番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第 19 回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【10月開催・第286回番組審議会報告】

第286回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年10月13日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
欠席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 水野学 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『UR LIFESTYLE COLLEGE』 (平成29年9月10日(日)18:00~18:54 放送回)

5. 番組内容

今最も注目を集める若手女優、吉岡里帆がナビゲートする音楽トークプログラムです。キーワードは「より豊かなライフスタイル、より良い生き方」。
お金を出せば何でも手に入り、あらゆる情報が手のひらの端末で過剰なほど得られる一方で、「本当にたいせつなこと」を見失いがちな今。
毎回さまざまなジャンルのゲストを迎え、素敵な本や映画、人とのつながりなどのお話を伺いながら、より豊かなライフスタイル、より良い生き方について考えていきます。

<今回の内容>※9月10日(日)放送回
今回はベーシストとして活躍するKenKenさんをゲストにお迎えしました。
ロックバンド「RIZE」のメンバーとして活動する傍ら、ソロとしてCM音楽やアニメ主題歌を担当、様々なジャンルのミュージシャンとコラボするなど、パワフルに活躍の幅を広げ続けられているKenKenさん。ナビゲーター吉岡里帆が、その音楽活動に対する熱い想い、そして激しいパフォーマンスの原動力に迫りながら、ライフスタイルから見えてくる「より豊かな生き方」のヒントをお届けします。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽吉岡里帆さんは、声も話し方のテンポもよいと思いました。自分の言葉で丁寧に話していて、ナビゲーターとして可能性を感じました。

▽タレントを起用すると、そのパートだけが別に挿入されているということがよくありますが、随所に吉岡さんが感想をフォローするところがあり、丁寧に作ってあると思いました。

▽ナビゲーターが提供スポンサーのCMに出ていることに違和感を感じます。リスナーはCMに出ているタレントを起用した番組と思ってしまうので、そのように見られることを前提に、吉岡さんがお供え物にならないような演出や構成にする努力が必要だと思います。

▽番組がいきなりナビゲーターの本の宣伝から始まるのはどうかと思いました。ファンではない人間が聞くとしらけてしまうと感じます。

▽ゲストのKenKenについて、家族構成などファンには当たり前のことが、ファン以外の人にはわからないので、ナビゲーターが補足情報を加える必要があると思います。幅広いリスナーもいる休日の夕方の番組なので、そのあたりも気を遣うべきではないでしょうか。

▽この番組に限らず、ゲストに話を聞くというスタイルは、タイトルが変わっても番組の印象はそんなに変わらないと思いました。ゲストや曲の選択に番組としての個性が必要だと思います。

▽冒頭に登場する男性の存在意義がよくわかりません。ゲストの紹介をしていますが、吉岡さんがゲストの説明もしたほうがよいのではないでしょうか。

▽ゲストのインタビューの抜粋が冒頭に流れますが、それが「肥満児だった」という内容で、そういう部分を使わないとだめなのかと思いました。他にも本質的な面白い話がたくさんあったのに、肥満であったというのは、2回聞かないといけない内容ではないと思います。

▽冒頭のインタビューの抜粋は、テレビ的な手法として最初に「つかみ」を流すということかと思いますが、ラジオだとそれが「つかみ」なのか、番組の冒頭なのかわからないと思います。

▽番組のウエブサイトのバックナンバーを探すのがわかりにくかったです。KenKenの回になかなかアクセスできませんでした。

▽言葉遣いが気になりました。「武道館のライブを控えていらっしゃいます」「カレー界のエキスパートとして活躍されていらっしゃいます」などの敬語は、関係性としておかしいので、敬語ではなく普通に話してほしいと思います。

▽JFLの告知が3回出てきますが、リスナーにとっては5局で放送していることはそれほど関係がないので、1回程度でよいのではないでしょうか。

▽番組が2つの要素で構成されていますが、流れがとぎれると思います。後半のGOOD LIVING COLLEGEのコーナーにも吉岡さんがもっと関与する必要があると思います。

【9月開催・第285回番組審議会報告】

第285回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年9月8日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:4名
欠席委員数:1名
書面出席委員数:2名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『J-WAVE SELECTION SHIMIZU KENSETSU DIALOGUE IN SILENCE』 (平成29年8月13日(日)22:00〜22:54 放送回)

5. 番組内容

J-WAVE SELECTIONは毎週日曜日の夜、週替わりで様々な内容の番組を放送しています。毎月第3日曜日は東日本大震災の被災地を取材する「Hitachi Systems HEART TO HEART」、最終週はウエブマガジンや実店舗とのメディアミックスによる情報発信プロジェクト「Jeep CREATIVE GARAGE」をオンエアし、その他の週は毎回違ったテーマの特別番組を放送しています。

<今回の内容>※8月13日(日)放送回
体験型ワークショップ「DIALOGUE IN SILENCE」は、聴覚障害者や聴覚障害のある「アテンド」のリードで、参加者が非言語表現のレパートリーを発見する静けさの中の体験です。12人ほどがグループとなって、高性能のヘッドフォンをつけ、音のない世界でさまざまプログラムを体験するエンターテインメントです。ドイツの哲学者アンドレアス・ハイネッケ氏によって発案されたこのイベントの東京開催までの道のり、開催にかける人々の思い、参加者の体験談などを丁寧に取材し、言語を超えたコミュニケーションの先にあるものを探っていきます。 また、この番組は「サイレントラジオ」と題し、での手話による同時放送を実施しました。聴覚障害者とラジオを結びつけるユニバーサルな試みとして、放送後に大変多くの反響をいただきました。
「サイレントラジオ」は YouTubeのJ-WAVEチャンネルでご覧いただけます。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽丁寧に作られていて、ラジオの良心を感じました。審議課題として聴くのではなく、クルマの運転中などに思いがけなく出会ってみたかった、と思わせてくれる番組でした。日常の、他のことをぼんやり考えている脳みそに、すっと突然入ってくる「体験」のようなラジオ番組に仕上がっていたと思います。

▽ラジオと同時にYouTubeで公開された手話による動画「サイレントラジオ」という新しい試みも良かったです。3160もアクセスがあり、素晴らしいです。別にこれがなくても成立する番組だし、60分番組を手話でわかりやすく動画にするのは、きっとかなり大変だったと想像されるのに、あえてひと手間加えた制作者の方に敬意を表したいと思います。

▽聴覚障害者とラジオというテーマは、審議会でも以前に話が出た気がしますが、YouTubeとの連携による「ラジオの見える化」は、良いアイディアだと思います。ラジオとネットとの連携は、試行錯誤だと思いますが、聴覚障害者の人たちにとって、今まで存在自体は知っていても、「楽しむ」ことの出来なかったラジオの世界に触れられるというのは、素晴らしい体験ではないでしょうか。

▽自分の子供が小さくて、言葉を持っていない時にこういうコミュニケーションをとっていたな、今はコミュニケーションが雑になってしまっているな思いました。人に気付きを与えてくれる意義のある番組だったと思います。

▽ナビゲーターの板井麻衣子さんの優しく穏やかな声が聞きやすく、安定感がありました。音楽の流れもよかったと思います。

▽前半は、「聴覚障害の世界」に寄ってしまった気がします。「あぁよくある障害者の話に終わるのかな」というふうに途中から感じてしまいました。途中で離脱する聴取者がいるのではないか、と心配になりました。選曲も障害者を取り上げる番組にありがちな感じに思えてしまったのが残念です。

▽ラジオ番組にするのならば、ダイアログインサイレンスの世界そのものにもう少しつっこんで行かないといけないと成立しないと思うが、イベント内容についての説明が不十分でわかりづらかったと思います。

▽耳が聴こえないアテンドの方に対しての「とても表現が豊かでした」という発言には、違和感を感じました。無意識に、障害者と健常者を線引きしているのではないでしょうか。何でもない一言にも注意を払うべきだと思います。

▽選曲も含めて及び腰な印象でした。センシティブなテーマを扱った番組なので、「すべてが素敵だった」で終わってしまっていましたが、理解しづらいところがあったといった意見や、どこがわからないかというコミュニケーションもあってはじめてダイアログ、対話と言えるのではないでしょうか。そういう形で寄り添っていくともう一歩先に進められるのではないかと思います。

▽みんな違うということが前提でつきあおうという話になっていないと思います。どこかで耳の聞こえない人をいたわらなければいけないという意識は、すでにそこで差別になっているように感じます。

▽イベントのプロデューサーの志村さん、手話通訳の森本さん、発案者のハイネッケさん、さらに聴覚障害をお持ちのアテンドリーダーの方の違いがリスナーにとってはわかりづらいと感じました。それぞれの方がどのような立場でどういう風にこのイベントに関わり、どういう意味合いがったのかの区別が伝わってきませんでした。関係性を整理してインタビューの流れを作っていったら何を伝えたいのかがもっとわかりやすくなったのではないでしょうか。