番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第 19 回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【4月開催・第281回番組審議会報告】

第281回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年4月14日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
出席委員:林和男 委員長 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
局側出席者:代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『MUSIC HUB』(平成29年3月10日、17日、24日放送回)

5. 番組内容

音楽と現代という時代感、空気感、音楽と社会、音楽と世界。小袋成彬がHUBとなり、音楽を紡いでいく心地よさを是非とも感じて下さい。そして、次世代を担う音楽プロデューサー、小袋成彬が生み出す奇跡の証人になって下さい。
世界的に注目されるHONNEやMuraMasaといったアーティストと親交があり、水曜日のカンパネラのコムアイともルームシェアをしていたことがあるなど、その引き出しの多さや枠に囚われない活動、エピソードの数々は、リスナーに驚きをもって迎え入れられるでしょう。
大学入学前までは音楽には一切触れず、大学入学と同時に音楽活動を開始し、メキメキとその頭角を現し、宇多田ヒカルの最新アルバム「Fantome」の中の楽曲「ともだち feat.小袋成彬」で注目を浴びました。
そして宇多田ヒカルに「ラジオで喋るならJ-WAVEがいいよ!」と背中を押される・・・

<今回の内容>※3月10日、17日、24日放送回
ゲストは、小袋成彬をラジオへと後押ししてくれた宇多田ヒカル。
極秘来日中でしたが「友達のために」と出演を快諾してくれました。プライベートでも親交のある二人の年齢差を感じさせない音楽を軸にしたトークは、音楽の素晴らしさを改めて感じられるでしょう。宇多田ヒカルの息子が選曲をしたり、椎名林檎の名曲を宇多田ヒカルと小袋成彬がカラオケするなど、聴きどころ満載の放送です。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽とても楽しく聴きました。けれども、しゃべり方や内容に不快感を抱く人も、もしかしたらいたのかとも思います。この番組は、スタッフの皆さんが宇多田ヒカルという人を連れてきて、あれだけ楽しい話を引き出して、ラジオというメディアの特性を生かした番組だと感じます。
ただ一方で、宇多田ヒカルさんじゃなかったらどうなっていたのかという危うさを感じて、ゲストの選び方は重要だと思いました。

▽宇多田さんが出ることはすごく貴重ですし、ラジオだからここまでいろいろ面白い話が聴けたと思うのですが、それだけでとてもスペシャルなもので成立してしまっています。他の回はどうなのかと思いました。
とても面白かったですし、彼の声がすごく魅力的な声で、もう少し大人になったらもっとすてきな声の持ち主になるのではないかと想いました。語り口も含めて、魅力はどんどん増えていく方なのかと感じました。

▽彼の名前がずっと聞き取れませんでした。背景の説明もなく検索もできないので、名前と背景を少し丁寧に説明してほしいと思いました。基本的には非常に楽しく、マニアックな機材の話は全然分からないけど、一緒に飲み会しているような感じで良かったです。

▽タイムフリーができてradikoで聴けて番組の作り方の一種の究極というか、行き着くところまで行った形のような気はします。良くも悪くも…だから、正直に言うと話の内容は、全然面白くなかったです。
宇多田さんと小袋さんが、カラオケを一緒にやるというのは、ファン以外が聴いてもお得感のある企画だとは思いました。機材の話とか音楽をやっている人が興味のある部分だと思いますが、その前の2週分の話は2週の必要があったのかと感じました。
以前、ラジオは、録音だとわかっていても言わないというような話をしていたと思いましたが、録音だと言っていたところやお酒を飲んでというのは、どうなのかと審議委員として気になりました。

▽お酒のことは、世界的にも厳しい状況になっていて、いずれ飲みながら放送するというのも聴取者からのクレームの対象になる可能性があるかもしれません。持参したとのエクスキューズだけでは跳ね返せないかもしれません。
宇多田さんと小袋さんのタメ口で話すあまりにも親密な関係は、まるで20年来の仕事をしている音楽上のパートナーのように聞こえましたけれども、実際に仕事されたのは最近のようで、結構謎が多い番組だと思いました。それから、「HUB」というタイトルがあるにもかかわらず、内容はとっても内向きで、楽屋話に終始していて、聴取者に向けて語り掛けている部分がほとんどないというところがどうなのかとも感じました。

▽3回は長いと思いました。3回目の機材の話は2回目ぐらいに持ってきてほしかったです。それから、テレビの録画でも同じような問題はあるわけですけども、タイムフリーでリーチが広がることの良さと、タイムフリーで聴く人が増えるということは、逆に言うと聴取率が落ちるということかもしれないので、生とradikoのタイムフリーとの関係をどう構築していくかということが気になりました。

【3月開催・第280回番組審議会報告】

第280回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年3月10日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
書面出席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:平野啓一郎 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡 壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』
(平成29年2月4日放送回)

5. 番組内容

毎週ナビゲーターと2人(2組)のゲストが、“多くの人が知っている、リスペクトされるミュージシャンやバンド=レジェンド”について対談形式で様々なトークを繰り広げています。
世代もジャンルも育ってきた環境も違う、時には全員初対面の3人(3組)が、レジェンドをテーマに繰り広げる音楽談義は、音楽評論家が語るアーティスト評とは一線を画し、ここでしか聴くことができない音楽への想いと新しい発見、そして化学反応を生み出していきます。
丸の内で、楽しみながら、ミュージシャンもリスナーも“学べる”セッション型の講義=「MUSICOLOGY」(音楽学)。

<今回の内容>※2月4日(土)放送回
1年前衝撃の解散発表から、ついに昨年末解散した国民的アイドル”SMAP”にフォーカス。SMAPを語るのは、数多くのヒット曲を手がけた作詞家の森浩美さんと、大のSMAP好きであり、楽曲も提供されたノーナリ-ブスの西寺郷太さん。
制作者側から見えてくるSMAPの魅力、制作秘話、ジャニーズファンとしての角度からもSMAPの魅力を紐解き、語り合っています。
「SHAKE」は草食男子のテーマだった?震災後に彼らが負ったものとは?
20年間、トップを走り続けてきた彼らについて、音楽の変遷を交えながらトークする1時間。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽業界っぽくて、SMAPファン、J-POPファン向けの内容でした。音楽雑誌の対談を読んでいるような雰囲気で、ついて行けない人は拒絶反応がありそうですが、私は嫌いではなかったです。SMAPは、マイケル・ブレッカーやウィル・リーなど、これまでの日本のアイドルでは考えられないような超一流のジャズ、フュージョン系のミュージシャンをバックで起用したところが非常に画期的だったと思うので、その辺の話が出ないのが音楽番組的には不思議でした。

▽私が番組審議委員を担当させていただいてから、一番面白い番組でした。SMAPは私の年齢、環境などに大きく影響しているので、リスナーという立場で何回も聴いてしまうくらい面白かったです。3人の方の声が似ていて、誰がしゃべっているのか分からなくなるときがあったので、その辺りが改善できると良いと感じました。

▽今回のゲストは、SMAPの楽曲を手掛けられていた人達で、何となく全体に漂う雰囲気や声、しゃべり方などが業界臭くて、J-WAVEのトーンとギャップがあるような気がしました。

▽J-WAVEらしくないという気も多少しながら、番組のコンセプトは面白いと思いました。SMAPが他の人たちに影響力を持っているミュージシャンというレジェンドならば、他のミュージシャンにカバーされているとか、具体的に影響を与えた別の楽曲を入れることによって、その歌の魅力に違った意味が出てくると思います。もう一つ分析の仕方に広がりを持たせることができるのではという感じがしました。

▽意外と裏方とか業界の人たちが出てくる番組が最近減っていて、裏側に色々な人がいてレジェンドができているということが、音楽業界に憧れる若者たちの指針になって良いと感じました。分析的な番組は他でもできると思いますが、レジェンドを何かで支えた人たちが語っていくのは、割と聴きたいです。J-WAVEしかできない、やるべき番組の一つかと思います。

▽最近の若者が求める「何事もなくきれいに終わる物語」と同じ構想をこの番組でも感じ取りました。批評性や嫌なものをなかったことにして、良かったね、という物語がどんどん出てきて、それが受け入れられるようになっているということに、何となく私は危惧を感じます。美しいレジェンドとしての語られ方ももちろんあっていいのですが、J-WAVEとしてはもう少し批評性があっていいのではと思います。

▽ゲストがあまりに応援団になり過ぎても良くないと思いながらも、54分の番組の中で密度を高めていくためには、同じ方向を見ている人たちで裏の裏まで掘り尽していく方が番組的には面白いのではないかと私は聴いていました。
レジェンドとゲストのマッチングが面白くてこの番組の効果になっていくと思いますし、当事者じゃないと話せない内容によって、番組が面白くなっていく部分が強くありました。また、この番組でグローバーの良さがすごく出ていて、うまく起用されているのではと感じました。

【2月開催・第279回番組審議会報告】

第279回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年2月10日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:5名
書面出席委員数:2名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:奥貫薫 委員 / 福岡伸一 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡 壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『SUNDAY SESSIONS』
(平成29年1月22日放送回)

5. 番組内容

2017年1月からの新番組「SUNDAY SESSIONS」
日曜日の23時にお送りするのは、
#テレビでは観れない、#ネットではググれない、#ラジオ(J-WAVE)だから出会える、#ネットでググられる、#月毎の限定企画
そんな#を思わず付けたくなる、そして、聴いた内容を思わずシェアしたくなるここでしか聴けない、J-WAVEならではのセッション。テレビやラジオでもほぼお目見えしない超人気ミュージシャン、一流のスポーツ選手、話題の俳優などをフォーカスし、他では言わない本音と、他では見せない素顔をお届していきます。
1月の放送は藤田琢巳をナビゲーター、インタビュアーに迎え、メディア露出が極端に少ないにも関わらず、確かな音楽性とバンドの魅力で若者を中心に国内外で高い人気を誇るモンスターバンド「ONE OK ROCK」のフロントマンTakaを迎え、「ONE OK ROCK」はもちろん、彼自身の魅力にも迫ります。
1月22日の放送では、バンドのフロントマンの“ひとりの人間としての気持ち”が垣間見えるTakaへのインタビューと、同時に彼と古くから親交があるという俳優 佐藤健さんへのインタビューも合わせて紹介しました。
それぞれ違う領域で活動しながらも、長い時間をともに過ごしてきたという二人の夢に向かう中での想いにフォーカスしました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽聞き終える頃には、ファンのような気分になっていたのが不思議です。ナビゲーターが藤田さんだからと出演したり、心を割って話をしてくれるアーティストも多いのではないでしょうか。リスナーもそのアーティストを好きになっていくという、いい効果が生まれている気がします。佐藤健さんは丁寧に言葉を選んでいる様子に好感が持てました。

▽「今後かなえたい夢よりも、かなえてきた夢の方が圧倒的に多い」「充実した人生」「なににもかえられないすばらしいこんな経験をひとりの人生の中でできるだろうか」といった全能感に満ち満ちた言葉をあっさり語れてしまう29歳の若者にただただ驚かされました。ナビゲーターの方も、突っ込みどころがなくてちょっと困っていたようにも聞こえました。それからone ok rock で、one o'clock と読ませるのは英語圏ではまず不可能でしょう。

▽彼は彼なりに努力してきたわけで、それが若いうちに公共の場で語られるというのは、若いリスナーにとっても、すごくいいのではないかと楽しく聴いていました。ただ、佐藤健さんが「とっても」という言葉を多用して、彼の物差しで測っていることを話していたのが気になりました。

▽29歳の若者が、もう人生分かっている、大体苦労をしてきた、今の若者に教えてやりたいという立場になっているということに疑問を感じました。インタビュアーの藤田さんのほうが少し年上だと思うのですが、全面的にファンで、仲がいいというところから始まって進んでいくので、もう少し引いたほうが聴いているリスナーが置いていかれないのではないかという気がしました。

▽ネット時代とかradiko時代の番組としては一つの解だと、割と絶賛です。シェアラジオとか、タイムフリー聴取をしてもらうために、よりマニアックか、より一般的かの二極化していくことが東京のFM局の方向性なのではと思っている部分があったので、ONE OK ROCKのファンたちがシェアラジオしてSNSで広がっていくような番組作りを意識してなのだろうと思いました。

▽インタビュアーとインタビューされる側が近過ぎて、気持ち悪さがありました。コアなファンであればあるほどコアな疑問があると思うのです。実はコアファンが聴いても、あまりいいインタビューではないのではと感じました。それから、本当にコアファン向けに番組を作っていくのなら、ONE OK ROCKの曲をかけるときにエピソードが引っかかっていると、曲が流れる必然がある気がします。

▽インタビュアーは本当のお友達だからこそ聞き出せる特殊な立場にいると思いますが、やや仲間内感覚になってしまっていると感じます。それから前半がTakaで、後半が佐藤健という2つのインタビューが平坦に感じました。例えば2人でしゃべり合うなどがあってもいい気もします。また、連続番組の4回目なわけですが、1回目から3回目の流れのことは触れられてなく、そこにも平坦さを感じました。

【12月開催・第278回番組審議会報告】

第278回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成28年12月9日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:7名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 久保野永靖 / 編成局制作部長 渡辺岳史
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『ORIENTAL MUSIC SHOW』 (平成28年11月4日放送回)

5. 番組内容

中東、南アジア音楽の専門番組。インターネットでも出会えない音楽情報を!
秋改編で金曜日の深夜に登場した「DEEP CASTゾーン」タイムフリーを見据えたプログラムです。
「日本人で中東、南アジアの音楽を語らせたら右に出る人はいない」と言われるほどの知識量を誇るサラーム海上氏による、中東及び南アジアの音楽のみで構成される30分。
毎週1つの国(もしくは地域)やテーマに絞って音楽を特集します。
単なる音楽の紹介だけに留まらず、紹介する音楽を通じてテレビのニュースやインターネットでは拾うことが難しい、その国(もしくは地域)の政治情勢、人々の暮らし等、リアルな情報を、サラーム海上自身が彼の地に赴き感じたことを交えてリスナーに伝えています。
今までは10月〜レバノン、トルコ、エジプト、インド、アルジェリア、パレスチナなどの良質なポップスを中心にオンエアしてきましたが、11月4日は耳の肥えたMUSIC LOVERのアンテナにも必ず引っ掛かるような中東の最新音楽を厳選してオンエア。タイムフリーで毎週チェックして頂けるような番組を目指しています。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽こういった方向の音楽ってほとんど聴くチャンスがなく、解説を付けていただいたりすることもないので、すごく面白かったです。サラーム海上さんが、ある意味ではとてもスタンダードな解説の仕方で、かえって今のJ-WAVE全体のナビゲーターの中では新鮮で好感を持ちました。世界の音楽にこういう視点から見るチャンスがあるということを再発見させられて、刺激になりました。また、J-WAVEが音楽チャンネルという意識でスタートして、どんどんトークチャンネルになっているという記憶が強くなっていた中で、改めてこの番組は音楽が主役で、解説者は一歩下がったところで静かに面白そうに語るというバランスの番組作りが、新鮮に感じました。

▽J-WAVEでは、こういう番組、音楽を本当に聴きたかったです。サラームさんは、どうやってこの音源を見つけてくるのだろうというのは、とても興味深かったですし、今回、イスラエルも含めてどれもかっこ良く・・・違うタイミングで他の回が聴きたいと思うぐらい好きでした。

▽とても面白かったです。説明も分かりやすかったし、声も明るくて明瞭で、選曲もすごく良かったし、毎週聴きたいと思いました。1時間番組にしてもいいと思うくらいでした。中東のイメージがすごくステレオタイプだと思うので、こういう音楽シーンから入ると、別の場面で中東情勢などのニュースを見るときに、想像力が全然違ったものになると思うので、そういう意味でもすごく重要な番組かという感じがしました。

▽いい番組だと思って聴いていました。郷ひろみとかノラ・ジョーンズとか、入っていて、身近になるのが良かったと思います。ただ、サイトに曲が載っていなかったので、もう1回聴きたいというときに、探せないのが残念でした。それから、中東に出会うって若者にとっても貴重な機会で、音楽から入るって素晴らしいと思うのですが、そのときにもう少し、場所がこの辺にあるとかエピソードがあると、より好奇心が増えると思いました。

▽聴きやすさと内容が両方とも素晴らしく、ミックスされていると感じました。
タイムフリーを見据えたプログラムのようですが、この時間に起きている人にとっては、少し盛り上がりに欠けると思いましたが、本当に言う必要もない程度の話でした。

▽曲が中心の素晴らしい番組だと思いますが、一つ引っ掛かったのは、「オリエンタル」ということです。「オリエンタル」っていうのは、ローマから見て日の昇るところよりもさらに向こうの辺境地を一緒くたにしている概念です。ここであるレバノン、トルコ、エジプト、インド、アルジェリア、パレスチナなどは、「オリエンタル」なのか。若干問題かもしれないと感じました。細かいことを言うと、最初の曲の紹介のところに、難民にフォーカスした作品と紹介していましたが、それが何をどうフォーカスしているのかなど、ヒントに欠けるところがあったかと思いました。

▽サラーム海上さんは風物とか、文化、料理もお詳しいようですが、そういう引き出しをたくさん出せば、この番組が60分ぐらいの、音楽だけじゃないもっと面白い世界が広がるだろうと思います。逆に30分なので、そういった要素を排して音楽だけにもってきているところに意味があると思います。また、金曜日の夜に登場した30分番組が連続して続く編成のコンセプトは、私は素晴らしいと思っていて、ディープであり、オタクであり、ニッチであり、そういったものに日を当てることの意義はすごく大きいと思いますし、局全体の幅が広がっていくのと感じました。