番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第 19 回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【12月開催・第288回番組審議会報告】

第288回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年12月8日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
書面出席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 水野学 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員
書面出席委員:佐藤尚之 委員
局側出席者:代表取締役専務 宮本英延 / 編成局次長 都築孝純 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「JAM THE WORLD」(平成29年11月16日(木)19:00~21:00放送回)

5. 番組内容

2001年の10月にスタートしたJ-WAVE平日夜のニュース・情報プログラム「JAM THE WORLD」。
番組開始から17年目に入る、この10月を機に大幅なリニューアルを敢行いたしました。

リニューアルの主なポイントは
(1) 働き方改革などに伴う生活動態の変化に対応して、放送時間をこれまでよりも1時間繰り上げ19時スタートに。(放送曜日も「月曜~木曜」に変更)
(2) 週を通してひとりのナビゲーター=グローバーを起用することで、'ひとつのワイドプログラム'としての統一感・打ち出しを強化。
(3) 曜日ごとの'ニュース・スーパーバイザー'(=スペシャルコメンテイター)を起用。番組後半=20時台に登場し、各々の独自の視点でニュース・トピックを鋭く解説。月曜:津田大介(メディア・ジャーナリスト) 火曜:青木 理(ジャーナリスト) 水曜:安田菜津紀(フォト・ジャーナリスト) 木曜:堀 潤(ジャーナリスト)
(4) リスナーの聴取動態にも呼応する形で、時間帯ごとの狙い・コンセプトを設定。
19時台=「ニュースの'いま'を知る」(今日のニュースやいま知りたい情報をわかりやすくテンポ良くお届け)
20時台=「ニュースの'本質'を探る」(ニュース・スーパーバイザーとともにニュースやトピックをさらに深掘り)

単なるニュースの紹介だけではなく、その裏にある背景や矛盾・問題点なども含めて、さらには通常のニュースでは表に出てこない話題・トピックまで。
よりマルチなアプローチから、入りやすくわかりやすく問題提起していくことで、リスナーが'いま'という時代を豊かに、かつ前向きにとらえられるような情報発信を目指しています。

<今回の内容>※11月16日(木)放送回
全体メールテーマ:「日馬富士の暴行問題にひとこと」
19時台ニュース解説: 日馬富士の暴行問題の、数々の疑問点や問題の背景について、相撲ジャーナリストの荒井太郎さんに聞く
「MONEY AND MARKET」(マーケット・経済関連トピック):
 今週の経済ニュースの振り返りと来週の注目トピックスを、第一生命経済研究所 首席エコノミストの永濱利廣さんに聞く
「KODANSHA CASE FILE」(ニュースなキーワードを1週間にわたって解説):
 導入に向けて検討が始まった、いわゆる【出国税】について、一橋大学大学院商学研究科教授の山内弘隆さんが解説
「LOHAS TALK」(コーナー・ナビゲーター:小黒一三〈雑誌『ソトコト』統括編集長〉):
 今週のゲスト、盲目のヴァイオリニスト・増田太郎さんにインタビューする、その4日目。演奏と合わせて講演を行なう'増田流・講演活動'とは?
「UP CLOSE」(ニュース・スーパーバイザーがお届けする特集コーナー):
 フン・セン首相による強権政治・独裁化の進行が不安視されるカンボジアの現状を、現地在住のフォトジャーナリスト・高橋智史さんに聞く
「HEART TO HEART ~WE ARE ONE~」(被災地支援活動を紹介)
 岩手県大槌町が出演者を募集している町民演芸大会「おおつちバラエティーショー」について、事務局の方に電話インタビュー

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

音楽とともに軽快なテンポでニュースが聴こえてきて、聴き方としてとても快適でした。リラックスしつつニュースを知ることができる良い構成だと思います。

グローバーさんは、よく勉強している感じ・知ったかぶりをしない感じ・たまに間違った風なことを言う感じも含めて、聴取者に身近でよかったと思います。

作り手の良心が感じられるよい番組だと思います。日馬富士の件も、他のメディアでの取り上げ方よりよかったと思います。コメンテーターの人選含め、メディアとしてのJ-WAVEは信用できると思いました。

JAM THE WORLDは昔から聞いていました。今回のリニューアルで、今までより柔らかくなった印象を受けました。

J-WAVE全体の中で長い時間報道をとりあげることは重要な位置づけであると思います。

ジャーナリスティックな内容を、テレビのようにVTRを入れず会話だけで成り立たせているこの番組は、ラジオとして貴重なあり方だと思います。

出国税のところで録音したコメントが使われましたが、できるだけ生でグローバーさんと絡んで欲しいと思いました。

電話の声の音質が悪くてききとりづらく、もう少しクリアな音声にしてほしいと思いました。

日馬富士の話題は噂の域を出ない状態であるにもかかわらず、ニュース番組としては扱う時間が長すぎて、ワイドショーのレベルを脱していないと思いました。新しいことが報道できないのであれば長時間にわたって報道するべきではないと思います。

きれいな報道番組、かっこいい報道番組にしようという意識が強すぎるように思います。番組で報道したことについて出演者がどこまで自由な発言が許されているのかが気になりました。

音だけのニュースを2時間たっぷりやるのだったら、もっと話を聞くなど、テレビの報道番組とは違ったコンセプトで放送することを追求してほしいと思います。コメンテーターもどんどん発掘していってほしいです。

ニュースの深さ、信頼度の面が、弱冠気になりました。冒頭での現代美術の高騰についての解説や、日馬富士の話の根拠も危うかったと思います。堀潤さんの選挙についての話もよくわからないところが多かったです。

外部からの批判に対する準備をどのくらい考えているのかが気になりました。コメンテーターは主張がはっきりしている人たちが多いので、逆風をうけたときにどうするのかを考えておいたほうがよいのではないかと思いました。

「ロハストーク」のゲストの紹介などがなく、唐突に始まったので、誰と誰がはなしているのかなどを明確にしてほしいと思います。

「ロハストーク」の「ロハス」という言葉を最近は聞かなくなっていて、小黒さんのトレードマークの言葉として使用するなら分かるのですが、ライフスタイルを表す言葉として使っているなら考え直す時期なのではないかと思います。

【11月開催・第287回番組審議会報告】

第287回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年11月10日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:2名
書面出席委員数:3名
出席委員:林和男 委員長 / 奥貫薫 委員
書面出席委員:佐藤尚之 委員 / 水野学 委員 / 平野啓一郎 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『J-WAVE SELECTION DAIDO SEIMEI WITH, YOUR LIFE』 (平成29年10月22日(日)22:00~22:54 放送回)

5. 番組内容

J-WAVE SELECTIONは毎週日曜日の夜、週替わりで様々な内容の番組を放送しています。毎月第3日曜日は東日本大震災の被災地を取材する「Hitachi Systems HEART TO HEART」、最終週はウエブマガジンや実店舗とのメディアミックスによる情報発信プロジェクト「Jeep CREATIVE GARAGE」をオンエアし、その他の週は毎回違ったテーマの特別番組を放送しています。

<今回の内容>※10月22日(日)放送回
「WITH」(毎週金曜26:30~27:00)のナビゲーターでALS患者である武藤将胤のドキュメンタリー。武藤将胤と親交が深いHOME MADE 家族のKUROが共に番組をご案内します。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロンが侵され、次第に体の自由がきかなくなる進行性の病気です。
そんな難病ALSを患いながらも、病気の啓発活動や治療方法、支援制度の向上を目的とした一般社団法人「WITH ALS」を立ち上げ、アイデアを生み出すクリエイターとして、様々なことに挑戦し続ける30歳の武藤将胤の「これまで」と「これから」に迫ります。
大学を卒業して夢の職業に就いた時、妻との出会い、ALS宣告を受けた27歳の決意、そして、これからのビジョン。普段は語らない武藤将胤の強い思いが、私たちの心を突き動かします。
この番組を通して、ALSだけでなく、様々なハンディキャップを持った人、悩み・憂いを抱えたすべての人にエールを送ります。私たちにとっては当たり前の変わらない毎日を過ごすこと、挑戦し続けることの大切さ、「生きる」ことについて、改めて考えるきっかけとなれば幸いです。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽武藤さんの言葉に説得力があり、インタビューの内容だけで惹きつけられました。

▽ALSという、名前は知っていてもなかなか当事者の具体的な体験、心情を知ることの出来ない難病について、丁寧に話を聴く素晴らしい番組だと感じました。

▽音楽のセレクト、構成も、武藤さんのポジティヴに生きようとする姿勢と調和していて、良かったと思います。

▽時間や命に限りがあるということを見つめなくてはいけないので、辛い気持ちになりましたが、残された時間が違うだけで、だれにでも限りがあることを気づかせてもらいました。当たり前のことを当たり前だと思ってはいけないということを伝えてもらったことに感謝します。

▽とても意義が深い番組だと思いました。放送時間が日曜日の22:00~の放送でしたので、もっと多くの人に聞いていただける時間帯に放送するのも良いのではないかと思いました。

▽内容はよいものでしたが、KUROさんのナレーションが、「読まされている感」が強く、言葉も平板で、最後には飽きてしまいました。原稿の言葉が多く、居心地の悪いありがちさを感じました。J-WAVEはもっとシンプルかつセンスのあるものを目指すべきだと思います。

▽ナレーターのKUROさんは「自由を奪われることがない、未来に向けて走り続けています」と読みましたが、これは本来「自由を奪われることがない未来に向けて、走り続けています」と読むべきだと思います。KUROさんはプロのナレーターではありませんので、もう少し細かくディレクションすべきだと思いました。

▽ALSの病気についてのフォローや、武藤さんの人生の基本的な情報が足りなさすぎると感じました。

▽この番組のような構成だったら、映像で見られるテレビ番組のほうがインパクトがあります。もしくはネット記事でも十分理解が可能です。ラジオでALSの武藤さんの人生や考えを伝えるなら、もっと聴取者の想像力を刺激する構成に工夫してほしいです。

▽「WITH」という番組のキーワードを敢えて本人に尋ね、語ってもらう必要があるのかと思いました。ご本人が進んで語ったことかもしれませんが、「難病とともに」というのはデリケートな問題で、同様の企画で別の人に同じことを聞くと、辛いかもしれません。

▽武藤さんの仕事の具体例をもっとナビゲーターに紹介してもらいたかったです。ご本人が車椅子のことなどは話されていましたが、仕事の全体像がわかるような紹介があると彼の人物像が立体的になったのではないでしょうか。

▽CYBERDYNE社の広告内容があまりにも本篇と噛み合いすぎ、それがずっと繰り返されるので、番組全体が広告のようにも聞こえてきて、残念でした。

▽ナレーターのKUROさんの滑舌の問題で、ずっと「ムトウマスタネ」と聞こえていました。友人だから、余計に呼び慣れた言い方があるのだと思いますが、打ち合わせで確認すべきことだったかもしれません。

▽ナレーターのKUROさんについての情報が少なかったので、もう少し説明がほしかったと思います。