番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)特別顧問Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第 19 回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【7月開催・第274回番組審議会報告】

第274回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成28年7月8日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
欠席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員
欠席委員:水野学 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡 壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 久保野永靖 / 編成局制作部長 渡辺岳史
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『KIRIN ICHIBAN SHIBORI TOKYO 16 SOUNDS』
(2016年6月13日(月)、14日(火)、15日(水)、16日(木)放送回)

5. 番組内容

「KIRIN ICHIBAN SHIBORI TOKYO 16 SOUNDS」は、月〜木14:00〜16:30のワイド番組「ACOUSTIC COUNTY」の中のコーナープログラムです。
「ACOUSTIC COUNTY」は、ナチュラル、オーガニックをキーワードに自由な空気感でグッドミュージックをシェアしていく音楽番組です。この番組の中で、キリン一番搾りの提供で『つねに新しくありたい、東京の人に向けて、東京という地で一歩を踏み出したくなる、新しい発見を作る10分コーナー』を作ってほしいというお話をいただきました。ワイド番組内には、講談社提供で、「KODANSHA HERE AND THER 〜for reading」という本を読みたくなる場所を紹介するコーナーがあったので、そのコーナーとの違いを出しつつ、いただいた課題に答えるために、「1日1つの東京の音」という切り口を思いつきました。スポンサーからの課題の中には「新しい東京」というキーワードもあったので、制作スタッフ、営業スタッフと相談しつつ、16日間の「新しい東京を伝える音」を決めていき、下記のようになりました。最終回には東京の夏の風物詩として、ビアガーデンは必須だと思い、スポンサーであるキリン一番搾りのビアガーデンの音もレコーディングしました。収録は全て現場でのロケになります。その場の音を収録しオンエアするのは、ラジオならではの解決方法だと思います。テキストは説明を最小限にし、ナレーションもゆっくり落ち着いた雰囲気を大切にしました。聞こえてくる音からリスナーがそれぞれのイメージをふくらませてくれたらと思います。キリンのCMも番組を意識したものを製作いただき、番組とCMが一体となって、全体としての統一感を出せたと思います。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
◎放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽すごく落ち着いて声の質はいいのですが、この番組はナレーションが命なのに、イントネーションが違うところがたくさんあって気になりました。全部を教科書的なナレーションにすることがこの番組の魅力だとは思いませんが、名詞のほうを上げる逆強調がものすごく目立っていました。

▽一つ一つの単語を取るとアナウンス語辞典的にはおかしくないですが、言葉と言葉の区切り、単語と単語の区切り方、イントネーションに違和感を感じました。ドからミぐらいの音程でずっとしゃべっているような、単調に聞こえました。
全体的にはすごく丁寧に誠実に作られている上品な番組だと思って、情報もきちんと取材したものを持って進められていましたし、音の演出もすごく良く、臨場感があって、イメージが広がると思いながら聴きました。

▽回によっては無理があるのではないかという回がありました。何かの音を拾ってくるときには、書く側の高度な技術と、読む側の技術は、かなり高いレベルじゃないと厳しいという感じはしました。でも、その技術的なハードルが越えられる、企画としては面白い企画。それから、東京のことを「伝統と革新の街」と何度か言っていて、その通りではありますがキャッチフレーズとして何か違和感がありました。

▽素晴らしい番組と思いました。やはり都会には固有の音が満ちあふれていて、あらゆる音が集合して街のサウンドスケープをつくっているわけです。それを丁寧に拾ってくる企画は非常に素晴らしいし、技術的にも、企画的にも工夫されていて、こういうものがさらに続いていけばいいなと思いました。
話し方は確かに違和感がありましたが、正確な日本語でこの番組を作ろうとするのであれば、そういうナレーターを持ってきたら良いと思います。

▽東京という土地の特徴を取り上げた番組内容と、商品への流れが自然な形で融合していて、いい出来だと思います。商品ナレーションと番組ナレーションの特徴を分けたい作り手側としては、引っ掛かりがあるような感じのこのナレーションは、ありかと逆に聴いていました。
企画的にも、16日間連続で16時、16のストーリーということでよくできていると思いましたが、表参道一番搾りガーデン東京が6月15日オープンなので、15日連続、15時、15のストーリーで良かったのではないかとCM的には思いました。全体的に、いい作りで上質な番組という印象を持ちました。

▽2時間のワイド番組の中で、コーナー以外の部分とコーナーの部分で、何か違いを出さないといけないのは当然に考えると思うんですね。コーナーだけのところで見てしまうと、このナビゲーションというのは、その原稿をただそのまま読んで、棒読み的に聞こえてしまうし、イントネーションがおかしくなるようなところも出てきてしまうのかと思います。
この16の音も面白いと思うし、そこにどうやって原稿を入れるか、それをどう読むかというところで、まだまだ良くなっていく可能性があると感じました。

【6月開催・第273回番組審議会報告】

第273回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成28年6月10日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
書面出席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:佐藤尚之 委員
局側出席者:代表取締役社長 斎藤 日出夫 / 常務取締役 宮本英延 / 編成局長 久保野永靖 / 編成局制作部長 渡辺岳史
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『AVALON』 (2016年5月17日(火)放送回)

5. 番組内容

リアル社会に渦巻く不平、不満、不平等・・・それらに嫌気がさした<NEW GENERATION(若者達)>が創りだした理想都市、それが“AVALON”
街では独自のマニフェストを掲げた<4大政党>がさらなる理想郷とすべく日々奮闘する!
若者に影響力のある各ジャンルのトップランナー、女優:松岡茉優、アーティスト:KenKen、俳優:満島真之介、芸人:渡辺直美が架空の都市AVALONを舞台に、4大政党の代表(各曜日ナビゲーター)となり、街のトップに君臨するプレジデント(クリス・ペプラー) のお題に対して、若者たちと共に様々な話題を時に楽しく、時に真剣に語りあいます。
AVALONという世界観の中でキャラクターや設定をナビゲーター、リスナーが共に楽しみ、一緒になって創っていく意識で放送をしております。
番組内、若者たちからの人生相談コーナー『POSTEL』には毎日多数の応募を頂いております。基本、2通のメッセージを紹介し、各ナビゲーターの視点でお応えしています。

2016年5月17日に放送したKenKenがナビゲートする回では、『NEW GENERATIONの洋楽離れ』をテーマに、若者たちが洋楽を聴かなくなったというプレジデントからのお題に対して、ミュージシャンでもあるKenKenが自身の体験もふまえ語りました。また、ゲストにはKenKenの実兄であり二人が活動するバンドRIZEのメンバーでもある金子ノブアキが登場。二人の音楽的ルーツなど、ここだけでしか聞けない話が出てきたのはこの番組ならではかと思います。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
◎放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽J-WAVE全体で若者にシフトしていっている象徴だろうと思いつつ、個人的には夜10時台はもう少し大人な匂いを遺して欲しかったです。
今回の「洋楽離れ」という重いテーマも、表面的な分析でさらりと笑いにして「本日のマニフェスト」に収束させ、何も残らなくさせるというはぐらかし感まで持って行っており、わりと高度な技を感じました。また、「一回聴いただけではよくわからないシステム」も、若者相手っぽく好ましいと思います。

▽楽しく拝聴いたしました。こういう番組があると、洋楽に疎い人にはうれしいと思います。ただ、タイトルとミュージシャンが聞き取れなく・・・そこを名実ともに教えてくれると良かったと思いました。
全ての番組に共通して、リスナーの反応が見えない状態であるという認識を持つ、想像力を働かせるということが大切なのかと思いました。内向きで聴いていて疎外感があり気になりました。

▽金子兄弟のトーク、兄弟でもしゃべりや声質までこんなに違うのかと、ミキシングの面白さというものを感じました。
KenKenという人は軽薄そうに見えるけれどサービス精神がかなり旺盛な気がしました。やはりこのはちゃめちゃな人の相手をする人が、キーポイントになると思うんです。見事なバランスができてくると、このAVALONという国家は落ち着くのではないでしょうか。

▽環境はすごいなと思いながら聴いてしまいました。KenKenは、プロとしてラジオの向こうにいるリスナーにこれがどう届くかということは、あまり考えていないと思うんです。ステージで演奏することの延長なのか・・・それがいい面もあると思うんです。だから、これだけのスピード感を持って物おじせずバンバン話せる。いいところを伸ばす方式でいいのではないでしょうか。

▽四大政党が理想郷にいて、最後に法案を通すべきかどうかという設定が、効果的に機能しているのかちょっと疑問です。
根本的になぜ洋楽を聴かなければいけないのかという理由があまり分からない。なぜいけないんですかというところの議論がぼやっとしている。
今メディアの中で起きていることが、自分の生活の中に転用できるか、コミュニケーションの中にどういうふうに番組を位置づけていくか、イメージがされてないかと感じました。

▽AVALONというNEW GENERATIONが作りだしたバーチャルな都市というところに導入されていくけれども、そこにあるのは四大政党と、プレジデントという天の声が支配しているという、これは理想郷でも何でもないですよね。私が接している学生たちはそれなりのロジックを持って、それなりのストーリーを持って世界を捉えようとしています。だから、私が思うよく分からないごちゃごちゃというのは、やっぱり若者にとってもごちゃごちゃに聞こえる可能性があるし、問題の設定についても、洋楽対邦楽という作り方は、ちょっと仕事がし過ぎてよく分からないという感じを受けました。

▽洋楽離れというテーマ自体、今そういう分け方ではないのではないか。音楽ライターの出現も、非常に私にとっては違和感があります。POSTELという人生相談のコーナー、これも何のためにこれが存在しているのかというのも、全体の流れの中でよく分からない。流れ全体は、ちょっと分かりかねる部分がたくさんありました。NEW GENERATIONイコール若者たちという切り方自体が、よく分からないという感じがしました。