライト、シーリングライト、ランプ、ロウソクの炎、など思いのままに語り合います。
また、世界最大の家具の見本市「ミラノサローネ」の今年のテーマが「照明」だったことから、実際に見てきた松井さんの感想、出品した佐藤オオキの分析なども飛び出します。トークは二人の気ままな流れで進みますが、時に街頭取材の声も交え展開。
灯りや光をテーマにした音楽とともにお届けします。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽ゲストがナビゲーターの佐藤オオキさんと親しい松井優征さんということもあり、「わかっている人同士の会話」になってしまい、狭い世界を相手にしている観がありました。更に全体に個人的な感覚の話が多かったので、聞き終わったあと、印象が薄かったです。佐藤さんがもっと専門的な見地から要所でシメる必要があったのではないでしょうか。

▽音楽のチョイスの必然性がよく分かりませんでした。一曲一曲はいいのですが、トークと、全体のバランスという意味で、不調和な印象でした。

▽興味がある分野だと、専門家同士の内々の会話も面白いと思いますが、今回は全体的にエピソードが残らなかったです。「灯り」と「影」との対比が、空間を美しくつくるというデザイナー的な考えに、なるほどと思いましたが、最後の光と灯りの違いについての解説が全く理解できず、最終的にぼんやりとした印象が残ってしまいました。

▽ディレクターがナビゲーターの佐藤オオキさんに気を使い過ぎて任せてすぎている感がありました。ディレクターは佐藤さんと話をして、もう少しディレクションしてもいいのではないかと思います。

 

▽「あなたの日常と世界をつなぐ」というキャッチコピーの意味がよく分かりませんでした。番組内でその説明を入れるか、キャッチコピーを変えたほうがいいと思います。 ゲストの松井優征さんについても紹介が全くないので、紹介が必要だと思います。

▽佐藤オオキさんのデザインに対する意見は素晴らしいものがたくさんあると思いますが、研究が進んでいない分野であるデザインについて、佐藤オオキさん一人のデザイン論をJ-WAVEが承認していると言う意味で、制作者には相応の責任が生じると思います。ナビゲーターはやはり中立の立場を踏まえた上で、しっかりと番組を運営していただく必要があるのではないでしょうか。

▽ナビゲーターとゲストの関係が逆転していると感じます。つまり、ナビゲーターはある分野の専門家をゲストとしてお呼びして、その人の話を聞き出しながら論じていくというのが在り方ですが、この番組では、ナビゲーターが話題提供者になっていて、ゲストがそれをサポートする係のようになっているところに、番組の構造が少し見えにくくなってしまっている点があるのではないかと感じました。

▽3月まではクリス智子さんと佐藤オオキさんで「CREADIO」が放送されていました。改編ということで新しい新番組になるのであれば、違う観点でもっていかないといけないと思います。クリス智子さんと一緒のときはクリスさんが引き出し役だったから、そこでうまくコントロールされていましたが、引き出し役がいなくなって、佐藤さんだけでは難しいから、話しやすい相手をゲストとして迎えているようですが、そういうのはどうなのかと感じます。

【6月開催・第283回番組審議会報告】

第283回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年6月9日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
欠席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『TOPPAN FUTURISM』 (平成29年5月21日(日)21:00〜21:54 放送回)

5. 番組内容

今、ロボット、人工知能、仮想通貨、自動運転車など、私たちの生活の未来を大きく変えようとしています。あらゆる分野で未来の鍵をにぎっているテクノロジーは、私たち、人や社会をどこへ連れていこうとしているのでしょうか。人はいま、どんな未来を切り開こうとしているのでしょうか。そして、変わらない大切なこととは。
各界で活躍されている方にお越しいただき、活動の今と、未来を創る鍵、楽しくするヒントを一緒に探ります。
ナビゲーターには、普段はベンチャービジネスの立ち上げと経営を行う、アントレプレナーの小川和也と、朝ドラ「とと姉ちゃん」の次女役で注目された若手女優の相楽樹が担当。

<今回の内容>
5月21日の放送では、ゲストにアーティストの舘鼻則孝さんをお迎えしました。
レディー・ガガが履いた事で有名になったヒールレスシューズを始め、アーティストとしても活躍する舘鼻さんに、その活動を伺いながら、ファッションの未来をテーマにお話を伺いました。
レディー・ガガに自身の靴が採用されたエピソードから、世界を相手にするデザイナーとして活動する為に日本人として自国の文化をどう見つめるのか、そして、技術の進化とアーティストとしての表現などお話が幅広く展開する事で、舘鼻さんのパーソナルな想いに迫った回になりました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽「デザイン性が高まると、機能性が低下する」という趣旨のご発言は、前時代的なご発言だと感じました。デザインと機能は相対するものではなく、デザインの中には「機能デザイン」と「装飾デザイン」というものがあります。基本的には「機能デザイン」が満たされていないものに関しては「装飾デザイン」も施すことができないと、説いている私としては、とても残念でした。もちろん、個人のご発言であることは十分理解はしておりますが、公共の電波ともいえるラジオやテレビの場で、そのような趣旨のご発言は、適切ではないと思います。

▽全体的に話が緩いと感じました。小川さんは多分物知りなんろうと思いますが、論の展開の仕方が「どうなんでしょうね」ということが何回か繰り返されていて、リスナーに問い掛けられてもなと思います。相楽さんの舘鼻さんに対する質問の仕方が、その前の話から唐突に次の台本に行くことが何回かあったのが気になりました。
 レディーガガの靴は本物を見れば早いですけども、どんなものなのか見てみたいっていう、押しがトークの中で足りなかったと思います。音声だからこそ想像力をたくましくさせて、自分が耳で聴いたものを映像化させるための表現の仕方ができてないと思います。

▽小川さんも声がすてきだし、相楽さんの声もとってもいいなと思いますが、この番組の中でその良さが生かし切れてないようにも思えたので、相楽さんのこの声を使って違う番組ができないかというふうにすごく思いました。舘鼻さんもお話上手で声もすごく良かったので、全体的にとても心地良かったです。

▽ビジュアルテクノロジーとか、ビジュアルアーツをラジオで表現することの難しさっていうのはすごいあると思うんです。レディーガガの靴を作ったというところはすごいんだけど、それがどんなものかは誰も何も語ってくれてなかったんで、伝わりにくいと思いました。番組名が『FUTURISM』で未来がテーマになっているようだけれども、言ってることは結構昭和っぽい感じがしました。番組の目指すコンセプトと内容に、あまりFUTUREが感じられませんでした。それから、3Dプリンターで服を作れば買わなくてもあっという間にできるみたいにおっしゃってましたけど、3Dプリンターの現在の最大の問題点は、作るのに非常に時間がかかるっていうんです。Amazonさんがすぐに持ってくるほうが早いっていうことはあります。

▽全体が何かぼやっとしてるのは、小川さんのアントレプレナーって何?っていうところに帰着する問題だと思うんです。ゲストの舘鼻さんが専門で詳しい人で、リスナーは詳しくない人って2つに分かれるとすると、間に入っている相楽さんが詳しくない人として、リスナー代表としてその間をつなぐっていう意味では分かるんですけど、アントレプレナーって人は一応世間で対社会的にはテクノロジーとかに詳しい人ってことで存在してるわけですよね。彼の中でも結構詳しい分野と、そうでもないような分野があると思うんですけど、言ってることがあんまり詳しい人でないような話になってる。あんまり詳しくないようなことについて、若干自信なさげに尋ねてるようにみえるところが、全体にぼやっとした印象にさせてるのかなという気がします。

▽今回の特にビジュアル的なものが強く出てるんです。ヒールレスシューズも見たいし、レディーガガのPVも見たいし、だけどラジオじゃ見れないみたいなところの、ちょっと物足りないところがあった。もちろんラジオっていうのは音声メディアですから限界があるんですが、スマホの中にヒールレスシューズの画像が出てきたり、レディーガガのPVが出てきたりみたいなことって、ラジオが他のメディアとの融合をしていきながら、番組全体を分かりやすくしていくみたいなことを、うまくしていけばいいんじゃないかなと感じました。