番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第 19 回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【5月開催・第282回番組審議会報告】

第282回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年5月12日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:福岡伸一 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『RINREI CLASSY LIVING』(平成29年4月1日放送回)

5. 番組内容

ギタリストの村治佳織がクラシック音楽を中心とした「上質」な音楽に包まれる“CLASSY LIVING”に、様々なフィールドで活躍するゲストをお迎えしその魅力に迫ります。 まるで村治さんのリビングルームで交わされている会話のようにリラックスした雰囲気の中で、お仕事やライフスタイルでのこだわり、音楽、ご自身のリラックス・タイム、クラシック(=長く愛されるもの)について伺いながら土曜日の夜を彩ります。
後半には音で綴るエッセイ”CLASSY ESSAY”もお届け。音楽ライターでクラシックソムリエの高坂はる香さんが、音楽の豆知識や季節ごとの注目トピックスなどを音楽とともにお送りします。

<今回の内容>※4月1日(土)放送回
初回の放送は、日本を代表すするバンドネオン奏者の小松亮太さんをお迎えしました。おふたりは、音楽の繋がりだけではなく、年齢差はあるものの、学校のつながりもあるとか・・・
今年、没後25周年に当たる「タンゴの改革者」アストル・ピアソラの話から、長年の音楽活動の中での思い出、ご家族とのプライベートな話まで、リラックス・トークを展開。さらに村治さんとの貴重なセッションもあります。
初回の放送ということもあり、春や始まりをテーマにしたクラシックのトピックスも紹介しました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽クラシックに特化したプログラムは久しぶりではないでしょうか。J-WAVEが、若者の聴取者を獲得したいお気持ちはよくわかりますが、大人が安心して聴ける番組も大切だと思います。ピアソラにフォーカスし、ゲストにバンドネオンの小松さんを呼んで、生共演までするという贅沢さの一方で、最初がキリ・テ・カナワ、最後が、啓蒙的なバッハの講義とグールドのゴールドベルグ、というのは、雑駁な感じを受けました。CMは、かっぱ橋などに取材してとても丁寧に作り込まれているがゆえに、かえって、番組全体としては、お腹いっぱいな感じがしました。村治さんの語りを柱にもっとシンプルでもよいように思えました。

▽すごくいい番組だと思ったのですが、ある一定の音楽知識を持っている人にしか、分からないことが多いとも思いました。バンドネオンが何かという解説が入っていると、なお楽しめたかと感じました。

▽村治さんも声が聞き取りやすく、はきはきしていて、すごく明るい感じになって、とても聴きやすかったです。ただ、ピアソラの話が論理的にずれているような気がして、ピアソラが特殊な作曲家だという話と、ピアソラ的なクラシックやジャズからの影響は、むしろタンゴの歴史の伝統なのだという話をもう少し聴けると、もう一段深い話になったという感じはしました。

▽番組内で丁寧な説明は「あった方が良い」というのが私の意見です。番組を聴いていた22〜23歳の娘が、まず村治さんを知らない、ギタリストも分からない。J-WAVEという局の意義と、8時台の番組の意義は、若者がここで、もしかしたら一生出会わないかもしれないものに出会うということは、大きいと思います。J-WAVE全体で幅広い音楽ファンを育成していくという意識を持っていただければという気がしました。

▽小松亮太さんの『風の詩』もとても良かったし、いろいろな種類の曲を少しずつ聴けるのも楽しいと思いました。小松さんのおしゃべりもとてもお上手だったので、家庭の話なども面白く聴けたのですが、そのわりにはあまり話が膨らまなかったですかね。

▽ナビゲーター村治さん初回の放送ということで、うれしいという気持ちは伝わってくるのですが、加えてよく知っているゲストの方とのトークが、ドタバタした印象になっていると思うのです。あうんの呼吸で自分たちの業界の中で理解していることを、いちいちその人の前で「バンドネオンってね」っていうふうに説明するのも、煩わしくないかと私は推測しました。
番組の中で分からなかったことは全部インターネット上で調べれば分かりますよっていう、参考書的な位置付けもいいとは思うのですが、番組は番組としてやはり魅力的なものである必要があるから、分からないことは自分で探ってみるっていう余地も残すといいと思います。補足的説明情報ではなく、どれほど面白いかというのを熱を持って村治さんが語ってくれると、知らなくても面白そうに思うという方法もあるのではないでしょうか。

▽高坂はる香さんの導入の仕方の部分がやや唐突というか、もう少し村治さん、全体の流れの中でうまく組み込めないでしょうか。そこだけバッハの話で、グレン・グールドになってしまうと、せっかくタンゴで来た流れが分断されるように感じます。高坂はる香さんという方のキャラクターももう少し出てきてほしいし・・・全体の流れが良くなる、改善の余地があるような気がしました。

【4月開催・第281回番組審議会報告】

第281回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年4月14日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
出席委員:林和男 委員長 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
局側出席者:代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『MUSIC HUB』(平成29年3月10日、17日、24日放送回)

5. 番組内容

音楽と現代という時代感、空気感、音楽と社会、音楽と世界。小袋成彬がHUBとなり、音楽を紡いでいく心地よさを是非とも感じて下さい。そして、次世代を担う音楽プロデューサー、小袋成彬が生み出す奇跡の証人になって下さい。
世界的に注目されるHONNEやMuraMasaといったアーティストと親交があり、水曜日のカンパネラのコムアイともルームシェアをしていたことがあるなど、その引き出しの多さや枠に囚われない活動、エピソードの数々は、リスナーに驚きをもって迎え入れられるでしょう。
大学入学前までは音楽には一切触れず、大学入学と同時に音楽活動を開始し、メキメキとその頭角を現し、宇多田ヒカルの最新アルバム「Fantome」の中の楽曲「ともだち feat.小袋成彬」で注目を浴びました。
そして宇多田ヒカルに「ラジオで喋るならJ-WAVEがいいよ!」と背中を押される・・・

<今回の内容>※3月10日、17日、24日放送回
ゲストは、小袋成彬をラジオへと後押ししてくれた宇多田ヒカル。
極秘来日中でしたが「友達のために」と出演を快諾してくれました。プライベートでも親交のある二人の年齢差を感じさせない音楽を軸にしたトークは、音楽の素晴らしさを改めて感じられるでしょう。宇多田ヒカルの息子が選曲をしたり、椎名林檎の名曲を宇多田ヒカルと小袋成彬がカラオケするなど、聴きどころ満載の放送です。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽とても楽しく聴きました。けれども、しゃべり方や内容に不快感を抱く人も、もしかしたらいたのかとも思います。この番組は、スタッフの皆さんが宇多田ヒカルという人を連れてきて、あれだけ楽しい話を引き出して、ラジオというメディアの特性を生かした番組だと感じます。
ただ一方で、宇多田ヒカルさんじゃなかったらどうなっていたのかという危うさを感じて、ゲストの選び方は重要だと思いました。

▽宇多田さんが出ることはすごく貴重ですし、ラジオだからここまでいろいろ面白い話が聴けたと思うのですが、それだけでとてもスペシャルなもので成立してしまっています。他の回はどうなのかと思いました。
とても面白かったですし、彼の声がすごく魅力的な声で、もう少し大人になったらもっとすてきな声の持ち主になるのではないかと想いました。語り口も含めて、魅力はどんどん増えていく方なのかと感じました。

▽彼の名前がずっと聞き取れませんでした。背景の説明もなく検索もできないので、名前と背景を少し丁寧に説明してほしいと思いました。基本的には非常に楽しく、マニアックな機材の話は全然分からないけど、一緒に飲み会しているような感じで良かったです。

▽タイムフリーができてradikoで聴けて番組の作り方の一種の究極というか、行き着くところまで行った形のような気はします。良くも悪くも…だから、正直に言うと話の内容は、全然面白くなかったです。
宇多田さんと小袋さんが、カラオケを一緒にやるというのは、ファン以外が聴いてもお得感のある企画だとは思いました。機材の話とか音楽をやっている人が興味のある部分だと思いますが、その前の2週分の話は2週の必要があったのかと感じました。
以前、ラジオは、録音だとわかっていても言わないというような話をしていたと思いましたが、録音だと言っていたところやお酒を飲んでというのは、どうなのかと審議委員として気になりました。

▽お酒のことは、世界的にも厳しい状況になっていて、いずれ飲みながら放送するというのも聴取者からのクレームの対象になる可能性があるかもしれません。持参したとのエクスキューズだけでは跳ね返せないかもしれません。
宇多田さんと小袋さんのタメ口で話すあまりにも親密な関係は、まるで20年来の仕事をしている音楽上のパートナーのように聞こえましたけれども、実際に仕事されたのは最近のようで、結構謎が多い番組だと思いました。それから、「HUB」というタイトルがあるにもかかわらず、内容はとっても内向きで、楽屋話に終始していて、聴取者に向けて語り掛けている部分がほとんどないというところがどうなのかとも感じました。

▽3回は長いと思いました。3回目の機材の話は2回目ぐらいに持ってきてほしかったです。それから、テレビの録画でも同じような問題はあるわけですけども、タイムフリーでリーチが広がることの良さと、タイムフリーで聴く人が増えるということは、逆に言うと聴取率が落ちるということかもしれないので、生とradikoのタイムフリーとの関係をどう構築していくかということが気になりました。

【3月開催・第280回番組審議会報告】

第280回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成29年3月10日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
書面出席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:平野啓一郎 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡 壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 大谷恭代 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』
(平成29年2月4日放送回)

5. 番組内容

毎週ナビゲーターと2人(2組)のゲストが、“多くの人が知っている、リスペクトされるミュージシャンやバンド=レジェンド”について対談形式で様々なトークを繰り広げています。
世代もジャンルも育ってきた環境も違う、時には全員初対面の3人(3組)が、レジェンドをテーマに繰り広げる音楽談義は、音楽評論家が語るアーティスト評とは一線を画し、ここでしか聴くことができない音楽への想いと新しい発見、そして化学反応を生み出していきます。
丸の内で、楽しみながら、ミュージシャンもリスナーも“学べる”セッション型の講義=「MUSICOLOGY」(音楽学)。

<今回の内容>※2月4日(土)放送回
1年前衝撃の解散発表から、ついに昨年末解散した国民的アイドル”SMAP”にフォーカス。SMAPを語るのは、数多くのヒット曲を手がけた作詞家の森浩美さんと、大のSMAP好きであり、楽曲も提供されたノーナリ-ブスの西寺郷太さん。
制作者側から見えてくるSMAPの魅力、制作秘話、ジャニーズファンとしての角度からもSMAPの魅力を紐解き、語り合っています。
「SHAKE」は草食男子のテーマだった?震災後に彼らが負ったものとは?
20年間、トップを走り続けてきた彼らについて、音楽の変遷を交えながらトークする1時間。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

▽業界っぽくて、SMAPファン、J-POPファン向けの内容でした。音楽雑誌の対談を読んでいるような雰囲気で、ついて行けない人は拒絶反応がありそうですが、私は嫌いではなかったです。SMAPは、マイケル・ブレッカーやウィル・リーなど、これまでの日本のアイドルでは考えられないような超一流のジャズ、フュージョン系のミュージシャンをバックで起用したところが非常に画期的だったと思うので、その辺の話が出ないのが音楽番組的には不思議でした。

▽私が番組審議委員を担当させていただいてから、一番面白い番組でした。SMAPは私の年齢、環境などに大きく影響しているので、リスナーという立場で何回も聴いてしまうくらい面白かったです。3人の方の声が似ていて、誰がしゃべっているのか分からなくなるときがあったので、その辺りが改善できると良いと感じました。

▽今回のゲストは、SMAPの楽曲を手掛けられていた人達で、何となく全体に漂う雰囲気や声、しゃべり方などが業界臭くて、J-WAVEのトーンとギャップがあるような気がしました。

▽J-WAVEらしくないという気も多少しながら、番組のコンセプトは面白いと思いました。SMAPが他の人たちに影響力を持っているミュージシャンというレジェンドならば、他のミュージシャンにカバーされているとか、具体的に影響を与えた別の楽曲を入れることによって、その歌の魅力に違った意味が出てくると思います。もう一つ分析の仕方に広がりを持たせることができるのではという感じがしました。

▽意外と裏方とか業界の人たちが出てくる番組が最近減っていて、裏側に色々な人がいてレジェンドができているということが、音楽業界に憧れる若者たちの指針になって良いと感じました。分析的な番組は他でもできると思いますが、レジェンドを何かで支えた人たちが語っていくのは、割と聴きたいです。J-WAVEしかできない、やるべき番組の一つかと思います。

▽最近の若者が求める「何事もなくきれいに終わる物語」と同じ構想をこの番組でも感じ取りました。批評性や嫌なものをなかったことにして、良かったね、という物語がどんどん出てきて、それが受け入れられるようになっているということに、何となく私は危惧を感じます。美しいレジェンドとしての語られ方ももちろんあっていいのですが、J-WAVEとしてはもう少し批評性があっていいのではと思います。

▽ゲストがあまりに応援団になり過ぎても良くないと思いながらも、54分の番組の中で密度を高めていくためには、同じ方向を見ている人たちで裏の裏まで掘り尽していく方が番組的には面白いのではないかと私は聴いていました。
レジェンドとゲストのマッチングが面白くてこの番組の効果になっていくと思いますし、当事者じゃないと話せない内容によって、番組が面白くなっていく部分が強くありました。また、この番組でグローバーの良さがすごく出ていて、うまく起用されているのではと感じました。